ヒルクライム大台ヶ原2009

“何を目指して練習しているの?”と聞かれると、僕は、
“ちょっとハードなツーリングにいってもだれないように”
もしくは
“アベレージスピードが上がった方が、単位時間で行けるエリアが広がる”
なんて答えます。
でも、
“ヒルクライム大台ヶ原を走るために”というのも嘘ではないです。

今日は、その“ヒルクライム大台ヶ原”の日でした。


3月にからおっさんこじらせて腰をいわせてトレーニングもさぼり気味だったせいか、体重はぐんぐん増え、ベストの5キロ増しまで上がってしまっていました。ダイエットなんかすぐじゃんと思っていたのですけど、年取るとうまいこと行かないもんで、最初の2日で苦もなく1キロ減ったと思いきや、その後はすすすっと元通り!
仕方なく、練習をパワー系に切り替えました。すぐに効果があるとは思えませんが、高負荷に身体を慣らしておけば苦痛もちょっとましになるかなあ?という程度の動機でしたね。
この練習の2次効果で、苦手としていた右足のペダリングが安定した気がしてました。
残り1週間を切り、朝練の区間タイムも非公式だけどベストが出て、その時の感触も結構よかったのでモチベーションも上がってました。ツールで活躍する日本人二人の頑張りもこれを加速する要因の一つだろうとは思いますが、何はともあれ、無くなりかけていたやる気が戻ったのは事実です。

そんな矢先の“おっさん再発!”かなりショックでした。
最悪はDNSだろうけど、それは最後の決断。まずは、走ること前提で話を考えよう。
その辺のどたばたはここに

↑の記事には書いてませんけど、この練習中、僕は太腿を蜂に刺されたんです。。。。。前から飛んできて僕の太腿に正面衝突。この一瞬に刺しやがんの!一時はかなり腫れて、触ると痛いのですけど、掻痒感はしっかり発揮するというたちの悪いやつでいた。しつこいくらいにオロ○インを塗り塗りして、何とか炎症は抑えられましたわ。
さらに、土曜日朝起きると、ヘルペス出来てて、ヘルペスっちゅうのは、自身の体長がダウンしているバロメーターでして、風邪の花と称されるゆえんであります。そんなことはどうでもいい。。。
土曜日に仕事が終わりいつもならしゃきっと現地へ向かうんですけど、どうも頭が重い。。。僕はあまりならない頭痛???
もう、前のスレッドにも書いてますけど、開き直っていたので、何が何でも走る!と決心してました。
去年は飲みまくりましたが、今年はちょっとだけ。。。
早々に就寝して(あまり眠れませんでしたけど)、朝もおにぎり3個をしっかり食べて、爆撃もうまくいった。コンタクトも一発でおさまり、ええ感じです!!!

自転車のチェックして、さっさと荷物を預けてアップに走り出します。
小処の分岐の少し先、辻堂林道の勾配がぐぐっときつくなるところまでです。
バイクの感じは問題なし。足も問題なし。腰は。。。。問題有り。ダンシングを続けるとキュ〜ンとなる感じです。(何じゃそりゃ。。。)
ま、とにかく、痛いわけではなく、“やばい感じ”くらいなので、DNSは回避を決心。

レース前のイベントが終わり、レーススタート。レース前は“腰の様子見ながらゆっくり行きます”とかいいつつも、アドレナリンは出るもので、あっと言う間に腰のことなんか忘れて先頭グルプに張り付いていました。どうせ辻堂の入り口までなので。。。。
辻堂に入る直前、“今の心拍はどんなもんじゃろな?”とメーターを見ると、ありゃ?心拍採ってないじゃん。え〜今更止まって、ボタン押し直すのも出来ひんし、もう心拍のモニターなはしでいくことにしました。心臓は動いてたらええねん!
辻堂は可能な限り10km/hをキープして走るよう心がけましたが、急勾配部分では39*25じゃあきつい。ケイデンスを維持できません。仕方なくダンシングするんですけど、長時間は怖い。。。
ややこしい話やとか思いつつ、同グループのU-Ritchey!さんと似たようなペースで走ります。緩勾配区間では僕の方が速くて、急勾配区間ではU-Ritchey!さんの方が速い!抜きつ抜かれつ、上を目指します。はるか上の方にこれから上っていく道が見えるんですけど、心が折れそうになります。“俺は、こんなところで何をしてるんや?”と自問自答が始まります。
そんな頃、僕の自転車にトラブルが。。。ダンシングからサドルに腰を下ろした瞬間、“カキン”という音と主に、サドルが最後退位に。微妙に緩んでいたようで。。。。。“パンク=リタイヤ”の覚悟できてますので、工具類は携帯していません。困った。。。
この決戦用サドルは、僕の場合はワンポジです。前乗りやら後ろ乗りをすると、強烈に痛いわけで。。。。。。さらに僕はちょっと前乗り気味なので、困り方は尋常ではない。3cmは下がってるはず。当然ポジションも大幅に変わりますので、参ったしました。シッティングからダンシングに移行する時により背筋を使わされるのと、とにかく腰から下のポジションががらりと変わってしまったのは辛かったです。
まあ、結論から言うと、ゴールまでそのままで我慢しましたんですけどね。。。。

第1給水地点にさしかかり、去年の醜態を思い出します。俄然復活するモチベーション。
“そうや!俺は展望台からコンタドールになるんや!”
展望台の手前からギアをかけてダンシング。2〜3の小集団を一気抜き。僕の予定では、このままちょっと下るところまで踏み切る予定だったのですけど、まあ、予定ですから。。。。そういうことです。。。

