ツールド乗鞍2007 第1ステージ 〜平湯峠〜沢渡〜

平湯峠を下って、いよいよ第1ステージ:安房峠山岳ステージだす。

c0107075_132356100.jpg



この安房峠は、平湯から8km。標高差は500mです。平均勾配は6%強ということになるんですけど、実際に走ってみると、結構勾配がありそうな峠です。要はゆるゆるのところと、まあまあ急なところが混在してますので、足に来ているのになかなか気付きにくいのです。足を使いすぎてしまうと頂上直前の緩勾配区間でだれてしまいます。かといって足使わないと急勾配区間は上れません。。。去年は、U-Ritchey!さんにまくられそうになって焦りました。
今年はどうでしょ?
というか、登り始めからKataoka君以外みんな着いてこない。。。どうしたの?と思いきや、後ろの方でウインドブレーカー脱いでいたんだって。

心拍数165位でちんまり登りつつみんなを待とうかなと。。。。が、すぐにハアハアしたくなります。後ろを見ると、Nishihataさんが追いかけてこられていました。Nishihataさんは、最近異様に速くなっておられるという噂です。この安房峠は勾配が一定でなくって、緩くなったり、きつくなったりが繰り返されます。どうも、Nishihataさんのペースは一定ではないようで、急勾配区間でちょっと頑張って、緩勾配区間で休んでおられる感じでした。ユニゾンで一緒に走るのも良いですが、見えるか見えないかの微妙な距離を保って走るようにしました。
プリアモは、こういう緩急織り交ぜた勾配が混在するシチュエーションで有利です。急勾配になっても、足をあまり使うことなく、そのままシッティングで踏んでいけるという感じです。
林間のヘアピン連続区間は木漏れ日が心地よいです。安房平を過ぎて、谷の左斜面から右斜面にトラバースしたら、頂上の鞍部が見えてきます。UGの兄♭♭♭さんと来た時には乗鞍を越えた後にここを走りましたので、足もなくなっていて“まだまだ先やんか!”と気絶しそうになったこともあります。U-Ritchey!さんと来た時は牛乳をぶちまけたような雲の中を走りましたので、この鞍部が見えなくてラッキーな気分でした。
左手に“安房峠”の看板が見えたらラスト200mです。勾配も緩くなりますのでダッシュだす。
c0107075_1324818.jpg

峠地蔵を前に。。。



先着者の証は“屈辱の前からショット”を撮ることだす。
c0107075_13241735.jpg

ほっほっほ。。。


まだまだ元気なので、最後尾を迎えに行きました。


c0107075_13242790.jpg

Nishihataさんの後ろは、当然U-Ritchey!さんです。今回は決戦用にイーストンの軽量ホイールを履いておられます。ちょっと持たせてもらいましたが、フロントは間違いなくユーラスより軽いです。


その次は、Takashimaさん。
c0107075_13243796.jpg

このオヤジも速いです。へばりつかれると一番やっかいかもしれません。


このショットを撮りたかったのだ。晴れてたらもっといいのに。。。見たか10倍ズームの威力を!
c0107075_13244789.jpg



5番目は、
c0107075_13245751.jpg

やるやんけ!Kataoka君!ウリッセ炸裂やね!(○○○もろておおきに)


6番目は最近全然走り込んでいないtanda君。ついこの前までは、油断したらやられそうだったのですが、今は。。。。。
c0107075_1325744.jpg



7番手にtanakaさん、直後にNishiuraさんがつづきます。
c0107075_13251698.jpg

c0107075_13252528.jpg



もう少し下ると、Yoshida先生とヒゲオヤジさんとhattari君が仲良く登ってこられました。
c0107075_13253425.jpg



最後にkuboさんとschmittかいなと思いきや、kuboさんだけ。。。
c0107075_13254493.jpg



schmittわいな?
ここからが長かった。どこまで戻らすの?状態。安房平辺りまでほぼ半分戻ると、schmitt発見!座り込んで、何か食ってる。。。しかもめっちゃ元気やし!
“何や!元気やないか!そんな元気なんやったらもっとがんばれよ!”と声をかけると、
schmitt曰く、
“イヤです。”
。。。。。。そうですか。イヤですか。。。。。。
c0107075_13255411.jpg




安房峠で記念撮影だす。
c0107075_1326410.jpg




超荒れ荒れの安房峠を下り、国道に合流します。下り基調ではあるものの、暗いトンネルが多いこの区間は、このツーリングルートの最危険地帯です。さらに、例年の乗鞍高原に登っていくルートを走る場合、長いトンネルとトンネルのわずかな隙間に造られた交差点を右折しなければなりません。ここに10人以上の自転車乗りが集結すれば。。。。。絶対に何人か轢かれます。
で、今年から、この国道区間を少しでも短縮するために、コースを変更しました。
沢渡から国道を離れます。
向かって右手に進んでいくのですが、道は左に曲がって、立体交差してから登っていくようになっていますので、気を付けないといけません。。。標識を見て、減速&左折の手信号。。
と、“ん?あ、TRIPLE☆さん!”
TRIPLE☆さんは、乗鞍高原から蛭窪トンネルを越えて、ここまで我々を迎撃しに来られたのです。

さあ、ここからは僕は走ったことのない道です。楽しみ〜〜〜〜!
TRIPLE☆さん曰く、
“えぐいよ。知〜らないっと。。。”
それどういう意味????

つづく。。。。。

c0107075_13261466.jpg

[PR]
by tamz_ortho | 2007-08-08 13:34 | CARRERA PRIAMO RACE | Comments(5)
Commented by Giro at 2007-08-09 21:00 x
とてもうらやましいと思っています。今度はかならず生きます。前田さんがふらっと行きたくなったらついていきますので、ペースメーカーに使ってください。
さて16日前田さんとMTBで蛭に吸われに行くツアーのために休暇をとりました。楽しみにしています。
Commented by lowe at 2007-08-09 22:04 x
ええなぁ・・来年はワタシも活きたい・・。

16日蛭ツアー・・今年は絶ぇ~っ対に医科ねえ!!
Commented by まえだ at 2007-08-09 23:01 x
まだ、第1ステージでんが。。。
これからですよ。乗鞍ツアーの魅力は。。。
Commented by こじま at 2007-08-10 19:11 x
笑えるコメント万歳ですね。
Commented by tamz_ortho at 2007-08-10 19:21
こじまさんこんばんわ。

わざととしか思えませんでしょ?(笑)