カテゴリ:VIGORE( 19 )

カテゴリーを何にするか、めっちゃ悩みましたが、Tカーにぱるるを持っていったので「VIGORE」にしておきます。
ちなみに、ぱるるにした理由は、フロントバックが理由です。ぱるる用のフロントバックだけが、今回の自転車に装着可能だったのです。


さて、本題に入りましょう。
今日は、アイズラリーの日でしたが、タンデム学会も併催にすると!!
僕的には、アイズラリーに参加したかったわけですが、契約ライダーとしての縛りがあり、タンデム学会に参加と、、、、、なんじゃそりゃ!!!!(笑)
UGの兄♭♭♭様より、至上命令というか、勝手に契約させられたというか、「また、エルス乗れ!拒否は禁止!」と。。。。。。
もう、前の晩から眠れません。。。。。。
何せ、跨がるエルスはそらもう、いわく付きの、,,,,バキッ!!☆/(x_x)
まあ、この辺にその辺のことが。。。。。。。
前回は、そんなことになるなんて想定すらしてなくて、自転車を持って行かなかったわけで、結局車で伴走という事になりました。
今回はちょっとそれは嫌なので、もしものためにぱるるを連れて行ってたわけです。

以上、前説終わり。




ちなみに、ペアライダーは、今回もofはやまさんです。

タンデム学会の開催地は淡路島。。。。。。遠い!!!!(笑)
朝から、渋滞を覚悟して早めに出ましたら、全く渋滞無く、1時間前に着いてしまいました。
PAでゆっくり寝たろうと思ったら、chara先輩・Cogさん・syokoraさん・ofはやまさんたちのレギュラーメンバーもめちゃ早で着いてはりました。(笑)
c0107075_22572830.jpg
天気は最高です!!最高すぎて困るくらいです。
何が困るって、日陰は寒くて、日向は暑い!どうしろと???我が儘???



c0107075_22573073.jpg
こんな感じでエルスが積まれてきたわけです。ハイエースのラゲッジにはタンデムが3台入ります!凄すぎる〜!
UGの兄♭♭♭さん曰く、「真珠湾攻撃の空母赤城じゃ!」と!!!!確かにそんな感じ。。。。。


c0107075_22573726.jpg
出走前のエルスタンデム。
前回はフリーがフリーになってしまって、走れなくなりましたが、今回はフリーにはならずに、半固定。。。。。
ええっと。。。。。ペダル止めたら、上チェーン弛みまくるんですけど。。。。。。
フリーがフリーじゃ無くなった代わりにラチェットが固すぎて、半固定。。。。。



c0107075_22573622.jpg
しか〜〜し!!!!さすがアイズバイシクル!!!
そんなことは想定内だったようで、親方のバックには、フリー抜きとスペアのフリーが仕込まれておりました。
ちゃちゃっと交換完了!!!!   最初から換えといてくださいよ〜〜〜〜って、僕の自転車ではない。。。。。。


c0107075_22573725.jpg
出走前の親方によるブリーフィング。
人多いでしょう?50人越えですって。。。。。その内20名がタンデムに乗ります。すなわち、タンデムは10台です。ストーカーが男なのは、うちともう一組だけ。。。。。他はみんな奥様やご令嬢、不倫関係の愛人も居たっけ?(爆)



さあ、スタートです。最初は僕がキャプテンです。
乗り方はもう大体去年にマスターしてましたので、去年ほど大騒ぎせずに走り出せます。
でもね、止まる時と、スタートの時はやっぱり怖いのですよ。
前に障害物があるとしますやん?ソロやったら、さっと後方確認して、さっと避けて、さっと戻る。
別に難しくないですが、これがタンデムならそうはいきません!!!
障害物確認までは、別に難なく出来ますが、さっと後方確認はまず無理(笑)。見えません。見たらよろけます。ここはストーカーの役目。さっと避けるのは出来ます。がしかし、さっと戻るのは、ちょっと難しい。。。。(笑)


けど、なんとかかんとか走れます。
大ちゃんがリーダーで先頭走ってくれますが、大ちゃんはソロ。ゆっくりペースで走ってくれるのはいいんですけど、すぐ追い付いてしまいます。
いやほんま。。。。。。
で、足止めるのはキャプテンの意思とストーカーの意思とそれぞれのタイミングが、なかなかシンクロしないのでまあまあドキッとします。そこで、足は止めずに回し続けておいて、ブレーキでスピード調整しようと思いました。

ギョワ〜〜〜〜!!!!!

リアブレーキがめっちゃ鳴きます。サドルにその振動がびんびん伝わるくらいに!!!!

なので、僕はフロントブレーキを使いました。
走り出して、数キロ走ったころでしょうか?
ブレーキに違和感を感じました。。。。。

えらい引ける気がする。。。。。。本気で引いたら多分ハンドルバーまで握れる自信ある。。。。。。
これ絶対やばいやつや!!!


「大ちゃん!広いところで止まってえ〜〜〜〜〜」


ちょうど、ロードパーキングがあったのでともってもらってみてもらいました。

なんとなんと!エルスのオリジナルステムに着いたアウター受けのインナー孔が長年の使用によって広がってしまっていて、その穴の直径はブレーキアウターの金属スプラインの径より微妙に大きくなっていました。
こうなってしまうと、スプラインとビニールコーティングはレバーを引くたんびにずれてしまって、要は、ブレーキ引くたんびにビニールコーティングを剥がしているようなもん。。。。。(爆)

何とかしてよ!!!(笑)

c0107075_22573770.jpg
ジャストで落ちなければ、いけそうな気もします。。。。。。と、大ちゃん、その辺で木の枝を拾ってきて、この隙間に押し込む!!!

いけそうに思うけど、堪忍してください。。。。。
親方がフロントバックからD環外して押し込んでくれました。が、すぐ抜ける。。。。。抜けないように木の枝で固定する?(笑)

すると、syokoraさんがあり得ないものを出してこられました。。。。。。

割入りのマファックリア用アウター受け。

c0107075_22573839.jpg
完璧!!!!(爆)


「割入り」じゃなかったら、チドリ外さないといけない。エルスオリジナルのチドリはそんな簡単にワイヤー抜いていい代物では無いし、本当に良かったです。
っていうか、なんでそんなもんを携帯しておられるですか!!!(笑)
ですが、結果として、このおかげをもちまして、以後、なんの問題も無くフロントブレーキが動作し続けました。
syokoraさん、どうも有り難うございました。「割入り」と言う、超貴重品をもっておられたそのバイタリティーに感動というか、畏怖の念を覚えました。



そんなこんなこともあって、出発して1時間程経ったころ、昼食場所にとうちゃこです。ここまで走行8キロ!(爆)

小学校の校舎をレストランに改装したところで、何軒かの店が入ってます。
結構混んでいて、かなり待たされそうな感じだったので、お店でパンを買って、校庭に一杯あるテーブルで食べました。
c0107075_23403013.jpg
パンはどれも大きくてとても美味しい。ホットコーヒーもなかなか美味しい。これだけで、税込み¥690は安いと思います。


c0107075_23402949.jpg
校庭はこんな感じでテラス席になってます。写っている人物はほぼすべて、身内やったりします。。。。。(笑)



c0107075_23403064.jpg
古物趣味者の集まりですから、食いつく食いつく!
大ちゃんに教えてもらってびっくりしたんですけど、このVWのバン、後は開かないって知ってましたか?
後は開くのは開くけど、荷物の積み卸しは出来ません。だってそこにはエンジンがあるから。。。。。。


c0107075_23433581.jpg
もう、ポカポカで、寝そうになりました。




ここで、記念撮影。カメラマンのなっちゃんは、3階から狙います!
c0107075_22573809.jpg
「はい、いきま〜〜〜す。。。。さんはい!」



そのかけ声、癒やされます。。。。。ずっとやってください。


ご飯の後は、ofはやまさんとキャプテン交代です。
僕は、ストーカーになりました。
c0107075_22573088.jpg
(UGの兄♭♭♭さん撮影)
chara先輩!ずるい!!!(笑)



