高校の同級生と北山へ行ったじょ!

3/21、高校の同級生のKMT48君とツーリングに行きました。

年末に、FBで話していると、なんとKMT48君は80年代のクラシックロードのご執心な様子。しかもコルナゴばっかり何台持ってんねん!

花脊峠のタイム計ったりなんかして遊んでいるようで、楽しげだなあ。

そんなある日、高校の同級生数人で飲み会しました。そのとき「今度ツーリングいこうぜえ」という話になり、決行されたわけです。。。
KMT48君がコルナゴのクラシックロードで来るなら、おいらはRossinQuadroで行くしかないじゃん!
問題はコースだな。。。。春の北山やからねえ。。。。美山は行きたいよなあ。。。。
そうなると、佐々里も越えんとあかん。。。。深見越えて周山に戻ってきたら魚ヶ淵も行きたいしなあ。。。。神吉〜越畑の雰囲気もなかなかだぞお。。。。最後の六丁峠しんどいけど。。。
まあ、足の具合と相談しながら行くか。。。



c0107075_0294739.jpg

(KMT48君はコルナゴのMexco)
コンビニで待ち合わせて、一緒に走り出します。
いきなりの花脊アタックかあ。。。



c0107075_0294977.jpg

(鞍馬の町をゆきます)




c0107075_0295112.jpg

(鞍馬温泉でアップ完了?)



鞍馬温泉を過ぎると、勾配がぐんと急になってきます。。。
今時のコンパクトクランクに多段変速のロードバイクだったら、何も気にせずひょいひょいと進んでいくんだろうけど、こちとら最小ギアは42x23ですから、しかも後6枚だし。。。。失速したらしたでスピード戻すのが大変、いちいち足使ってしまいます。。。。このあたりのつらさは体験済み。。。勾配が強くなると、さっさとインナーに落とします。

全然かわらへんし!!!

このあたりの秘密は。。。。

これも最近のロードバイクとの違いですが、昔のシフトレバーはフリーストップです。要はインデックスではないのです。シフトワイヤーにテンションをかけていない場合、前後のディレーラーはノーマルポジションに戻るようにリターンスプリングが内蔵されています。インデックスシフトの場合は「カチッ」という音がするクリックポイントがあるために、一旦引っ張られたワイヤーはそうそう緩んだりはしませんので、このリターンスプリングは結構バネレートが高いです。一方、クラシックロードはフリーストップ。。。リターンスプリングでノーマル位置に戻ろうとするのを防いでいるのは、シフトレバーのフリクションだけ。。。リターンスプリングのバネレートが高くなるとレバーのフリクションは大きくすなわちはレバーの引きを重くしないとリターンスプリングの影響とチェンテンションの影響で勝手にギアチェンジしてしまいます。引きは当然軽くしたいので、リターンスプリングのバネレートも低めになっているのですよ。。。。その結果何が起こるかというと「登りなんかで踏み込んでいるときにフロントをインナーに落とそうと思っても、チェンテンションが勝ってしまってインナーに落ちない」ことが起こります。簡単に言うと、一瞬踏む力を緩めないとフロントはインナーに落ちてくれないのです。踏んでいる力って結構強くて、最近のバネレート高いやつでも落ち切りません。そこで、最近のはチェンリングの歯にチェンが落ちやすい加工を施して、確実にインナーにディレールするように設計されているのだだだだ!!!

しかし、悲しいかな、僕らのはクラシックロード。。。。。そんなハイテクな設計がされているわけもなく、フロントをインナーに落とす際は、ちょっとだけ頑張って加速してからインナーに落とす。。。僕らはそんな元気がないので、踏むのを止めて失速させてインナーに落とす。。。。。。

そうすると、ギア重いままやんかいさ!!!



