カテゴリ:Rossin Quadro( 47 )

僕のクラシックロードは、Rossin Quadroです。
今風にロードバイクとか呼ばないで下さいね。
Rossinは、ロードレーサーです。

Rossinを興したビルダーMario Rossinは元々コルナゴの工房で働いていました。メルクスのアワーレコード車はMarioによるフレームだということは有名な話ですわね。その後1974年にコルナゴから独立してミラノで「Rossin」を興しました。
職人気質のMario Rossin は、1990年代に入ると、共同経営者ともめたりして工房を出てしまいますので、これ以降の時代のRossinはMarioの手によるものではありません。もっと細かいことをいうと、1980年頃には忙しくなってきて、何人かの人を使っていたようで、そういう意味では、間違いなくMarioの手によるものといえば、1970年代までのモデルに限定されるそうな。まあ、そんな細かい事言っちゃったら、身も蓋もないんですけど、ロッシンにおいては、Rossinのネームがおもいっきり書いてあったとしてもMario Rossinやその弟子がまったく関わっていないRossinが普通に存在するという。。。Rossinの歴史は面白いのだ。


さてさて、僕のロッシンは、あまり何も考えずにオークションでゲットしたやつなのですが、まあまあ愛着もあって、その素性が気になるところではあります。
今回ちょっときっかけがあって、この辺りを詳しく調べたろうと思いました。(前にも調べた気はするけど。。。。)

まあしかし、資料の乏しい事よ。。。。既知の話しか出てこない。。。。。。

結果から報告すると、RossinQuadroというのはチェンステーに「Quadro」というデカールが貼ってあるから僕がそう呼んでいただけです。カタログ名としてそんなモデルは存在しませんでした。\(◎o◎)/!
だって、Rossin Recordとかはチェーンステーに「Record」って書いてますから、これがモデル名やと勘違いするでしょう?しますよね?するする!絶対する!僕に責任は全くない!

ああ、ちょっと話が先走ってしまいました。。。。。



研究成果を発表していきたいと思います。ちなみに、僕のいう「Rossin」はMarioが関わっている「Rossin」ですので、Marioが出て行っちゃった後のことは知ったこっちゃ無いです。そっちのRossinは全く別物だと思っています。だって、Marioとなんの関係も無いですから。Rossinと名乗るの恥ずかしくないのかなあ?


まず、見た目から鑑みることにします。
Rossinはロゴマークから初期~中期~終期に分けることが出来ると思います。これはもうちょっとクラシックロードかじってる人やったらみんな知ってはることですけど、初期は’74~’76ごろでしょうか?「R」の字が跳ねない字体で、スキー用品メーカーのロシニョールのロゴに酷似していることからクレームが付いてしまいました。Marioもまずったと思ったんでしょう、ロゴが変わるんですが、このロシニョールRの初期モデルは間違いなくMarioの手によるものと思って間違いないようです。この頃のラインナップはなんぼググっても出て来ません。UGの兄♭♭♭さんのロッシンはこの初期型の中でも最初期エンド幅120mmのやつです。多分コルナゴから独立してすぐのやつと思われます。
中期は’83年頃まででしょうか?この頃はロゴマークの「R」は跳ねるようになります。字体はどっしりとした太めですね。この頃のモデルは職人が何人か居てはったので、1からMarioが作ったものではないかもしれないらしいです。そうそう、キヨミヤザワの宮沢氏もRossinの工房で働いてはりましたね。この頃のラインナップはRossin+使用コンポ名やったみたいです。使用しているチューブなど、フレーム自体はほとんど変わらなかったのでしょうかね?この辺がMarioのこだわりやったんでしょうか?えべっぷりさんやつっちーさんのはこの中期モデルです。
末期になると、「Rossin」の字体は同じだけど、縁取りが太くなって、なんか線が細く感じるような字体になりました。カラーリングパターンもこの末期に入るとがらっと変わって、80年代風のポップなデザインになります。チュービングもスター断面チューブやギャランティーの怪しいチューブも使われたようです。僕のは、この末期の最初期ちゃうかなあとおもいます。
ロゴの話はこの記事に詳しいです。この時は、奇しくも初期型~中期型~後期型が勢揃いすることになりました。
Marioの視点で見てみても初期~中期~終期に分類出来るのではないでしょうか。
初期は、コルナゴから独立して、アマロードで勝って一躍有名になって、飛ぶ鳥を落とす勢いだった頃。
中期は、幸か不幸か超多忙になってしまって、マネージメント関係は他の人に任せて、フレーム作りは他の職人さん達を使いつつ、必死になってやっている頃。
終期は、共同経営者との意見の食い違いからだんだんとやる気をなくしていった頃。

終期のその後、Marioは自分が興したRossinから離脱して、新たにM.Rossinを立ち上げ、義理の弟と友人とで共同経営するのをきっかけに「CT Rossin」という名前に変わりました。がしか~し!名前が紛らわしいと言う理由で自分の興した今は関係ないくせにRossinを名乗る会社からクレームをつけられ、「Ross' Art」という名前になりました。さぞかしむかついただろうに。。。。。
しかし、悲しいかな時代はアルミ~カーボン時代に突入していく頃。クロモリの魔術師の出番は全くなくなってしまったのです。そのまま2002年頃にはフレーム制作もほとんど止めてしまったということです。



さて、僕のRossinは一体?????

必死に調べてみます。
どうでもいい話ですが、「調べる」というと、なんか凄い頑張ってる感ありますけど、「ググる」と書くと「それ、お前何もしてないじゃん!」みたいな印象やないですか?
まあ、僕は実際、必死に「ググった」んですけどね。でも英語表記ページも必死で読んだし、許して下さい。

前述のように、初期のカタログはいくらググっても出てきませんでした。
まあ、多分作る必要が無かったのだと思います。どのフレームもカラー以外の違いは無いという感じやったのではないかと推測します。。。。


中期のカタログは一つヒットしました。世にエアロブームが到来した頃でしょうか?フラッグシップモデルはモドロのコンポを使ったエアロモデルですが、ベーシックなモデルはスーレコやヌーボレコードを使っています。エアロモデルは別としてフレームには違いがないように思います。そういう意味では何年度版とかはどうでもいいのかなあ?????
c0107075_21441688.jpg

(つっちーさんやえべっぷりさんのと同じだ〜)





終期型もカタログがネットにありましたがやはり何年度のものかは不明です。チェックしてみますと、最上級モデルはGHIBLIと呼ばれる、スター断面チューブを使ったモデル。まあこれはこの際置いといて、上級モデルはリアブレーキワイヤー内蔵でコロンバスSLXチューブ。下位モデルはこれがワイヤートンネルでチュービングはコロンバスSLになります。上級モデルも下位モデルもチェーンステーには「Quadro」のデカールが。(GHIBLIは「GHIBLI」)。。。。そして、ラグはショートポイントイタリアンカットのヒゲ付きで、ハンガーはロッシンオリジナルロストワックス製の高剛性なものになっています。この上級モデルが「RLX」。下位モデルが「RL」と呼ばれています。「X」はSLXのXだろうなあ。
c0107075_21441480.jpg

(ぱっと見は僕のロッシンの色違いに見えますが、チューブがSLXのRLXというモデルです。)




今まで、初期~中期~後期なんて分類してきましたけど、ロゴなんかは無視してフレームだけを見た場合、前期と後期に分けられると思いました。そしてその境目はどこか!僕はラグだと確信しました。前期はロングポイントのイタリアンカット、後期はショートポイントになりハンガーラグはロストワックスオリジナルに変わりました。この時より以前では、モデル名に使用コンポの名称が付いていたと思われます。。。。多分。。。
何せ、資料が少ないのでわからない!
まあ、言うても、「Super Record」と「Record」しか無くて、ググりまくった結果、ロシニョールロゴ時代には特別モデルとしてモントリオールオリンピックの時「Montreal」があったようです。これらのモデルの特徴はロングポイントのラグが使われています。
そして、これ以降、即ち、ロストワックスハンガーラグ&ショートポイントラグの時代には、使用コンポまでもそれまでのカンパのみからシマノコンポも積極的に採用していたようで、思うに、この頃より共同経営者のマネージメント戦略として細かな違いでのグレードに差別化を図りだしたのではないかと推測してしまいます。レース機材としてのフレームを作っていたMarioにはその辺が理解できなかったのかもしれません。
カタログ、他の年のも見たいなあ。でも無いのです。。。。。昔何かの本で、「Rossinはカタログは3年に1回くらいしか作らない。なぜなら、毎年ほとんど変わらないからね。」という記事を見た記憶がある。

さて、わがRossinはいつごろのどんなモデルなのかが気になってくる。
この辺の推理はあくまで僕の推理なので、「ちが~う!」と言う反論とかがあれば、どんどんお願いします。

わがRossinの特徴は
1.チェーンステーに「Quadro」のデカールが貼られ、ハンガーラグはオリジナルのロストワックス
c0107075_2144764.jpg

c0107075_2144391.jpg


2.ショートポイントラグ。
c0107075_2144617.jpg


3.リアブレーキ内蔵処理。
c0107075_21511398.jpg


4.使用パイプはコロンバスSL
c0107075_21441193.jpg


5.ロゴは細身縁取りタイプ
c0107075_2144475.jpg



ここ辺りから推理していくと、ロシニョールロゴ時代からレコードの、すなわちロングポイントラグの時代に終わりを告げ、ショートポイントラグ&ロストワックス製ハンガーを使い出したが、未だSLで作っていた時代の上級モデルではなかろうかと。。。。
Wikiで調べてみると、SLXのチューブがコロンバス社から発表されたのは1985年のようで、となると86年モデル以降の最上級モデルはRLX。85年モデルまではRLが最上級モデルということになりましょうか?

僕のRossinは85年モデルのRLで多分間違いないと思います。


あああ、なんかすごいすっきりした~~~~~!!!!





c0107075_2144923.jpg

この刻印の意味がわかればもっとすっきりするのに。。。。。




c0107075_21441388.jpg

あと、このステッカーの意味も。。。。。。






つづく。。。。。ん?????
[PR]
今日は、シマノ鈴鹿ロードレースのチームTTを走ってきました。。。。。寝不足で、眠たいんですけど、このイメージは明日に持ち越せない!



さて、僕が出場するチームTTはスタートが11時半頃なので、朝出たら楽勝!とその予定にしていた僕は、前日の夜、ROSSIN Quadroの最終チェックがてら夜練に出かけました。
たまにチェンが滑るけど、これは、ある意味仕方なくって、諦めてます。一応、リアメカはカンパスーパーレコードなので、スパスパ決まります。
ブレーキが急に効かなくなっている気がするけど、まあ、鈴鹿でブレーキかけるとこないので、いいでしょう。
問題なし!
とここで、気になることが頭をよぎりました。
実は、我が関西クラシックレーサーズは土曜日に1レース走ってはりました。UGの兄♭♭♭さんを筆頭に、つっちーさん、BLKさん、chara先輩による2時間エンデューロ。で、レース後いつものように、チームKからの悪戯メールがたんと届いていたわけで、その中に、「明日6時15分から朝練ちゅう話になっとるでぇ〜」と。。。。まあ、あり得ない話なので、頭の片隅に留めとく程度にしてました。夜練の最中にそのことを思い出して、BBSを開くと、おお!今日の結果報告が。。。。。
ん?ゴシゴシ。。。。僕の目がおかしいのかなあ?BBSにあり得ない書き込みが。。。。。

「まえだくん、6:15からの試走時間に先頭交代練習することになったので、6:00集合ね。」

はあ?名指し?
慌てて、家帰って風呂入って、要るものだけ持って、車で飛び出します。一瞬自転車積み忘れそうになったのは内緒です。

何とか、夜のうちに鈴鹿入り出来て車で寝ました。。。。。。

朝5時頃か?chara先輩からのメールが。。。。。「間にあわへん。。。。」
そらそうでしょう?昨日の今日ですから。。。。。
c0107075_2051242.jpg





6時15分、chara先輩を除く3人で、先頭交代練習。
ああ、登りという登りでちぎれてしまう。
僕の走り方は、登り坂が平地になると、ダンシングで一気に加速しますので、後ろが付ききれないらしい。。。。
了解。
じわじわ上げる。。。。。。
ああ、上げるタイミングが早すぎるとな。。。。。。。
了解。
ゆっくり上げる。。。。。。
もっとペース上げてもええぞ!
了解。
難しい。。。。

しかし、このペースは平均時速30km/hを確実に割ってる。。。。。
やばいぞおおおおお!!!!

焦りまくる。。。。。ベベだけは避けたい!

2周ほど走ってピットに戻ると、chara先輩到着。試走時間はまだちょっと残っているので走ります!
つっちーさんは、chara先輩が合流してからグッと走りやすくなったそうです。
そうか。。。先頭と、最後尾をまあまあ走れるもんが固めたら、後ろは状況判断しやすいし、万が一前で間が開いたら、そこに詰めることで、風除けにもなれる。
しかし、切れるのは、登りの最後。。。。シケインや、スプーンの所。下手したら思いっきり車速が落ちてしまうところです。ここではスリップがほとんど効かない。。。。
う〜ん。。。どうしたもんか。。。。
1周走ってピットイン。

chara先輩と、2人で走る。。。。。
ペースが似ているので楽しい。。。。1周だけ遊んでもらいました。
最高に楽しい一時でした。

c0107075_20512659.jpg

(エンデューロの時は付けないゼッケンプレート。俄然レーシーになるから面白い。)




オーバー60のマスターレースが始まりました。2周回なので、あっという間では無いけど、すぐに終わってしまいます。
c0107075_20513074.jpg

(1周回目、UGの兄♭♭♭さんは、プロトンで走ってはります!)


c0107075_20513446.jpg

(つっちーさんは元気な中学生に引いてもらわはります。)



しか〜し、まだ僕らの出番はありません。。。。。
次は、1時間サイクルマラソン。。。。スタートゴール以外は西コースを周回するので、見に行くのが面倒くさい。。。。(行けよ!笑)
ゴールだけはしっかりと見届けましたよ。UGの兄♭♭♭さんとつっちーさん頑張りはりました!