少し走って、海岸で休憩です。


ここで、つっちーさんにシクロランドナーについて、蘊蓄を聞いていました。
今までずっと不思議に思ってたのですけど、キャプテン側のチェーンホイールからリアスプロケットまでの長いチェーンを有するタイプのタンデムのリアメカって、スライド式のものが多いのです。というか、普通のテンションスプリング内臓のディレーラーが付いているのをあまり見たことがありません。UGの兄♭♭♭さんのジャックテイラーくらいですか。。。。他にもあったかもしれませんが覚えていません。
通常のディレーラー単体でテンションを取るタイプのものはストーカー側のチェーンホイールからリアスプロケットまでですから、チェーンは短く通常の自転車と同じ長さです。
なぜか!!!!!
リアディレーラーは歯数の異なるギアを行き来させると同時にチェーンのテンションを取るという役目があります。通常のリアディレーラーではこのテンションが取りきれないのですな。
なるほどなるほど。言われてみたら確かにそうだ!
c0107075_22573726.jpg
同じ写真を出しますが、こんな長いチェーンのテンションをきちんと取るには、強烈なテンションスプリングを有するスライド式しか無理だと言うことです。

勉強なるわ〜〜〜〜!!!!


って見てたら、

c0107075_23542996.jpg
なんと、我々の乗るエルスの、リアドラム用のブレーキワイヤーの取り回しがおかしいことに気付いてしまいました。


大ちゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!!!!(笑)



大ちゃんは、すぐになんでも直してくれます。ありがとね。



休憩後は、ちょっと上って香の館に行きました。別にお土産買うとかじゃ無くて。。。。。。なんで上るん?(笑)
でも、こういう上りでの挙動とか、上り故のテクニックとか、実際走ってみないとわからないことがたくさんありまして。。。。。。

ええ。シフトダウン失敗したら、もう止まるしか無い。しかも止まる時はまあまあ怖い!(爆)


c0107075_22572926.jpg
天気最高!風景最高!!!しかし、人が多い!!!(笑)




さあ、次なる目的地は、伊弉諾神宮です。
交通安全のお参りしなきゃ!!!


c0107075_22572934.jpg



さあ、ここで、本日2つめの蘊蓄。
タンデムの後ろに乗る人をなんというか?
「ストーカー」


いいですか?
一般的に「ストーカー」は、つきまとう人のことで、犯罪者の匂いプンプンで、まあまあイメージ悪いです。確かにタンデムの後って「つきまとう」感じですが、全く違うんですって。
タンデムの後の人の「ストーカー」は、石炭くべる人と言うのが語源だそうで、英語で書くと「stoker」です。
犯罪のストーカーは、stalker。語源は密猟者が動物に忍び寄ることを意味する動詞だそうです。要は害をなそうと忍び寄る輩のこと。

日本語で書くと、同じですけど、違うんですってさ!!!!
koizumiさん、お教え下さって有り難うございました。


タンデムのストーカーの皆々様、これからは胸をはって、「私はストーカーです!!」って言えますね。(^_^)V



さあ、伊弉諾神宮からはまた僕がキャプテンです。
理由は。。。。。キャプテンサドルである新品のイデアル88がとても硬いのに、ofはやまさんのお尻が悲鳴を上げた。。。。。たぶん。。。。
僕はレーパン履いてますけど、ofはやまさん、はいてないらしい。。。。
よう今まで乗ってましたね。(爆)


c0107075_22572931.jpg
なんや、そこらじゅうに新しいお店が出来てます。ここもそう。ちょうど日没に近い時間で、テラスからは素敵な夕日が見れました。



渾身のスマホ写真!
c0107075_22572950.jpg

ふと見れば、イリベ号が。。。。。。
c0107075_22573069.jpg

フィレットの仕上げ凄い綺麗!さすがですわ。



あとは、スタート地点まで暴走しました。
男2人のタンデムは、めちゃくちゃに早いです。
ソロであの速度域はすぐにだれるはずです。実際、みんなだれてたし!
しかし、2人力ですからパワーは半分ですむわけで。。。。。

結果、ぶっちぎりの勝利!!!!


いや、暴走した本当の理由は、暗くなってきてたので、早くゴールに着きたかったんです。ほんまです!!!
決して、UGの兄♭♭♭さんに抜かれて「おそっ!!」って言われてスイッチ入ったとか、ソロのCogさんやchara先輩に勝ったろうとか、そんな気持ちはこれっぽっちもなく、だって、僕らが乗らせてもらっていたエルスにはライト着いてなかったんですもん!



作戦はまんまと成功で、親方の締めの挨拶するころにはとっぷりと暗くなってました。
向かいの絵島はライトアップされてます。
c0107075_22573070.jpg



c0107075_22573081.jpg
初完走のエルス(笑)


もう、僕はタンデム走行完全にマスターしました。たぶん。。。。。(^_^)V(^_^)V



しかし、改めて思うに、こんな貴重な乗り物、そうそうないですし、あってもなかなか実際に乗って楽しむなんて出来ないなあと。。。。
UGの兄♭♭♭様、快く貸していただいて本当に有り難うございました。
アイズの親方、走れるようにメンテしてもらって、尚且つクソ重たいシクロのフリー抜きとスペアのフリーコグまで持って走っていただいて有り難うございました。
大ちゃん、今回は3回も呼んでしまいましたが、ササッと直してくれて有り難うございました。

ペアを組んでいただいたofはやまさん、最後めっちゃ爽快でしたね。1日ひっついてもろうて有り難うございました。

そして、さすがにあれだけの人を誰が誰とか全く覚えられませんでしたが、1日遊んでいただきまして本当に有り難うございました。
4月14日、その辺、参加出来るか微妙なのですが、いけたら、また是非遊んでやって下さいませ。



おわり






[PR]

久しぶりに、アイズさんの朝サイに参加させていただきました。


しばらく何かにブッキングしてしまってて、参加出来なかったのですけど、今回は、ブッキング無しで参加出来ました。とはいえ、家に2時頃までに帰らないと行けない用事が出来てしまって、どうするよ!!!


一応、12時には朝サイが終わる予定なので、行っちゃえ!


ということで、参加決定!




朝、部活に行く娘を学校で降ろして、僕はそのまま北上。

いつも北山へ行くときに駐める駐車場に着きました。

ここ、安いんです。。。。。。400円/日

c0107075_07315017.jpg


ちょっと微妙に早いか?

寄り道しました。

嵐山電気鉄道御室駅。




お店に行きますと、誰も居ない。。。。。

でも、vivva2000さんのランドナーが止まってました。


雨予報なのに、12人ほどの参加だったようで。。。。。

ちなみに、今日はカメラ忘れてしまって、スマホで撮りました。。。。

c0107075_07315165.jpg






リーダーはコンクール帰りのチョコ君。

アイズの誇るスーパーパイロットです。

とりあえず、柊野に一旦集まると言うことで、順次スタート。チョコ君の先導に付いていきます。

ってか、ペースはやいんちゃうん?後ろ見えませんけど。。。。。


結局信号やなんやかやで、後とはぐれちゃったけど、まあ、そこはみんな大人なので。。。。。

と、チョコ君、どこまで東へ向かう気?行き過ぎちゃうん?

なになに?鴨川の河川敷を走るとな。。。。。なるほど。。。。。昨日の雨でドタドタでないことを祈ろう。。。。。。



まあそんなに自転車が汚れることもなく、柊野到着。

当たり前ですけど、後方部隊の方がさっさと付いていたようです。

c0107075_07315101.jpg



c0107075_07315179.jpg




休憩後、次の集合は出合橋になります。

チョコ君、AKF48さん、vivva2000さんの先頭グループにくっついていると、そら当たり前ですけど、後はちぎれていきますで。。。。。まあ、みんな大人なので。。。。。


大岩が近づいてきました。

ぼかあ、やる気満々でした。(笑)

チームKのみんな、というてもchara先輩とCog@BLKさんは暇があれば大岩でタイムアタックして遊んではります。僕はそうそう行けないので、次行けたら、絶対やったろうと思っていました。

先頭グループの誰に言うともなく、「ほらほら、タイムアタックのスタート地点やで!」と煽ると、チョコ君反応!vivva2000さん反応!

