ぶらぶら走ったレポート

今日は、12時に宝ヶ池で女房子供と待ち合わせでした。こないだのちょこっと書きましたけど、うっとこの子供はチアダンスチームに入っとりまして、今日は、どこぞの学校のアメフトの試合のハーフタイムにチアダンスを披露するそうで、それが、宝ヶ池やったわけです。前々から“おらあ、自転車で行くから、あんたらはステージアで行きなさい!”と宣言してましたので、朝から走りました。

ちなみに、最初はランドナーで行こうと思ってたんですけど、昨日、完全にすり減っていたロードのクリートが新品になったので、うれしがってプリアモで行ってしまいました。

一応、朝はみんなと合流。
c0107075_2215459.jpg

(何と、今日は10人以下!こんなん最近じゃああり得ない!)


CRをみんなと一緒に走って、峠に向かうみんなとバイバイして、僕は一人で旧街道に入ります。
旧街道って、数百メートルおきにお地蔵様の祠があったりして和みますけど、妙に車の多いのも特徴です。
で走っていると、昔のことがフラッシュバックしました。


c0107075_22175336.jpg

このマンションの建っているところは昔は湿地帯でした。。。。。。。。


僕は小学校の3年生くらいの頃に、耳垢のでっかいのが溜まったことがありました。どうも昔に入れられた綿球が残ったままだったというのが真相だったような気もしますが、取ってもらう時の激痛や、今でも“ヒ〜ン。。。”となってしまいます。。。。。
まあ、その後なんべんもその耳鼻科に通ってたんですけど、その帰り道にここを通ってたんです。
この湿地帯は結構広くって、かなりでっかいアメリカザリガニがめちゃくちゃに仰山いてたのです。地面に深い巣穴を掘って一番奥に潜んでました。ここにおもむろにぞぼっと手をつっこんで、奥の方のザリガニの腕をつかんで引きずり出すわけです。当然はさみで思いっきり挟まれますが、そこは我慢して引っ張り出すのです。巨大はやつをゲットした時はそれはそれは大喜びで、隣に建っているスーパーの裏手に捨ててある缶とかに入れてそろそろと自転車で持って帰ったもんです。家までは5キロくらい。その間に水はこぼれ、家に着く頃にはザリガニは瀕死状態。。。かといって缶に入れる水を多くすれば、自転車を操りにくいわけで、このあたりの調整が難しかったです。。。。。。。。

何の話やねんな!




ここで結構ノスタルジックになったので、僕が小さい頃非常にお世話になった駅に行ってみました。かの四国ツーリングのスタートもここだったしゴールもここだったです。
c0107075_22271023.jpg


当時とほとんど変わらないたたずまいで、駅前には大きな木が“デン!”と立っています。
駅舎自体は、モルタルかなんかの塗りに変わってまして、改札だって、最新の自動改札になってましたけどね。“ああ、ここに転轍機小屋建ってたよなあ”とか、“ここトイレやったんちゃうん?”とか思い出していると、ああ、甘酸っぱい記憶がフラッシュバック!

