カテゴリ:ケルビム( 69 )

キララときめきロードの時に、思いました。

「輪行したら、行動範囲、結構広がるじゃん!鉄道も乗れんじゃん!一石二鳥じゃん!」

僕は欲張りちゃんで、「鉄道乗るんなら、結構ローカル線なんかに乗りたいぞ。。。」と。

色々と考える。。。。。
で、決めたのは、長良川鉄道でもって北上して、観光もしつつ清流を眺めながら、プラプラ走ろうと。。。。


朝6時にMST48君を迎えにいって、とっとと高速に入る。ラゲッジに鎮座するのはケルビムだ〜〜。
京滋バイパス〜名神〜東海北陸道経由で美濃市入り。所要時間2時間。

駅前で、MST48君のランドナーを分解。。。。2回目なので、楽勝。
c0107075_1520452.jpg

c0107075_15204857.jpg

c0107075_15204966.jpg

2両編成の列車が入ってきた。
およよ。席はほぼ埋まっちゃってるじゃん。ああ、立ちんぼかあ。。。。40分少々だから別にいいけど。。。。自転車置く場所探してたら、運転手さんが
「車椅子用のエリア使ってもらっても良いですよ」
「え?いいんですか?」
「どうぞどうぞ、ベルトもありますから。」
「有り難うございます」
優しい〜〜〜!!!
ベルトまで掛けると、申し訳ないので、転けないように、輪行用の結紮ベルトで軽く固定しときました。こうしておけば車椅子の人来られてもすぐよけれます。

列車は、清流長良川に沿って走っていきます。

ああ、このままでもいいかも。。。。。
テンション上がりまくりのすけ。。。。。

当初の予定では、終点まで乗って、だだだ〜〜〜っと下ってこようかと思ってましたが、MST48君、まあまあの城マニアで、「郡上八幡城行きたい!」と。。。。。

え?郡上八幡城って、山城やで?平城ちゃうで?
そう、僕は郡上八幡行ったことあるから知ってるんやけど、町のどこからでも見えるねんで。ということは、そう言うことやで。。。。(爆)

じゃあ、北濃から郡上八幡まで走ってもあまり変化がないはずなので、郡上八幡で下車して、街中もブラブラしたらええか。。。。。


駅前で、自転車を組み上げる。ガード付きは面倒くさい。。。。まったくもう。。。。。
c0107075_1539414.jpg

(右の方で作業してました)

しっとりした郡上八幡の町を抜けて、宗祇水を訪ねる。今はそこら中にある「名水百選」。この指定第1号はここ宗祇水なのです。
会員番号1番はチェックしとかないと。。。。
c0107075_15205367.jpg

c0107075_15205145.jpg




さあ、いよいよお城へ行こう。
c0107075_15205697.jpg

c0107075_15205953.jpg





いきなりの急坂だすよ。
本丸跡まで距離は200mですけど、平均勾配12%!!!
MST48君頑張る!何とか足着かずに登り切りよります。
アイズラリーの持越峠では、坂見た瞬間に押しとりましたけど、まあまあ登りよるようになってきてます。
ここから天守閣までは1キロほど。まだまだ登りだじょ。途中それはそれは強力な勾配も出て来ます。と、MST48君、挫折。。。。。
c0107075_152111.jpg

まだまだ修行が足りないのう。。。。




ここ郡上八幡城は山内一豊の妻千代の生まれたところとかで、そこら辺が前面に押し出された感じがありました。
観光地なので、その辺は仕方ないけど、城とあまり関係ないことなくない?

でも、城はかっちょよかったです。
c0107075_1521595.jpg

今、Wikiで調べてみたら、司馬遼太郎曰く「日本一美しい山城」だそうで。。。。納得!(他あんまし知らないけど)

c0107075_1521359.jpg

c0107075_1521773.jpg



さあ、お城を往復するのにまあまあ時間食っちゃったぞ。
MST48君、「お腹空いた〜」らしい。。。。

綺麗なガラス雑貨のお店があって、ちょっと覗いたついでにMST48君が「鶏ちゃん食べたいんですけど。。。」と店の人に聞いている。

鶏ちゃんとは、この地方の郷土料理。
鶏肉と野菜を味噌で炒めてある。
発音は「ひょうたん」と同様。(by Wikipedia)

これが鶏ちゃん焼きだ〜〜〜!!!!!
c0107075_15383466.jpg

美味しかっただすよ。。。。




郡上八幡って、ほんとしっとりしたいい町です。大好きだわ。
c0107075_1521116.jpg




さあ、長良川に沿って南下を始めますが、すぐに寄り道です。
寄り道先は「大滝鍾乳洞」
MST48君が事前に調べとりました。まあまあ鍾乳洞マニアらしい。。。。。
まあ、それだけだったら、スルーしてもいいんだけど、ここには僕のハートをもがっちりと捕らえた物があった!