いいぞお~~~!!!!

時計を見ると、10:17:00


をを!フラットとはなかなか覚えやすい!10:27分までに着きたいぞ!


しかし、チョコ君のペースアップが凄まじい!しかもチョコ君の乗るマシンはコンクールマシン!親方が限界まで軽量化に励んだ挙げ句、10キロを楽勝で切ってしまうという。。。。。

そのスーパーマシンに、スーパーパイロットのチョコ君かよ!


鬼に金棒。。。。。


速すぎるねん!(笑)



もう、死にそうなりながら着いていきます。ガード付きなのに、道路が川みたいになってるところでは、ものすごい水しぶきが。。。。。


付き位置で走ったおかげで、何とかだれずに行けましたけど、勾配が急になるポイント2箇所でしっかり離されました。チョコ君はとっても優しいので、ペースダウンして待ってくれました。

ありがとね。


待ってくれたチョコ君に追い付いて、抜く!しかしペースは落とさない。。。。だってタイムアタック中だからね。ごめんね。



出合橋手前の軽い坂をダンシングで一気に登って、終了。最後はヨレヨレでした。。。。。

時計を見ると、10:26:26


よ~し!10分切れた!(単独じゃ絶対ダメだった。。。。。)


c0107075_07315133.jpg

出合橋で休憩中に、大変な事実が判明しました。

ぱるるはリア15~26って聞いてたんですけど、15~24だと!!!!!


え~~!!!!インナー38Tなんですけど。。。。みるきーよりハイギアードなの?(みるきーは36x24)


一気にめげる。。。。。

このあと、コース上には「北山のユイの壁」持越峠が控える!平均勾配は9.4%最大勾配は13%を越える!みるきーの36x24でギリギリだから。。。。インナーの歯が2増えるのは、いかがなものかと。。。。。



持越橋を渡って、いよいよ峠が始まる。


100m程で、すでに38x24。(爆)



あとはもう頑張るしかない。。。。。。


ええ。頑張りましたとも。

序盤であっという間にvivva2000さんが見えなくなって、追う気力もなく、とにもかくにもケイデンスを維持することに専念。。。。。ヘアピンの急勾配区間で前を行くAKF48さんに着く。この人もとてつもなく速いのよねえ。。。。。過去、2回ぶっちぎられてますから。。。。


でも、今日は何か足がよく動いた。


ケイデンスを維持しようとすると、当然僕のマシンの方がハイギアードなので、スピードが出ます。そのままパスさせてもらって、見えないvivva2000さんを追います。。。。。。

vivva2000さんもランドナーなので、僕よりローギア。スピードは僕より遅いはず。


中盤の緩勾配区間で一気に差が詰まる!背中が見えてきた。


をを!追い付くかも!


最後の最後にぐぐっと勾配が急になるんですけど、vivva2000さんここで失速。ふっふっふ。ローギアじゃ、休んじゃいますよね?こちとら、休んだ瞬間に立ちゴケしますので、残った足に気合い注入。。。。。抜かせてきただきました。。。。。頂上までの緩勾配区間で、まくられると思ってましたが、何とか逃げ切れました。



キャップはもう、水被ったみたいになってました。(笑)



タオルもそろそろ絞れるかもしれない。。。。。位に汗かいてました。


c0107075_07315218.jpg




持越を下って、裏京見を行きます。

ここは、そんなにガンガン行く気はなかったというか、もうしんどかったんですけど、チョコ君が速い!いやま、しんどかったら着いていかんでいいやん?という話もあるんですけど、そこはそこ。

何だかんだで超ハイペース!



「シフトダウンは敗北を意味する!」



みたいな感じ。。。。。。(笑)



しかし、耐えきれずにフロントをインナーにした瞬間にスッと離れられて、というか、こっちが失速して、ジエンド。。。。。。付き位置から離れると、あとはなし崩し的に、ペースダウンしてしまうんですが、優しいチョコ君は、また待ってくれました。ありがとね。

今度はタイムアタックとかしてないので、もうその落としたペースのまま、お喋りしながら頂上到着でした。


もうしんどすぎて、写真撮るのも忘れてました。。。。。。



さあ、ここで、時計を見るともう11時半じゃない!

後続が上がってこない。何かあったのかなあ?まあ親方着いてるし絶対大丈夫だし、ちょっと早く帰りたい僕は先に下りることにしました。


皆々様、有り難うございました。


先に下る僕をお許しください。



あ、言うときますけど、今日はお腹が痛いとかじゃないですから。(笑)




c0107075_07315235.jpg





おわり






[PR]

10/10は体育の日で祭日です。

chara先輩は、基本、祭日だけしか走れはりませんので、今日は貴重な日やったのです。

だいぶん前から、「どっか行こうぜ~」という話になっていて、「ロード?それともツーリング?」

「距離どんなくらいにする?100くらい?」とかなんとか。。。。。

結局、スポルティフで、ツーリングすることになりました。

c0107075_22314454.jpg




朝、部活に行く上の子供を駅まで送っていって、そのまま日吉へ向かいました。

うろこ雲が凄かったので、写真撮ってみたけど、電線邪魔〜〜〜!!!!




c0107075_22314497.jpg

日吉ダムに車を置いて、走り出します。本当は、みるきーの出番なのでしょうけど、まだみるきーは帰ってきてませんで、ぱるるで。。。。






c0107075_22314486.jpg

ダム湖畔を気持ちよーく抜けて、魚ヶ淵経由で京北に出ました。



今日のコースは、僕の鉄板コース!

日吉~京北~佐々里峠~美山~神楽坂~日吉です。


京北からほぼ平坦の上り基調ですが、!

ここがまずまあまあきつかった。。。。。


何がって、風!


めっちゃ向かい風!



基本、並んでしゃべりながら走りますけど、後ろから車来たら、僕はchara先輩の後に行きますので、必然的にchara先輩が前を走ることが多かったわけで、、、、、すんません。。。。


最近、ツーリング系の自転車のペダルをビンディングに戻したんですが、これがあかんかったのか、どうも右足が変です。今日も、右足の内股に違和感が出て来ました。非常にまずい兆候です。で、いっぺん右足だけビンディングを外して走ってみました。

すると、そのまずい兆候がしばらくすると無くなってきたわけで、これはもう、クリートの位置不良決定です。

あかん所を集中して探ってみます。

と、微妙に内股になっているかもしれないことに気付く!ほんとに微妙に。。。。。

c0107075_22314496.jpg
(ガード、めっちゃ光ってます!)




c0107075_22314495.jpg
(今日はこのアングルばっかりかも。。。。。)


黒田でちょい休憩して、あとは佐々里の麓までノンストップでした。

向かい風なのに、結構ハイペース!(笑)

chara先輩曰く、「太腿来てるわ~~~」

c0107075_22314441.jpg

ここで、トイレ行って、右足のクリートを内向けました。MTB系のクリートの角度調整はほとんど出来ません。これを強引に可能な限り内に向けて。。。。。

よし、これで走ってみよう。

直ってるのかどうか自覚出来ない。そもそも、その辺を気にしなくていいタイム系を使っているのだから。。。。





c0107075_22314458.jpg

佐々里の上り坂が続きます。序盤の急勾配区間はほぼ立ち漕ぎです。。。。

chara先輩遅れる。

c0107075_22314548.jpg




佐々里で一番眺めのいいところ。(笑)

chara先輩はノンストップで上って行きはりました。

c0107075_22315681.jpg





ヘアピン越えると、勾配はグッと緩くなります。

はあはあ、インナーローがちょうどいい。。。。。(笑)


ぱるる号はタンゲプレステージパイプの軽量スポルティフなので、登りが楽かもしれない。(^_^)V

んでもって、クリートの調整はばっちりかもしれない。右足、全然大丈夫だ!

c0107075_22315676.jpg

すんません。今日はぱるるでフロント38Tなので、スピード落とせないんです。。。。



まあまあ平和に佐々里峠到着。


c0107075_22315795.jpg

chara先輩のマシンは、TOEI。何から何までフル内蔵です!