ふう、、、脱線してしまいましたが、要はそういうことです。。。。


c0107075_0295236.jpg


KMT48君は、その辺のことも考えてか、秘密兵器を装備していました。。。。。いや、外装式変速機なので、秘密でも何でもないか。。。。

なんと、ロードにカンパラリー!!!!!クラシックロードにリアに28T!!!!
c0107075_030179.jpg

KMT48君、いくら花脊スペシャルとはいえ、まあまあ格好悪いのではないか?

しかし、一緒に上り始めて数分で僕は「ええなあ。。。ええなあ。。。」と思い始めました。
だって、僕とケイデンスが違いすぎますから!
その分一緒に走ろうとすると、僕は立ちゴケしそうになります。これを防ぐには、蛇行しかない。。。。


でも、車来たりなんかするとそれもでけんでね。。。。KMT48君には悪いが、ちょっとケイデンス上げさせて〜〜〜〜
えっちらおっちら上っていきます。
朝家出るときは結構寒くて、日も照ってなかったので、「これ曇りで気温上がらんかったら結構寒いぞ」と思って、ウィンドブレークジャージを着ていました。脇の部分にファスナーが着いているので、蒸れた空気を排出するのは得意です。。。
でもね、そんなん追いつきません!
百井別れの手前から始まる急勾配区間。。。。所々10%を越えてきます。ダンシングです!ダンシングです。。。。
ボタボタとしたたり落ちる汗。。。。ゼエハアと弾む息。。。。昔ここを53x25でかけ上ったなんて信じられない体たらく。。。


頂上で、KMT48君を待ちます。

おお、来よった来よった。。。。


お疲れ〜〜〜!
c0107075_0295470.jpg

ありゃ?KMT48君とちゃうやん。。。。KMT48君、後に張り付いてます。。。


無事、ゴール。。。。
c0107075_0295665.jpg

(ベストラップおめでとう)




しばらく休憩して、下り始めます。
KMT48君、かなり慎重に下ってゆきます。クラシックロードだし、しかも花脊の北側はかなり路面荒れているので、なかなか飛ばせません。。。。
さあ、しかし、下り大好きな僕はウズウズしてきました。
「も、飛んでっていいかな?下で待ってるわ。。。」
と声をかけて、ダンシング〜〜〜〜〜


倒し混みとオーバースピードにさえ気をつければ、Rossinもまあまあ曲がってくれんだよねえ。。。。


っと、オーバースピード気味かもしれんと突っ込んだ左コーナー、僕が狙うライン上に拳ほどの石。これを避けつつラインを修正するとなるともうちょっと減速したい。。。。ブレーキレバーをさらにぎゅーっと握る。。。。。

突然Rossinのリアがスライドしました。

とっとっと。。。。何とか立て直しましたが、対向車来てたら危なかったかも。。。。。

理由はすぐに気づきました。。。。何台かある僕の乗る自転車の中でRossinのみが左前やったのです。。。。減速しようとして右レバーを握ってしまった!危ねえ!!!


橋のたもとでロードのグループに遭遇!

いつものように「よ!」とてをあげつつバイクチェック!
おお!なんとコアなもんを選ぶメンバーたち。
CANION、Lemmond、Tommasini。。。。渋いなあ。。。と眺めていると、向こうもチェックしてたみたいで、
「Oh! Rossin! Cool!」
と、間違いなく英語で言いました。
「知ってんの!」と声かけると、親指をピッと上げてました。
格好いいじゃん!
彼らは、周山方面に下っていきました。

KMT48君を待って、さあ後の行程相談です。
1.予定通り佐々里を越えて美山〜深見トンネル経由で周山へ出るか、
2.このまま桂川沿いに周山に下るか。。。。
2は正直あまりおもしろくないのよねえ。。。単に走るだけ。。。。
1の方がいいのだけど、佐々里越えて、美山まで40キロほど走らんとあかんし、その後深見トンネル越えんとね。。。。あかんわけよ。。。。KMT48君。。。。
まあ、僕は美山への下り道に素晴らしさを味わって欲しいのが一番の目的なので、出来れば1を選びたい。。。
KMT48君、「どんな感じや?」と不安そうです。。。。
「佐々里峠への道は最高に気持ちよい。峠部分は3キロほどで、本当にきついのは最初の1キロ。残りの2キロは花脊越えてきているのでそんなにきついと感じないと思う。。。佐々里峠の下りは最後や!ここが今回のツーリングコースのメイン部分と言っても過言ではないのだ。是非見せてやりたいね。しかし、その後の深見トンネルへの登りは、勾配はそんなでもないんやけど、先がしっかり見える直線道路で、精神的に来るね。。。。」と。。。