まあ、取り敢えず、目的地に向かって走る。
今回は川に沿って下っていくだけだから、地図もうぉっちずをコピーして持って行きました。大滝鍾乳洞は国道から5キロ弱登ったところにありますが、ルートラボで調べてみると平均勾配は3.4%。なんぼ坂道嫌いなMST48君でも楽勝やん?
道端の電柱に「大滝鍾乳洞」への道案内も出ていて、僕はそれにそって進んでいきました。
しばらく走っていくと、「大滝鍾乳洞左折」と。。。。


をを!!!
目の前には、想像もしていなかった激坂が。。。。。
まあ、ちょっとで平坦になるだろう、平均勾配3.4%やねんから。。。。
しかし、走っても走っても、勾配は緩くならない。。。。絶対これ10%以上ある。。。。。
MST48君の頑張りもそうそう長くは続かない。。。。まあ、しょうがないよ。

押したり、休んだりしつつ進む!
c0107075_15211370.jpg

電柱には「大滝鍾乳洞」の看板が出ているので間違いはないようだ。。。。。
僕的には、「あ、これは曲がる道間違ったな。。。。」と思っていたけど、引き返して、あの車の多い国道走るのは嫌だし、こういう事件もツーリングにはよくある話で。。。
ということで、MST48君よ、頑張ってくれたまえ。
c0107075_15211563.jpg



途中1回偽のピークに騙されつつ、峠を越える。
「引き返すことはないよな?いややで!絶対に!」というような坂を下り、大滝鍾乳洞到着。


さあ、大滝鍾乳洞は東海地方最大級の鍾乳洞だそうで、なんや洞内に滝があるらしい。。。。。
でも、それだけじゃないんだな。。。。。
僕の心をとらえたのは、これだあ〜〜〜〜!!!!!



c0107075_1544534.jpg

トロッコのようなケーブルカー!!!!



鍾乳洞の入り口が山の中腹にあるようで、そこまではケーブルで上がるのだ。
乗りたいぞ〜〜〜〜っ!



で、乗りました。。。。
c0107075_15211798.jpg

(すれ違う一瞬だ!)


所要時間2分。。。。短かっ!



c0107075_15215784.jpg

大鍾乳洞の順路の延長距離どのくらいなんだろう?
まあ、アップダウンの激しいこと!
はしごのような階段を上り下りする。足下滑りそうで怖い。。。。フロントバックを首からぶら下げて、そろそろ進む。
c0107075_15221089.jpg

c0107075_15222038.jpg

c0107075_15392142.jpg

(天井から水が滝のように流れている。。。。妙に怖いぞ!)

ストロボ光らせてみたら、オーブがいっぱい写った!
c0107075_15225752.jpg




前でおばちゃん転けてました。。。。。かなり危なかったと思われ。。。。


c0107075_15231356.jpg


ふう。まあまあ楽しかった。
っていうか、鍾乳洞がマストアイテムにならないか心配だ。(笑)


c0107075_15232330.jpg

帰りは、上ってくるはずだった道で下っていきます。
とても気持ちいい林間の道。
つくづく、道間違えてすまぬ。。。。。


国道に出ますが、まあ、車多い。道は微妙に狭かったりするので、精神的に疲れます。
対岸の県道を行こうぜ!


対岸の県道はほとんど通る車もなく、快適です。
このまま可能な限り国道を通ることなく、南下していきます。多分国道を走った距離は200mに満たないはずだぞ!
c0107075_15234189.jpg

c0107075_15235094.jpg

c0107075_15263751.jpg

c0107075_15265385.jpg



ちょっとトイレ休憩に立ち寄った駅。
完全に時間が止まっていると思います。凄い!
c0107075_15275036.jpg

c0107075_1528610.jpg

ここへキハ20とかが走ってきたら嬉しいだろうなあ。。。。


c0107075_15282849.jpg

c0107075_15283981.jpg

(あじさいは全行程を通じて、滅茶苦茶綺麗に咲いてましたとさ)


途中で、凄い建物に遭遇しました。

「長良川水力発電所」
c0107075_1529439.jpg


今も現役なようです、すばらしい!