ちなみに、この1時間の間に、charaさんと作戦会議。。。。。如何にして、引き上げるか。。。。
作戦会議の結果、一気に上げるのを防ぐため僕はダンシング禁止。みんなのギア比がまちまちなので、S時の下りは52x15で走る。。。。。。(それ以外は無いのか!まずい、まずいぞ!)
跡は、声かけをもっとちゃんとしようと。。。。。





1時間サイクルマラソンを終えて、ピットに帰って来はったUGの兄♭♭♭さんを労いに行くと、

「もう、何も残ってへん。。。。。」

ええ?今から実は一番しんどいTTTなんですけど。。。。。


やっぱりサイクルマラソンを終えて、帰って来はったつっちーさんをねぎらうと、

「ああ、もう、今日は終わりや。」

ええ?今から多分一番精神的にもきついTTTです!。。。。。(笑)




集合時間がやってきて、4人で集合場所に向かいます。ピットロードを逆走で下っていって、コントロールタワーで折り返してコースインするようになってます。手前で、一旦留められるのかと思いきや、
「4人揃ったらコースインして下さい!」
「ええ?まじで?いいんですか?」
「チップ付いてるから全然オッケー」
「心の準備もクソもないですな!逝きますよ!(誤字ではない。。。笑)」

ビンディングの僕はそのまま加速。。。。。
加速後2秒で、「速い!」コール!
まままじっっすか!

シケインを登って、インナーローで。。。。。
裏ストレートを進みます。じわじわと加速したら「後ろ来てない!」とchara先輩!
ええぇ!その間にガンガン抜かれますとも。。。。。。


ヘアピンの下りからダンロップまで頑張りどころですが、後ろは付いてこない。。。。。
ああ、もったいにゃい!

ホームストレートに出ると、何とUGの兄♭♭♭さんが遅れているではないか!
何故だ!何かあったのか!

シケインでヨレヨレになったっ時、マジでベベを覚悟しました。

しかーし、ここから、うっとこのチームは頑張るのだ!なんとかかんとか裏ストレートをクリアして、スプーンカーブ進入。
スプーンの立ち上がり部分には、4人の集団の距離計測タイム差計測があります。要は4人固まってないとあかんわけです。
と、オフィシャルの拡声器から、
「はいはい、そこの!4人でゴールしたかったら、一番しんどいメンバーを守りなさい!前3台が3角形を形成して、4人目を囲む!さらに3人のうち、横にいるメンバーが指示を出すこと!」
と。。。。。
まあ、当たり前なんですけど、それが出けへんからばらけてるんですけど。。。。。
そうか。3人で囲んじゃえばもっと楽だった。


がしか〜し、これをきいて発情しはったのがchara先輩です。
突如牙をむく鬼軍曹!

ヘアピンの立ち上がり、先頭は僕。後ろはchara先輩のはずですが、chara先輩は僕の斜め後ろで、後続に指示を出す!!
「ちょっと登ってるけど、このまま上げていって!休まない!上げて上げて上げて上げて!回して!まえだ君そのままいって!」
デグナーをシュパーと曲がって、ダンロップコーナーまで微妙に登ってます。ここでちぎれるんだ!
と、鬼軍曹の檄が!
「踏んで踏んで踏んで!休まない休まない!きつかったら一段軽くして回す!次の右コーナーから下りですから!頑張って!上げて上げて上げて上げて!休まない!まえだ君ちょっと落として!」
「まえだ君、オッケー付けた!上げて上げて!」

みんな根性で付いてきます!凄い〜〜〜!

ってか、よくよく考えると、とりあえず、スプーンからこっちずっと、鬼軍曹の檄が飛んでいる。
一応僕が前引いてますけど、いつもとあんまし変わらないスピードですから、そらもう後続の頑張りが手に取るように伺えます。
鬼軍曹に、真横で檄を飛ばされハアハアする。。。。頑張ってますやん!(爆)

ん?作戦会議の声かけって、このことちゃいますやんね?

あの辺で写真撮られていたら、きっと先頭引きながら爆笑している僕の姿が映っているに違いない。



気がつけば、僕もハアハアしてました。。。。

いいねえ!最高じゃん!

逆バンクから下りに入ります。最終のストレートに備えて先頭交代!
いいぞお!ええ感じや!


ホームストレートでは、他のチームの観客の皆さんから惜しみない声援をもらって、なんとかかんとか、4人で横並びでゴール!


やった〜、みんなでゴール出来たじゃん!
c0107075_20512816.jpg

(鈴鹿のあびさんに撮って頂きました。)





いや〜〜〜、楽しかった!


c0107075_20512777.jpg



UGの兄♭♭♭さんと、つっちーさんはフルエントリー。
最後にTTTよう走りはりました。偉い!

chara先輩は、作戦とかどうでもよくなって、結果、檄を飛ばすという荒技&鬼軍曹振りで、最終的には、後続を引き上げるというマジック!
UGの兄♭♭♭さんは、実は、ホームストレートで足攣ってたらしいです。凄まじい頑張り!

ああ、実際に走った距離は10キロくらいにも満たないけど、楽しかった〜!!!!






多分来年はもっとエントリーする数も増えて、大騒ぎなんだろうなあ。。。。。



応援に来て下さって、集合写真も撮っていただいた鈴鹿のあびさん、有り難うございました。
こんな楽しい一時を過ごすきっかけを下さったUGの兄♭♭♭様、感謝感激です。
chara先輩。あの鬼軍曹ぶりがなければ、どべやったかも。。。。。。
つっちーさん、最後までお付き合い有り難うございました。

来年も遊んで下さい。(爆)



c0107075_20513553.jpg




おわり
[PR]
7/26は、くわんさいクラシックレーサーズの毎年恒例「大和高原納涼ラン」です。
朝も早くから、針の道の駅は大盛況で、その一角に怪しい集団が集まっていました。(笑)
c0107075_23142262.jpg


リーダーのUGの兄♭♭♭さんを筆頭に、広報部長のcancanさん、その他大勢。。。。。(笑)
基、ofはやま夫妻、久しぶりぶりのdendenさん夫妻、つっちーさん、vivva2000さん、えべっぷりさん、Niwaちゃんさん、てっちゃんさん、で、僕。総勢12名です。
さあ、レポート中にちゃんとみんな出てくるのでしょうか?(これを書いている時点では写真確認していない。。。)

予定通り、7:30に出発して、田園の中走り出します。
とても涼しくて、最高だ〜〜〜!!!!
c0107075_23142421.jpg


c0107075_23142691.jpg


気持ちのいい道をちょちょっと抜け、一つ目の登りにさしかかります。
距離は1キロほどですけど、最後の500mくらいはがつんと10%で上ります。
クラシックロードのハイギアーには非常につらいです。
僕のロッシンは42x23で比較的ローギアですけど、vivva2000さんとつっちーさんのチネリSCはPCD151。インナーギアは44Tです。
よう登るわ!

さあ、いつもなら、この峠の頂上で、ああでもないこうでもないと自転車談義なのですが、リーダーのUGの兄♭♭♭さん、「さあ、行こか!」と。。。。
え?もう行くんですか?後ろ多分休憩してませんけど。。。。
快感のダウンヒルをこなしたら、しばし日陰の無い道を行きます。
あっつ〜〜〜!!!と思いがちですが、自転車乗ってる時って風が当たるので、意外に涼しいのです。


c0107075_2314277.jpg

(ノールックのバックショット。なんか今回はいつもこの人が写っていました。。。。マークされてたのかなあ?)


c0107075_23142938.jpg

(脛骨の疲労骨折から復活のてっちゃんさん。マシンはマルコマラストーニ。いつか手に入れてやる!)


c0107075_23143320.jpg

(ポタ車&MTBで参加のdendenさん夫妻。しんどかったでしょうに。)


c0107075_23143530.jpg

(道は上ってます。ここをアウタートップでグイグイと。。。。\(◎o◎)/!)


分岐で止まる。。。。。止まると暑い!!!!((ToT))
c0107075_23143818.jpg


いつもなら、ここで、ああでもないこうでもないと自転車談義なのですが、リーダーのUGの兄♭♭♭さん、「さあ、行こか!」と。。。。
え?もう行くんですか?後ろ多分休憩してませんけど。。。。

こっからは大柳生まではダイナミックなアップダウンのある下りです。とにかく楽しい。いか
にスピードを落とさないようにアップ部分をクリアするか!ギアリングとかシフトタイミングがどんぴしゃで行けた時は何とも快感です。
c0107075_23144057.jpg

(Mrs. ofはやまさん。もう、普通に走ってはります。恐るべし、弱虫ペダル!(謎))


大柳生の集落を見下ろす日陰でやっとこさちゃんとした休憩。まだ8時半やし!




ばっきゅ〜んと下って、ちょこっと登れば、後は、本日の最低標高場所へのダウンヒル。暴走出来ます!
c0107075_23144274.jpg

c0107075_23144489.jpg





いつもの、自販機で休憩。
久しぶりの「受胎調整実地指導員」のバッジ見ました。(笑)
(この写真に、写ってますねん。。。。。。)
c0107075_23144555.jpg

Mrs. ofはやまさんが、食いつかれました。(爆)
ぼかあ、2010年に初めてこれを見た時もググったんですけどね。。。。
明治の富国強兵時代に産めよ増やせよの政策によりなんかそんな資格が設定されたようで、でも今現在も脈々と引き継がれている国家資格なのだ!
興味のある保健師・助産師もしくは看護師の資格をお持ちであれば、4日ほどの受講で資格が取れるようですよ。
ええと、今年は。。。。あううう!!!7/27からでした!
http://www.jfpa.or.jp/seminar/2015/000437.html
なんしか、この資格は家族計画に関して、女性の観点から多岐にわたる知識技術を取得するというもののようで、
「いやいや、そうじゃない!」「そこじゃない!もう少し前の方だ!」「もう少し我慢して!」
という、実地指導では決してありませんのであしからず。。。。。。


ええと。そんなことはどうでもいい。。。。
QCRの集団は天然のクーラーエリアに入っていきます。
ずっと登りなのですが、まあ涼しい。
汗びっしょりのジャージでは寒いくらいです。
がしか〜し、路面はベチョベチョのグチャグチャで、クラシックレーサー達は半泣きになるのですこれが。。。。
c0107075_23144727.jpg

c0107075_23145261.jpg



ちょっと自転車談義もしたいじゃないか!
ということで、大休止とまでは行かないけど、中休止。
c0107075_23313618.jpg




ここからの1キロほどがボカあ、このコースの中で一番嫌いなのだ!
暑い、上り坂、車多い!

嫌やなあと思いながら、イジイジ登りはじめたら、右からvivva2000さんがかっとんで行きはりました。Niwaちゃんさんもするすると前へ。。。。。
二人の先行を見送りましたけど、うずうず。。。。
坂道嫌いな区間は早く切り抜けたい。ということは速く走ればいい。
ええい!行ったれ〜〜〜!!!!
ピーク付近でNiwaちゃんさんには追いつけたけど、vivva2000さんには追いつかなかった。。。。

いつものように沈下橋を渡って、布目ダムに向かいます。
布目ダムまでは下から1キロほど。。。
ま〜たvivva2000さんが行く!後ろからNiwaちゃんさんも行く。。。。
なんなんだこの人達は!

さっきと同じで一旦は見送りましたが、やっぱり行こうっと!

ガアーッと上って行くと、Niwaちゃんさんに追いつく。ちょっとハアハアしてきてるけど、まだいける。で、その先のカーブを曲がると、vivva2000さん発見!足はまだあるぞ〜〜〜!!!!
がしか〜し、ゴールまでとこの差!
だめだ追いつけない。。。。
本日2敗目。。。。。


布目ダムでは恒例のスイカ〜〜〜〜!!!
UGの兄♭♭♭さん、どうも有り難うございました。
c0107075_23153580.jpg



いつもならダムを渡り直して東岸を走るんですけど、今年は、ダムの上で3輪車レースやってたので、もう、このまま車の比較的多い西岸を。。。

さあ、僕が大好きな箱庭ポイントまで登りです。距離にして600mほどか。。。。
登り始めた瞬間に、隣のUGの兄♭♭♭さんが言いました。「なんや、誰もいかへんのかいな?」
そうだ!今日、2敗してる!最後のポイントはこっちから仕掛けたる!
vivva2000さんの位置を確認すると、げげげ!すぐ後ろ。。。こらまくられるかもしれんなあ。。。。
チームKの誇りにかけて、3連敗は許されません!
一気にダッシュ!!
昔、某ロードレーサーが言ってました。。。。「アタックするなら一発で決めろ!」
もがきましたよ。。。。途中シフトアップすると、痛恨のシフトミス!即座にリカバーして、後ろを見ると、ああ、よかった。今回は勝利だわ。。。。。

チームKのみんな!
勝ちましたよ〜〜〜〜〜!!!!!(2敗してるけど。。。)



で、箱庭ポイント。ほんと日本人に生まれてよかったなあ。。。。。
c0107075_23154491.jpg



林間の上り坂。。。。涼しいところを探しつつ。。。。ええ橋みっけ!
c0107075_23335163.jpg

全員で並んで座ってみました。。。。。(撮影cancanさん)

c0107075_23314210.jpg

天然の川床ですので、まあ涼しい。汗がグングン引いていきます。

まあ、そんなこと言うてても、お腹も減ってきますので、ボチボチ走らないと。。。。
ここからまだまだ登っていくんですけど、勾配は平地に近くて、そないにハアハアすることもないです。さっきこそっとUGの兄♭♭♭さんと「あの辺で先頭交代の練習しよう」といってたんですけど、兄様、逃げすぎ!(笑)
c0107075_2326942.jpg




車に戻って、ご飯!in 王将。
で、いつもならこのまま解散なんですけど、今年は違った。。。。。
夕方までウダウダしてから、もう一回走る。チームタイムトライアルの練習だ〜〜〜〜〜!!!