もう一度ぐぐっと上るとドライブウェイに合流します。このポイントで凄いイベント待ってました。ここのポイントにshimamuraさんと我がOyaji Club 会長のひげおやじさんがスタッフとして詰めたはりました。ひげさんは、僕を視認するや走りださはりました。20mくらいですけど“おら〜!いけ!がんばれ!”と併走してくれはりました。その時はかなり恥ずかしくて、“堪忍してやあ”とか思ってましたけど、正直嬉しかったっす!気分はパンターニですから。。。。
ひげさん、shimamuraさん、応援有り難うございました。応援って、凄いパワーもらえます。

ドライブウェイに合流してからは勾配はグッと緩くなりますが、休めるわけではありません。その分スピードは出ますし、スピードが上がれば風の抵抗が増えていきます。激坂と違って緩勾配区間というのは“しんどかたら、休める”のわけです。ここで休まずに自らをもコントロールできる人間にしか良い区間タイムは出ないでしょうねえ。今回僕は、ここで自分との戦いに敗北しました。
もっとメリハリのある走り方をした方が、この区間は速いんですけどねえ。。。。

結局、腰は大事に至らず、先に出走したenoki君とデュークにも追いつかず、単独ゴール。
みんなでしゃべってる間、腰の具合は気にしていたんですけど、麻酔打たれたみたいになってて、痛くはないけど、何じゃこの感覚?という感じ。まあ無事に走り切れてよかったよ。。。。

正式タイムはうろ覚えですけど、1時間35分34秒。くらい。。。。。ベスト更新!


つづく。(字、ばっかりで、すんません)
[PR]
by tamz_ortho | 2009-07-12 21:02 | CARRERA PRIAMO RACE | Comments(12)
Commented by 1lowe at 2009-07-12 21:20
オツでした。
今年は自爆なしでしたね・・おもんない・・。

1時間35分・・負けてますわ・・
あんなこと(?)ありましたけど、無くても多分40分ぐらいじゃなかったかと思いますんで・・。

半年間、アシストとして働かせていただきます・・(T_T)
Commented by こじま at 2009-07-13 07:42 x
お疲れ様!
おっさんが再発で、走れるのかと心配でしたが、ベスト記録更新!とは、トレーニングが上手く行っていたのですね。
気負いがなかった分リラックスして好記録に結びつたのかな。
Commented by tamz_ortho at 2009-07-13 09:04
loweさん、昨日はおつかれ様でした。
3年に一回くらい、loweさんの絶不調の時だけ勝ってますね(笑)。
loweさんのアシスト?それだけでちぎれていく自分が目に見えるようです。
Commented by tamz_ortho at 2009-07-13 09:06
こじまさん、こんにちは。
褒めてもらっておおきにです。
昨晩は眠いはずなのに、いろいろ考えてしまって眠れませんでした。
けど、来年に向けての作戦は出来ました。

気負いはありましたよ。スタートまではシクシクしていた腰がスタートと同時に吹っ飛んだんですから、気合い充分でしょう?頂上で思わず後悔しましたからね。。。。。
Commented by giro1965 at 2009-07-13 09:27
大台ホントしんどいですね。あんなシンドイのぼり、もう嫌です。
って、ゴール直後は思うんですけど、今朝になって、来年のためのトレーニングを考え始めている私は変態です。

ただ、来年は育児休暇するかもしれません。
Commented by デューク at 2009-07-13 09:44 x
お疲れ様でした!
第3グループスタートのまえださんに、
なんとか抜かれずによかった・・・(笑)
でも結果は30秒負けてしまいましたわ〜〜〜

さぁ次は王滝ですね!

Commented by tamz_ortho at 2009-07-13 12:13
Giroさん、お疲れ様でした。
またネタにしますけど、昨日は僕giroさんから学びました。。。。
ちなみに、僕は昨日の晩から考えてました。。。来シーズンのこと。。。
Commented by tamz_ortho at 2009-07-13 12:17
デュークちゃん、マジで抜く気満々やったのよ。。。
けど、よう考えたら僕よかあんたらの方が速いくらいなんやからまるっきり抜くのは無理やねえ。失礼こきました。
え?enokiくんと最後までバトルしたんとちゃうの?ちぎれたん?また?
Commented by suzuki at 2009-07-13 21:39 x
maedaさん、お疲れ様でした。大正池TTの25分切りを一回できたくらいではSRメンバーと同レベルでゴールすることはとてもとても無理ということを思い知りました。もっと坂を上らんといけないですね...。
Commented by tamz_ortho at 2009-07-13 23:34
suzukiさん、大台ヶ原お疲れ様でした。
ヒルクライムレースのために坂は上らなくていいですよ。
考えてみて下さい。
このあたりでは最長距離を上る大正池を仮に、23分で駆け上っても、そこで足が売り切れているなら、大台ヶ原は辻堂登り切れません。要は、1時間半以上の時間、AT値付近の心拍を維持して頑張る練習をしないとあかんわけです。
一番いいのは現地を実走することでしょうけど、近所なら嵐山往復をハイアベレージで走るっちゅうのはいかが?アベ30km/h出せれば、間違いなく強くなれるはずですわ。
僕もやります。
Commented by enoki at 2009-07-14 01:03 x
2秒負けました…。
Commented by まえだ at 2009-07-14 09:49 x
>2秒負けました…。

若いもんにはまだまだ負けへんぞ。。。。。。。。。。。