そして、自転車を立て掛けていた塀をみて、ドーパミン大量放出!
c0107075_15293755.jpg

なんとなんと、これフランス組みやん!
いやまあ、ここでレンガの積み方語ってもしょうがないのですけど、普通はイギリス組みとかオランダ組みといわれる積み方で、要は1段目は短い部分ばっかりで2段目は長い部分ばっかりでというやつ。強度に優れる積み方です。
一方フランス組みは、デザイン重視の華麗な積み方で、レンガの長い部分と短い部分が交互に並び、次の段も同じ。。。これやると、内部でどこか正方形に抜けるところが出来るので、強度的にはあまりよろしくないそうな。。。。明治の時代に多く作られたレンガ造りの建造物で、強度に優先して華麗さを押し出すことはあまりなく、僕も実際に見たことはなかったのです。
ああ、うれしい!   変態?





で、この発電所の直後にあった、セメント工場?
c0107075_1529492.jpg

今度はこのメカニカルな雰囲気がMST48君のハートを直撃。
「かっこええわ〜〜〜」と。。。。変態?






なんしか、長良川沿いの県道は最高でした。(笑)


美濃市に入って、うだつのある町を行く。
夕方になって観光客も居なくなって、何か貸し切りみたい。。。。
やらせ写真とかも撮る。。。
c0107075_15302910.jpg


c0107075_15304178.jpg




最後に、ちょっと気になっていた、「美濃和紙あかりアート館」へ行ってみる。。。。。

がびちょーん!既に閉館。。。。。16:30まで。
蒜山のソフトクリーム、小浜の蘇洞門巡りに続く、「遊びすぎて、最後閉まってた」あるある。
日が長いのですっかり油断していたが、もう17時だわ。。。。


c0107075_15305147.jpg






さあ、温泉でさっぱりしたら、帰ろうぜえ!



おわり
[PR]
♪何から伝えればいいのかわからないまま時は流れて。。。。


まゆゆ@TOEI、諦めます!

理由、やっぱり、まゆゆは妥協していいフレームじゃない!




c0107075_14564440.jpg


そして、ケルビム復活。。。。。ポジションも再考し、あまり好きじゃなかったランドナーバーもグランボアの平行マースバーに交換しました。。。。。
昨日一気に組み上げて、さあ、今日試走や〜と思っていたんですけど、それが。。。。。

朝、子供を送っていって、ご飯を食べて、自転車装束に着替える前に、車のホイールを換えないと。。。。もう4月だからねえ。さすがに雪は積もらないだろうて。
我がアテンゴのノーマルタイヤはつんつるてんなので、ホイールは4本ラゲッジに積んで、交換に持って行く。そのまたまた前に、女房の車のホイールを交換する!家の庭の一角に冬用ホイールをせっせと持ち上げ、終わった!
と、立ち上がると、、、、、

げげ!腰がおかしい。。。。かなりおかしい!

ぎっくり腰、再発か!

いや、まだわからん。。。まだ動けるし歩けるし、何かネットで見た部分をもみほぐすとかなり楽になる。。。。。


ええと。。。。久しぶりの春の天気いい日に、自転車乗れないなんて!


人生半分損しました!
[PR]



夕方から仕事で、上の子供は朝練なので、早起きして、子供を送っていって、そのまま走りに行ったりました。。。。


双ヶ丘のコインパーキングに車を置く!料金ゲートの屋根が低い!帰り気をつけないと。。。。



いきなりの車道の上り坂でテンション下がりますが、寒い朝にはちょうど良い。。。。御経坂峠を越えて高雄に入ります。さすがに朝早いので、空いています。。。。


紅葉の方は、ニュースでやってたほどキレイでもない。。。。。まあ、紅葉って、光の当たり具合で色合いも変わるので。。。。


ま、それでもカメラ向けたってもええか。。。という部分もそれなりにあります。

c0107075_09173974.jpg
c0107075_09173915.jpg
c0107075_09173941.jpg




 

高雄から清滝までは遊歩道を行きます。3キロくらいしかないので、押して行ってもそんなに時間はかかりませんけど、路面が結構岩場が多くて、滑るのが怖い。。。。ランドナー重いし!

c0107075_09173926.jpg
c0107075_09173927.jpg
c0107075_09174008.jpg




う~ん、実際行った時は「ここもいまいちやなあ。。。」と微妙に悔しい気もしましたが、写真選んでると、まあまあいけてるやん?