って、車でウダウダすると思ってたら、温泉入ろうぜえ〜という話になって、え〜〜〜!!僕お風呂セット持ってきてませんし!
自走のつっちーさんと、タオルとTシャツを求めて、コンビニ行きましたよ。。。最近は便利になったもんです。

チームTTのメンバーはリーダーのUGの兄♭♭♭さんとつっちーさんとchara先輩と僕。
chara先輩はお仕事で夕方練から参加。僕らは、それまで温泉でまったりしていたわけです。


さっぱりしてからのTT練。
ダムの周回コースを3周。
1周目は、まず集団になることを目標に。ばらけた際のリカバー方法確認。
2周目は、先頭交代のタイミングチェックに、速すぎた際の声かけ徹底!
3周目はすべての確認。
先頭交代で下がる時、同じジャージの3台にすーっと抜かれるのが強烈に格好いい!
最高だ〜〜〜!!!!

さあ、どうなる本番!
楽しければいいか。。。。。(笑)



c0107075_2314544.jpg





おわり
[PR]
先に言うときます。写真無い人居ますねん!
ごめんなさい


鈴鹿8H耐久ロードレース
今年でもう6年目5回目の出場になります。
元々は、「クラシックレーサーを思う存分走らせようぜぇ~!!!」というのが、コンセプトだったのですが、だんだんと「1日鈴鹿で遊ぼうぜ~~~!!!」になってきて、そのうち、成績なんかも気になり出したりしてくるので、人の性とはなかなか難解なものだなあと思う今日この頃です。
ここ数年、僕がマネージャー役をさせていただいていたのですが、今年は色々あってUGの兄♭♭♭様にお願いすることとなってしまいました。兄様、ありがとうございました。

5時のピットダッシュも決まり、かなり広いエリアを確保しました。
なんてったって、今年は3チーム18名のライダーの休息場所を確保しないといけなかったので、それはそれはプレッシャーでした。。。
c0107075_11132476.jpg





今年のQCRの布陣は、
「強力」「京都」のチームK、日々真っ暗な京都の峠道で練習に励むBLKさんとcharaさんそしてA達さんを中心としたチーム。「気合い」のKかもしれない。。。
「エキスパート」「エンドレス」のチームE、鈴鹿の経験者ばかりのチーム。走れんようになるまで出場し続けるぞ!という気概の見え隠れする熱いチーム。
そして「ビギナー」「べっぴん」のチームB、突如ロードバイクに目覚められたofはやまさんの奥様とそのお友達のシオちゃん、中京地区からりみどさんと、6人中3名がレディースな楽園チーム。ofはやまさんは仕方ないとして、えべっぷりさんとtetsさんの代走のcancanさんが本気で羨ましい。。。

それにしても、UGの兄♭♭♭さん、ほんまにうまいことチーム名決めはります。僕やったら、もう間違いなくABCで終わりですわ。
こりゃ、来年もマネージャーお願いしないと。。。バキッ!!☆/(x_x)

僕はチームKに配備されました。    ひ~~~~!!!!

さあ、出走順を決めないといけません。
まあ、適当に。。。
1番僕
2番KMT48君
3番chara先輩
4番A達さん
5番ギンタロウさん(BLKさんの代走)
6番なべちゃん
え~~、去年もそうだったけど、6番目がピット閉鎖に当たる可能性が高いのですけどねえ。。。。なべちゃんでいいのかなあ?
まあ最悪代わるか。。。。そのために僕はTカー連れてきましたけど。。。。

さあ、出走です。20分ほど前に並びに行くと、目の前にtanda君が並んどりました。スタート前にええリラックス出来るわ。
c0107075_11222116.jpg

(撮影はcancanさん)


スタート。。。。

去年は、ローリングスタートだったので、えらいゆっくり目やったのに、今年は、いきなりのペースです。目の前だったtanda君があっという間に前に行きよります。というか、よう行くわ!怖ないの?今転けたら大怪我寸ねんで?
僕は怪我したら嫌なので、ボチボチと周りのスピードに合わせて走ります。隙があれば前に行きますけど、それ以上に隙を見せて前に行かれるのだこれが。。。。。みんな怖くないの?
後ろをチラ見すると、vivva2000さん、きっちり着いて来てはります。さすがだ!
S字からホームストレートに躍り出ると、僕の自転車は失速します。去年か一昨年かにぴったりだったギアリングも今年の足には重いのだよお~~~。
よろよろと上って行く途中で、vivva2000さんに抜かれてしまいました。。。。ああ。。。。ダメだあ、ついていけない。。。。

しか〜し、シケインの急坂を登ったあとは僕は結構得意です。ほぼ平坦なバックストレートを気持ちよ~く加速していって、スプーンの手前でがつんと上ります。ここの登りは短いので、ギアかけて一気に踏み抜ければ、そのままのスピードでヘアピンに向かえます。その反面ここは完全に失速してヨロヨロと斜行するやつの宝庫で、その右を抜いていく速い連中とはかなりのスピード差が生じます。混雑時は一番気をつけないとあかんところのような気がします。オープニングラップもいきなりの集団落車がありました。
スプーンカーブをクリアしてヘアピンへの下りです。クリアな時ならノーブレーキでも普通に曲がれるようなヘアピンですが、序盤の人多い時はもう恐いのなんの。。。。
とここでも集団落車。。。。。
ああ、もう、寄ってくるな!

ヘアピンの立ち上がりからデグナーまでは、多分僕が鈴鹿の中で最も好きなところと言っても過言ではない。。。。ここで後続に付いてこられたことはほとんど無いと思います。そないにダッシュしてる気も無いのですけど、不思議とバンバン抜けます。
気分よく、バッキュウ〜ンとデグナーを抜けると、逆バンクまで緩い上り。ここ、なかなかスピード乗せ続けるのがしんどいところですが、ここでしっかりスピードを乗せれば、かなり高速のまま1コーナーまでのダウンヒルに繋げられます。

ホームストレートに出れば、あとは力の限り頑張るのみ!!でもここで頑張りすぎると、シケインで失速しちゃって、バックストレートで余計な足使わないといけないんだよ~~~~



KMT48君~chara先輩~A達さん~ギンタロウさん~なべちゃんと続きます。
c0107075_11132516.jpg

c0107075_11133171.jpg

c0107075_11151989.jpg

c0107075_11143576.jpg

c0107075_11144381.jpg


2回走ったら、最大のイベントの12時前が迫ります。。。。。
混走している4時間耐久のゴールの混雑を避けるために、30分近くの時間ピットレーンが閉鎖されます。
大体12時前から閉鎖されて、12時20~25分くらいに入れるようになります。
と、ギンタロウさんが走ってはる時になべちゃんがこっそり僕の方に寄って来はりました。
告白でもされんのかなとドキドキしましたが、
「なあ、次私なんやけど、出たらもう入られへんっぽいねんけど。。。。順番代わって。」
告白じゃなかった。。。。_| ̄|○

「了解!では、僕はレギュレーション違反のTカーで。。。。」

せっせとスーパーキングに空気を入れ、チェンオイルをささっと吹き付けて。。。。

「なんやそれ!レギュレーション違反やないか!」
と皆から罵声を浴びせられようが、ボカあ、これで走る!
そもそも、ロッシンだって、ビンディングにしている時点でアウトだし!

ギンタロウさんが帰って来はって、ピットアウト~~~~!!!!

をお!!やっぱりスーパーキング進む~~~!

ちょっと軽い目のギアをクルクル回した方が速いのはわかってはいますが、踏んでみたい!
スプーン手前の坂は17Tで踏み切る!そのまま踏むのは止めずに、200Rからヘアピンへの下り!
まあまあ速いんちゃうん!
微妙にヘアピンでこけへんか心配になるくらいにスピードのってんちゃうん?
下バー持って、ダンシング~!!!デグナーのカットインが気持ちえ~~~!
逆バンクからの下りは、下バー持ってちょっと伏せてたら、グングンスピードが乗る!そうか!今追い風なのか。。。。ということは、ホームストレートは向かい風。。。。。

鬼かと思うような風の中、ホームストレートを必死に駆け上ります。そらもうみんな見てますから、必死です。。。。ものすごい声援(?)を聞きながら、必死にもがき続けます。。。。。シケインは何とか失速せずにクリアして、バックストレッチへ。。。。
え?マヂ?向かい風?しんどい~~~!!!しかも前誰もおらんし。。。。で、心折れる。。。
まあまあヨレヨレでスプーンクリア。。。。風!横風恐い!ディープリムに横風は恐いと聞いていたけど、これはほんまに危ないわ。

それでもヘアピンの立ち上がりからは楽しいです。下りは50x12じゃ完全に回りきるので、適当に。。。。ホームストレートに出たとたん容赦ない風!ヒイヒイ言いつつ、2回目のホームストレート!なんかさっき食べたおにぎりが上がってくる。。。。
おえっ!
完全にシケインで失速。。。。。でもバックストレートに向かって頑張る。。。。

ヘアピンから立ち上がってもがいている時、ふと思いました。。。。

「まてよ。。。。確か、ピットアウトする時はまだピット閉鎖してなかった。。。。」
「1周目は多分10分かかってないはずやから、12時5分に通過したとして、2周目は?ま、仮に10分で帰ってきてたとしよう。12時15分。3周目も仮に10分で帰ってきたら。。。。12時25分。。。。」
「やばい!あんまり速く走ったら、4周目入ってまうやん!」

デグナーから逆バンクへ向かう微妙な上り坂を走りながら、考える。。。。。
「仮に4周回走ったとして4周回目、どのくらい出回れるよ?スーパーキングをもってしても12分以上かかりそうな気がする。。。。タイムロスはどっちが大きいのだ?」
「取り敢えず、今何時よ?が~~~っ!!!時計はロッシンに付いたまんまやんか!」

精神的にかなりびびります。。。。。1コーナーを曲がりながら、コントロールタワーをみると、「あ~~!最悪!閉鎖中や!」
と、閉鎖表示が消えた!
ラッキ~~!!!!

去年より遙かに余裕を持ってピットロードに入れました。。。。

よかった~~~~!!!!!


ちょっと他のチームもレポートしましょうか。。。。


エキスパートのチームEですが、実は、エースチームのチームKは2回ほど前に出られているのです。。。。
1回目はオープニングラップ後のホームストレートで僕がvivva2000さんに先行を許してしまいました。しかも何とそのままコントロールラインを先に通過しはったので、ベストラップはvivva2000さんに持ってかれました。
ちなみに。。。。vivva2000さんは僕と大体同じタイミングで走っておられたので、走ってるところの写真はありません。。。。。ごめんなさい。。。

もう1回は、1回目のライダー交代直後でした。
1度はvivva2000さんの先行を許してしまった僕でしたが、2周目にまた前に出ていました。
その差はたったの6秒。僕は知りませんでしたが、ピットはさぞかし焦ったことでしょう。。。。
何しか、チームK第2ライダーKMT48君と、チームEの第2ライダーUGの兄♭♭♭さんとは6秒差。追いかけるUGの兄♭♭♭さんはKMT48君を完全にロックオン!
ピットアウト直後のシケインへの登りでその差はあっさり解消され、KMT48君はぶち抜かれることになったのだそうです。。。。KMT48君はちゃんと抜き返したそうですが。。。。
c0107075_111327100.jpg

(この人がいなかれば、この楽しいレースへの出場もなかったであろう。UGの兄♭♭♭様感謝しております。)


TATSUMI御大は、国体優勝経験者だすよ!
シルクロードの常連さんでもあるし、スターシップイリベ号も持ってはります。
c0107075_11133233.jpg

(余計な力の入っていない無駄のないフォーム! 見習わなければ!)



大黒屋さんもすっかりQCRのレギュラーメンバーです。今回はチームEに所属。エンドレスなので、もうやめれませんからね。(笑)
走ってはる時の写真が。。。。ない。。。。。ごめんなさい。。。。
c0107075_1115994.jpg



鈴鹿のあびさんは、元大門レーシングです。その足を見ると、走り屋であることは間違いありません。
c0107075_11142761.jpg



マーシーは大黒屋さんの御子息で、今年社会人デビューしたそうです。ええと、誰の代走だっけ???
マーシーの走ってるところの写真も無い。。。。。マーシーごめんなさい。
c0107075_11133922.jpg

(旗振ってる写真はあります)



そして、ビギナー&べっぴんな、チームBです。
チームBには何とロード乗るのはこの日が4回目という、超ウルトラースーパー初心者のSHIOちゃんがいますが、ホームストレートで見ていたら、「え?え?ちゃんと走ってるやん?普通に走っとるがな。。。。」
c0107075_11134182.jpg

(このひらひらの白いスカートが眩しすぎたのだ!ううう!!!)



んでもって、SHIOちゃんを引っ張り込んだのがこの人、ofはやま夫人でございます。
ついこないだまで、自転車には何の興味も無かったそうなのに、弱虫ペダルを読んで突如としてロードバイクに目覚めるという、突然変異を遂げられました。そんなことがあるのか〜〜〜〜!!!!!!
c0107075_11132941.jpg

(ぼかあ、奥様にお会いするのは2回目ですけど、かなりの美魔女です!)



そして、この2人のご婦人からの尊敬を一気に受けるのがofはやまさんです。
なんというか、もう、「狡い!」という言葉しか浮かびません。。。。
c0107075_111503.jpg

(にやけてないで、ちゃんと走ってください!)



そして、正式には我が関西クラシックレーサーズの広報部長のcancanさんですが、今年は何と、tetsさんの代走でライダーも兼任!
兼任はしんどい!   みるきーもNMBとAKBを兼任。。。。。なんのこっちゃ。。。。。。
兼任で忙しいのに、写真もちゃんと採ってくれてはりました。有り難うございます。
c0107075_11133660.jpg

(ここ数ヶ月、月間走行距離が1000キロをはるかにオーバーされているので、鈴鹿でも速い!)




