ぶらぶら走ったレポート〜2

ぷらぷらツーリングのレポート第2弾です。というか続きです。。。






跨線橋で電車を眺めながら、女房に“祇園へ遊びに行く!”宣言かました僕は、“おきばりやす”の激励の言葉を胸に鼻の穴満開で祇園に向かいます。




途中で、ふと横を見ると、どでかい神社が鎮座ましまし、フラフラと引きつけられるように曲がってしまいました。
c0107075_22231029.jpg

何かを引きつける力を持っているのか、それとも“開ききった鼻の穴を鎮めよ”と言っているのかは知りません。でも、さすが京都の延喜式社のパワーはかなりのもんがあると思いますですはい。豊国神社でした。


七条通り、五条通を越えて、ドキドキしてきましたあ。
四条を越えるとそこは花の祇園だす。

ええのう!ええのう!柳の枝垂れっぷりが何ともよろしい!
c0107075_22232151.jpg


石畳でパリ・ルーベ気分を味わいつつ、先に進んでみます。




よくパンフレットに出てくるのはここかな?
c0107075_22233383.jpg




ええやんかいさあ!ええやんかいさ!
ロード装束で、靴もカチャカチャ言わせながら、あっちうろうろこっちうろうろ、
外人観光客も、このロード装束の怪しい奴にゃあ近づきませんので安心(?)です。
c0107075_22235392.jpg

c0107075_2224518.jpg

c0107075_22242246.jpg





思う存分“祇園で遊んだ”後は、白川沿いに三条通に出ました。
c0107075_22243591.jpg

(この道も短いけど、なかなかええ雰囲気です)




ちょっと東に向かって走って岡崎公園をプラプラしながら丸太町通りへ向かいます。
c0107075_22245393.jpg

途中で通った京都会館だす。

お~っと!再び記憶がフラッシュバック!








高校1年生の時、僕はフュージョンに塡っていました。というても、好きなミュージシャンはかなり限局してまして、カシオペアやの高中だの浪速エキスプレスに9999なんかのメジャー処。で、この京都会館は生まれて初めてのコンサートに来た場所なのだ!カシオペアでした。友人のベーシスト(亀岡から通っていたT君ですわ!)と一緒に行きました。感動したなあ!!!生の音の迫力と、超絶テクニシャンのカシオペア!T君は桜井哲夫のベースソロに“ちびりそうや~”言うてました。
あ、フラッシュバックしたのはその事だけではないのだ。。。。。舞台となる場所も京都会館ではなくって高槻市民会館なのだ。ある時、Lマガ(ここを読む人は皆知ってるはず!)を見ているとどこかの大学の学祭に浪速エキスプレスと9999(フォーナイン)が招かれてました。
行くしかないやん!チケットをゲットし、当時付き合ってた姉貴と姉貴の彼氏(今の職場のボスですわ)と聴きに行くことになりました。今みたいに完全指定席じゃなくって、チケット買ったら、当日に窓口行って、そこで席を指定してもらうというようなシステムやったと思います。激しいノリを楽しむバンドではない、テクニックで聴かせるバンドやねんからと、僕はミキサー席の直前のシートをゲットしました。ふふふ、音的にはいっちゃんええ席だもんねえ。。。。
チケット三枚を握りしめ、開演を待ちますねんけど、ええ席取るために早いこといったもんやさかいに、時間余りまくりです。僕は学校帰りですから、学ラン姿です。ぼーっとしているとすっと寄ってくる女性が一人。
“ひとり?”
“は、はい”
“さっき席取る時、ミキサーどこですか?って聞いてへんかった?”
“はあ、まあ。。。。”
“本格的やねえ。。。”
“はあ?”
“開演まで時間あるから、コーヒーでも飲まへん?”
“はあ。いいですけど。”
会館内の喫茶店に連れて行かれ、僕はど緊張しつつも女子大生と覚しきお姉様とコーヒー飲みました。
開演時間が迫り、店を出る際も、“お姉さんのおごりやからね”と。。。。。
姉貴と兄貴(当時まだ彼氏)は仕事というか学校が押していたのか遅れているようで、今のように携帯なんか無い時代ですから、僕は一人でコンサートに没頭しとったわけです。件のお姉ちゃんはというと、最前列でノリノリです。“まあ、楽しそうなこと。。。”浪速エキスプレスのリードサックスの青柳誠の大ファンとか言ってたな。。。ま僕はといえば、浪速エキスプレスのマーシャルアーツに脳天まで打ち砕かれてました。なんだかんだでコンサートが終わり、いつの間にか来ていた姉貴と兄貴(当時まだ彼氏)は、座り込んだ僕をにやにや笑いながらさっさと会場の外に出て行きよりました。一緒に帰らなと立とうとしたそこにはお姉ちゃんが、“感動したあ~~ん!青柳さん最高!!!ウダウダウダダダダ。。。。。。”
当然のように僕の腕に自分の腕を絡め、会場の外に誘導されていきます。僕は姉貴と兄貴(当時まだ彼氏)の車で帰らんとあかんのだが。。。
“ご飯どこ行く?”
“は?何のご飯ですか?”
“晩ご飯に決まってるやんか”
“僕帰らんとあかんのですけど”
“もう、全部お姉さんに任せなさい”
“は?いや、そうじゃなくて。。。”
と、必死で姉貴を捜します。
うっとこの姉貴は背が高いので結構目立つのですが、やっとこさ見つけた姉貴は“誰それ?”とかなり胡散臭そうな目でこっち見てました。ま、それでも僕を連れて帰らんとあきませんから、こっちに来てくれました。
“こんにちは。”とお姉ちゃんにすっとぼけた挨拶する姉貴。。。
“は?はい、こんにちは。”とやっと腕離してくれたお姉ちゃん。
“うちの姉です。”と僕。。。
“じゃあ、今日は楽しかったです。ありがとう。”とお姉ちゃんは去っていきました。