c0107075_09174015.jpg
c0107075_09174068.jpg




最近マイブームはパーツの拡大写真。。。。。今日もちょこちょこあります。(爆)

c0107075_09174011.jpg
c0107075_09111203.jpg




清滝に着くと、ここはいけてました。

c0107075_09204741.jpg
c0107075_09111209.jpg
c0107075_09111202.jpg



試峠の旧道は崖崩れで通行止め。。。。仕方ないので、トンネルを行きます。

離合は不可能な狭いトンネルなのでここは交互信号です。ある意味安全。

赤信号で待ってたんですけど、清滝から登ってきたとおぼしき、ポタ車に乗ったおじさん。

「こんにちは」と声かけてもガン無視。さらには、信号待ちしている僕の横をスイ~~~っと抜いて行くではありませんか!え?狭いトンネルの交互信号なのに?

あれよあれよという間に暗闇に消えていくおじさん。

信号待ちはあと2分くらいしていたように思いますが、幸い前から車が来ることもなくおそらくは、無事に抜けはっただろうと、ライトをつけてトンネル内に入っていきました。後ろからちょうどバスが来ていたので、僕は、46x14を鬼コギしました。おそらくこれで40近くは出るので、バスにはちょうど良いはずです。と、向こうから、ライトが。。。。

バスの明るいヘッドライトに照らされたのは自転車。。。。MTBだね。。。。

バス減速してるやんか。。。。向こうからこっち入ってくるときは完全に赤だったでしょうに!

トンネル抜けたところで写真撮るのか知らないけど、停まってらっしゃったので、「交互信号はしっかり守らないと、危ないですよ。」と声かけると、また無視されました。。。。

う~ん。。。。

きっと、あのおじさんは耳が聞こえない障害をお持ちなんだと、そして、赤信号も認識出来ない色盲をお持ちなのかも。。。。


なんか、結構旅系の自転車に乗ってはったので、残念で仕方が無い。。。。こういうルール無視の人って、ロードバイクでツーリングしている人に多いのですけど。。。。

まあ、結局はその個人個人のモラルの問題だから。。。。

でも、ルールを守れないのであれば、その社会というかグループというか、そういう枠内には存在しないで欲しい。と思います。。。。。

ああ、気分悪い!



でも、奥嵯峨キレイでした。。。。。いつもつたやさんなので、今日は平野屋さんで。。。。

c0107075_09111273.jpg

c0107075_09111265.jpg
c0107075_09111397.jpg
c0107075_09111304.jpg
c0107075_09111360.jpg



さあ、時間は。。。。9時か。。。。もう嵐山に下りても人多いかもしれないなあ。。。。

化野とかキレイかもしれないけど、実はそんなに時間的余裕があるわけでも無い。

この先保津峡から神吉まで行って、細野からR162南下して裏京見でもって帰ろうと思っているわけで、途中それなりのスポットでは写真撮ったり時間かかるだろうし、何よりメカトラがないとも限らないし。。。。。(タイヤが一番不安。。。。)


というわけで、六丁峠を越えました。やっぱり28x24とかは楽で良いなあ。。。。。


保津峡が美しいのを僕は見たことがありません。。。。。いや、キレイはキレイだし、新緑の頃はいいんですけど、こと紅葉のシーズンはどんな時間帯がいいのかさっぱり判りません。。。。

c0107075_09230357.jpg
c0107075_09111386.jpg




映画「蒲田行進曲」で主演の平田満ふんする安さんの実家の最寄り駅として出て来ました。

c0107075_09230329.jpg



保津峡からは樒原あたりまでしっかり登りです。

まあ、そんなに勾配がきついわけでもなくこいでいたら登れたという感じの坂ですが、途中の水尾の里が好きです。

柚子の産地で有名ですが、ちょうど収穫期で、その辺で柚子のみをはさみでパチンパチンと切っておられます。柚子の匂いがずっとしていて、幸せでした。

何とか、この素敵な雰囲気を写真にと頑張ったんですけど、この間の佐々里峠の紅葉と同じで、雰囲気が出せない!画角の問題しかり、目に入る風景の奥行き感や、そのコントラスト。。。。ひょっとして、目に入ってくる情報には匂いとかも連動するようになっているのだろうかね?

c0107075_09230364.jpg
c0107075_09230429.jpg
c0107075_09230434.jpg
c0107075_09230458.jpg
c0107075_09230540.jpg
c0107075_09230593.jpg
c0107075_09252574.jpg
c0107075_09252501.jpg




