カテゴリ:ARAYA MuddyFox RCRB( 1 )

ARAYA MuddyFox RCRB
c0107075_23044895.jpg
僕の初MTBです。
1993年モデルだったはず。
この次の年からダウンチューブのロゴが「MuddyFox」から「ARAYA」になって、さらにワークスマシンっぽくなって悔しかったっけ。

MTBなんて、まったく興味なかったのに、大学卒業をひかえたある日、同級生がパナソニックのMTBを持って遊びに来やがった。
ちょっと興味が湧いたけど、物欲にまでは至らなかった。。。。。
だがしかし!これを見た女房(当時彼女)が物欲を刺激された!

社会人だった彼女は即10万円ほどのMTB購入。

貧乏学生だった僕は、ユーラシアを復活させて遊んでました。

数ヶ月後。。。。。おかんにお金借りて、カタログ必死で調べて、2種に絞ったわけで。。。。。

その2種とは
NISHIKIのMTBとこのMuddyFox!
最終的には、構成パーツと価格で決めた気がする。

ノーマルの構成パーツは基本ディオーレDXで、BBとラピッドファイヤープラスがXTだった。。。。。
NISHIKIはXTフルセットだったけど、5万円ほど高かった。。。。。

納車後そのまま津風呂湖に走りに行って、駐車場で彼女(現女房)が「乗らしてえ〜」と走っていって、いきなり転けてたっけ!!!

ドライブトレインが元々はノーマルだったけど、直後に発表されたハイパードライブCに換装しました。それと同時に8速化!
TREK FUEL98を買った後も、スリックタイヤにして、なんちゃってロードとして活躍してましたが、カレラシールドをかってからはほとんど乗らなくなってしまいました。そりゃまあ、そうなるわな。。。。。

と、甥っ子がこいつに目を付けやがった!
まあ、中学生くらいの時から時々乗らせてたから愛着はあったんだろうけど、高校に入ったときに、「おっちゃん、あの自転車ちょうだいんか!」というてきよりました。

まあ、基本乗ってなかったので、快くピカピカにして渡しました。

あれから10年以上経ち、甥っ子も乗らなくなってしまいました。姉貴から「自転車ほったらかしやけど、どうする?」ってライン来て、いそいそと引き取ってきたわけです。

磨きに磨いて、手がだるくなる頃、往年の輝きを取り戻してきました。


そして、こないだ、ブルーインパルス見に行ったとき、15年ぶりくらいに乗りましたけど、超乗りやすい!
このポジションデフォルトにしたいわ!
と思ったけど、しばらく走っているうちに違和感。。。。。
「ハンドル高いわ。。。。。」
みると、ステム上向いてる。。。。。ぼかあ、下向きで渡したと思ってたけど。。。。。いじりやがったな。。。。。

で元に戻しました。。。。。

ステムが異様に長く見えますが、長いです。135mm!!!!

ああ。。。。また一台増えちゃったわけか。。。。。
まじで置く場所がない。。。。。。(爆)



おわり




[PR]