すんません。。。。えべっぷりさん、りみどさん、僕のカメラの中に、写真がありません。。。。。




他の写真。。。。


c0107075_11132284.jpg

(ん?何か問題でも?)

c0107075_11131483.jpg

c0107075_1113387.jpg

(この自転車、まだ4回しか走ってないんだって。。。。。)



シルクロードのブースに遊びにいったりしてると、高校の同級生が遊びに来てくれたという情報が。。。。。
c0107075_13561212.jpg

TUG48君じゃないか!3年ほど前の京都マラソンの前夜祭で飲みに行ったっきりやし!


彼はレース終了後、結婚式の2次会に帰っていきましたとさ。

ありがとね~~~!!!



さあ、言うてるまに、ゴールです。
ゴール直前のピットインは出来ません。わがチームKの場合、どうもchara先輩でゴールかという感じだったんですが、微妙にこのピットイン禁止にかかっちゃって、最後3周走らんとあかんかもしれないという。。。。なので、、、、
chara先輩考えました。
「俺、1周で帰ってくるわ。ギンタロウさんまだ走りたらなさそうやから、最後2周走ってもらうっちゅうのは?」
「ええのとちゃいますか!」



さあ、8時間経過して、続々ゴールしてきます。
わがQCRは、まずチームBのりみどさんが帰って来はりました。
UGの兄♭♭♭さんが昭和の森で口説き落とされて、QCR初参戦でした。最終ラップは13分59秒~~この曲面で、このタイムは十分ですやん?
次に帰って来はったのはチームEのUGの兄♭♭♭さんです。ちょうど先頭手段と絡むように帰って来はりまして、僕は、どっち見たらええのかわからなかったです。最終ラップは11分36秒。はや~~~!僕最後11分47秒かかってました。。。。
最後に帰って来はったのはギンタロウさん。淡々と走ってはるようで実はしっかりタイムも出ているという、いぶし銀の走りでしたね。僕らは1周目ガッツ~ンと走ったは良いけど、2周目はへろへろでタイムを落としているというのに。。。。素晴らしい。ギンタロウさんのような走り方が耐久に向くのです。


はあ。。。終わっちゃった。。。。終わっちゃったよ。。。。
スタートするまでは、眠いし、しんどいし、ピット取れるか心配やし、ネガティブなことが多いのですけど、終わる頃の高揚感はかなりのものです。


QCR LOVE!


でも、今年は、もう一つ思うところがあります。。。。。
それは。。。自分の不甲斐なさ。。。。
いや、まあ、日々、思うままに楽しく自転車遊びをしていくという面では全くオッケーなのですが、日が経つにつれ、走れなかった感がふつふつと沸き上がってきて、後悔の念が。。。。
例年のパターンだと、冬場に自転車乗らずに、脂肪が増えちゃって、春になって、慌ててトレーニングモードに入ってましたが、今年の冬場は「みるきーとデート♡」とか何とか言いつつ走りはしてたので、足の脂肪もそんなに付いてないなあと思っておりました。実際走っててもしんどいけど、嫌やとか思わなかったし。。。これに甘えちゃったのか、GW終わりに腰やっちゃったあと、何もしなかったのです。。。。2回くらいは散歩程度に乗りましたけど、結局レースの週になってから慌てて朝練開始したに過ぎませんで、そんなんでちゃんと走れるわけがない。
c0107075_1113777.jpg

(撮影はcancanさん)
スーパーキングで走ってる写真見て、「上体がヘシャゲちゃってる!」これは偏に体幹の衰えそのものだ!ペダルを踏むという動作の反力をしっかり押さえる体幹がないと、踏んだパワーの半分しか進まない!
練習します!
というか、あのアホレナリン全開の気持ちよさをもう一度味わいたい!
来年は、ちゃんと走って、やり切った感を味わうぞ!!!



おわり



c0107075_1113872.jpg

(撮影cancanさん)
[PR]
今日は、QCRの練習会でございました。

布目ダムで、グルグルしようじゃないかと。。。。。
ちょっとタイムも計ったりなんかして遊ぼうぜと。。。。
昼ご飯は鍋して遊びましょと。。。

行きます行きます!!!

ちなみに、写真が全然無いです。。。。。カメラ持って行ってたのに、鞄の底の方に入ってて、てっきり「忘れた!」と思ってました。。。。
まあ、気づいていても、走行中は本気モードなので、撮らなかっただろうし、みんながゴールしてくるシーンを撮るという余裕は無かったように思います。。。。しんどくて。。。
なので、今回も膨大な文章で誤魔化すことにします。最後まで読んで下さい(笑)。




何時ごろついたんだろう。。。。。
UGの兄♭♭♭さんの車が止まってて、本人居らず。。。。(もう走ってはる。。。。)
てっちゃんさんご夫婦がランの準備をば。。。。。。

僕もちょちょっと走りたい〜〜〜〜!!!

c0107075_23185663.jpg

(cancanさん撮影)
今日は、QCRの走行会だけど、グルグルするので、スーパーキングも積んでいきました。
1周目は様子見なので、素早い操作が可能なスーパーキングで。。。。

まずはダムを下って、再度登り返し。ダムの反対側に帰ってくると道は緩やかなアップダウンになります。勾配の具合と、頑張りどころを探る!
タイムを出しに行く場合、大きくタイムに影響する箇所でどこまで稼げるかという話になりますから、休むべきところはきっちり休む事はとても大事です。やみくもに走ると絶対にタイムは出ません。
長い登りは足に疲労をためない程度に頑張る。登りなので、頑張ったら結果ハアハアしますが、これは当たり前です。要は足を疲れさせるようなことはしてはいけないわけです。
平地は頑張らないと、前に進みませんで。。。。緩い下りも頑張らないと損しますね。じゃあ、どこで休むよ?
平地や緩い下りでは、ケイデンスを落とす。ちょっと重い目のギアをケイデンスを落として回す。こうすることで、上がっている心拍が下がってきますので、次の頑張りどころに備えられるわけです。但し、重いギアを回すのには、足を使いますので、疲労が溜まってしまうのは仕方ないです。
道は、緩やかに登り始めます。緩やかな登りはどうする?
こういう場所はケイデンスで進めるのだ。要は、重めのギアを踏んで来て、微妙に疲れた足を休めて、代わりにさっき休めた心肺を使いましょうと言うこと。ハアハアして下さい。思いっきり!
但し、このハアハアは、この後に来る、20秒間の無酸素運動が出来る程度に!
道は、距離は短いですがグッと勾配がついて、インナーを使いたくなるような坂になります。ここで、インナーを使ってしまうと絶対にタイムロスです。
クラシックレーサーは手元シフトでは無いし、シッティング状態で、左のWレバーを操作しなければなりません。リアのギアはそのままでいくならいいですが、いかがでしょう?大概リアも触りますよねえ?で、短い登りをクリアした後は?またフロントをアウターにほりこまねばなりません。
シフト操作に必要な時間と失速、さらに再加速する労力を考えると、短い登りは少々きつくても無酸素運動アウターで踏み切るのが正解!

ここをクリアすれば、ゴールまでややこしい場所はありません。。。。
残った体力を総動員して回す!


という感じだと思いました。。。。。


みんな集まってきたので、プラプラと走りましょう。
今度はちゃんとクラシックレーサーのロッシンで。。。。
いきなりのハンドリングの鈍さにびびる。。。。。さすがにカーボンロードと比較して、切り返しやら倒し込みやらの動作がワンテンポ遅れる感じ。あと、路面の突き上げなんかの時のフロントの追従性も全然違う。。。。。気をつけないと、バンクさせた状態でギャップに乗ると持って行かれそうになるなあ。。。。
適当に足回して、操作感を確認してと。。。。。。

で、軽く走った後は、タイムを計るとな。。。。。。速そうな人から順番に、3分おきスタート。
いきなりトップスタートを命じられました。マシンはロッシンです(当たり前)。

「下りはタイム計るからといって無理して事故っても困るので無茶すんなよ!」指令が出てましたので、忠実に守ります。
登り返し区間の距離は1キロくらいか。。。。。足を残してハアハアします。んなこと言うてもしんどいもんはしんどい。。。。ヒイヒイいいながら、登り切りました。さあ、心肺を休めつつスピードを維持するのだ。。。。。微妙な登りがまあきつい。。。。。トンネルの手前がつらいピークだな。。。。。
緩やかな下りでも足休めながらスピードを維持して、うん、まあまあいい感じじゃぞよ。。。。緩い上り坂で、回転上げて、、、、、、気持ちええ!!!!スチールのウィップと、ペダリングがシンクロする〜〜〜〜これはカーボンには無い感覚でございます。
短くも勾配はしっかりある坂を一気に走り抜けようとリアを23に!がつんとトルクをかけますと、ガガガ!とチェンが滑っちゃった。。。。。ああ!これは最悪や!思いっきり失敗してしまいました。
これで焦ってしまったのか、この後の分岐をまっすぐ行っちゃって、100mくらいいってからミスコースに気づき、慌てて戻る!後続に追いつかれるじゃん!後ろはチームEのエースvivva2000さんだもんなぁ。
もう、ゴールまで鬼コギです。ちょっとした登りも重めのギアでダンシング!
ゴールしても安心出来ません。vivva2000さんが3分以内にゴールして来はったら、それは敗北を意味します。ぼかあ、チームKのエースを拝命していますので、負けは許されません。。。。
ここ数年で一番長い3分だったかもしれません。。。。結果、何とか一番時計(21分フラット)。。。

もう!緊張する〜〜〜〜!



昼ご飯は、UGの兄♭♭♭さんが鍋を振る舞って下さいました。
どうも有り難うございました。おいしかったです〜〜〜。






さあ、もう僕はこれで結構満足してて、このまま解散でもいいじゃん!とか思ってたんですけど、キャプテンはそんなことを許してくれません。


おらあ〜!練習再開じゃあ〜!
今度はハンディレースするからなあ〜!


はははははい!頑張ります!


さあ、このハンディレース。どんなルールなんかなあと。。。。
1回目のタイムを逆算して、時間差スタートします。。。。1回目と同タイムで全員が走った場合、ゴールスプリントになるというわけです。

をををを!!!!興奮するじゃんか!


1回目のタイムからハンディタイムが発表されていきます。。。。

え?僕9分もハンディあるの?そんなん追いつくわけないですやん?1周10キロしかないのに、なんぼ何でも9分って。。。。
で、ちょい反則で、スーパーキングで走ることにしました。
と、ハンディ1分プラス!

え〜〜〜!!!!!

1分プラスかあ。。。。。どうしたもんかなあ。。。。。

結局スーパーキングを引っ張り出しました。。。。だって、僕が持ってる自転車の中で一番乗り易いですから。。。。みるきーのポジションだって、スーパーキングベースですから。。。。。


Mrs. ofはやまさんからスタートです。
その次は5分後にogはやまさんスタート。
その1分20秒後にUGの兄♭♭♭さんスタート。
その1分20秒後にvivva2000さんスタート。
その50秒後にギンタロウさんスタート。
そして、その1分30秒後に僕がスタートです。

ついつい行きたくなりますが、いきなりの下りは思いっきり気をつけて下っていきます。
登り返しの1キロは、基本に忠実にハアハアして、いい感じで足を残せました。さすがスーパーキング!
ダムの横で、タイムキーパーのcancanさんが、「前との差が1分以内やで!」と教えてくれはりました。
をを!もう30秒以上縮められたのか!
ちょっと嬉しくなってしまいますが、ここで無理をしたら、後が滅茶苦茶になりますので、自分のペースを守ります。
c0107075_2384713.jpg

(cancanさん撮影)


平地区間に入っても時々出てくるちょっとした登りを上手くスピード落とさずにクリアして行くには、シフトタイミングがとても大事です。シフトダウンは速すぎても遅すぎても足か心肺を余計に使います。
シフトアップのタイミングは早すぎると、足使いますので、気をつけます!ケイデンスが上がり始めてからだぞよシフトアップは!

トンネルまで来ると、トンネルの出口付近に自転車の影が見えました。

ギンタロウさん!