不思議なのは、エンド。なんとロードエンドです。後輪外すの大変そうな気もしますけど。



c0107075_22315694.jpg
(下りは寒そうなので、ウインドブレーカーを。。。。)





さあ、佐々里の下りを満喫しますが、それも佐々里集落まで。そこからは、超暴風の向かい風の中下り基調とはいえまあまあ平坦区間。

笑ってしまうほどの向かい風の中、走っていきます。

chara先輩は太腿来てはると思って、必死で引きます。

そのうちハアハアしてることに気付いて、ペースも落ちてくる。。。。

すると、chara先輩先頭交代!

ええ?大丈夫なんですか?って、ペースアップしてるし!(笑)

結局、時々先頭交代しながら美山まで激走しました。少なくとも佐々里の登りよりはしんどかった!

c0107075_22315784.jpg



美山でお昼にしました。

c0107075_22314494.jpg

(ええと。。。。半分食べちゃった。。。。。。。)





昼ご飯を食べたら、R162に出て、神楽坂に向かいます。

PM2時を過ぎると、影も長くなってくる季節です。。。。なんか寂しい。。。。。

c0107075_22315720.jpg




トンネルをくぐれば、日吉までは下り基調。。。。


もうゆっくり走りましょう。


風もきついし。。。。

ええ。向かい風ですとも!

左から風が吹いていて(かなり強烈に!)、その先、道が左カーブになっている時の絶望感!



chara先輩もおとなしく後ろを走ってくれてはります。



が、チームKの猟犬さんは、このペースが気にいらんかったようで。。。。


突然暴走を始めはりました。


あの~~。。。太腿大丈夫ですか?


というような心配はどっかに吹き飛んで。。。。


あの、僕の自転車、アウタートップが48x15なので、あんまりスピードが出ませんねけど。。。。。

なんて言っても、絶対聞いてくれはりませんので、もう着いていくしかありません。。。。。

脳裏に、あの時のことが浮かぶほどにハムスターします!(爆)

と、やっとペースダウン。。。。。

たた助かった!

しかし、なんです?こんな所で鬼軍曹が出没するとわ!。。。。

完全に想定外!

c0107075_22315748.jpg






しばらく僕が前走りますけど、まあ、ケイデンス90くらいで。

すると、鬼軍曹が横に並んできて、


「さっきだいぶん回した?」

「回しましたよ!回しまくりましたよ!ハムスターか!ってくらいに!」

「じゃあ、もっともっと回してもらおうか!」


と、再度暴走開始!





ひ~~~~!!!!!

ひょっとして、千切ろうとしているのか!




うそ~~ん!!!!ほんまにこれ以上回せませんし!こんなケイデンスいつまでもつづけられましぇ~~~ん!!!!



120くらい回しながら、何とかこの状況を打開する方法を考える。

で、いいこと思いついた!

下り基調なので、もうギリギリまでひっついて、休む!離れそうなったら、一瞬だけ回しまくる!


この作戦は非常に有効だった!何とか、鬼軍曹様が疲れはるまで、へばりつけました。ハアハア。。。。



トンネルを抜けると、車まではすぐ。

最後の最後に100mくらい登り坂があるのですけど、chara先輩ここでダッシュ!



もう!意味わかんないし!(爆)



おなか一杯。



遊んでもろうて、おおきにでした。

c0107075_22523176.jpg





おわり






[PR]

朝から、ブラブラと走りに行こうと思いました。


この間、ぱるる号はフロントのスローパンクに見舞われたことを思い出し、フロントタイヤを触ると案の定ぺっちゃんこ。。。。。

ああ、今日はまゆゆにしよう!

と、まゆゆのリアがぺっちゃんこ?


ええ?こないだ天橋立行った時は何ともなかったのに。。。。。


後輪外すのは面倒くさいので、ぱるるのチューブ交換して走り出しました。


どこへ行くあてもなく、木津川の左岸を遡上します。。。このまま走っていくと加茂駅周辺やけど。。。

加茂のその先のエリアって行ったことがない。。。。

ちょっと踏み込んでみようっと。。。。。。


c0107075_17231101.jpg
(稲穂が凄い!)
c0107075_17231211.jpg
(きっつい坂登ったら、関西本線を跨ぎました。ラッキーなことに、汽車来た!)





道は茶畑に入っていき、行き止まりかと思いきや。。。。。

茶畑のその先に隠れ里がありました。。。。(写真無い。。。)






おばちゃんが出て来はって、

「こんにちは。この先って、どうなってますか?」

「行き止まりよ。昔は行けたみたいやけどねえ。」

「そこの角に笠置方面の道しるべがあったんですけど、あれ行けるんですか?」

「行けるよ。私は行ったことないけど。これで行くの?」

「はあ。。。。頑張ってみようっかなあ。。。。」

「あかんかったら引き返しておいで。お茶ごちそうしたげるから。」


うほ~。。。。超愛想いいおばちゃんだこと。。。。。

c0107075_17231250.jpg




道標に従って、笠置方面にハンドルを向ける。

茶畑に向かって登る登る。。。。。


まじかあ~~~!!!!

茶畑って、坂きつい!

え〜〜〜!!!そっちかい〜???

c0107075_17231293.jpg

c0107075_17231203.jpg





死にそうなった頃やっと勾配が平坦に。。。。。

c0107075_17291663.jpg




を道標があった!

c0107075_17231286.jpg

ええ?そっち???


まじかー?






まあ、嫌やったら引き返せや!といった感じです。




押して行きました。(笑)



100mほどで、道は平坦になりましたけど、

c0107075_17231271.jpg



ダートやん!




林間を出ると、またまた茶畑。


と、遊歩道はトリッキーな方へ。。。。。

c0107075_17254464.jpg






まじかー?


c0107075_17254479.jpg

道はすでにシングルトラック化し、芝枝が落ちていないので適当に乗っていけますけど、こら、完全にMTBの世界だぞ!



2キロくらいこんな道が続き、時々押したりしながら下っていきました。



c0107075_17254489.jpg

(ふう。。。。下界が見えるとめっちゃ安心します。。。。。(爆)






しかし、ここからが凄い急勾配だった。。。。。。(笑)





c0107075_17231173.jpg

舗装路に出て、一息です。。。。。



けど、ここドコやねん?(笑)



取り敢えず、川沿いなので、登ってみます。。。。。。





と、見覚えのある場所にやってきました。




下狭川。。。。




阪原から柳生行って、布目川沿いの道で関西本線に沿って笠置に戻ります。

かなり久しぶりのコースです。

c0107075_17254472.jpg
c0107075_17254415.jpg
c0107075_17231155.jpg





R163を爆走でクリアして、帰ってきたのは、1時。。。。よう遊んだかも。。。。。




おわり





[PR]

朝晩涼しくなって来ました。。。。。

もう秋やん~~。。。。

意味なくもの悲しくなる季節ですけど、そこはそこ。(意味不明)

秋雨前線もちょっと弱まったのか、時折晴れ間も見えるので、カメラを持って飛び出しました。



FBでは葛城山の麓とか、彼岸花がめっちゃ綺麗です。。。。が、そんなところまで行くのも何なので、僕は近所で。。。。。


c0107075_22352773.jpg

みるきーは、ちょっと訳ありで外泊してますので、今回は、ぱるるで。。。。

ぱるるのクランクは170mmでした。クラシック系は175mm使ってますので、ここを何とかしたいと思っていました。がしかし、170mmでもガードを蹴るのに、なかなかここを伸ばす勇気がねえ。。。。しかし、ここは一発奮起して、ずっと持っていたシュパーブの172.5mmを付けてみました。ついでに、インナーを38Tに。。。。。





石仏の道を38x26でなんとかかんとか登り切り、そのまま奈良公園に下ろうと思っていたけど、時間もあるし、ちょっと長めに走ったろうっと。。。。。

c0107075_22352799.jpg
c0107075_22352738.jpg
c0107075_22352758.jpg
c0107075_22352753.jpg


苔むした道を下っていって、気がつけば、白砂川を遡る。。。。。。

要は、納涼ランの道です。。。。。


c0107075_22352864.jpg
c0107075_22352849.jpg
c0107075_22352878.jpg








田原から機嫌良く鉢伏峠下ってましたら、ヘアピンカーブの路面がウェット状態。。。。しっかり減速して、これでは転けんやろう!というくらいのスピードまで落として倒した瞬間、フロントからズルっ!!

