乗鞍ツーリングその3 平湯峠〜栃尾温泉〜高山

平湯峠から、最終ゴール地点の高山までは、普通にいくと下り一辺倒です。乗鞍高原からここ平湯峠までは20kmの登りと、16km程のスーパーダウンヒルのみ。さすがにちょっと走り足らない連中のために、tanda君はロングコースも用意してくれました。
平湯温泉を通過してさらに下り、新穂高温泉郷への分岐を過ぎてもなお下り、途中から一気に山越えで高山に下ってこようというコースだす。
なかなかメリハリのあるコースなんですけど、まあ、いろんな事が起こりましたね。
その辺は追々。。。

まずは、ショートの連中と別れて、平湯峠を下ります。ここは安房峠ほどではないにしろ、路面大荒れの峠で、去年までは難儀したんですけど、今年は舗装し直されたのか、そんなに荒れてなくって、走りやすかったです。前方にバスが走っていましたので、ゆっくり下っていきましたが、誰や!コースリーダーの僕を抜いたのは!約2人抜いたやろ!その2人とも、ここ走ったこと無いやん!どういうことや!

国道に出ると正面に笠ヶ岳が見えました。
c0107075_19154823.jpg




平湯温泉のバスターミナルでトイレ休憩&補給。
c0107075_1916291.jpg

(上で半分に別れたとはいえ、止まれば、この台数の自転車が。。。)




ああ、この辺から写真撮る余裕が無くなるほど盛りだくさんな話になってきます。

平湯温泉から道の駅のある栃尾温泉を過ぎて、峠の登り口まではずっと下りです。ロングコース参加者は総勢23名。集団で走ったらシャレにならないくらいに顰蹙ですので、少人数でグループ組んでいけるように先行して出発。後ろを見るとnishikeさんが着いてきている。まあ、バラバラ状態はそれで車も抜きやすいだろう。とりあえずは抜かれないように先行すればいいかと、時々後方を確認しながら下っていきました。新平湯温泉の分岐がいまいちわかりにくそうだったので、いったんここで集まろうかとストップ。後続のnishikeさん、higeさんが下ってきて、後もう一人二人下ってきてたっけ。。。kataoka君やったかな。。。。
でもそこまで。。。。後は誰も下ってこない。。。。。5分待っても誰も降りてこない。何か起こったのは必至。。。。戻るかどうか悩んでいると、暫くして、Hasegawaさんが降りてきた。“doi君が激しく転倒”だそう。。。頭は打ってないそうだが、精神的ショックと、擦過傷がひどいらしい。他のメンバーも続々降りてきたが、giroさんも“外傷だけや!”とおっしゃるので、大丈夫だろう。後続は、S木さんとnishihartaさんがしんがりを勤めて、道の駅にとにかく集合してしまおうと言うことになっているらしい。

僕が先頭で、あまり集団で固まらないように指示して下っていきました。
道の駅で、後続を待っていると、エウスカルテルジャージのyabuさんがかなりのスピードで降りてこられました。がしか〜し!全開のまま道の駅通過!どうも、僕らが道の駅に居てることに全く気付いてないようで、先行している(と思いこんでいる)僕らに追いつこうとひた走っているという感じ。こりゃやばい!完全に迷子になるパターンです。反射的にバイクにまたがり後を追いました。
早く追いつこうと必死に走るyabuさんは全く見えませんで、こっちも必死です。速度は時々50km/hを越えます。車を風除けに使おうと思うのですけど、道が良くて、車も飛ばしていますから、着き切れません。心拍はずっと180を越えていますが、ペダルを止めたら、それはイコールyabuさん迷子を意味します。いくらきつくても
DHポジションを崩しません。長い下りで、やっとyabuさんの姿が確認できました。まだかなりの差が開いてますが、平地とちょっとした登りでじわじわと差を詰めていきます。もう、ほんまにあかんという頃、平地やちょっとした登り坂が点在しだしました。ここで、差を詰められなければまた下り区間に入ってしまう!死ぬ気で踏み倒し一気に差を詰める!後ろからおもいっきり声を掛けても聞こえない。息も出来ないほどのスプリントで追いつき、やっとこさyabuさんを止めました。
yabuさんはyabuさんで“あいつら、止まらんと行きやがって!”と思って追いかけてはったのですが、さすがに、ちょっと愚痴めいたことを言うてしまいました。
yabuさんごめんなさい。
何しか、早く戻らねば!
yabuさんがロングのメンバーの一人でもいいから携帯番号知っているかと言えば答えはノー。知っていれば、僕の荷物持って下ってきてもらえるのに。。。。でも、もう、戻るしかない。暫く走っていくと、「道の駅まで7km」の看板が!“7km!!!マジで?”
だらだらとそれでも、みんな待っているからと一生懸命来た道を引き返していると、前から、みんなが。。。。。
kuboさんやkataoka君の姿が。
Giroさん僕の荷物持ってるし!涙出そうだったよ。。。