ギンタロウさんは、レーサーじゃなくて、スポルティフです。ガード分重い!なのに、並み居るレーサーを蹴散らして、1回目のアタックで2番時計ですから驚き桃の木山椒の木。。。。。
イーブンな条件なら、間違いなくやられているんだろうなあ。。。。。

緩い登り区間で、ケイデンスを上げてスピードアップしていきます。
急坂区間の手前100mくらいで回すのを止めて息を整えつつ、ギアを探ります。
こういうところで、手元シフトの威力が発揮されるのだ!
フロントは50Tのまま、リアは23Tで入りました。グンと落ちるケイデンス。で、力の限りダンシング。スピード維持!
ええ感じや〜〜〜!
1回目ミスコースしたところも今度はクリア!
と思いきや、橋の継ぎ目のギャップが意外に大きくて、その衝撃にハンドルが少し下向いてしまいました。。。。
ひえ〜〜〜!乗りにくい〜〜〜〜!
後はひたすらに走りますが、前を行く3人の姿が見えません。。。
クソ〜〜〜!ゴールスプリントに絡めないのか!
もう、視界が狭くなってきてるんだけど。。。。。
ブラケット持ってると足回らないので、TTポジションで強引に走ります。ちょうどハンドルが下向いているので、手も置きやすい?
ゴールスプリントに絡もうと思ったら、3こ手前くらいのコーナーではその姿を捕捉しておかないと間に合わないと思うんですが、残念ながら、姿さえ捕捉出来ず。。。。ここで心が折れました。

最後のカーブを曲がった先に見えたのは、ゴール付近で自転車に跨がった人(誰かはわかりませんでした。)。。。

だめだった。。。。ハンディレースに勝てなかった。。。。。

失意のゴール。。。。。ってかもう立ってられません。。。。。芝生に座り込む。。。。。



ハンディレースの結果は。。。。。
優勝:Mrs. ofはやまさん。(27分37秒)
2位:ofはやまさん。(27分56秒)
3位:vivva2000さん。(28分39秒)
4位:僕。(29分)
5位:ギンタロウさん。(29分22秒)
6位:UGの兄♭♭♭。(30分3秒)

という結果でした。。。。最後にちらっと見えていたのはvivva2000さんだったのだ。。。。。


アフターランは、美味しいクロワッサンが出て来て、屋外とは思えないカフェタイム!
皆々様、どうも有り難うございました。



いや〜〜〜、面白かったです。
プレッシャーといい、何とも楽しかったです。
またやりたいです。


さあ、解散後、そのまま帰ろうかと思っていたんですが、vivva2000さん「もうちょっと走る」と言って下って行かれました。UGの兄♭♭♭さんも走るとな。。。。

まだ明るいしなあ。。。。。

トイレで爆撃しながら、僕も走りたくなってきました。。。。。

僕もやっぱり走ろうっと!!!!
c0107075_2384945.jpg

最後はロッシンで。。。。。



さあ、これで春の鈴鹿に向けて勢いがつきました。今日欠席しまくったチームKの皆々様、モチベーションは、自分で上げておいてくださいねぇ〜!!!!(爆)




がんばるぞ〜〜〜〜!!!!!



c0107075_2385242.jpg





おわり
[PR]
受付も済ませて、さあ、みんな集まってきて、チームオーダーの相談。。。。
チームKは、みんななかなか足が拮抗していて、6人で、2周交代すると、スタート後4時間の12時頃のピット閉鎖時に絡むのは誰やということが大体わかってしまいます。
チームKは大体20分で2周走ってきます。3人で1時間、2時間で6名。
ということは、ピットストップに絡んでくるのは、どうも6番走者。。。。がしかし、みんなのペースが上がらないと、6番走者まで回らないかもしれない。。。。5番もまあまあやばい。。。でも、みんなが絶好調で、少しずつタイムが上がれば、なんと1番走者も可能性がある。。。。
ああ、何だかんだ言っても、どうなるもんでも無いし、まあちょっとくらい走るの増えても死ぬわけでは無く、より多く鈴鹿を走れたとポジティブに考えましょう。。。
ということで、
1.まえだ
2.KMT48
3.T御大
4.A達
5.BLK
6.chara(敬称略)
という、順番になりました。
まあ、色々考えるとこれが一番多分平和。

さあ、試走に出ます。
試走の時に、自転車の調子も見ないといけないんだけど、そんなもんこないだやったし、あとはコースコンディションの確認だけ。スーパーキングで走ったろ!

いや、実は、夜の駐車場往復とかその他諸々の足代わりにスーパーキング持って行ってたのです。

ボーラ履いたカーボンロードを足代わり!


試走だけ、スーパーキングで走ります。。。。。


気持ちええわ~。。。。
と、前方に我がSRジャージ発見。今回本気モードでもエントリーしてるんよね。。。。
をっと、NSE48君とKWZ48さんじゃん。。。。うっとこのじつぎょーだん選手だわ。。。

ここに絡みに行きました。。。。

そらまあ、彼らにしてみたら、ちょっと遊んだったくらいやもしれませんが、返り討ちのようのにバッツンガッツン走られ、旧ダンロップ下辺りで「やっちゃったかな」感がありありと。。。。
でもちぎれるのはイヤなので、ついていく。
う~ん、何とかついて行けるところがまた微妙。。。。ホームストレートも、結構な勢いで。。。ロッシンでは絶対に出ないスピードですやんかいさ!なんかそれでもいけちゃうの?
コントロールラインからさらにダンシングで加速するKWZ48さん。。。ダメだ。。。ついて行けない。。。。
シケイン登ったところで50mくらい離されてしまいました。ここでちぎれとけばいいのに、ムキになって追いかける!もう1周走って離脱しましたが、やっちゃった感100%。。。。






いよいよレーススタート。。。。チームAのスターターvivva2000さんと一緒にスタートラインに。。。。ええ?vivva2000さん、はじめてちゃいますの?スタートライダーって、一番危ないのに。。。


長い、スタートセレモニーのあと、やっとレースがスタートします。
いつもは、ペース配分するプロ選手や有力ホビーレーサーが序盤からガンガン引きまくって一気に集団は分裂していくんだけど、今年は前方にペースカーが入って、ゆっくり走っていきます。。。え?こんなゆっくりでいいの?
と、スプーン辺りで、急にペースが上がる!一気に!
何とか、右のエリアを選んでいたおかげで、これに乗れた!
vivva2000さんは?ちゃんと来てるのか?後ろ見たいけど、この混乱状態で、そんなことをしていると、横から突っ込まれたりするのを避けられない。
しかしまあ、後ろからどんどん入られることよ。ええ?そんな入り方有り?というか上手いなあ。。。。
強引に入るんじゃ無く、もうそこしか無理ですねん。。。というところにす~っと入ってきよるのですわ。まあ僕もそうやって前に行くんですけど、今回は前に行くより入られる方が多かったです。。。

KMT48君にバトンタッチして、椅子に座り込む。。。。。なんか疲れたあ~~~
T御大が持ってきてくれはったイチゴをむさぼり食う。。。。

c0107075_22444264.jpg

今回は、quansai classic racersは旗持参です!何処が自分とこのピットか凄くよくわかります。



レースの方は、KMT君、T御大でほんとちょうど1時間。ぴったり~~~
んでもって、A達さん、古郷さん、chara先輩と続いて、2時間ぴったりでまた回ってきた~~~~。

c0107075_22444434.jpg

チームBのofはやまさん。まだまだ元気です。


c0107075_224447100.jpg

チームK代走のT御大。ここでこんなに笑えるとわ!さすが!


c0107075_22445023.jpg

チームBのnoricさん。。。。noricさんも笑ってるよ。。。。



今回のピットはほぼゴールラインでした。ライダーチェンジして、すぐにピットアウト出来るのはいいんだけど、走り終わってから混雑するピットロードをほぼ上まで上っていかねばなりません。。。。気をつけないと、後ろも見ないでピットアウトしていく奴とかに絡まれますでね。。。。


c0107075_22445264.jpg



春のエンデューロに出るのは初めてでしたけど、秋より空いてるし、落車もグッと少なかったように思います。

さあ、いよいよ、ピット閉鎖の時間帯です。。。。ピット閉鎖の開始時刻は11:58。閉鎖される時間は「25分程度」。。。程度ってなんやねん!
つまり、ほんのわずかでも20分を詰めていかないと、基本chara先輩です。。。。
と、chara先輩が僕の所に来はりました。
「ええと、僕、次、1周で帰ってくるから、あと頼む!」
「了解です!先輩!」


c0107075_22445875.jpg

チームK、chara先輩


即答したとはいえ、実は、かなりの疲労感が。。。。。一発目走った後にも感じたけど、汗の出方がなんか違う気がする。。。調子悪いんかなあ。。。。昨日寝てないし。。。。
ああ、ネガティブになっていきそうになるのをふりほどきます。
よ~し、チームのレギュレーション違反になるけど、スーパーキングで走ったろ。。。。。

3周だけ「関西プラスチックレサーズ」にならせていただきます。(謎)




c0107075_2244556.jpg

格好いいわ、うちのジャージ


c0107075_22451648.jpg

美しい。。。。。きれい。。。。クラシックロードの美しさは、現代ロードにはありません。。。




ディープホイールの乾いた音を響かせてピットアウト。ダンシングでシケインを登っていきます。
さすがに軽い!裏ストレートは完全にクリア!風除けの期待ゼロ。。。。
まあいいか。。。。DHポジションでスプーン前の急坂まで頑張ります。
ここの急坂はロッシンで走ると、どのギア使うか迷うところです。急坂直前までで15Tまでシフトアップしているので、ここから17Tか19Tのどっちでいくか迷います。ダンシングで踏み切れなかったらまあまあ悲惨な失速しますから、かなりタイムに影響します。
スーパーキングは手元シフトなので、どのギア使うかなんかあまり気にせず、勢いで行ってあかんかったらシフトしたらええねん。と突っ込んでいきました。

下バー持ってダンシング。。。
あああ!下バーだけはいかん!
実は僕の人差し指、例の事故の影響で1センチほど短くなってしまってます。下バー持ってると、シフトアップするレバーを操作しにくくなってるのです。届くんだけどグッと力を入れるときに痛くはないけど力入ってる感が薄いというか。。。。苦手なのです。。。。
2~3回失敗すりゃ、さすがにスーパーキングも失速します。。。
きゃあ~~~!!!
まあ、再加速するのも軽いのでいいか。。。。。
気分よ~くヘアピンに入っていきます。。。。カンカンとカーボン特有の振動がありますけど、まあこれはこれで乗り味だわ。

S字辺りで横風を受けて吹っ飛びそうになりながら、走っていきます。。。ストレートに飛び出すと、前の方にvivva2000さん発見!「頑張って!」と声かけて、ダンシングしていきます。。。。。
ええ感じやあ~~!やっぱりスーパーキング速い!

と、ゲゲッゲゲ!!!
脹ら脛痙攣!

太腿じゃなくて良かった。。。。
vivva2000さんをパスした直後にこれは恥ずかしい。。。。。そんな無茶した記憶はないのだけど、取り敢えず、「恥ずかしい」が先行して、必死に登っていきました。。。。
ああ、シケインにはSRのみんなが陣取っている。ここも停まったら「恥ずかしい」。。。。。失速しても「恥ずかしい」いや、もう失速してるか。。。。。。ジャージが違うので、ばれないように。。。。。

ああ、もう!なんで足攣るんよ!

裏ストレートを駆け上がっていきます。。。無理しないようにスピードを殺さないように。。。。そんなんでけへんし!(笑)

ヘアピン立ち上がりも脹ら脛の爆発が怖くて踏めない。。。。ちょっと重い目のギアをダンシングで。。。。。
ああ、ここら辺が一番速いとこやのに。。。。。
S字に来ると、足を止められはしますけど、止めていると痙攣が始まってきますので、完全には止めれません。
ああ、悲しすぎる。。。。。
2回目のホームストレートをクリアして、3周回目に入っていきます。
シケインまで登ったら何とかなる!
最後は、ロッシンと似たようなギア比にまで落ち込んでいるのを見て、「6.8kgのカーボンロードでも、しんどいなあ。。。」と思いましたわ。それでもそっからの加速はロッシンより速いですけど。。。
裏ストレートを走りながら、僕はハッとしました。。。。

「さっき代わったのは58分までにだいぶん時間あったはず。。。。多分5分くらい」ということは、30分は走らないといけないことになる。。。ん?スーパーキングは結構速いから、ひょっとして1周10分はかからへんやろ。。。。ということは、3周じゃ収まらんのとちゃうんかいな?
え? もう1周? うそお~~!!! この痙攣中の脹ら脛で、もう1周は無理やと思うねんけど。。。。

ゆっくり走るというてもあるけど、それはイヤだ。。。。。
S字を駆け下りて、ホームストレートに入る直前、ピット入り口のインフォメーションタワーに目をやる。。。。

「ピット閉鎖中」

ガーン。。。ここ数年で、ここまでの衝撃を受けたことって、「右手の骨粉砕骨折しているからちゃんと直らんかもしれん」といわれたとき以来だ!

諦めて、本線を走っていきます。。。。。
ピットロードがつきる瞬間、ダメ元でタワーを必死で見上げると、見上げたその瞬間「ピット閉鎖中」が消えました。
一瞬で左安全確認!  ピットイン!

ああ、良かった。。。。あと3秒くらい遅かったら、もう1周していたところだよ。。。。あぶねえ。。。。

c0107075_22451427.jpg

KMT48くん、いっけえ〜〜〜〜!




自分的には、結構走れた感があって、8分台は楽勝で出てると思ってました。。。。
実際は、、、9分16秒。。。。どうしたんだ?スーパーキング!いや、僕か。。。。やっぱり集団で走らんとあかんのかなあ。。。



なんかよくわかんないけど、タイム全然出てない。。。。
足なんか攣ったことなかったのになあ。。。。水分とかミネラルとかが足りないのだろうかね?
ん?そうか。。。。昨日の晩のトイレ攻撃。。。あれで、まあまあ脱水になって、そのままレース走り出して、お腹痛くなったらイヤなので、あまり水分採らなかったんだ。。。。脱水症状?

あわてて、水分補給(もう遅いけど。。。)ミネラルは、イチゴで。。。。。
さらに、スポーツバルムで足マッサージ。。。。

何しか、あと1回。走りきらなくてはいけません。

c0107075_22451890.jpg

チームB UGの兄♭♭♭さん。もう完全復活です。

c0107075_22452062.jpg

チームK BLKさん。。。。ああ、そのうち止められはしまいかと気が気でない。。。。隣のチームの人もガン見やし。。。




そうして迎えた4回目の走行。。。。。
クリートを入れる際の脹ら脛の状態は、なかなかよろしい。。。
本当は少しでも楽なスーパーキングで出たかったけど、そこはクラシックレーサーのプライドもありますから。。。ロッシンで出陣。。。。
ダンシング多めで走れば大丈夫なはず!シケイン登って。。。。ああ、これは大丈夫な気がする。。。。さすがスポーツバルム!
裏ストレートを駆け上がっていきます。結構風きついので、自分より遅いやつでも風除けに使います。。。。いつもだったらまったく気にせず躊躇いなく抜くんだろうなあという場面でも、慎重です。前走者が「先頭代われよ!」の合図を出してきよりました。まあこっちも足に爆弾抱えているので無理は出来ません。「ペース落ちたらごめんなさいね。」と声かけて前に出ます。一定スピードを維持して、ヘアピン。。。デグナーも走りやすくなってきている。。。。気持ちいい!!!
そうかあ。あと1周したら今回もこれで終わりだよ。。。。となんか、さみしくなる。。。。

今までこんな感覚無かったのに。。。。昨日からの出来事が頭に浮かんできました。
財布忘れたことに始まって、夜中のトイレ騒ぎ、不眠でピットゲートに並んでピットまでダッシュ!
ああ、齢47にしてAKBのCD買っちゃったなあ。。。。。。。。がっはっは!