書いちゃうよ!
小学校の3年生の時の話です。僕のクラスに操ちゃんというかわいい女の子がいてました。まつげが長くって、瞬きをするとその長いまつげが思いっきりパチパチするのに釘付けでした。ブルーのオーバーオールスカートがよく似合ってました。2学期の席替えの時、偶然隣になっちゃって、そらもううれしかったです。今みたいに、男の子と女の子が仲良くしているとすぐに“ひゅーひゅー!恋人恋人!”とからかわれる時代やったので、あえてあまりしゃべらないようにしてたような記憶があります。一方、僕は、毎週土曜日、学校から帰ると(昔は土曜日も学校ありましたやんね?)、この駅まで2キロほどをてくてく歩いて、隣町までディーゼルカーに乗って、市民会館の中にあった図書館に通ってました。片道20円(子供料金ね)なので、いつも50年玉を握りしめて通ってましたが、結構長続きするので回数券なんかも買っちゃったような記憶もあります。ある日のことです。いつものように“行ってきまーす”と家を出て10メートル。大通り(言うても幅5〜6mくらい)に出た瞬間、“わっ!”と驚かされました。なんと操ちゃんが操ちゃんの弟と一緒に居てたのです。操ちゃんは僕が図書館に行くのを知っていて、弟と自分の電車賃100円を握りしめて僕を待っていたのです。僕は何時の汽車に乗るとかは決めてませんので、結構待ってたんとちゃうんかなあ?それともほんまにジャストタイミングやったんかなあ?それは良いとして、操ちゃんの家から僕の家までは1キロくらいあるねんけど。。。。。うちから駅までの途中で操ちゃんの家通るねんけど。。。。
何しかそれからは毎週一緒に図書館通いしてました。友達に見つかったら嫌やなあとかいつも緊張してたのを覚えてますわ。結局は早佐君に見られてましてんけどね。。。。
手繋いだんかなあ?なんにしても、これが僕の初恋というか、何というか。。。。間違いなく両思いの関係やったと思われ。。。。。
ちなみにこの恋は、僕が4年の時に近所に出来た新しい小学校に転校することで終わりました。。。




さ、淡い初恋に後ろ髪を引かれつつ、自転車を走らせます。
“どこ行こうかな。。。。”
“そうや!昔、目の前まで行き着きながらもゲットできひんかった槇島村道路元標を見に行っちゃおう”
今回はどこにあるか解ってますので、一目散に。。。。道間違えました。。。。
c0107075_2321211.jpg

ああ、立派立派!!


ここら辺までは京街道を北上してたんですけど、ここより奈良街道にトラバース。。。。奈良街道って、大阪と奈良を結んでる道という感覚ですけど、僕にとっての奈良街道って、山科の方から醍醐寺の辺通って、宇治を経由していく道という感覚です。
で、今回は木幡あたりからこの奈良街道に入りました。目に入るのは、コレデス。
c0107075_237562.jpg

これは旧陸軍宇治火薬製造所引込線跡です。


結構有名で、しっかり残ってます。上にも上がれるみたいですけど、ロード装束でそれはちょっとね。。。




突き当たりに高札場跡の石碑がありました。
c0107075_2314994.jpg

六地蔵って、宿場町やってんね。。。。知りませんでした。。。。地名の由来に間違いない六地蔵はどこにあるんかなあとか言う疑問は。。。。僕の場合、今書いてる時にわきました。なので、突っ込まないでください(笑)
廃線跡かあ。。。。。ここで閃きました。あるんです、この近所に非常に興味深い廃線跡が。。。


解説しちゃいましょう。


突然ですが、東海道本線は大津を出ると、逢坂山トンネルを抜けます。実はこの大津付近の線形も今と昔では微妙に違うそうですけど、それは今回はスルーします。何しか逢坂山トンネルを抜けた後、今はそのまま西進して山科に向かいますが、昔は南西に進んで今の名神高速に沿うように進んでいきました。現在の奈良線の稲荷駅あたりに合流して、京都駅に入っていたのですね。要は、東山の山塊を南に迂回していたわけです。
さらに面白い事実があります。奈良線が開通したのはWikiで検索してみると明治28年とあります。開業区間は京都〜伏見!!!
“伏見?”
そうなんです。今の近鉄京都線の京都〜伏見の区間は元々官営鉄道の奈良線やったんです。桃山駅から北に向かう奈良線の線形は不自然に右(東)にカーブしてますが、まっすぐ進むと、あら不思議、近鉄京都線の丹波橋〜伏見間に直線で繋がっちゃうんです。。。
最終的に大正10年に東海道本線の東山トンネルが開通して、旧線は廃止。おそらくは伏見稲荷への参拝客の便宜を図ったのでしょうが、桃山〜稲荷の新線を開業して、桃山〜伏見間は廃止されました。
はあ。。。語ってしまいました。

c0107075_2338219.jpg

なんしか、この道、昔は汽車が走っていたというわけです。結構勾配きついです。関西鉄道大仏線もそうでしたけど、急勾配な線形は淘汰されていくのは仕方ないです。

c0107075_23414995.jpg

この写真の右手前から走ってきた線路は、ここからカーブして左斜めに入っていく道へと続いていたと思います。なぜか今日はそっちには行ってませんけど、車では昔よく走った道です。