何とか立て直しましたけど、かなりやばかったと思います。何も考えずにいってたら間違いなく転けてたと思います。オイルでもこぼれてたのかなあ?と、下っていきました。

下りきる直前にあったグレーチングでエア抜けてるのに、気付きました。。。。。。スローパンクでしたわ。。。



エア入れ直してからは、全然空気抜けなかったので、バルブの緩みかなあ?

何しかかなり危なかったです。。。。。



スローパンクチャーは、本当にやばい!

条件さえ揃えば、余裕で転けれますで!



という話でした。




おわり





[PR]
去年の3月くらいにうちに来たぱるる@ビゴーレ。

リアのガードは分割式になっているので、輪行仕様かと思いきや、ヘッド小物はダブルナット。。。。。じゃあ、フロントガードも外すか?と思ったら、ヘッドライトコードはガードにべったりとくっついているという、何とも困った仕様でした。
そこで、RB661Cを組んだろうとゲットしてみたら、なんとぱるるのヘッドは1インチは1インチでもイタリアン!

え〜〜〜〜!!!!!!!

1インチのイタリアンでマイクロアジャスター式なんか聞いたことないし!

と、某BLKさんが「うちにsanteのイタリアンあるよぉ〜」と。。。。
素晴らしい!
早速組み付けてみると、あれ?なんか違う。。。。。。
サイズを測ってみると、JISじゃんん?もしもし?BLKさん?

しかし、神は見捨てなかった!
VeloOrangeから出ていた!
何とかゲットして、きょう店で交換してきました。。。。。


c0107075_2261319.jpg

まずは、フォーク抜く!


がしか〜し!

まあ、ここでサイズの規格をば調べてみましょうか。。。。。

1インチ(コラム径、1インチは25.4mm)とされる。厳密にはロードレーサーならば22.2mm、マウンテンバイクなら25.4mmに対応。現在ではあまり見られなくなった規格で、その中にJIS規格(上ワン直径30mm/下玉押し直径27mm)とUNI(イタリア語版)規格(30.2mm/26.4mm)があり、かなり複雑と言える。

by Wiki


クラウン玉押をセットすると。。。。セットすると。。。。。

ゴソゴソやん?

どういうこと?これ、JIS?
いやいや、ちゃんと計ったもん。。。。。ワンだけ。。。。。

え〜〜〜!!!!クラウン玉押しはJIS入ってるの?これ。。。。。


途方に暮れていると、TND48君が言いました。
「上だけ変えたらええやん?」

をを!名案!


ということで、上ワンと上玉押し〜ロックナットまでを交換しまして、何とかフォーク抜き出来るようになりました。
c0107075_2215573.jpg




しかしもう一つ問題はあって、ステムは台臼なのよねえ。。。。。。

恐るべし! ぱるる!


おわり
[PR]
先週かの木曜日にISZ48君と行ったコースをちょこっとモデファイして、MST48君と走ってみた。。。。

この間、ISZ48君と走ったときは、最後の平地区間で強烈な向かい風にやられてしまった。。。
これ、女の子だったら、かなり嫌だろうと思ったわけだけど、なかなかほとんど登らないくせに気持ちよく走れるルートだったので、諦められない。。。。
そこで、僕は考えた。。。。

「スタート&ゴールを小浜にしたらええねやん。。。。」




7時にMST48君を迎えに行く。。。。
c0107075_11541710.jpg

(ええ天気や〜〜〜ええ仕事してくれるよ、晴れ女のMST48君)



待ってる間に何気なしにナビいじっていると、小浜までの最速ルートは、湖西道路経由であることが判明。。。。
なるほどなあ。。。。R162は結構西へ行ってから、また東進していくもんなあ。。。ちょっともったいないかも。。。R367鯖街道ルートは、R162ルートもそうだけど、郊外に出るまで時間がかかる。。。
琵琶湖方面も最近車走らせてないし、そっちで行くか!
やはり信号で止まらない道が一番早い。
高島まであっという間について、そこからしばらくちょっと遅い車に前を走られて、微妙にロスした感じかなあ。。。それでもエライ早く着いたぞ。。。。


いそいそと用意して走り出そう。
まずは名田庄に向かって、ほぼ平地な上り坂がずずずっと続きます。
都合、石山坂トンネルまでの30kmほどは上り坂になるのだな。。。。。でも、これだけ走っても、標高差は270m程にしかならない。但し、風が吹いたりなんかしたら、まあまあやる気無くすし、30kmも上り基調が続くとそれはそれなりにきつい!
これを元気なうちにとっとと登ってしまおうというわけだ。。。。

小浜からはR162を行くわけだけど、車多いし!
MST48君、かなりびびる!
並行して走る道が時々あるので、そういう道がある限りはそっちを走るようにするけど、R162は休日は走りにくいなあ。。。
c0107075_11542315.jpg


何しか、併走したり付き位置で走ると、しゃべったりしながら走るので、ペース落ちちゃう。。。
MST48君はまだ、ベタベタの付き位置で走るのは危なそうなので、しんどいけど、20〜50m位の間隔を開けて先行するように。。。。ほったらかしたわけではないのだぞ。>MST48君
これには後々効いてくる理由があるのだ。。。。。

c0107075_11541995.jpg

(ぱるる、この角度がセクシーだね!)

c0107075_11555068.jpg

(空の青が。。。昔水彩画描かされるとき、この青を出したくて、絵の具使い切ったことがある。)

実は、このあたりから、旧西の鯖街道のようだ。このまま下れば小浜なのに、なぜに高浜街道はここからさらに上っていくのだ?
小休止2回の2時間弱で、石山坂峠の分岐。。。。(別に停まったりはしない)

R162を離れるところからこの峠道が始まるわけで、ん?そうか!MST48君、峠越え初めてちゃうん?ちゃんと登れるのかあ?



c0107075_11542526.jpg

ぐんと車の減った道をへえこら上っていきます。
スタートからここまで2時間。平地とは言え、道は上り貴重なわけで、MST48君だいぶん疲れてきているようだ。僕らは時々ダンシングしながら筋肉ほぐすのだけど、MST48君、このダンシングがまだ出来ない。。。ちょっとやってみ!というと、ケイデンスはそのままに立ち漕ぎするもんやからとっちらかるし、筋肉も一瞬で使い切っちゃう。
「もっとギアを重くして、ペダルの上に立つ感じで体重をかける練習してみ。」
「をを!なるほど。。。。」
と、もうちょっと腰を伸ばそうや。。。。。
「腕は自転車を振る感じで。リズムを取るのに、左右の手でハンドルを軽く押す感じで。。。。」
「ええ?無理。。。。」
まあ、好きに乗ってくれたまえ。。。。