まあ、足も何とかもって、ピットイン。。。
ああ、これでもう走らなくていい。。。。いや、もう走れない。。。。
出し切った感はあるのかなあ?
やっぱり出し切った感ないと楽しくないし。。。。
ある!出し切った!精神的にはかなり出し切った!

SRのみんながピットに出て来た。そうか。。。8時間にもエントリーしてたもんね。。。
SRの成績は凄いなあ。。。。アタック120で6位?4時間耐久2位?あんたらおかしい!SRはレーシングチームじゃないのだぞ!
で、今8時間走ってる連中は?なに?10位以内狙ってるだと?今11位だと?
やめてくれませんか。。。。ターコイズジャージ外で着れなくなるじゃん!絡まれるじゃん!




ああ、楽しかった。
我が関西クラシックレーサーズは、大黒屋さんとchara先輩が仲良く手を繋いでゴール!
c0107075_22452425.jpg






最後に、QCRみんなで自転車並べて記念撮影。。。。。
c0107075_2315669.jpg

(photograph by cancan氏)





打ち上げはみさきやさんに行きました。。。。大黒屋さんが宴会部長!



で、この時車の僕は当然飲めないので、ノンアルコールビールを飲みました。
これが効いたのか、家帰るころに、ま~たお腹痛くなりました。トイレx2。。。。
このあと、ビール飲みましたが、お腹痛くなりませんでした。
もうノンアルコールビールはやめときます。。。。。



あ、そうそう、風呂屋に忘れた財布はちゃんと戻ってきました。中のお金もそのままに。。。。。
ほんと日本はいい国です!


c0107075_22452747.jpg

いつか表彰台の上で降ってみたい。。。。



おわり。。。。
[PR]
クラシック自転車大好き人間の中から、UGの兄♭♭♭氏を中心とした「クラシックロードレーサーで、思いっきり走ったろうぜえ〜!」という人たちが集まり、結成されたのが「関西クラシックレーサーズ」。。。。仮に名付けられたチーム名だけど、他にいいネーミングも見つからないし、何より、ぼかあ、このチーム名気に入ってます。。。。正式名称は「quansai classic racers」でもこれだと、鈴鹿にエントリー出来ないのです。。。。文字数が多すぎるとかでね。。。
まあ、どこら辺から「クラシック」なんかは微妙ですわね。。。まあその辺は雰囲気で?
さ、そんなこんなで出来たチームももう今年で5年目になります。
一年目は特にチームジャージもなかったし、チームも1チームしかエントリーしなかったんですけど、2年目からは、チージャージも揃えて2チーム体制でエントリー。3年目はレースの日が土曜日ということで出場出来ず。4年目は、これまたみんなの予定が合わなくて1チーム体制でのエントリー。。。それでも、大病から復活されたUGの兄♭♭♭氏の走る姿を見て、みんなで喜んだのはついこないだです。。。。
そうして、今年の鈴鹿のスケジュールがDMされてきました。。。。
なんだと?今年も秋鈴鹿は土曜日!
う〜ん。。。関西クラシックレーサーズのメンバーさんは土曜日仕事の人多いのだ。。。。。
今年もこら、無しやなあ。。。。とおもっていると。。。

おや?そういや、鈴鹿って春もあんじゃん。。。。春は日曜日か。。。。。


BBSで、みんなに聞いてみると、
「走る!」
「出る!」
オーオー、みんなノリノリだねえ。。。。


で、今年は、エントリー人数11人。
チーム編成に悩みます。。。。
11名中6名は京都なので、チームKとし、残りはチームAにしよう。。。。。この辺はマネージャーの独断です。
でもなあ。。。「関西クラシックレーサーズチームA」では文字数がオーバー。。。。(爆)


チームkのえべっぷりさん。。。。ギリギリまで参戦決意が定まらず、結局、T御大に代走をお願いする羽目に。。。
もう!焦りまくりでしたやん! 来年からは鈴鹿優先でお願いします。(笑)

レース前夜、パドックパスをゲットしていた僕は、0:00開門を目指して行動します。
仕事が終わって、いくつか所用を済ませて、取り敢えず風呂入りに行きました。なぜ、ここで取り敢えず風呂だったのかは僕にもわかりませんが、去年みたいに鈴鹿ではいるという手もあったけど、何故か今年はどうしても「取り敢えず風呂!」だったのです。
近所の風呂でさっぱりして、一路鈴鹿へ!
BGMは最近めっちゃ気にいっている、「UZA by AKB48」。。。。

はいそこ、笑わないように!この曲めっちゃかっこうええのですよ!

まあそれだけをエンドレスで流してました。といわれるのも、怖いでしょうし、僕自身かなりいたいので、他にも「Bigginer」とか「風は吹いている」とか「River」とか「隣人は傷つかない」とか要はMVでみんな怖い顔でやってる曲を。。。。。


あ、お腹減った!あ、晩ご飯食べてなかった!と気づいたのは関インターを下りる時。。。。
あちゃちゃ!関ってばなんも無いよ。。。。国道筋に出て、何食おうか店物色しているうちに亀山。。。。もう、吉牛でいいや。。。。
車を止めて、ええと財布財布。。。。


財布が無い!



さっき風呂入ったときはあった。。。。
ロッカーの隅に置いたのまでは覚えてる。。。。。それ以降見た記憶が無いということはあそこしか考えられない!

風呂屋に電話してみると、「ありますよぉ〜〜〜」と。。。。。


ああ、よかった。。。なんていい人達なんだ!日本最高だよ。どんな人が届けてくれたのか、まあ店の従業員かもしれないけど、みんな愛してるよ!


しかし、どうする?現金が1円も無い。。。。。こら戻らないとなあ。。。。
え〜〜〜、亀山から奈良に戻るのかぁ〜〜〜〜?


僕は結構ええかげんなやつで、性善説を究極に感じているというか、いつもオヤジとかにも「お前人信用しすぎなんや!」とか言われますけど、基本信用しているという感覚では無く、「疑わない」という方がしっくり来るか。。。。。
いやそんなことはどうでもいい。。。。
要は、結構、裸でもらったお金とかって、その時その場所に財布が無かったりしたら、そのままどっか似押し込んでることが多くて、この時も鞄を引っかき回すとなんと15000円の現金が出て来たのです。

凄いぞ!俺!

ええと、僕の知り合いで、僕の鞄に近づける人、行こう、決して僕の鞄を引っかき回さないで下さい。もう現金は入れないようにします。


風呂屋にもう一度電話して、「今亀山にいてるので、めっっちゃおそなると思うので、明日行きます」と伝えて、そのまま鈴鹿に行くことにしました。

取りあえず、お腹減ったので、並卵にお新香セット豚汁で。。。。

吉牛を出てくると、となりは中古CD屋でした。。。。。
さっきまで聞いていたUZAは音悪いので、CD音源欲しいなあと思ってたのですが、なかなか、僕らみたいな完全なるおっさんがねえ、あれでしょ。。。。
でも、この時は、財布もあったという高揚感からか、ふらふらと。。。。
を!あった。。。DVD付き!このMVも格好ええんだよ〜〜〜
値段は。。。。


180円!!


まじか!吉牛でもらったおつりで余裕で買える!

購入決定!

ん?なんだ?何種類かあるぞよ。。。。

Type A とType K とType Bがある。。。。

どう、ちゃうんやな。。。
CDラックのAKBコーナー前で固まるおっさん。。。。。

まさか、チームAメンバーによるものとかで分かれているとか?
いやいや、そんなわけないだろ。。。。

考えるのも恥ずかしいので、一番最初につかんだパッケージをもって、レジへ行く!
財布があったので、恥ずかしくないもんねえ〜〜〜(別になんの関係も無いけど。。。)

エンドレスでCD音源を。。。。。

鈴鹿のパドックに車を入れたら、屋根から自転車を下ろして、第7駐車場に向かいます。ここで、大黒屋さんとvivva2000さんとofはやまさんが宴会してるはず!
僕は帰りも自転車なので飲めないので、ノンアルコールビールで乾杯。



1時頃でしょうか?パドックに戻ってくると、ピットゲートには3組くらいの人が並んではりました。気合い入ってる〜〜〜!!


車で寝るのって、いつぶりだろう。。。。ゴロンと横になって、眠りにつこうとした瞬間のことです。

お腹痛い!

幸い、パドックなので、トイレも近所。。。

帰ってきて、就寝。。。。

あ、まだお腹痛い!

ほんとラッキーなことに、トイレは近所。

再び帰ってきて、就寝。。。

あ゛−!!まだお腹痛い〜〜〜!!!

再度トイレに。。。。
戻ってくるとき、ピットゲートは結構並んでる人が増えてきていました。。。。。


再度横になったけど、もう、起床予定時間までほんの30分。。。。
もういいや。。。。。


ラゲッジからちょちょっと椅子出して、列の最後尾に並んでしまいます。
夜明け前の一番寒い時間帯。。。。コットンのスウェットとヘリハンのパーカーを羽織っていてもガタガタ震えるほど寒い!またお腹痛くなったらどうしよう。。。。。

朝5時、ピットゲートが開放される。。。。


え〜〜〜〜!!!!!走るのお?


僕も走ります!
くそ!こんな事になるんならもっと荷物を軽くして、後一人くらい人を呼ぶんだったぜ!

何とか、ピット確保!!!!!

ハアハア。。。もうこれで、僕の仕事は終わったようなもんだ。。。。
ああ、自転車に乗る筋肉は適当にあるけど、ダッシュで使う筋肉は無いのだよぉ〜〜〜
絶対、筋肉痛なるわ。。。。。



たまらんなあ。。。。。



つづく。。。。




えええ〜〜〜〜〜!!!!!!
(一枚の写真も無し。。。。。)
[PR]
UGの兄♭♭♭さんのBBSで「鈴鹿練するぞ!」というスレッドが立ちました。
行かねば! こりゃ、行かねばなるまいぞ!


朝、上の娘を駅まで送っていって、そのまま針に向かおうかと思いましたが、いつもより30分早出だったので、チームのみんなの集合場所に行ってみました。。。。。
c0107075_2231118.jpg

ようけおるなあ。。。。まあ、鈴鹿に4チーム出るらしいので、そらそうか。。。。。総勢20名。。。
c0107075_22311489.jpg

背中の八咫烏がかっちょういいぞ!(うっとこのチームのジャージは3種類あるのです。)


さあて、僕のロッシン。。。。いままでアニバーサリーのパーツで組んでいたので、クランクが170mmやったのですが、僕は本来172.5mm使い。ずっと懸念の対象だったわけで、こないだ、やっと172.5mmになりました。詳しくはここ。。。
さらに、ロッシンパントリングゲット!
さらにさらにさらに。。。。今まで使っていたホイールのハブを某IRIBE号用に供出したので、秘蔵のアニバーサリーハブでもって、新しくホイールを組み上げました。リムはカンパビクトリー。チューブラです。リムがちょっとハイトのあるマビックオープンプロから普通のかまぼこみたいな断面のリムになったので、スポーク超が短くなってしまって、4本取りで組み直しています。かなり硬い乗り味になってるのではないかい???。。。。

まだ1回しか、お外走っていないもんね。。。。。乗るの楽しみだ。

ん?ここで、本来ならば、我が新生ロッシンの写真が出るはずなのですが、自分の自転車だけ撮ってない。。。。_| ̄|○
UGの兄♭♭♭さんとこからもらってきました。
c0107075_2231997.jpg





ほんでもって、鈴鹿練の参加者は。。。。言い出しっぺのUGの兄♭♭♭さんと、白栖窟さんと、ぼくのみ。
え~~~~~?他のみんなは?なんだかんだで忙しそう。。。。


取り敢えず、3人でドカドカと走り出しました。
針から一路月ヶ瀬を目指します。今までとはちょっと違う道で走っていきます。
c0107075_22311771.jpg




途中、小振りながら、なかなかしっかりした神社を見つけて、休憩。。。。。
c0107075_22312048.jpg



由緒書きとかの類いは全くなし。神社名すら不明。
社は二つ並んでいるので、八幡社系かなあ?
c0107075_2231647.jpg


なんしか、長いこと階段の上に腰掛けておしゃべりしてしまいました。
(ググってみると、牛の宮神社ということがわかりました)


さあ、走りましょう。微妙にお腹空いてきたぞおお。。。。

月ヶ瀬の湖畔を気持ちよく走ります。そのままお食事予定の場所まで一気かと思いきや、UGの兄♭♭♭さんが、なんか面白そうなところを見つけはって、休憩!

c0107075_223122100.jpg

う~ん、新緑が眩しくって、気持ちいい。。。。

c0107075_22312448.jpg


さ、ちょっと登ったら、いよいよご飯です!


c0107075_2231777.jpg

僕は、豆腐田楽定食。



お腹も膨れたので、走ります。
c0107075_22312780.jpg
UGの兄♭♭♭さんのエリエのリア変速が不調。。。ローに入らない。。。。



帰りはほとんど上り坂。。。。。
さっき気持ちよく下ってきた坂道を一生懸命上りかえします。
言うてもそんなにきつい坂も無く、ドカドカ走っていきます。
c0107075_22312899.jpg


と、まあまた立派な神社発見!
c0107075_22313157.jpg

(ええ?上まで行くんですかぁ)

見上げるだけで、やめとこかと思うような階段が。。。。。。でも鳥居は両部鳥居なのだ!