ちなみに、yabuさんつかまえた所から、ほんの1kmで、峠の分岐でした。ギリギリセーフでしたわ。分岐過ぎて行きはったら、もうほっとこうと思ってましてん。。。


高山に戻る峠は“トヤ峠”といいます。距離にして約10km標高差は500m程。登り始めのところで通行止めの看板が出ていますが、迂回路もあるし、自転車も通れへんと言うことはないやろうと、そのまま突っ込みました。しんがりはHasegawaさんが勤めてくださいます。
平均勾配は5%のはずやのに、初っ端から10%近い勾配が続きます。。。。といっても300mほど。僕はここで既にちぎれました。最近飛ぶ鳥を落とす勢いのnakagawa君が先頭を後ろからgiroさんとU-Ritchey!さんが追いかけていきはりますが、僕はそんなんに着いていくのは無理なので、ペース維持。。。。後ろからS木さんが“ふぁいとお〜!”って、Akimasuさんやnishihataさんやohtani君を引き連れて抜いていきはりました。僕は追いかける気力さえもなく、だらだらと。。。。ヒップバックがずって来て、ペダリングの度にサドルに引っかかる。。。。“べつにええか”とも思うけど、“止まる時に引っかかったら転けるかも”といったん止まって、バックをなおして、ああ!nishikeさんも抜いていった!
最近、みんな速いなあ。。。。もう着いて行かれへんわあ。。。。
平地で勾配が緩くなると僕は俄然元気になります。ここまで、大分ペース落として、休んだので、ちょっと頑張ってこいでみました。おお!前方に大分前に抜いていったohtani君が見えます。どうしよう一気に追いついてビビらしたろうかなあとか思いつつ、走っていくとトヤ峠通行止めポイントに。。。。。。おっちゃんがひとり、こっちっちと誘導してくれますが、何で誰もおらんの?おっちゃんに聞くと、一応、みんなそっちに誘導しているとのこと。僕も暑さでぼーっとしつつそっちに進んでいきました。すぐにT字路に突き当たり、やっぱりおっちゃんが一人、ここは左に曲がりなさいと教えてくれます。。。。で何でうっとこのメンバーは誰もおらんの?
どう考えてもシャレになってない。。。。来た道を戻って、初めのおっちゃんの所に行こうとすると、T字路のおっちゃんは、どこ行くの?すぐ下でみんな日陰に居るはずやで。。。みたいなことを言ってます。どうせ、みんなそっちに誘導するから、待ってたほうがいいと。。。。と、僕もふらふらとそっちの方に下っていってしまいました。
暫くすると、Hasegawaさんが下ってこられました。。。。??あんたしんがりちがった?
c0107075_19161266.jpg




ま、とにもかくにも無事全員合流して、林道を下ります。迂回路になるので、また地図睨みつけながら、念には念を入れて温泉施設のおばちゃんにまで確認して進みます。
c0107075_19162168.jpg

(滅茶苦茶に気持ちのええ道でしたけど、時間押してるのでささっと走り抜けてしまいました)

途中、水分補給もして車の置いてある公園に戻って来れたかと思ったその時!S木さん、左曲がらんと直進で下っていかれました!“だ〜!!!また俺かい!”と、追いかけます。左ヘアピン、転ける寸前まで攻めました。幸いなことに、S木さんはすぐに異変に気付かれましたので、大事にいたりませんでしたが、S木さんは今回のメンバーの中最速ですから、さっきみたいに逃げられたら。。。。。そうか、いっぺん戻って車で追いかければええんや。。。。

怪我人は出たものの、何とかツーリングを終えましたが、僕は怒っていました。




c0107075_1916416.jpg

何でこんなツーリングにチャーターしたバスに超可愛いバスガイドさん着いてんねん!仕事休んででもバスで行きたかったわい!