「まあ、行ってみるわ。あかんかったら、ちぎり捨てて先行ってくれてええわ。」

ををを!男前じゃんKMT48君!



c0107075_0295871.jpg

(やっぱりパントチェンリングは格好ええなあ。。。)


c0107075_03034.jpg

(ヘッドラグはロングポイントのひげ付き。。。。クラウンもUGの兄♭♭♭号やにゃごと同じ。これもロッシン作なのかなあ?)


c0107075_030553.jpg

(アウターバンドはシマノやったらしいけど、昨日、カンパに付け替えたそうです。。。。)



c0107075_030786.jpg

(新品レバーパッド付きの傷だらけグランスポーツを¥5000でゲットしたらしい)



c0107075_030935.jpg

クイックは、直レバーのスーパーレコード。。。。






北山で一番好きな広河原を通って、佐々里へ向かいます。天気もいいし、暖かく、寒くもなく、最高の気分です。ここはカーボンより絶対クロモリ!断言できます。
c0107075_0301196.jpg

c0107075_0301580.jpg

c0107075_0305783.jpg

KMT48君ご機嫌です。よかった!


c0107075_0301769.jpg





所々にかやぶき屋根の民家が残る広河原を過ぎると、いよいよ佐々里峠の登りが始まります。序盤の1キロ10%中盤は8パーセントくらい?終盤はほとんど平坦になるなかなか優しい峠です。花脊と同じで、最初は何とか蛇行しながら同じような間隔でついて行きますけど、やっぱりこけそうになってきます。。。KMT48君、すまん、先行く。。。。ちゃんと上で待ってるけんね。。。

前来たときもそうだったけど、ここの峠は短く感じます。。。。上っていくと、道端の雪がだんだん多くなってきました。。。。おいおい、この陽気やのにねえ。。。
c0107075_031630.jpg




KMT48君の到着を激写!
何か春とは思えん。。。。
c0107075_0311473.jpg

c0107075_0312097.jpg




この時点で12時。。。。う〜ん。。。。ちょっとペースが遅いぞ。。。
僕はお腹が減ったので、勝ってきていたお寿司を食べちゃいました。。。。



気持ちいい下りを美山へ向かいます。
頂上付近の残雪の量はすごい!でも路面は完全ドライ。気温16度!
c0107075_0312746.jpg




時々向かい風になるんだけど、KMT48君、後に着かず。景色眺めてます。。。。
後につきゃあ、楽なのに。。。。。。「後付け!」と声をかけますけど、聞こえてんだかなあ。。。。
c0107075_0313468.jpg





茅葺きの里で小休止。。。。
c0107075_0314013.jpg

c0107075_0314653.jpg




さあ、ご飯どうするよ。。。。
確かこの辺に。。。。



あった!自家製ハムの店。。。。。
c0107075_032060.jpg

c0107075_03257.jpg

c0107075_0321120.jpg



この店、サイクリングする人たちをサポートしているようで、店内には簡単な部品売ってました。。。。
c0107075_031539.jpg






食ったら走る!R162に入って南下しますが、まずは深見トンネル。
ここ嫌なんだよぉ〜〜〜〜長い登りの直線が見えるんだよお。。。。心折れそうになるんだよお。。。。。
KMT48君、遅れ気味。。。。。しかし時間が押してきているので休憩は下りながらね。。。。
c0107075_0332821.jpg

(あとちょっとだ頑張るべし!!)




