僕の夏休み〜Part 3〜

8月16日。今日は夏休み最後の日。
でもやっぱり休んでなんかいられない!恒例の北山マウンテンツアーです。

元々は、ケニーさんの“北山走りに連れて行け”とのご命令で、宝ヶ池〜芹生峠〜旧花脊峠〜大見尾根〜平林道〜花折峠〜宝ヶ池というコースを走り出したのですが、灼熱の季節にこのコースはきつい!という理由で、ここ数年は平起点で平林道〜ヒノコ〜尾越〜オグロ坂峠〜久多〜平というコースになっています。今年も同じコースで行くことになりましたが、メンバーが。。。。元々は、不良中年組+チーム焼き肉だったのですが、去年からLoweさんが合流。今年はGiroさんとT君も。。。スーパーアスリートグループやんか!
朝は5時起きで、まずはU-ritchey!さんを迎えに行きます。で、いったんうちに帰ってきて、事前に借りていたtanda君のウイングロードでもってU-ritchey!さんにケニーさんを迎えに行ってもらいます。で、そのまま2人はSRへ。僕はtsuji君を迎えに行ってからSRへ。SRでnishiuraさんとLoweさんとGiroさんを乗っけて、2台7人で北山へ向かいました。

c0107075_136412.jpg

途中のコンビニで、朝ご飯。ここのコンビニはオープンカフェ風でいいです。
c0107075_1354760.jpg

3台積みに4台積み。並べて止めてたら、まあまあかっこよかったかも。。。


最終的に、平のデポ場所でokada君と合流、今年は8人でした。Nishioka君が居ないのがとても寂しかったでおます。ま、子供出来たとこらしいので、無理ですわね。
走り出すと、すぐにokada君が“なんか今年速くないですか?絶対に速いですよね”と言い出しよりました。いつもはnishioka君が元気の続く限り言い続ける台詞ですが、今年はokada君が代弁してくれました。
c0107075_1343868.jpg

  (撮影nishiuraさん)


c0107075_1322295.jpg


c0107075_136139.jpg


c0107075_1382329.jpg


c0107075_1381143.jpg


c0107075_1344842.jpg

  (撮影nishiuraさん)


別段何事もなく、平林道の終点に到着。いよいよ川を渡ります。

c0107075_1345942.jpg

  (この川を渡りますねん。   撮影nishiuraさん)


c0107075_135871.jpg

  (撮影nishiuraさん)


この辺りからは、山ヒル生息ポイントに突入します。去年山ヒルの洗礼を受けてパニックになったLoweさんは、今年からは絶対に行かないとおっしゃっていたのですが、何が引き寄せたのか、“今年もヒルに吸われに行きます”と。。。やっぱ変態です。
一応、ヒル除け薬をシューズにスプレーしていましたので、みんなシューズ&ソックスを脱いで川を渡っていきます。川底の石が足の裏に痛いですが、約1名楽勝で渡って行かれます。なんとケニーさんはリュックにビーチサンダルを忍ばせておられました。やりますな!この数分のためだけに!
それにしても、市内では35℃を優に超える酷暑なのに、北山の川沿いは何とも涼しいです。川に足をつけて、無意味に長いこと遊んでしまいました。

c0107075_1322430.jpg

  (撮影nishiuraさん)


さ、いよいよヒルの本拠地に突入です。当然Loweさんに緊張がはしります。やられない方法としては、あまり立ち止まらないのがいいのですが、足下の杉の葉を見てもヒルの姿は見えません。これだけ乾燥していたら、ヒルももっと地中にいるんだろうなあと、押し担ぎ区間を進んで行きました。と、後ろからLoweさんの裏返った声が聞こえだしました。“ヒルや。ヒルが出た。ヒルが出た。”とバイクを担いだまま小走りに林間を走ってこられます。速い!シクロクロスみたいです!去年の最終戦をぶっちぎりで制した T君も置き去り!あっという間にLoweさんの姿が見えなくなりました。
c0107075_1351859.jpg

  (撮影nishiuraさん)


危ない丸木橋は沢に下りて迂回します。ここでもLoweさんめちゃくちゃに速かった!速攻で急斜面を担ぎ上げ、あっという間に見えなくなってしまいました。
ま、1本道なので、間違うところもないだろうと、どかどかと進んでいきます。
浮き石がごまんと転がる強烈なガレ場もあってなかなかしっかり乗れませんが、それなりにおもしろいです。今にも折れそうな丸木橋が出現して、重量級の方々は谷に降りて。。。軽量級の僕たちはそのまま渡っていきます。
c0107075_1352960.jpg

  (撮影nishiuraさん)


北山修道院の横を抜けて、平林道区間は終わりです。ここまで来るとヒルの恐怖は一応一段落というところです。路面はアスファルトになり、ここでやっとこさ、裸になって蛭チェック中のLoweさんに追いつき(?)ました。
そないに完全に脱がんでも。。。。(残念ながら写真なし)

ここからは登りです。
c0107075_1375929.jpg

(う〜ん。空が青い!)