帰りは、車組4人と、東京からのマー姉&makoちゃんで温泉行きました。バス組は、時間がないから無理なんだってさ!かっかっか!ざまあ見ろってんだ!
そうだった、マー姉からメールが来て、“ウチらの事書け!”と催促されていたんです。無視すると、今度会った時に殺されますので、何とかかんとか強引に書き込んでみます。。。。。

関東組のマー姉とmakoちゃんです。
c0107075_19302324.jpg

マー姉は、いつでもどこでも笑顔です。落ち込んでる時に、こんな人が近所に居てたらなあという感じの笑顔です。うまく言えんが。。。。



c0107075_19301088.jpg

makoちゃんはそのアンニュイな雰囲気にやられてしまいます。でもトライアスリートなので、しっかり走りはります。今回もロングコースあっさり完走!
ちなみに、makoちゃんが履いてはるシューズは僕のビンディング初体験シューズと同じだす。そんなこたあどうでもいいか。。。。



さて、ここで皆様にお礼をば。。。。
tanda君:君が企画したツーリング。非常に楽しかったよ!こんだけの人数が集まるのは君の人徳やね!前日から、高山3往復もご苦労様でした。また来年もよろしくね。。。
yabuさん:往復の運転お疲れさまでした。初めはステージアで行こうと思っていましたが、人の車で行ったらちょっとは寝れるかもとか、甘えた考えを持ってましたが、全く寝れませんでした。いつでも交代しましたのに。。。来年はステージアで行きましょう。
kuboさん:そのあり得ない発想があったからこそ成立したツアーでしたね。運転お疲れさまでした。
c0107075_19163045.jpg

(どっかのプロチームみたいに塗りましょか?バスもトラックも)


そのほか、ツーリングに参加された皆々様:皆さんが居られたからこそ楽しかったのです。今後とも宜しくお願いいたします。



最後に、お小言です!
というか、シルクロードのおもろい面々!多すぎ!
第1号!:doi君!中学2年生なのに、大のおっさんを向こうにがんがん行く少年よ。前走者にびびってフロントパニックブレーキ〜前転はシャレになりません。。。。君一人が血だらけになってそれで済んで思いっきりラッキーです。最悪のシナリオは、パニックブレーキをかけた君に、後続が次々とつっこみ集団落車。そこに車が突っ込んで、死者多数。
今後気を付けるように!
第2号!:yabuさん!道の駅にみんな集合という話は、平湯温泉でもしてましたで。どういった状況で単独で下ってこられたのかは僕は知りませんが、何ぼ何でもT字路を曲がって、すぐそこに集合場所があるのに、そのまま後続を待たずに何キロもぶっちしませんって。あと1km逃げ切っていたら、確実に迷子でしたですよ。
それと、車の運転は気を付けて!余所見多すぎ!
第3号!:Hasegawaさん!トヤ峠でのしんがりは、あなただったはず!何で、yabuさんと一緒じゃないの?しんがりの意味無いじゃん!。yabuさんになんかトラブルがあったらどうしてましたんですか?今後しんがりを勤めたならば、最後尾の者とランデブーしてください。
第4号!:もちろん、tanda君。ツアーに参加している人間の数くらい言えるようにしとけ!ツアーのリーダで、そんな話は聞いたことがない!
第4号!:僕!人のことばっかり言ってますけど、今から考えると、トヤ峠の直前の分岐で、全員集合するで待っておくべきでした。案内のおっちゃんが目を離した隙に1台でも直進していたら、シャレにならなかった。。。。コースリーダの僕を抜いていった連中全てに、“分岐では必ず待て”と指示しきれなかったのもダメでした。ごめんなさい。



来年があるのか走りませんが、もう少し安心してツーリング出来る環境であればと思いましたね。
ツーリングに参加された皆さん、また普段も遊んでくださいね。



おわり


kubosann,basugaidosanntonokonnpanohanasihadounattemasuno
[PR]
by tamz_ortho | 2008-08-09 19:56 | CARRERA PRIAMO RACE | Comments(12)
Commented by 今日から、女中亀でいくわ at 2008-08-09 21:23 x
いや~~ん 前田さんを殺すわけないやん  怖いこといわんといてぇ  愉しかったんやしぃぃ(^^♪  でも、お小言コーナー順番に読んでてねっ、みんなをいっぱい待たせちゃった女中亀のこと、出てきいひんかったから、第5号!:私から「みなさんに、のろくてごめんなさい!!」でした。
コースリーダーとして、前田さんほんとにたいへんでしたね。お疲れ様でしたっ<(_ _)>
お天気にも感謝、大きい事故にならなくて感謝、最後まで走れて感謝、楽しい時間をプレゼントしてくれはった皆さんに感謝、運転手さんガイドさんに感謝、そして反田くんに感謝感謝でした。     
愉しい時間はあっという間に過ぎちゃうけど、たくさん思い出の写真、写せなかった写真も、いい~~~っぱい!!!  仲間にいれてくださってありがとうね   また 遊んでねっ
Commented by giro1965 at 2008-08-09 21:52
トヤ峠の路面のことなんておぼえていないぐらい、お疲れだったのですね。あの時、エウスカルデルをMaedaさんが追ったけど、私が追ってもよかったんだよね。申し訳ない。