ここで、また昔の出来事がフラッシュバック。
25年前になりますのかな?免許を取って、僕は家の仕事を手伝うというか配達してました。その時に今日自転車で走ってきた道を車で毎日走っていたんです。この交差点ではいつも渋滞が発生していて、鬱陶しい思いをしていました。ここの道、右手前からの道がメインルートなんですけど、平行して旧道も走っています。赤い車が向かう右斜めに入る細い道がそうです。こっちを通ればそのまま左の道に入っていけて、稲荷への近道なんです。でも、この旧道、朝は8時から9時までは歩行者専用道路。9時までは通れないのです。ある日のこといつものように渋滞が発生して、鬱陶しい思いで待ってましたが、前の車が旧道に行きよりました。“あ、今、8時50分やぞ!まだ9時なってへんやんか”と思いましたが、ほんの数十秒後、僕も旧道に入っていったのです。
その数分後、僕は通行禁止違反容疑で青切符を切られてしまいました。初めての違反でした。。。

多分一生忘れへんねやろうなあ。。。


蛇足でございました。。。。



直進すると、琵琶湖疎水がおます。
c0107075_2352857.jpg

この風景、小さい頃に見た記憶があるんですけど、どんなシチュエーションで誰と見たのかは覚えていません。
ここから僕が4才くらいまで住んでいた家は近いので、多分、藤森神社のお祭りかなんかの時に、家から歩いて行ったんだろうなあ。。。。


奈良線の稲荷駅に着きました。この稲荷駅はさっきも書きましたけど、元々は東海道本線の稲荷駅なのです。ここは有名なランプ小屋があります。東海道本線開通時の物で明治13年築やそうです。
c0107075_0123.jpg

ランプ小屋って何やねんとお思いですか?


解説しましょう。

昔々も大昔、明治時代の列車の照明って何でしょう。電気?んなもん、平賀源内がやっとこさエレキテル発明してからそないに経ってませんがな。。。
オイルを燃やしてともすランタンやカンテラで車内の照明にしていたそうで、主要駅にはこれらを保管しておき危険物倉庫として煉瓦作りの小屋が設置されてたんだそうです。
ほんでもって、この稲荷駅のランプ小屋は日本最古の鉄道建築物なんだってよ!
何か凄い!

ついでと言えば怒られそうですけど、伏見稲荷大社!!!
c0107075_092266.jpg

伏見稲荷と言えば、長岡先生です!長岡先生んちの道場はどの辺やろうなあ。。。。。








ま、冗談はさておき、道をどんどん進みましょう。
JRの線路に道を阻まれました!
c0107075_0114767.jpg

仕方ないので、跨線橋を担ぎ上げます。


この跨線橋上はなんや撮影スポットのようで、てっちゃんと覚しきお方が3名ほど。
邪魔しないように、僕もてっちゃんします。
c0107075_0151528.jpg

(もう、ここまで来たら、あんなにたくさんある線路もノーマルの複々線に戻ります。左の端っこのは新幹線ね))

c0107075_016468.jpg

(大好きな、国鉄色485系非貫通型の雷鳥じゃ!)



c0107075_0205468.jpg

(117系オリジナル塗装!草津線からかなあ?)





c0107075_022218.jpg

何やねんな?この写真は?とお思いか?
解説しましょう!(もういいって?)