6kmほど登るので、勾配もR162よりはちょっとだけきつくなるので、途中休憩はしようと思ってたけど、「いや、休まない。」
らしい。。。
「言うねえ!」

ところで、MST48君のサドルは色重視で、茶色のバックスキンのプラベースのやつをつけてあります。価格は¥1980。
このサドルがどうも合わないらしい。。。。初めて走りにいったときから「お尻痛い」というのは聞いていたけど、「慣れもあるからなあ」と交換せずに何度か走りに行きました。女性用のサドルってそんなに多くないし、なかなか市場にないし、困ったなあ。。。。と思っていたら、TND48君が通勤で使ってる引き取りMTBルック車にアボセットアナトミックレディースが付いてんじゃん!
「俺が持ってる、もうちょっと上等のサドルと物々交換してや!」
「ええよ。。。。」
うちの嫁はんも大昔MTB乗り始めてすぐに「お尻が痛い!」といいよって、トモダサイクルでアナトミックレディースを買ったことがありました。ラッキーなことにどんぴしゃで、それ以来「お尻痛い」とはいわなくなったわけで、これはちょっと試す価値ありだ。いや、まあ、女房とMST48君のお尻の形がぴったり一致するとは限らないけどね。。。

というわけで、今回走り出す前にぶんどってきたアボセットアナトミックレディースに交換しとりました。サドルの高さも微調整したけど、こいつが微妙に下がってきたようだ。。。。

「停まって!サドルいじるわ。。。。」
と、調整。。。。
「お尻痛ない?」
と聞くと、
「お尻は痛くないけど、何か擦れていたい。。。。。」

。。。それはひょっとして。。。。。

「股ズレ?」
「え〜〜〜!いやや!」

知らんがな。。。。(股ズレではない。。。と思う。。。)


さあ、ボチボチ、最後の最後に所々、勾配が微妙にきつくなってくる場所がある。。。。言うても距離にして100mとかなんでちょっとダンシングしたら行けるんだけど、MST48君、すでに足一杯一杯なようで、露骨に失速。。。。。
「足があ〜〜〜止まる〜〜〜!!!!」

もう、しゃあないなあ。。。。押したるわ。
おっと、しかし、今日のおいらの自転車はぱるる!楽勝で押してやれるほどギアが軽くないぞよ。
ちょっとインナーに落とすから、その間数秒こらえろ!(爆)




さあ、いよいよトンネルが見えてきたぞ。。。。。

○○峠、初制覇だな!
c0107075_11542723.jpg



通常は、峠の名前の入った、何か、ええと、この場合だと、トンネルの銘板とか。。。。そんなんがなければ、自転車と一緒にガッツポーズとかして、記念撮影するんだけど、、、、
ええと。。。。もしもし。。。。。



c0107075_7292364.jpg
苔採取中。。。。。



c0107075_11543117.jpg

(僕は、ぱるるの写真撮る。。。こないだは興奮状態でノンストップだったので。。。)





下っちゃうか。。。。
c0107075_11543544.jpg

c0107075_1154379.jpg





ISZ48君と来たときはさらに福谷坂も越えたけど、まあ、もういいでしょう。。。
とっとと、海を目指しましょう。
c0107075_11543987.jpg

(イエーッ!)


道の駅の海鮮丼は限定なので、あまり遅いと売り切れちゃうのだ。。。。
何とか、売り切れ前に滑り込みでセーフ!

こないだは、途中のカフェでお茶しようって言ってたので、スルーしたジェラート。。。。
c0107075_12122311.jpg






さあ、後半戦は、海沿いに走るのだ。。。。。



MST48君、浜に下りたいらしい。。。。
「下りたくないっすか?」
「いや、別に。。。」
「つべこべ言わず、行ってみましょ!」
「はっ! お伴させていただきます。。。。」
と、浜辺ゴミだらけやん!

波打ち際まで行くと、おもむろに靴下を脱ぎ出す。。。。

え?浸かるの?こういう場合、かなりの確率で、濡れるパターンとちゃう?

「そこまでいきません!」

まあ、僕は傍観。。。
でも、何か気持ちよさげなので、膝上までニッカー上げて、ジャブジャブしてみた。。。。

うほほ〜、気持ちいい。
この季節としては異様に暑い日だったので、この水温やったら、泳いだってもええわ!って感じ。。。波打ち際の砂の中に居る蟹とか探してうろうろ。。。。
最終発見したのは、岩ガキだ〜〜〜〜!
c0107075_12205427.jpg

(6個くらいの岩ガキが寄せ集まってる。。。。。しっかり生きてる。。。。。)


波打ち際のキラキラがキレイだ。。。。。
c0107075_11542112.jpg




こっちはMST48君の作品。。。。
c0107075_12232136.jpg

負けたかも。。。。。。。




さあ、もう走ろうぜ。。。。
海沿い海沿いを走って、小浜まで。。。。

こないだはロードのISZ48君が一緒だったので、一気に走り抜けちゃったけど、今回はそんなことはしない。。。景色ええし!

c0107075_11544135.jpg

c0107075_11544471.jpg

海も青いし!



最終的に小浜に下ってきて、ツーリング終了。
しかし、この最後の最後に、やばい出来事が。。。。
僕は前走ってて、車を駐めたところへ向かっておりました。100m程先の信号を左折したら、車だったんだけど、その一本手前の道からショートカット出来るかどうかが気になって、一瞬そっちを見たわけです。別に出来たからと行ってそっち行く気も無かったんですがね。。。。で、この一瞬のうちに何が起こったかというと、26Cには微妙に高さギャップのある舗装の継ぎ目にハンドルを取られてしまいました。少し右に切ったハンドルがギャップを越えられずにタイヤの右サイドでこすれて滑る。。。。
これは転けるな。。。。。と思った瞬間、ギャップを乗り越えた!てきめんに右に取られるハンドル。。。。センターライン近くまで一気によろける。。。。
まあ、無事転けずに戻れたけど、後続の車が居たら、轢かれてたろうなあ。。。。
気おつけようっと!

自転車を屋根に積んで、荷物を整理したら、お土産物色に行く!
「蘇洞門巡り、改札始めま〜す!」とかアナウンスが聞こえる。。。。
気にせず、お土産物色。。。。

で、一通り、物色後、
「船、乗りたいなあ。。。。」
時間をチェックすると、、、、、、さっきのん、最終じゃん!
ついてないなあ。。。。。蒜山行った時もタッチの差で店閉まった。。。。



c0107075_11544638.jpg


夕日を見ながら、車を走らせ、ちょっと西の方にある温泉を目指す。確か前に来たときに看板出てたんだ。。。。
細い道を入っていく。。。看板無し。。。。
「絶対ないと思います。。。。」
「いやいや、前に来たときに、直進ってかいてあった気がする」
「このシチュエーションで温泉とかってないでしょ?」
と、右手の電柱についてる看板発見!
「ほら!あった!」
ひどく奥まったところにある、なかなかキレイな温泉施設。。。。しかも空いている。。。値段もそんなに高くない!
ちょっとええのんとちゃう?露天風呂からは、沈みゆく夕日も見える。。。。。ああ、女風呂からはもっと綺麗に見えてるんだろうなあ。。。。


さあ、今回のデータは。。。。走行距離61.1km、獲得標高500m。
がんばったじゃん。。。。
ちょっと前のデータ見てみよう。。。
初めてのサイクリングは。。。。
走行距離34.6km、獲得標高656m
その次のは。。。。走行距離53.4km、獲得標高373m
蒜山は、ルートラボしてないので、わかんないけど、1周は30キロ弱。獲得標高は100m程度だろう。。。。

ええ?自転車初体験が一番ハードやったのか!\(◎o◎)/!

でもなあ。。。。ん〜〜〜、楽をしすぎちゃうんけ。。。。
今度は、もうちょっと距離伸ばして、勾配も急な峠道を。。。。。バキッ!!☆/(x_x)
いやいや、バキッ!!☆/(x_x)やなくて、ほらその、達成感を感じるというのもええかもしれんやろ?