福井のバルバが自前バスもってますよね。上に自転車つめるようにしてありました。SRも自前のバスとトラックあるといいな。 Tanda君たのむよ。

saigonokomentonitsukisyousaimotomu
Commented by doi at 2008-08-09 23:58 x
乗鞍お疲れ様でした。
迷惑かけて本当にすみませんでした。
来年は完走できるように注意して走ります。いえ、イベントだけでなく朝練も。

でも、乗鞍ツーリング楽しかったです。
来年もよろしくお願いします。
Commented by yabu at 2008-08-10 17:27 x
maedaさん お疲れ様でした。

初乗鞍、コースも下調べせずぶっ飛んで行って申し訳無いっす。
おまけにトヤ峠では反動で最下位(-_-;)
携帯ポンプも無いし、パンクしたらどないしよ?とビビリながら
でも、トロトロとしか登れませんでした。

参加された皆さまにいろいろご迷惑お掛けしましたが
これに懲りずに、またご一緒してくださいませ。m(__)m
Commented by まえだ at 2008-08-11 09:09 x
マー姉、レス遅くてすんません。昨日、書こうと思って忘れてました。。。

久しぶりに会えてよかったですわ。
ま、ある程度の実力の差は仕方ないでしょう。これだけの大人数ですから、チャンピオンクラスからビギナーまでいますもんで。問題はそれら全てをどう捌くかですね。この辺にオーガナイズの難しさがあると思います。
山アドをまとめている丹羽さんやQちゃんは本当に凄い!

今後はtanda君を更に優れたオーガナイザーに仕立てます!
Commented by まえだ at 2008-08-11 09:14 x
トヤ峠!路面酷かったですねえ。途中、間違いなくダートやと思いましたわ。

yabuさんを追いかけるのはgiroさんが適任でしたね。少なくともあの中で一番速いのはgiroさんですからね。。。。でもコースリーダーを任されていた身として反射的にバイクに跨ってしまいました。走り出して1kmで後悔し出しましたわ。。。
今度誰かが逃げた時はよろしくお願いします。。。
Commented by まえだ at 2008-08-11 09:17 x
doi君、いらっしゃい。
もうそこら中で小言を言われ続けているだろうから、もう何も言わないけど、今後もお父さんお母さんに心配をかけることなく自転車続けてくださいね。
来年は、また別コースを考えていますので、楽しみにね。。。
Commented by まえだ at 2008-08-11 09:26 x
yabuさん、運転お疲れさまでした。

さすがに追いかけるのはきつかったです。速くなりましたね。

ポンプ無し?リスク高すぎ!
うちのメンバーに多いことですけど、自転車にメカトラが起こった際に、自分一人ではどうしようも出来ない者が意外に多いのはちょっとね。。。。メカ講座もしていかんとあかんのかなあ。。。。
Commented by yabu at 2008-08-12 09:30 x
ポンプは店で自転車をトラックに積むとき落としてました。

帰って来た日に店長が店にクルマを取りに行って見つけてきました。
それなら積み込む時に気づいてよ!

今度からは自転車から外して手荷物で持って行きます。(-_-)
Commented by nakagawa at 2008-08-12 09:49 x
飛ぶ鳥を落としたいnakagawaです、乗鞍お疲れ様でした。
晴天にも恵まれ、たくさんの新しい出会いがあり、最高に楽しい二日間でした。これもmaedaさんをはじめとする諸先輩方のご苦労のおかげです。ほんとうにいつも楽しい時間をありがとうございます。
いやあそれにしても秋乃ちゃんかわいかったな~笑

それはそうと来年は八ヶ岳方面の構想があがってるんですって?自転車で信州なんてそういつも行ける場所じゃないから毎年いろんなところへ行くのも良いですね、僕は大賛成です!
Commented by まえだ at 2008-08-12 12:34 x
tanda君を信じてはいけません!
油断させておいて、落とすののが得意なやつですから。。。
僕ポンプはベルクロで止めてありますけどね。。。マウンテンなんかやと、こうしておかないとどっかいっちゃいますからね。。。
Commented by まえだ at 2008-08-12 12:37 x
八ヶ岳?う〜ん。。。いいねえ。。。。
実は、もういっこ連れて行きたいところあるんだけどね。。。
僕個人としてはこっちの方がいいかな。。。

どっちのコースも100kmオーバーなので、今回みたいなフリーな
募集はやばいよ!

ま、まだ1年近くあるので、ボチボチね。。。

秋乃ちゃん?
綾乃ちゃんやろ?