周山に向けてひた走る!うををおを時間はどんどん進む。。。。。

周山の時点で3時半を回ってしまった。。。。。栗尾トンネルは通れるのかなあ。。。。。開通してるかどうか微妙だぜ。。。。。

トンネルの入り口が見えるけど、暗いなあ。。。。まだ通れそうにないなあ。。。。
抜いていく車はどうもトンネル通ってないようで、遙か上の方を上って行ってます。。。。
完全に心折れる瞬間です。。。KMT48君、これをどんな気持ちで見てるんだろうと、後ろ見ると、
げげ!完全にちぎれてる。。。。。こりゃ、まずい。。。。。確か車を止めた駐車場が閉まるのは5時だった気がする。。。。あと1時間10分。。。。。
前にランドナーで来たときに魚ヶ淵から1時間半で着いたことがあった。。。。今日はロードだからもう少し速いはず。。。。頭の中でいろんな計算をするけど、何度計算しても、KMT48君と一緒に行くとたぶん間に合わない。。。。。
上りながらメールを打つ。。。。
「すまんが、先行する。駐車場の閉まる時間が心配だ」
送信ボタンを押して、ダッシュ!下りに入ると、ゆっくり抜いていくバイクの軍団が。。。。一番後のバイクが抜いていくとき、「後着かせて!」と声をかけて、スリップに潜り込む。。。。ぐんと上がるアベレージ。それも笠トンネルの手前の登り信号でストップ。彼らは行ってしまった。。。。。笠トンネルからの下りは一人旅だったけど、アドレナリン全開でひた走る。。。。杉坂口の交差点を左折して、持越アタック。。。真弓分岐までの登りが妙にきつい。。。。。
持越峠に入ってもそのまま踏んでいく。。。42x23がとにかく恨めしいけど、仕方ない。。。。足の続く限り。。。。。
頂上手前の平坦直前、僕の足は急に止まってしまった。。。。。ひ〜〜〜。。。。押すんかいな。。。。。と自転車を降りたとき、花脊の下であった軍団がすごい勢いで上ってきた。。。。。「おお!」と声を掛け合うけど、彼らはスプリントに入ってるような感じ。僕ももう一度自転車にまたがって、こぎ始める。。。。まあ、程なく峠を越えるんだけど、持ち越し橋のところで、休憩している彼らに追いついた。あと10分。。。。
「手前に青いコルナゴ居てませんでした?」と聞くと、「う〜ん。。。笠トンネル入り口で見たやつかな。。。。。」と。。。。え?笠トンネル。。。。だいぶん手前じゃん。。。。
ええい!車で迎えに行っちゃる!とそのまま下っていきました。出会い橋を過ぎ、大岩を過ぎ、時計を見るとあと5分。ま、5時には間に合うな。。。。
と安心した瞬間、リアにガツンという衝撃が。。。。
「やべ!」
ゴゴゴゴ。。。。あちゃあ〜パンク!
あと500mやのに。。。。。そのまま走ったろかいな。。。。。とも思ったけど、全然グリップしないし。。。。(当たり前)
そそくさとパンク修理。。。。。たぶん3分くらいしかかかってないはず。。。。。時計を見ると、1分前。。。。。ダメ、間に合わない。。。。。

結局着いたのは2分ほど過ぎてましたけど、僕が5時やと思っていた閉門時間は7時半でした。。。。
きゃ〜〜〜〜KMT48くん、すまん!

電話してもつながらない。。。。ああ、トラブってたら悪いなあ。。。自転車、屋根に積んで、靴だけ履き替えて、荷物ほりこんだら来た道戻ります。結構狭い道なので、気をつけて進みます。。。。持越越えとったらええのだけど(持越は道狭いので)なんて思いながら進んでいくと、出会橋の手前あたりで、下ってくるKMT48君発見。。。。よかった。。。。。「まあ、下りなんで回収しなくてもいいでしょう」後からゆっくりついて行きます。

最終的には、待ち合わせたコンビニで、合流して、労をねぎらいます。
結局僕が打ったメールは携帯のバッテリーが切れていて見てなかったようで、決してほったらかしたわけでは。。。イヤほったらかしたか。。。。すまぬ!ほんまにすまぬ!
反省してます。きついコース選択して。。。。でも広河原と、美山は是非感じてほしかったんよ。

こりんとまた行こうな。。。。。今度はもっとゆっくりで行けるコース考えるから。。。。。
今思いついたけど、周山まで車で行ったらええねや。。。。花脊と栗尾と持越走らんでええもんね。。。何なら、日吉ダムでも。。。。

絶対また行こうな。。。。KMT48君!




