ツールド乗鞍2007 〜プロローグ〜

今年も、ツールド乗鞍の日がやってきました。


3年前から年に一回走っていましたが、今年からコース変更です。
何ちゅうても、国道のトンネル区間が危なすぎます。加えて、今年の参加人数が20人近いというのもネックで、トンネルとトンネルの間の交差点に自転車乗りが20人近く溜まった日にゃぁ、4〜5人跳ね飛ばされたとしても文句も言えないだろ!

だもんで、しんどいのは覚悟の上で白骨温泉経由にしました。
平湯峠スタート〜平湯温泉〜安房峠〜R158〜沢渡〜白骨温泉〜蛭窪トンネル〜乗鞍高原〜エコーライン〜スカイライン〜平湯峠
ちゅうコースです。



例年通り、みんなは土曜日のうちに行っちゃいました。

僕は、仕事が終わって、8時半にTanakaさんを乗っけて、吉牛でダッシュで晩ご飯を食べて、一路、乗鞍高原の民宿“あずさ館”を目指しました。
遠くへ行く時には、ナビに目的地を入力しますが、言われるとおりにはあまり走りません。今回も、京奈和自動車道〜京滋バイパス〜名神〜東海北陸道というルートを設定しやがりましたので、名阪経由で行きました。
針くらいまで“引き返してでも名神に入れ”とせっついてくるのには参りました。
東名阪に入る頃には、平和にナビゲーションしてくれるようになりましたので、“よしよし”とか思っていたのですが、名古屋高速から一宮ジャンクションに来たとたん、狂いだしました。一宮ジャンクションから東海北陸道に入るには、一端京都方面に少しだけ戻らないといけません。ナビは“静岡方面”を案内しよりましたので、ついふらふらと。。。

いつの間に、経由道路変えとんや!ゴるぁ!!


ま、逆行するわけにもいかないので、そのまま中央道で行くことにしました。渋滞もなく調子よく走り、恵那山トンネルに入りました。長い長いトンネルを抜ける頃、“ピンポン”と案内を知らせるチャイムが鳴りました。“何じゃ?”と思いきや、、、

“3km先、園原インターチェンジ、左方面です。”

何でやねん!

考えている間に園原インターを通過しましたが、あのまま園原で下りていたら、どこに連れて行かれたんやろ。。。

今度は伊北で下りろといってきました。またもや無視。どうも、伊北からは中央本線に沿って北上させられそうな案配。いくら夜遅くて、車が少ないとはいうものの、塩尻北まで行くことにしました。

こんだけ、ナビを無視しまくっているくせに、塩尻北で下りてからはナビの言う通りに進んでいきます。と、突然ナビの復習劇が開始されました。
とんでもない道ばかり走らされます。ま、たまには言う通りにしといたろうかいなと指示通りに進みますが、リンゴ畑の真ん中の軽トラしか走れないような道を行かされ。。“その先、左です”って、

道無いやんか!


何とか国道に出て、後は快調に民宿到着。園原インターで下りた場合の到着予定時刻は3時47分でしたから、2時間以上短縮出来ました。
ビールを一缶飲んで即就寝。


朝、4時起床。はっきり言って2時間しか寝てません。。。完全に睡眠不足です!
ここから、平湯峠のレストハウスまで自転車を車で積んでいってスタートします。

“何で平湯峠スタート?”ちゅう話になるんですけど、説明が難しいのですが、要は“わたいは、安房峠なんて行きたくない!乗鞍だけ走りたいんや!”という正常な人も居られるわけで、そんな人たちは、10時半頃まで遊んでいてもらうということになります。遊ぶのに一番適した場所がこの辺りでは“乗鞍高原”ということで、宿泊は乗鞍高原、スタートは平湯峠がベストなのです。

今年も仰山変態が居てますが、13名です。
ちなみに、正常な方は。。。。たった、5名。。。
後、もう一方、乗鞍越えるだけじゃつまんないので、途中まで変態どもを迎撃してやろうと、蛭窪トンネルを越えて、さらに白骨からR158まで下ってしまわはった、プチ変態なTRIPLE☆さん。。。


c0107075_13153981.jpg

平湯峠だす。



さてさて、今年はどんなツールになるのでせうか?

つづく。
[PR]
by tamz_ortho | 2007-08-07 13:30 | CARRERA PRIAMO RACE | Comments(2)
Commented by seafronts at 2007-08-08 01:31
安房峠、ぼくも先日走りました。車で。(笑、すんません)
えぇ路ですよね。
あんなとこ自分の脚で走ってしまうまえださんは 尊敬!
Commented by まえだ at 2007-08-08 13:22 x
seafrontsさん、こんにちは。
そうか!高山行ってはったんですね。
安房峠ね。。。この峠を始めにもってくるか、後にもってくるかでかなりイメージが違いますね。後にもってきた時には非常にきつく感じます。