尾越の手前に控える前坂峠は結構な急勾配で、路面は苔がはえていて、ウェットで、ダンシングしたらスリップします。僕はここが大嫌いです。とはいうものの先に進まないといけませんので、いじいじと進んで行きました。当然のようにU-Ritchey!さん、Loweさん、Giroさん、T君はがんがん上っていきはりますので、何とか追いつこうと頑張りましたが、ダメでした(当たり前か。。。)。
c0107075_1362592.jpg

(nishiuraさんは、カメラを向けるといつも蛇行しはります(謎))
c0107075_1363841.jpg



ヒルの出そうな前坂峠で後続を待って、下れば、お昼ご飯エリア。今年は妙にペースも速いので、どうかなとも思ったのですが、この先でご飯食べれるポイントといえば、八丁平かオグロ坂下りきったところ。どちらも虫が多そうなので、やはりここ尾越で食べちゃった方がいいと思いましたです。
どのくらい遊んでいたか、ぼちぼち藤谷峠に向けて登り出しました。T君が130位のケイデンスでぶち抜いて行きはって、Loweさんも120くらいで着いていきはります。
よう続くなあと感心しながら、僕は60くらいで。。。

c0107075_1374965.jpg



で、そのうちバトルモードに。。。Giroさんに何とか着いて行こうと思ってましたが、路面の悪いところを走ってしまって、思いっきり差を付けられてしまいました。ざ〜んねん。。。藤谷峠では直射日光が暑いので止まらずに下っていきました。すぐ右を飛び出してきた子鹿が併走していきます。カメラを出して何とか写真をとか思いましたが、間に合いませんでした。
c0107075_1373818.jpg


c0107075_135386.jpg

  (撮影nishiuraさん)


機嫌良く八丁平の六尺道を進み、オグロ坂到着。ちょっと休憩後、いよいよダウンヒルへ。去年はここでバケツをひっくり返したような豪雨に遭遇しましたが、今年は雨の気配はみじんもなく、okada君とケニーさんとU-Ritchey!さんは、水を得た魚のように下って行かれました。Tsuji君とLoweさんもふつうに下っていくし、nishiuraさんも別に危なげもなく下って行かれます。僕とGiroさんは、かなりビビリながらイジイジと下っていきました。

c0107075_1364871.jpg

(途中にあった神様の住んでいそうな木)

c0107075_1365975.jpg

(林道まで下ってきたところ。やっぱり空が青い!)


林道に合流して久多まではガレガレダートで、ちょっと余所見をすると全然違うところに飛んでいきそうになります。けど、Giroさんはハードテールのトレックで結構飛ばしてはりまして、後ろから見ていて微妙に怖かったっす。

久多から車までは舗装路です。フロントサスをロックして、飛ばします。
国道に突き当たったところでokada君を待ち、ケニーさんと3人で先行した5人を追います。
c0107075_1371458.jpg



ちなみに、nishiuraさんのコメンサルは、フロントブレーキがパッキンが抜けたか、全く効かなくなってしまいました。こんなんでよう走るわというくらいにスカスカでした。まあ、あとは下り坂はないので大丈夫か。。。って、それはそれで悲しいですけど。。。5人に追いついて後ろを見ると、ありゃりゃ?ケニーさんとokada君の姿見えませんでした。ま、車まで1本道なので。。。。
U-Ritchey!さんの後ろを走っていたのですが、独特のペダリングのせいで、シートピラーがしなるしなる。僕は一度、U-Ritchey!さんのヤグラのボルトが折れる瞬間を眼の前で見ていますので、あのときの再現なるかとドキドキしてしまいました。


c0107075_1372616.jpg

(車のデポ地はうまい具合に日陰になってました。)


okada君とはここでお別れ。また来年かな。。。
帰りに、いつものスーパー銭湯で汗を流してすっきりした後、黄桜カッパカントリーで晩ご飯にしました。と〜っても楽しいひとときを盛り上がり、オーダーストップになる頃にやっとこさ店を後にしました。入ったのは5時半頃やったんですけどねえ。。。。

毎年ヒルにやられまくる北山マウンテンツアーですが、今年は被害ゼロ。とても快適でした。毎年こうやとええなぁ。。。

以上、夏休み報告終わり。
[PR]
by tamz_ortho | 2007-08-26 23:59 | scalpel | Comments(2)
Commented by GiroことM at 2007-08-29 09:29 x
こんなにいい写真とストーリーをいつも丁寧にまとめてくれる前田さん・・ありがとうございます。ただそれだけ
Commented by まえだ at 2007-08-29 12:13 x
おお!そうだった!
実は、7枚ほどnishiuraさんの写真使ってますねん。
早速編集しておきます。