と、ここでレポートが終わるかと思いきや。。。。今回はとんでもない続きがあったのです。。。。


この日、大阪ではofはやまさん主催の「大阪渡船ポタ」が開かれておりました。これには、BLKさんとえべっぷりさんが参加してはりました。そして、我らが鬼軍曹のcharaさんは朝から大阪でお勉強。さらに、hujiさんは50名のランドナー軍団で京都市内を花見ラン。。。。
日も暮れなずむ頃BLKさんからメールが来ました。
「渡船ポタ終了」
それに対して、charaさんが
「どっかで合流する?」
と返信。。。。実はこれ、僕が持越上ってるときに来たメールでした。こっちは急いでいましたのでそのまま返信せずに下っちゃったんですけど、KMT48さんを見送ってから思い出したのです。。。。

そういえば、これから風呂入ったりしてたらええ時間になるぞ。。。。ご飯どうするよ。。。。(実は女房子供は旅行中)
いそいそと携帯を出して。。。。
「合流?どこで?」
と返信を。。。。
この直後から怒濤のメール応酬が始まって、最終的には、大阪から帰ってきたcharaさんが京都駅で輪行して帰って来はったBLKさんとえべっぷりさんをピックアップ。僕は公園のトイレで着替えて京阪七条で待つhujiさんをピックアップ。そのままいつものインド料理屋で合流しました。

なんぼほど手際ええねん!京都組!!!

楽しいおしゃべりは遅くまで続き、その後、charaさんとhujiさんとで風呂まで入って、めっちゃ満足して帰ってきました。。。。

c0107075_059476.jpg

あ、そうそう、インド料理屋のカレー、前回レベル2で楽勝やったので、今回はインド人向けのレベル3に挑戦しました。。。。。

「めちゃくちゃ辛いというわけではないけど、汗ってこんなに出るんや。。。。」

という感じでした。。。。

参考までに。。。。。



KMT48君、また行こうな。。。。それまで国際会議場の周りを毎日10周走っておくように!(爆)



おわり。。。。。
[PR]
by tamz_ortho | 2013-03-26 01:01 | Rossin Quadro | Comments(5)
Commented by chara at 2013-03-27 09:33 x
おつかれさま〜。今度行くときは日吉とか周山から出発ならつれていってくださいね〜。で、インド料理と風呂はいつでもOK!
Commented by まえだ at 2013-03-27 20:29 x
今度は周山発にしますわ。。。。(爆)
Commented by chara at 2013-03-28 08:10 x
そうしてくださいな・・・。
しかし、KMT48君はよくそのコース完走できたよね~。
今週末なら雪と桜をみることができるかなあ?(笑)
Commented by UGの兄♭♭♭ at 2013-03-31 01:09 x
昔、丹後縦貫林道とか鯖街道オグロ坂とかで、まえださんに引きまわしていただいたのを思い出させるレポートですね。
Commented by まえだ at 2013-03-31 16:06 x
行きましたねえ。
丹後縦貫林道。途中で日暮れて、「熊出るぞ!」と脅されてからナイトランで車まで逃げ帰りました。

行きましたねえ。オグロ坂!
檜峠に水坂峠、根来坂越えてその後にオグロ坂。とどめに前坂越えて最後は平林道。。。。ランドナーで、登山道の峠2つを含む100キロオーバー。もうできません。。。。いい思い出です。

でもまた行きたいです。。。