上までヒイヒイいつつ登ってみると。。。。。
c0107075_22313388.jpg




をを!立派だあ!
神波多神社っていって、祭神は素戔嗚尊と櫛稲田姫と春日大神。
(春日大神をググってみると、な〜んと、丹生都比売神社につながりましたよ。UGの兄♭♭♭様。)



拝殿と本殿とが別々にあるじゃないか!
実はこの神社、来る時に寄り道した牛の宮神社ととても深い関係のあることがわかりました。秋祭りの時は、この神波多神社から牛ノ宮神社まで練り歩くらしいです。。。。しかも、牛ノ宮神社には櫛稲田姫のお父さんとお母さんが祀られていたのでした。
c0107075_22313388.jpg




社務所の建物の屋根の下に立派な額が多数かかっていました。
c0107075_22313699.jpg



c0107075_22313852.jpg

この神社の境内から集落を見下ろすと、かなり秀逸な景色が広がっていました。

っていうか、今日はツーリング?
さあ、先を急ぎましょ!自転車乗りましょ!

c0107075_22333514.jpg

c0107075_22334413.jpg




数十分後!急停車。
今度はなんですの?


毛間廃寺跡?
なんだと?興味あるぞお。。。。。
c0107075_22341213.jpg

c0107075_22342314.jpg


集落の中に、点在する礎石群。。。。
これが、南門跡、中門跡、金堂跡と、めちゃくちゃたくさんあります。
何でも、この毛間廃寺、文献には全く出てこないけど、唐招提寺並みの伽藍を持った寺だったようだそうです。。。。すげえ。。。。。



数分後、停車!
今度はなんでしょう?

磨崖仏でした。。。。。。。
(写真無し)


c0107075_22335437.jpg

(UGの兄♭♭♭さんのエリエスペシャル、アンクティルレプリカ)


c0107075_2234359.jpg

(白栖窟様のフォリスクルスルート。パーツはスーパーレコードです)




さあさあ、走りましょ!
c0107075_22343916.jpg





数分後またまた停車、またまた磨崖仏。。。。。
c0107075_22343273.jpg





針に戻ってきたのは。。。。16時。。。。。




ええと。。。距離:54km獲得、標高:910m。。。。。



ん?鈴鹿練?




おわり

[PR]
クラシックサイクルな趣味な方々は、とかく年式にこだわりがちです。
僕は。。。。まったくこだわりません。。。。。
理由は、いちいちめんどくさいし、僕は雰囲気重視!ですから。。。。
好みだってあります!
例えば、ユーレージュビリーを例に挙げると、リアメカは初期型が好きですけど、フロントメカは初期型嫌いです。2次型以降がいいです。。。。
Wレバーに至っては、初期型大っ嫌い。。。。。後期モデルは格下グレードのサクセスと一緒になっちゃって、「ジュビリーサクセス」としてよに出回ってましたが、こっちの方が好きです。もう単なる好みの問題です。。。。

マファックコンペの場合、刻印コンペの方がもてはやされますけど、ぼかあ、シールコンペの方が好きです。。。。あの丸いシールって、絶対にジュビリーと共通デザインやわ!知らんけど。。。

あれ?話がずれてきた。。。。。
要は、年式とかより、デザインだとか、パーツの質感だとかの方が気になるわけで、製造年式を揃えようなんて全く考えていなかったのです。
がしかし、その重要性にぶち当たってしまう出来事が勃発しました。。。。。

ネタ元はROSSIN Quadroでございます。。。。
わたいの鈴鹿スペシャルです。
元々、85年辺りのフレームにいちいちパーツ揃えていくのが面倒くさいという理由のみで、超コレクションアイテムのカンパ50周年記念モデルをちりばめて乗ってました。がしかーし、入手したパーツセットの規格はBSCで、イタリアンなROSSINの場合、BBセットだけは別で入手する必要があったわけです。まあ、なんだかんだとそんなに苦労も無くヤフオクでゲット。4年ほど前にROSSINは完成したわけですが、完成当初から気になる点がありました。それは、アウタートップに入れた状態で右クランクとチェーン自体の距離がめちゃくちゃに狭いと言うこと。1.5mmとかです。これが気になって気になって。。。。リアハブの左側のワッシャーを右に移動させて、フリーのチェンラインをちょっとでもうちにずらせて乗ってました。。。。そんなことがいいわけなく、ずっと気になってたのですが、この間てっちゃんさんがGSのクランクを貸してくれはりました。これに付け替えてみると、若干ではありますけど、チェンとのクリアランスが増えたような気がしました。。。。要は、個体差なんかなあと。。。。。そこで僕は前から思っていた暴挙に出ました。
「50周年崩したろ!」
僕のロードバイクは全部172.5mm。ROSSINだけが170mm。わずか2.5mmの差ですけど、サドル高も変わるし、回した時の感覚も微妙に違う。。。。172.5mmのクランク欲しいなあ。。。アニバーサリーのクランクはなかなかない。。。あっても2万円とかするし!
別にアニバーサリーにこだわらなくてもいいとなると、ヤフオクで172.5mmのクランクをゲットするのにそんなに時間はかかりませんでした。
せっせとクランクを入れ替えて、フィキシングボルトを締める。。。。。

え~~~~!クリアランスさらに近いじゃん!今度はFディレーラーとも干渉しそうやん!

せっかく手に入れたのに、これでは使えない。。。。。
シャフトもっと長いのにする?
右だけ出るのもなんだしなあ。。。。。却下。。。。
どうするよ?



ちょっと用事があって、魔窟へいきました。店長に聞いてみると。。。。
「ん~~~~。。。。クランクの刻印は?」
「は?刻印?」なんだそれ。。。。
「SRでしょう?刻印入ってるでしょう?」
「そんなん入ってたかなあ?」
「入ってないのは、スーパーレコードじゃ無くてレコードです。」
「ん?意味が不明ですが。。。。」
「まあ、ものは似たようなもんですけどね。リングデザインが違いますけど。。。スーパーレコードは73年に発表されて、それ以降刻印が入り出しました。菱形の中に数字が入ってます。これが80年代になると○の中に数字が入ります。刻印が無いのは73年以前のレコードということになるんです。」
「ほほう!」
と車に積んでいたROSSINを見に行ってみた。。。。
刻印なんてどこにも。。。。。。ということは73年以前のレコードクランクなわけだなこれは。。。。
「で、続きがあるんですけど、79年頃にFメカのデザインが変わりました。」
「エクボってやつですね」
「そうです。それに伴ってクランクデザインが微妙に変わったんです。」
「ええ!初耳です」
「Fメカは何付けてるんですか?」
「アニバーサリーです。」
「アニバーサリーは82年モデルのスーパーレコードをベースにして作られましたから当然エクボです。クランクもその年代のものを使わないとダメです。まえださんの場合、クランクは73年以前のエクボ時代じゃないクランクで、しかもFメカはエクボタイプのアニバーサリーですから、当たらない方がおかしい。」

ひ~~~~!!!!!なんと明快な説明でしょう。頭の中の疑問が氷解していきます。

c0107075_9263581.jpg

(をを!刻印が入っていない。。。。)

c0107075_9263820.jpg

(てっちゃんさんからお借りしている、トリプル用GS。○2なので82年モデル)



でもまてよ。。。。アニバーサリーのクランク使ってても結構近かったけど、これはどういうことなのか?

「シャフトも同年代の使ってます?」
「いや、シャフトだけはヤフオクでイタリアンセット買いましたんです。」
「ん~~~、それが原因の可能性が高いと思います。いろんなサイズありますから。。。。」
「え~~~~!!!!知りませんでした。。。。」
「スギノやいろんなメーカーのシャフト片っ端から合わせるしかないでしょうね。テーパーは全部2°なので、合いますけど、テーパー部分の長さが違うので、使えないのもあるかもしれません。。。。


理由はわかった。。。。どうも僕の使っているシャフトは若干短いようだ。。。。となると、クランクが73年以前。シャフトも微妙に古いのかもしれない。。。。。じゃああとはFメカをエクボじゃないやつを付けてみたらいいわけだ。。。。。



んん〜〜〜〜〜
年代にこだわるというのは、単なる「拘り」とかじゃ無くて、こういう意味合いも含めるのだと気づいた、冬の昼下がりでした。。。。(タックン風)




おわり
[PR]
そんなにしゃっちょこばってるわけではないですが、我が関西クラシックレーサーズは、てっちゃんさんが冬頃から「8耐はソロで出る!」と鼻息荒く、応援団長の大黒屋さんは「今年は私も走る!」と鼻の穴満開!
しかし、チームキャプテンのUGの兄♭♭♭さん、股関節骨頭壊死からの人工関節置換術という大手術をクリアされはしましたが、エントリーの段階では全く走れる状態ではありませんでした。
んでもって、僕はというと、今年はどうも、レースイベントというものに出る気がしなくて、毎年出ていたヒルクライム大台ヶ原もSDA王滝も出れるだけの体調も足もあったのに、やる気がなくて出ませんでした。
一方ではテンションだだ上がり、もう一方ではテンション下降気味。。。。

どうなる、関西クラシックレーサーズ。。。

一応、マネージャーを拝命して、エントリーと言うことになったんですけど、京都北山チームは日程的に全滅。。。今年は1チーム体制でのエントリーです。

ofはやまさんと大黒屋さんと僕は、3日の夜12時に駐車場で宴会しようという話をしてたんですが、鈴鹿についたのは9時半頃。

なんぼ何でも早すぎる!
ipodの宇宙兄弟でも見ながら軽く寝るか。。。。

と、大黒屋さんから「今からクアハウスでまったりする~」というメールが、、、、

「ああっ!僕も行く!」



クアハウスですっかりまったりして、12時頃から大黒屋さんの車んなかでofはやまさんも交えて前夜祭。。。1時頃にお開きでした。。。。

土砂降りの雨の中、うつらうつらした頃、4時を知らせるアラームが鳴り響く。。。。。
何とか雨は止んでいる。。。。最近の天気予報はなかなか信用できるようになってきました。。。。
ピットオープンは5時!ピット取りに行かねば!そそくさと用意して、サーキットに向かいます。


超重い荷物を持って、ピットへ行くと、
「やっぱり前倒しで開いてんじゃん!」
「もう、スペース空いてないじゃん!」


なんとかかんとかスペースを見つけて陣取る。。。。
狭い~~~他んとこスペース取り過ぎちゃうんかいな。。。。。と思いつつも、あるだけましか。。。。取り敢えずは雨降ってもかからんし。。。。
c0107075_1223949.jpg




KMT48君と大黒屋さんは、6時頃からのライダーズミーティングに行っちゃう。。。そら初めてだもんね。。。2人ともまじめだからね。


c0107075_12233551.jpg

ををを。。。。
今回のUGの兄♭♭♭さんの戦闘機はエリエスペシャル!
ツール5勝したジャックアンクティルのレプリカです。。。。ピカピカ〜〜
今年のポリーでピカール賞取ったほどの車なのに、ウェット路面を惜しげもなく走ってしまわれるとわ!
ちなみにUGの兄♭♭♭さんは、本格復帰というかレース復帰というか、いや、10月にキャンピング仕様で峠登る方がきついでしょうに。。。と思ったりなんかもしますけど、さっさと試走に出て行きはりました。やる気満々ではないですか!
気がつけば、ofはやまさんも居ない。。。
え?え?ピットには僕ひとりぽっち。。。

僕も行く~~~~!!!

試走はそないにがんばらないので、ウィンドブレーカー着ていこうっと。。。。

1コーナーを下っていくと、KMT48君発見。
「こっからが結構しんどいんやで。ストレート結構登ってるんや」
と声かけて、僕はダンシングの足試し。。。。
リアを17Tにして下バー持って踏んでいきます。
お?をを?けっこういけるよこれ。。。。
ちょっとハアハアしながら、チェッカーラインを過ぎ19Tへ、ピット出口先で21Tへ。。。。
シケインの登りはそのままダンシングで。。。。。
いいかもこれ。。。。。

さあ、走る順番を決めんとあきません。
ああだこうだ言うても、どないなるかわかんない。。。。
12時頃に4時間耐久がゴールしますが、この時30分間のピット閉鎖があります。ホームストレートは結構ごちゃごちゃするし、ゴールした4耐ライダーはピットレーンを横切ってパドックに行きますので、ピットレーンが一時閉鎖されるのです。安全のためなので仕方ないですけど、タイミング悪ければ、4周くらい走らんとあかんので、なかなかドキドキもんです。
けど、今回のメンバーのラップタイムがどのくらいなのか全くわからないので計算もでけません。。。。

「じゃあ、僕一番危ないスタートライダー務めます。」
つぎ、KMT48君行くけ?
その次は、(目が合った)ofはやまさん。
その次は、(目が合った)UGの兄♭♭♭さん、
で、大黒屋さん、
最後に、子囃子さん。

うだうだしていると、スタート時間が迫っていました。
やばい!早く並ばないと渋滞するのだ!
しかし時すでに遅し!3分後にチェッカーラインからスタートする4時間の連中にも阻まれ、コースサイドの芝生通らないと前に行けない。。。芝生やからと油断していたら、雨でぐちょぐちょ。。。。一緒に走るソロ出場のてっちゃんさんとともにすでに泥だらけです。。。。あちゃあ、てっちゃんさんのリム、木だよ。。。。。ごめんなさい。。。。

いよいよスタートー!!!


がしか~し、スタートしても、こんな後ろじゃあ、そんな簡単に進みませんて。。。。
進んでも、あ~あ、シケインで渋滞してるし。。。。。

あっぶねえ~~~!よろけてくんなよ!

