ロッシンでツーリング?

次回のべろべろっしんの日は仕事なので参加不能。。。。
ROSSINがかわいそうなので、春の北山を走らせてあげることにしました。

5時起床、屋根にROSSIN Quadroを積んで、そそくさと車を走らせます。

柊野公園について、さっさと出発です。
c0107075_1646911.jpg




とりあえず、花脊へ向かいます。
花脊峠。。。。昔、サイクルスポーツに「この峠を足をつかずに上れたら、サイクリストと言える」とか何とか書かれてたような気がします。そんなん別に足つかずに登るのは楽勝やン?


鞍馬で写真!
c0107075_16461298.jpg

すでにサイクリストではない。。。。。



さあ、ここからフロントをインナーにほりこんで、我慢大会です。。。。。
ROSSINはカンパ50周年で組んでますので、フロントは53x42です。リアメカのキャパは最大歯数23T、トータルキャパ24Tです。リアの歯数は13x23。。。。。これ以外ダメです。。。。
鞍馬温泉を過ぎた辺りで残り2枚。。。。ダンシングで頑張りますけど、これはなかなか苦しい。。。。ダンシング60回に対してシッティング30回くらいの割合で登っていきました。。。
百井別れで足着きそうになりましたけど、そこは何とかこらえて、もう最後の急坂部分なんてずっとダンシングですから!足もげそうになりながら頂上到着。。。。滝のような汗でおます。。。
c0107075_16461451.jpg




写真撮ったらさっさと下ります。


途中、花脊別所でパチリ。ここからのアングルの写真、ROSSINも仲間入りです。
c0107075_16461737.jpg





小布施から広河原へ向かいます。

とろけそうな春の陽気にペダルも緩む。。。。こんな景色はぶっ飛んでいくともったいない。。。。
c0107075_16462030.jpg

c0107075_16462318.jpg

(この季節の田んぼって綺麗すぎます。ほんとは向こうの山が綺麗に水面に映ってるんですけど))


さ、スキー場からは佐々里峠にアタックです。花脊越えてますから、こっちはまあまあ楽勝。それでもダンシング大会なのは間違いないです。。。


頂上付近には遅咲きの桜並木があって、ちょっと楽しみにしてたのですが、さすがに散ってました。でもその代わりに桜の絨毯!
c0107075_16462667.jpg



c0107075_16463940.jpg

(佐々里の頂上だよお〜)




ロードで美山へ下るのはかなり久しぶりです。
ここのルートも気持ちいいんだよお〜〜〜〜アホレナリンだだ漏れなのだよ〜〜〜〜
c0107075_1646417.jpg

c0107075_16464534.jpg



田歌辺りからでしょうか?急に風が吹いてきました。しかも向かい風。。。。野菊の花とか異様なくらいに弾んどります。当然その分僕はしんどいわけで、アベレージが上がらない。。。。ここはしっかり快走する予定やったのに。。。。
c0107075_16464743.jpg

(おきまりの場所でパチリ)



道の駅でトイレ行ったら、深見峠(トンネル)にアタック開始。。。だいぶん前にプリアモで来たときは楽勝やったのか、まったく記憶になかったのですけど、結構長いですやン?しかも道真っ直ぐで先まで見える嫌なパターン。。。。全然覚えてない!

必死のパッチで登りきって、トンネルをくぐります。。。。。ライト付けて、テールライトを点灯させて。。。ん?テール点かない。。。。仕方ない。。。右側の広い歩道を行きます。。。。ってか深見トンネルって、北側から入ると、出口まで登ってるのですね。。。。。不公平な!

さ、峠を下りつつ、時計と足の状態と相談しながら、ここからのルートを考えます。
最初考えていたのは井戸峠越えて芹生峠で戻ろうと思ってたんですけど、ここまで走ってきて、このギアではあり得ないと。。。。ぢゃあ、栗尾峠〜笠トンネル。。。。まあ栗尾峠くらいなら何とか上れるだろう。。。。。
と、えっちらおっちら。。。。ここも妙に長い!周りの木切られて先見える!ええ加減イヤになってきた頃頂上到着。そんなに距離はないはずだけど、足がもう無い。。。。時間が押してるので、止まらずスルー。笠トンネルはほとんど上ってないので、一気にくぐり抜け、さあ、杉阪からや。。。。ここから京見を越えるルートと、持越を越えるルートとが考えられます。分岐で止まって、ゼリーを2個流し込む間に思案します。

京見は上りは比較的楽かもしれんが、下った後に町中抜けやんとあかんからこれが鬱陶しい。。。。
持越は上りの距離が長い!でも車はほとんど来ないし、下ったら終わりなのだ。。。。。
追記。。。どうも気になったので、ルートラボで調べてみました。
京見峠:約4キロ標高差172m
持越峠:約4キロ標高差152m



う〜ん。。。。やっぱり、勝者、持越!


もう、ほとんどなくなった足で42x23はシッティングでは踏めませんで、ダンシングオンリー!まあ時々は座りますけど、ダンシング8割シッティング2割くらいか?ゆっくり踏む分には心拍もそんなに上がらない。。。。。結構あっけなく頂上到着。
c0107075_16465049.jpg





後は下るだけ。。。。カメラの時計として行ってた腕時計の誤差がどんなくらいあるか知りませんけど、データによると、10数分で下りました。。。いや〜あんなに長いと感じる大岩〜出会橋間も下るとあっという間ですなあ。。。。



さ、仕事仕事。。。。温泉でさっぱりしないといけないので、くらま温泉へ。。。。
階段上るのきついなあとは思ってましたが、さっぱりして帰りしな、階段でこけました。。。。。



おわり
[PR]
by tamz_ortho | 2012-05-17 16:52 | Rossin Quadro | Comments(2)
Commented by morrow at 2012-05-19 19:11 x
灯籠の赤、ロッシンの赤、似合うな〜
Commented by まえだ at 2012-05-19 21:59 x
さすがデザイナー!!そんなこと気づきもしなかったです。。。。