じゃあ、次は佐々里〜八丁林道ね。。。。。。。korosareruwa…….


おわり
[PR]
この間、降雨により、苦渋の撤退をしてしまった高浜街道ツーリングですが、リベンジしてきました。但し、予定コースとは微妙に違いますが。。。。。

このコース、高浜街道最後の福谷坂峠の旧道はかなり荒れていて、そのまま廃道化するだろうという事前情報を得ておりましたので、ケルビムで行こうと思ってました。クリップを変えたり、ブレーキのシューを変えたりしていたので、前の晩に軽く試走に出かけ、FBに写真投稿したところ、ISZ48君が「僕も連れていけ!」とレスしてきよりました。ISZ48君は高校の時に自転車競技していた24才のバリバリローディーです。「おら、写真撮りつつブラブラ走るけど、それでもええのんか?」というと、「かめへんから、つべこべ言わずに連れていけ!」と。。。。。
ああ、福谷坂旧道はロードじゃ無理だな。。。。トンネルくぐるか。。。。。じゃあ、こっちもぱるるで出陣や。。。。。

別にロードでもいいのだが、んなもん、この秋晴れの中、若狭湾見ながら暴走モードで走りたくない!ゆっくりでもええねんやから、ぱるるで行く!

名田庄道の駅に9時集合のはずが、僕もISZ48君も田舎道でクソ遅いダンプだの軽だのに前を阻まれ、大幅に時間ロス。結局、2人とも15分ほど遅刻しました。こういう、定速で走れる信号のない道で前阻まれると露骨に時間かかります。
c0107075_20111738.jpg

やっと着いたぜ!




9時半過ぎゆったりスタート。

ISZ48君のバイクはLOOK695。
なんぼホイールは超練習用のカムシンやといっても戦闘力ありすぎ。こら、もう、今日はアウタートップ縛りで走ってくれたマイ。勾配きついとこないから。

さあ、ちょっと下ったら石山坂峠を登ります。平均勾配2.4%だけど、距離は7キロくらいあるので、ゆっくり登れば汗もかかないのでしょうが、LOOK695が付き位置で走ってますので、ああ、しんどい。。。。まあ、それでも頂上で休みたいとかは全くなく、そのまま突き進みます。
この石山坂峠、若狭側は、名田庄側と比べて急峻で、ループとかもあるのだ!
ISZ48君は下り大好き人間なのでぶっ飛んでいきたいだろうけど、そこはちょっとがマンしてもらって、やらせ写真とか撮りたいやん?
c0107075_20112728.jpg

c0107075_20113044.jpg

c0107075_20113483.jpg





じゃあ、あとはぶっ飛んでいってくれたまい。



下りきると、ほんのちょっと走っただけで福谷坂峠のトンネルになります。もう、ほんと一瞬。。。。本来、つずらおれをえっちらおっちら登ってく峠道で、林間から海が見える(らしい)という旅情あふれる道ですが、2つのトンネルで、あっさり通過。。。。なんか寂しいなあ。。。。。

c0107075_20113665.jpg


高浜から大飯まで走って、だいぶん早いけど、おおい道の駅で昼ご飯にします。
地元産のお刺身が売ってて、フードコートには、あら汁と漬け物が付いた「ご飯セット¥250」というのがあるので、これを頼めば、なかなか上等な刺身定食になるのだ。。。。難を言えば、刺身が1種類なんだよなあ。。。。。で僕はこれを嫌って、限定の海鮮丼にしました。。。。。ISZ48君は悩みに悩んだ結果、刺身+ご飯セット。
c0107075_20112476.jpg

(限定の海鮮丼。。。。。)



食後はデザートが欲しくなるでしょう?
近所というか、帰り道にええカフェがあるという情報をゲットしてました。
実は、時々お世話になっている自転車屋さんのブログに、このコースとほぼ同じルートでツーリングしたという記事が出ているのに気づきました。なんと、おおい道の駅でのご飯裏技ネタも書いてる!(僕はどっかの本の記事で得た情報)さらにさらに、僕はそのままとっとと名田庄に帰るはずでしたが、途中でカフェに立ち寄ってはるではないですか!真似しようっと!
というわけです。。。。。



小浜までは海沿いを選んで走ります。



めっちゃ景色ええです。
c0107075_20113993.jpg




ISZ48君、自分のLOOK695の写真をとっとります。
c0107075_20114298.jpg

でこれがその写真。
c0107075_20111537.jpg



c0107075_20112129.jpg

(ISZ48君パンク。。。。。)



川向こうの道をドカドカ走ります。途中ちょっとした上り返しがあったりする場所をLOOK695が付き位置で時々横に並んできたりするもんだから、ぱるるはそんなに戦闘力高くないのに頑張った挙げ句、カフェに自転車駐める頃にはもう汗だくだくだくでした。。。。

ぱっと見、普通の家ですが、中はカフェになってます。僕らみたいな一見さんはあんまり居てないと思うのだけど、平日なのに、地元のお客様なんだろうか、結構混んでました。ランチは薬膳ですが僕らはさっき済ませたとこだから、ケーキセットを注文。


ISZ48君はレモンなんちゃらシフォンケーキ。僕はキャラメルチョコレートブラウニ。
c0107075_20195832.jpg

(ISZ48君のシフォンケーキ)


僕のは。。。。。。撮るの忘れました。。。。。



c0107075_20114458.jpg

どうもごちそうさまでした。日曜日やってないなんて悲しすぎます。。。。。




さあ、あとは緩い上り坂を車まで戻るだけ。

ここで、この日最大の敵現る!

「向かい風」

大体において、幟が完全にはためく状態になると、まあまあしんどいです。通りすがるときにバタバタなんて音が聞こえたらもう完全にアウトです。
バタバタしてるよ〜〜〜〜しんどいよ。。。。

ISZ48君に「もう道分岐ないから、車で待っててくれてもええよ。」
でも、しっかり付いてきます。。。。。

ああ、もう前走ってくれよ。。。。そしたら、僕は、思う存分ちぎれるから。。。。。

そのうち、前に出てくれよりました。サンキュー!!!!

ああ、なんて楽なんだ。。。。。このまま車まで連れてって。。。。。うひひ。。。。

しばらく後ろについて楽してましたが、ここで僕のつぶらな瞳に飛び込んでくるゴミ有り!

おわ!

っと、目をぱちぱちしてる間に、車間が開く。。。。。

びゅううう〜〜〜〜〜!!!という風の音が急に大きくなります。
一気に広がる車間。。。。、
そうこうしている間にも目をパチパチパチパチ!!!!!

なんかフロントバックに当たる風を感じる。。。。。
ダンシングで追いつこうとしますけど、車間が開くのを防ぐ程度か。。。。。もうはり付けない。。。。。
ええ。きっちりちぎれましたとも。。。。。。思う存分に。。。。。。


ISZ48君、走り足りなかったろうけど、お疲れさんでした。。。。。はよランドナー買いいや。



さあ、楽し苦しかったツーリングが終われば、お風呂に行かねば!実はこのあと、ちょっとだけ仕事なのだ。。。

帰り道上にお風呂はないので、一番寄り道に時間のかからない日吉温泉を選択。
とっとと風呂入ったら、一番時間のかからない道で仕事場を目指します。道狭〜〜〜い!

ギリギリで仕事場に到着したら。。。。。クライアント来ない。。。。。
電話すると、どうも忘れていたようで。。。。。まあ、3ヶ月ぶりだからねえ。。。。。
待ってる間に、スタッフ相手にAKBネタぶちまける。。。。
まゆゆ好きだの、みるきーが気になるだの、僕が注目した人はみんな出てくるだの、次出てくるのは川栄やとか。。。。
絶対どん引きされていると思われ。。。。。カッカッカ!


ああ、お腹減りました。。。。。
でも、そう簡単にご飯にはありつけません。。。。。
不良中年おっさん達は、夜遊びが大好きですから!