こちとら、手元シフトじゃないから瞬発性にかけるので、あまり右は走らんとこうと思ってたけど、そんなこと言うてられません!前に行かねば!いや、まあ別にここらへんの位置でもいいんだけど、ここら辺の奴らって、結構無茶苦茶しよるから怖いのなんの。。。。あ、こら、こっち寄るときはきちんと後ろ見ろよ!
うを!ヘアピンで楽車!なんで、こんな広いとこでそんなことになるのよ?
っと、デグナーでも3人ほど。。。。。絡まってるやん!広いねんからちょっと離れてコーナーリングしろよ!と思います。
まあでも、先頭集団についていこうと思ったらそうなるんだろうねえ。先頭集団は招待選手が、集団ばらけさせるために高速で引きよりますから。着いていくのに少々のリスクは侵したくなるのかもしれん。。。。冷静に考えれば、1周目でそんなだったら、すでに望みはないんだけど。。。。

無事に、ホームストレートに帰ってきて17Tから踏んでいく!!!
19Tにシフトしてダンシング。。。。。21T。。。。。作戦通り、踏み切れた。。。。。
結構いい感じだと思うんだけど。。。。。さあ、2週目、バックストレートでちょどいいペースのライダーを探す。。。。。居ない。。。。。ダメだね。。。これはじり貧だわ。。。。。一人でいくしかないなあ。。。ちょっと前乗りして、回す!
スプーン手前まで来たら、あ~あ、またぎょうさんごちゃごちゃと。。。。
右端空けといてくれよ。。。。。抜けないじゃんか。。。。。
ちらっと後ろ見て、後ろにライダー確認してもペースそのまま?
え~、避けてくれへんの?
それはブロックというのだよ、君!

しかし、今年は台数が多い!ピットレーンも大混雑ではないか!うちのピットはどこやねんな。。。。あ、いたいた。。。。
KMT48君に「コース上、無法地帯みたいになってるから、気をつけて!絶対怪我すんな!」と送り出します。
ぐへ~~~。。。。一応、一番怖いときはクリアしたよ~~~。
なんか、一昨年とかその前の年に比べて異様に危なくなってる気がする。。。。自転車人口が増えていくのはいいんだけど、ドラフティング中にブレーキかけたりとか、あまりにもマナー違反が多すぎる!ママチャリとかをすれすれで抜いていくとか、危ないでしょうに!
自転車人口増えても、質がねえ。。。。


c0107075_043819.jpg


(軽やかにダンシング〜〜〜)



さ、次はofはやまさん。。。いっけえ~~~~!!!!
c0107075_0384671.jpg

c0107075_03972.jpg





復活!UGの兄♭♭♭さん。。。。がんばれ~~~~!!!!
c0107075_0413773.jpg

c0107075_041464.jpg






そして、初出場、大黒屋さん。説得に要した期間3年。。。。やっとこさ、「まったりチームやったら走ったってもいい」と、言うやいなや、てっちゃんさんがロッシンを組み上げはりました。
仕事早いなあ。。。。。見習わなければ。。。。。。
c0107075_0384948.jpg

c0107075_0392841.jpg

c0107075_041157.jpg




そして、子囃子さん。今年も出場です。還暦越えてはるのにお元気です。
c0107075_0391974.jpg

c0107075_0422922.jpg

c0107075_038536.jpg




さあ、また僕の番が回って来ました。
だいぶん集団もばらけているので、鼻の穴満開です。

ピットロードだけは気をつけてクリアしていきます。行けるとこはしっかりスピードのせて。。。。。なんてしていると、メインストレートに合流する頃はしっかりハアハアしてしまいます。シケインをダンシングでクリアして、スピードのせたまま130Rに向かうのだ!
後ろから高速のライダーがやってきた。。。。。
多分ちょうどいいスピードだわい。うまいこと乗っかるけど、そこに強引に割り込んで来たりなんかするライダーが居るので、これを手で押さえて、「後ろに入って」と声をかける。うまいことローテーションが始まって。。。。
ああ、いいねえ。ちゃんと先頭が下がるローテーションはいいよ!
気分よくハイスピードで回す。ヘアピンの立ち上がりでいつも感じていたけど、僕はここが速いようだ。ちょうど先頭でヘアピンに入ったけど、立ち上がりを踏んでいくと後ろがちぎれてしまう。せっかくなので、ここは待ってあげて。。。。デグナーを高速でカットイン!

きっもちいい~~~~!!

しかし、ここで、えらいミスを犯してしまいました。。。。。
52x13が回りきってしまって、S字で遅れてしまいました。。。。。
最悪じゃん!ホームストレートで追いつこうとシフトレバーに手を伸ばすと、げげげ!もう一枚余ってた!
c0107075_0434196.jpg

(syokoraさん撮影)
13Tやと思ってたのは15Tだった!



くそ~~~~!!!!かなり必死にダンシングして、何とか食らいつく!しかし、その辺のライダーもバラバラとちぎれてきているので、スピード維持できないようで!ああ、ダメだああ。ちぎれちゃった。。。。。

失意のまま、シケインをクリアして、130Rからスプーンに向かいます。必死に踏んでいきますけど、追いつかない。。。。。スプーン手前の登りは僕一気に登り切れるので、ここで追いつけないかと思っていたら、やっぱり同じくらいの奴らなので、みんな普通に登り切ってる!
ダメだあ~追いつかねえ。。。。。ここで心折れる。。。。。。

スプーンの後は平坦ですので、こがないと進まない。。。。。ここでジリ貧なもんだからスピードのらない。ここでのスピードの差はかなり大きく響くのだ。。。。。

ああ、失意のままピットに向かう。。。。。かなり足使ったのに結果が出ないのはもどかしい。。。。
後でラップタイム確認すると、1週目と2週目のタイム差はこのセクションが一番大きい。。。。
反省。。。。



c0107075_0385113.jpg

(cancanさんとsyokoraさんが来てくれはりました)


c0107075_7233076.jpg

(syokoraさん撮影)




ピットロードは大混雑〜〜〜
c0107075_12242081.jpg




c0107075_0433380.jpg

(syokoraさん撮影)
c0107075_042103.jpg

c0107075_0385545.jpg

c0107075_0412964.jpg

c0107075_0385872.jpg

c0107075_0391089.jpg

c0107075_0411956.jpg

c0107075_0421912.jpg

(今年一番の作り込み。。。あの強風でも壊れなかった。。。。)




c0107075_039082.jpg

c0107075_0392596.jpg

てっちゃんさん、大分疲れてきている。。。。頑張れ〜〜〜!!



さあ、QCR意外の連中はどうなんだ?
をを、我がシルクロード!
c0107075_0392110.jpg

(姐さんが旦那を引くの図)


c0107075_747847.jpg

(T名君の足凄い!)


c0107075_7471744.jpg

(kuwaさんは上半身の安定性がまったく違う)


c0107075_7472522.jpg

(N瀬さんは。。。。ええと。。。。ノーコメントで。。。)


ごめりんこシャカリキちゃんだけ無いわ。。。。写真。。。。


あとは。。。。そうだ!IRBさんちのしょーたろー君が走ってました。招待選手は大変だよね~。
c0107075_7553320.jpg




出たあ~、「ピット閉鎖!」
c0107075_0391780.jpg





スタートして4時間経過すると、4時間耐久のレースは終了です。
始めにも書きましたけど、ゴールしたライダーたちはピットレーンを横切ってパドックに入りますから、ピットレーンを他の自転車が走っていると危ない危ない!
んでもって、20分間のピット閉鎖になるわけで、この間のライダーチェンジは出来なくなります。我がQCRでその重責に当たってしまわれたのがなんと大黒屋さん!
ここは、僕が代わらんとあかんのかと思いきや、なんと子囃子さんが大黒屋さんと順番チェンジ!
子囃子さん凄~い!
しっかり3周走ってくださいました。。。。
c0107075_0392345.jpg




この頃から、風がしゃれにならないほど吹いてました。しかもホームストレートは向かい風。。。。
DHポジションで突っ込んでも、ものすごい風を感じてしまう。シケインでは23Tを使ってしまったし、そこからの加速もままならない。。。。ダメだ。。。タイム出せない。。。。
でもまあ、周りも同じ感じのようで、ホームストレートでちょちょっと抜かれたりするけど、その先はどんどん抜いていって、ヘアピンからはフル加速という感じは変わらない気が。。。結局のところ相対的にはあまり変わらないのかもね。。。。みんなしんどいんや。。。。。

ああ、そうだ、このセクションの時、ダンロップ下のとこでシルクロードのみんなが凄い声援を送ってくれた。。。。みんなそんなとこに陣取ってたのか。。。。ピットだいぶん探したのに、居らんわけだ。。。。。






さあ、最後の走行。
いつもの事ながら、「ああ、これ走ったらもう終わりなんや」という安堵感と「え?まだちょっとしか走ってへん気がする」という後悔感とが錯綜するのだす。出し切れたんかなあ?ロッシンの実力はこんなもんなのかなあ。。。。。なんて思ってる間に子囃子さん帰ってきたよ。。。。。

ピットレーンを加速していきます。

合流したとたん、後方から「ピピーッ」と笛の音が!

先頭集団!
どんなスピードで走ってるのか是非感じてみたい!
をを!しょーたろーも居るじゃないか!
後方に張り付く。。。。

んん?シケインとか僕らとあんまり変わんないじゃん。。。。ついて行けちゃう。。。。
西ストレート。。。。うん、別について行けちゃう。。。ええんちゃうんええんちゃうん。。。。
こっから先はおいら得意だよ。。。。。スプーンの登りも一緒にクリア。。。。。
と思いきや、左から割り込まれた!

こら!

あっという間につく差。

スプーン先の平坦で、さらに差がつく!

どいてくれよ!「道空けて!」と声かけてやっと空けてもらう。
必死にダンシングするけど、集団のスピードはさすがだよ。グングン離される。。。。ヘアピンの立ち上がりもかなりがんばってみたけど、差は縮まらず。。。。デグナーをシュパーと曲がっていく集団に見とれてから、ちぎれましたとさ。。。。

ちぎれてももう1周あるので、一応僕もがんばりましたサー。
よれよれでホームストレートに入ってくると、
「こらーまえだ~いったらんかい~!」と凄い声援が。。。。目が覚めましたよ。。。
そうだ、1秒でも縮めやんと!
最後のもがきです。もがき初めて思ったのが、
「あれ?意外にいけるやん?」


シケインをクリアして、後はもう力の限り走ります。
ゴール10分前にはピット閉鎖されるので、それまでにKMT48君にバトンタッチしなければなりません。使い切った足でピットレーンを行きます。。。。
ああ、ピット端っこのほうで良かった~。。。。
って、思いっきりピット間違えた。



さあ、KMT48君、最後の激走です。そらもう、みんなピット前の壁に張り付いて見てますのでね。
疲れた足に鞭打って、10分そこそこでストレートの先に姿が見える!

c0107075_0424582.jpg

「いけ~~~~!!!もがけ~~~~~!!!!」






実況は8耐の終わりを告げていますが、KMT48君はなんとその10秒前にコントロールラインを通過していました。

もう1周です。


さあ、8時間もの間、孤独と戦い、己との戦いを繰り広げたてっちゃんさんが帰って来はりました。
c0107075_0411140.jpg

もう、声援に応える余裕すらないほどの疲弊ぶり。。。。そりゃ、8時間走り続けてんもんなあ。。。。。すげえ変態!いやいや、すげえ根性。僕は絶対やです!ソロならかろうじて4時間でしょう?



さあさあ、KMT48君はどうなった?
ゴールすんのは4時12分頃かなあ。。。。。と思いきや、帰ってきません。。。。

ほんまに全然帰ってきません。。。。

まさか、最後の最後に転けたんちゃうやろね。。。。。
14分過ぎても帰ってこない。。。。
いよいよ心配になってきた頃、やっと姿が見えました。
なんでも最終ラップは、みんなゆっくり流してるんだと。。。。
c0107075_0431691.jpg



嘘〜ん!
僕は、3年前初めて出たときの時、最終走者やったけど、最後の最後までもがきまくって、最後のストレートなんか「横の奴にだけは負けんなよ~!」とかって言われてんでえ。



まあいい。。。何しかみんな怪我なく終わった。。。それが一番だ!





c0107075_12275534.jpg

そして、ピット前で集合写真を撮る頃、何とも言えぬQCRの結束力の高まりを感じるのだ。。。。




応援に来ていただいたcancanさん、差し入れをたんと持ってきていただいたsyokoraさん、どうも有り難うございました。
会場にはお仕事の都合でサーキットにはお越しになれませんでしたが、打ち上げのセッティングをしていただいた総監督のakutaさん、同じく打ち上げに駆けつけてくださった鈴鹿のあび様、有り難うございました。
c0107075_1225164.jpg

もうみさきやさん抜きでは鈴鹿は終われません。(笑)




そして、こんな素敵な仲間と鈴鹿を走れたことに感謝です!

KMT48君、いきなり「鈴鹿走ろうぜ!」なんて言ってびっくりしたと思うけど、楽しかったやろ?
来年も走ろうな。

ofはやまさん、思い起こせばofはやまさんに「鈴鹿どうすんの?」と言われなければ、今回は無かった気がします。よくぞ喝入れていただきました。有り難うございます。

大黒屋さん、紅一点がんばりましたね。タイムも全然遜色なく、ぼかあ、パドックで他チームの上等の最新ロード押してる奴らが「1周15分としてやな。。。」という会話をそこら中で聞いてましたので、15分かかってない大黒屋さんは大したもんだと思います。来年も走りましょうね。ちなみに、ヘルメットはもうちょっと目深に被りましょう。うひひ(笑)

子囃子様、納涼ランの時と鈴鹿の時としかお会いしませんが、今後も一緒に走ってくださいね。
来年は、打ち上げも行きましょうね。

最後に、UGの兄♭♭♭さん、貴兄が激走する姿に皆がどんなに感激したことか。。。
納涼ランの時はまだ自転車乗れなくって、どうなるんやろうと思いました。でも、「UGの兄♭♭♭さんのことやから、絶対に鈴鹿までには復活しはる!エントリーリストに入れとこ」と勝手にエントリーしてしまいました。結果オーライで良かった!
完全復活、本当に本当におめでとうございます。
またツーリングも行きましょうね。



なんしか、
関西クラシックレーサーズ万歳!
[PR]