これは、ロングレールの継ぎ目だす!
最近の線路はほとんどこのつなぎ目になってきています。
本来、線路の継ぎ目は、熱膨張を計算に入れて少し隙間が空いています。ここを車輪が通過する時に、“ガタンゴトン”という音がするのです。ちなみに、ガタンゴトンは2軸台車の車両で鳴る音です。1軸の貨車やったら“タンタンタンタンタン。。。。。”となるし、3軸台車を履くマイテなんかやったら“ガタタンガタタン”になるんかな?
何しか、最近の電車って近鉄でもあまり“ガタンゴトン”って音しないでしょう?あれは、ロングレールやからしないのですよ。ロングレールの継ぎ目は斜めにずらしてあって、暑くなって線路が膨張しても斜めに伸びるので大丈夫。逆に冷たくなって縮むのも同じと言うことになります。
この写真を見てて、ロングレールを考えたやつはえらい!と思う僕なのでした。





そんなことを思いつつ、女房に電話してみると、まだ家に居よりました。あれ持ってきてくれなとか一通り話した後“この後はやっぱり峠越えするの?”と聞かれ、僕は、ちょっと前から考えていたことを話しました。

“これから祇園へ遊びに行ってくるわ!”と。。。。。



女房曰く、

“おきばりやす”



うまい!





つづく。。。。
[PR]
by tamz_ortho | 2009-10-04 23:59 | CARRERA PRIAMO RACE | Comments(8)
Commented by giro1965 at 2009-10-05 10:19
長い・・・長すぎる・・・
3回にわけてくれ・・
今回は初恋の話でドキドキしました。

そうやなあ。紺色のオーバーオールスカート、そんな子いたなあ。
公民館の図書館で、出会ったりして・・・

鉄道と恋の話って・・いい組合せですね。
私にもあったなあ!

これからも、このテーマでの連載お願いします。
Commented by ワシはGT。 at 2009-10-05 21:29 x
 今日も長文お疲れ様です。

 大谷高校横の跨線橋は盲点でした。私はいつも川端通りに出てしまいます。
 これで足らんのは「聖母女学院(師団司令部)」「星のついた橋脚」ですね。

 それと例の曲ですが「別れる・・・」は出てきませんね。けど、危ないですね。あの声のトーン。
Commented by 1lowe at 2009-10-05 21:52
昼飯食いながらホケ~っと読んでたら、エライ目に遭いましたがな・・(T_T)

Commented by まえだ at 2009-10-05 22:14 x
にゃははは!長かったですか?
ほんまはもっと長いんですけど、昨日は途中でダウンしてしまいました。
調べもんもしながら書いてたら2時間もかかってしまいましたわ。

このテーマ?恋の話?もうボチボチ終わりですよお。
何せフラッシュバック起こらなければ思い出しもしませんのでね。
Commented by まえだ at 2009-10-05 22:16 x
GTさん毎度です。
星付きの橋脚?そんなん知りませんわ。。。。

この跨線橋は、偶然です。
要は、京街道をひたすらに北上していったらここに出ただけですねん。。。。ネタばらししたら案外そんなもんです。
Commented by まえだ at 2009-10-05 22:18 x
loweさんこんばんわ。

ホケ〜っと読んでもろたら幸いでございます。僕の文章なんてそんなもんですから。
決して、真剣に読まないようにしてください。時々嘘書いてるかもしれませんのでね。。。年月なんか1年2年間違ってるかも。。。
Commented by 女中亀 at 2009-10-06 09:41 x
ほ~んま長いねっ 

はんまは・・・
長すぎて 写真だけみておしまいのところ・・・
みんなのコメント読んでたら・・・

な~~ん? まえださんの初恋?? 
えっ そんなんかいてあるの!!って また読み返した私でした(^^ゞ

長いもん 読むほうもねぇ・・・「2時間かかりました」 そうでしょうねぇ お疲れ様!
 
「恋」の話やと 長くてもついよんでしまいますが・・・(*^_^*)

さて いまも仲良しの奥様との恋まで、第何段あるんやろか・・・といつもながらまえださんの可愛いときめき いいねっ

ただいまある役者、あるボーカルにときめく亀なり
Commented by まえだ at 2009-10-06 23:11 x
最近の恋の話はリアルすぎるので面白くないでしょう?
書いてる僕も全く書く気しませんからね。

また、フラッシュバックが起こるのを期待していてください。(笑)