あの時、“全部お姉さんに任せて”いたら、僕の人生は変わっていたのだろうか。。。。
ちなみに、後から姉貴に大分突っ込まれましたけど、そんなもん僕は何も悪い事してませんからね!



また長文書いてしもうた。。。。。





くわ~~~!次の写真もフラッシュバックもんやわ~

また明日にしましょう。




つづく。。。。。。
[PR]
by tamz_ortho | 2009-10-05 22:45 | CARRERA PRIAMO RACE | Comments(11)
Commented by こじま at 2009-10-05 23:26 x
人生が変わっていたかもと言うお話ですね。

そりゃ~変わったでしょうね。
Commented by ワシはGT。 at 2009-10-06 07:29 x
 ここまできたら、あの写真が欲しいですね。(インパクトのあるやつ。)

 丸太町を東へ行くと金戒光明寺があります。そこに「アフロヘアーの仏さん」がおられます。あれはインパクトありますよ。

 と、私が初めて欧米人から道を聞かれたんが京都会館でした。チック・コリアを聴きに行ったんですが、私の左京区H高校のレベルでは大したことは言ってないと思います。
Commented by Calimero at 2009-10-06 09:09 x
浪速エキスプレス!!

大学生の頃、めっちゃファンでしたわ。

僕の通っていた大学(近大ね)の学祭に来た時には、大コーフンでした。厚かましくも、控え室まで押し掛けて行ってサインをもらいましたね。

青柳誠といえば、アンコールでは電子ピアノのくそ重たい鍵盤を台から外し、ステージ前方に引きずってきて手持ちで弾くという荒業をやっていたのは彼ですやんね?確か。

僕はスーパードラマー・東原力哉のファンでした。再結成して今でも活動してるらしいですよ。



ところでそのお姉ちゃんは美人やったんですか?
maedaさんはけっこう年上にもてるんですね。うらやましい。

Commented by 女中亀 at 2009-10-06 10:03 x
まだ、続きあったんやっ(*^_^*)

「・・・全部お姉ちゃんに任せていたら 人生かわってましたやろか」・・・

はい かわっていましたねっ
でも 変わってなくて よかったよかった・・・かなっ??

いま そのおネイさんやってまっ (^^ゞ
Commented by 女中亀 at 2009-10-06 10:09 x
失言!
おネイさんやのぉて おばさんでしたっ(*^_^*)
Commented by まえだ at 2009-10-06 23:00 x
こじまさん、こんばんは。

そうかあ。。。やっぱり変わっていたかもしれませんか。。。
どんなふうに変わっていたのか気になりますが。。。。

Commented by まえだ at 2009-10-06 23:02 x
GTさんこんばんわ。

すいません。。。

まったくあの写真って何ですの?そのなんですか?アフロの仏さんの写真?
うー行ってませんから知りません。。。
Commented by まえだ at 2009-10-06 23:07 x
calimeroさん、毎度。

おお!青柳誠のキーボード外してぶら下げるやつ見ましたか!
最初から、そういうキーボード売ってるやんか!という突っ込みをしたくなるあのパフォーマンス。
おおおお!東原力哉の狂ったようなドラミング!清水興のいぶし銀のベースも好きでした。岩見和彦はテクニックはあったやもしれませんが、ビジュアル的に。。。。

怒られるわ!

ちなみに、お姉ちゃんがかわいかったかは全く記憶にございません。
Commented by まえだ at 2009-10-06 23:09 x
そうかあ、マー姉はあんなふうにして、若いツバメをたくさん作ってるわけね。。。
Commented by 1lowe at 2009-10-06 23:29
京都会館・・
ワタシもフラッシュバックしてまう想い出が・・

近々、このネタ、パクラせてもらいま・・。
Commented by tamz_ortho at 2009-10-06 23:38
はい!
フラッシュバックネタ、流行らせましょう。