BLKさん、いかつ〜〜!!


まずは、どこへご飯行くか。。。。。
時々行く担々麺屋さんに決定。
自転車で20分くらいでしょうか。。。。。直線距離で。。。。。

コースリーダーのchara先輩、東北東の方角にある店へ行くのに、いきなり北に向かいます。。。。
「25%勾配登る?」
「絶対イヤです!」
細い生活用道路を繋ぎながら出た先は「深泥ヶ池」。。。。。
ここ、京都の有名な心霊スポットやないですか!
なんでわざわざ、夜遊びでここを走るんですか!
と、左に曲がりました。。。。。

げげ!こっちは鞍馬街道やん。。。。やっぱり行くのか。。。。。
嫌だっていったのに。。。。。

と、優しい悪魔のchara先輩は25%勾配部分をつづら折れる道を選択。。。。こっちは39x26のぱるるでも全然平気です。。。。
さっすがあ〜〜〜!

円通寺の裏側をぐるりと回って、宝ヶ池公園を周回して、細い道でやっとこさ南下開始。。。。
目的地へ到達するのに、かな〜り遠回りしました。わざとですけどね。。。。


賄い丼セットを完食!なぜだろう?今日はいつもほど辛く感じなかった。。。。。


帰り道は最短コースで平和に帰りましたとさ。。。。。。



しかし、昼間はあんなに汗だくになったのに、夜は寒かった。。。。さすが北山!




おわり
[PR]
なんか、まわりのみんなが彼岸花ばっかり撮って来よります。

僕は、頑なに「彼岸花はとらんとこう」と思っていました。(なんでやねん!)

でも、なんか今日が最後かなあ?と思ってしまい、やっぱりデジイチ背負って走りにいってきました。

まあ、目に留まったもんを撮っていくわけで、まず「をを!」と思ったのは、このコスモスでした。
c0107075_21385667.jpg

普通にシャッター押すとこんな感じになるんですけど、僕の目に映ったコスモスは、逆光に花びらだけがきらきら輝いておったわけです。
これーをイメージせずになんとする!
露出補正頑張りました!
c0107075_213908.jpg



ちなみに、今日の写真は、クリックすると結構大きくなります。


曼珠沙華の方はというと、午後から出たもんやさかいに、なんか白く変色しちゃってて、花自体はピンとしてるんですけど、カメラを向ける意欲の湧く被写体がなかなか少なかったです。


c0107075_2139311.jpg

c0107075_2139666.jpg

c0107075_21391168.jpg

c0107075_21391740.jpg

c0107075_21392196.jpg

c0107075_21392679.jpg

c0107075_21393075.jpg


と、こんなもんですか。。。。。いまいちベタだなあ。。。。。


帰りに見た、キバナコスモスもキレイでした。。。。
c0107075_21393372.jpg





おわり
[PR]
今日は、夕方まで走ってもよいと言われました。
王滝と大台ヶ原が重なりましたが、どっちも出る気全くせず。。。。

ビゴーレ改めぱるる号に乗って、北へ向かいました。

ここにはまだ書いてませんでしたが、実は、こないだ日吉ダムに行った時に、帰ってきて、自転車を立てかけたはいいけど、妙に安定しなくって、そのまま横倒しにしました。立ち上がる瞬間にスマホが震えた。。。。ニッカーのポケットからスマホを出したその瞬間、スマホは地球の引力に逆らえず自然落下を始め、0.3秒後にはビゴーレのトップチューブにカッコ〜ンと。。。。。

え〜〜〜。。。液晶割れてない?
アセアセしつつスマホを確認すると、どうやら無事。
よかった〜〜〜〜、と自転車を見ると、

あん?トップチューブ凹んでるやん?

まじかーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!      _| ̄|○

まさかこれぽっちで凹むとわ!

さすがタンゲプレステージ!


いやいや、もう僕は落ち込んで落ち込んで。。。。。

とある御仁が言うてくれました。

「エクボかわいいやん。。。。」


えくぼ。。。。大島優子か島崎遙香か!

というわけで、今後、このビゴーレはぱるる1号と呼びます。





ををををを!!!!!!!
なんぼほど長い前置きなのだ。。。。。




さあ、今日は、「隠里を巡る」をテーマに走ることにしました。

まずは、ウォーミングアップに嵐山までCRを行きます。
ウォーミングアップに40キロ!




c0107075_20425126.jpg

いつも思うけど、渡月橋の上で写真を撮る勇気が僕にあれば。。。。。




まだ朝が早いので、化野界隈に観光客の姿は見られない。。。。いいねえ。。。。
c0107075_20425658.jpg

c0107075_20431132.jpg




ここから六丁峠を越える。距離はそんなでもないけど、勾配はそらまあそれなりに。。。。


c0107075_20425445.jpg

ヒイヒイいいながら頂上着。気温21℃、涼しい〜〜〜〜


下りの途中で、保津峡の写真撮ったり
c0107075_20431394.jpg



c0107075_20431566.jpg

駅で、ちょうど来たトロッコ列車の発着を眺めたりしながら、ヨレヨレと登っていきます。


何キロくらい登ってるのかなあ?
水尾の集落にさしかかります。


柚子風呂とかで有名になるくらいに柚子の産地として有名です。
ここ、大好きで、よく来ますが、やっぱり、梅〜桜の季節が一番いいように思います。
c0107075_20431766.jpg




水尾を過ぎても、というか、普通集落の中って勾配緩いとか平坦とかじゃないの?
ここ水尾は容赦ない! というか、集落内の方がしんどい!



上りはまだまだ続きます。杉林を延々と抜けていきます。
c0107075_20433321.jpg




神明峠を越えても上りは続く。。。。。
39x26で、死にそうになる頃、やっと道は下り基調になります。
杉林を抜けたとたんに、金色の稲穂が出迎えてくれました。
樒ヶ原って言う集落です。ここも隠里ですよねえ。秋には、大きな銀杏が出迎えてくれますで。
c0107075_20433734.jpg



その筋のマニアには有名らしい、かなり立派な茅葺き民家。
c0107075_20433919.jpg



この民家からカーブ二つで越畑です。
ここの集落では、蕎麦を栽培していて、そのそば粉で打った手打ち蕎麦が食べられます。今回は、開店前に通過しましたが、すでに10名くらい並んではりました。


越畑からグワ〜ンと下って、ちまちま登ると神吉です。
もう1〜2週間ほどしたら、コスモスすごい咲き乱れそうです。
天の邪鬼な僕は「キバナコスモス」を!
c0107075_20581081.jpg





さあ、こっからです。
予定では神吉からR477でもって、京北に下って、そっから、桂川に沿って遡り、黒田から灰屋〜芹生という隠里を。。。。と思っていたのですが、なんと、僕はここで痛恨のコースミス。。。。
というか、なんで曲がってんやろう?
僕は、細野に行く道を下ってしまいました。。。。
気づいたのは結構下ってから。ここで心折れる。。。。

「このまま、細野から杉坂〜裏京見で帰ろうっと。。。。。」



細野は、山の斜面に必死に成立した水尾や樒原とはまた違って、広々とした里です。。。。。。
c0107075_2163818.jpg



R162に合流して、笠トンネルを越えると、小野郷。国道じゃなかったら止まったりなんかもするんだろうけど、笠トンネルを抜けたそのままの勢いで、ビュン!と通過。。。。。


c0107075_2043433.jpg

杉坂。北山杉の産地です。



杉坂から左に向かえば、真弓とか、持越峠を越えれば雲ヶ畑とか、隠里はありもすが、今日は、右に曲がって京見峠を越えました。


c0107075_20434669.jpg

いつ来ても癒やされる。。。。もう営業はしていないけど、その佇まいはずっと残っていて欲しい。



しかし、あれです。
行く前にもちょっと考えましたけど、CRの往復は端折ってもよかった気がする。。。。。




おわり
[PR]