細野へ向かう道すがら、ぱっと飛び込んできた、山のグラデーションにドキッとしますけど、写真にするとぜんぜんなのはみんな一緒ですか?(爆)

c0107075_09252560.jpg
c0107075_09252618.jpg


そうだ!小野郷の岩戸落葉神社、めっちゃおすすめです。

c0107075_09252604.jpg
c0107075_09252660.jpg
c0107075_09252644.jpg



最後のスポット裏京見にとりついたのは12時半頃。。。。まあ、車に2時という目標は達成出来そうです。



裏京見、結構きれいじゃん。。。。

c0107075_09293270.jpg




あかん。。進まへん。。。。止まっては写真撮るので、なかなか先に進めない。。。。。

c0107075_09252659.jpg



もう、陰の部分で景色もへっちゃくれもないところはすっ飛ばしていきます。

頂上前後には発色の良い紅葉があるのは知ってますが、無視!



で、峠の茶屋到着。時間は。。。。1時。。。。

お腹が減ったので、ここで、お昼ご飯にしました。

ああ、しあわせだあ。。。。。

c0107075_09252645.jpg



雨水を受ける甕に映る紅葉。。。。。気づいた僕を褒めて下さい!

c0107075_09304791.jpg



下りきったところに、紅葉で有名な光悦寺があります。人一杯だろうけど、ちらっと見たろうと思いましたが、道の真ん中くらいまでの人だかりを見て、Uターンしました。




鬼の25%坂を下って、、、、、、



え~~~~!しょうざんキレイやんかあ!

c0107075_09304866.jpg

吟松寺キレイやんかあ!!!!

c0107075_09304810.jpg
c0107075_09304842.jpg



なんか、ここが一番キレイやった気がする。。。。。。

まあいいけど。。。。




車に戻ったのは、ぴったり2時でした!(^_^)V





おわり





[PR]
こないだ、西谷林道っちゅう、えらいガレガレのダートを走りました。というても、そないにサイドカットがやばそうとかいうこともない路面やったように思うのですが、昨日見ると。。。。。


c0107075_23525775.jpg
フロントはざっくりと。。。。。




c0107075_23525767.jpg
リアは軽く。。。。。スパッと。。。。。




こっわ〜〜〜〜〜!!!!




リアの軽くスパッといった分は裏からパッチ当てましたが、フロントのざっくりはパッチ程度じゃあダメかもしれない。。。。
そそくさとタイヤブート引っ張り出して貼りました。
c0107075_23525751.jpg
完璧!





これで、明日また走ろうっと!

[PR]

今日は、朝も暗いうちから家飛び出しました。


去年の今頃に、MST48君と京北走りましたが、この時、途中でBLKさんから「佐々里峠が紅葉でエライ事になってます」というメールをもらいました。

もう、ずっとずっと気になってて、チャンスがないか画策しておりました。本当は、決定的に行ける日があったのですが、急遽ダメになっちゃって、何とか日曜日に行くしかないなあと思っていましたが、この先日曜日潰れることが多いし、何となく嫁はんに言い出せなくて、ウジウジしていました。

が、結局、上の子供は部活、下の子供もテスト前らしく、晩ご飯までに帰ってくるなら、好きにしてええぞ!と。。。。

店のみんなと十津川っちゅう話もあったけど、晩飯までに帰れないしなあ。。。。


で、結局ソロで佐々里行ったろうと思ったわけです。


京北起点です。

相変わらず、秋の京北は朝靄が濃い!

c0107075_21515793.jpg





走るにつれて、朝靄は薄くなっていき、ああ、モミジもやけど、山キレイ。。。。。

c0107075_21515825.jpg
c0107075_21515857.jpg
c0107075_21515881.jpg
c0107075_21515865.jpg
c0107075_21515846.jpg
c0107075_21515914.jpg
c0107075_21515932.jpg





途中、神社で休憩。。。。。去年もここで休憩したなあ。。。。去年はもっと赤かった気がする。。。落ち葉だってもっとごまんと。。。。。

c0107075_21515916.jpg




さあ、佐々里を目指しましょう!

c0107075_21515904.jpg




途中の定番撮影ポイントはきちんとおさえる。。。。。

c0107075_21560833.jpg
c0107075_21560838.jpg
c0107075_21560835.jpg
初めて銀杏の葉っぱをアップで切り取った。。。。。まあまあか?





僕が大好きな広河原集落。残念なことに、この時は陽がしっかり雲に隠れていました。。。。

c0107075_21560814.jpg
c0107075_21560920.jpg



佐々里を登っていきます。山がめちゃくちゃにキレイですよ。

c0107075_21560968.jpg


がしかし。。。。。南斜面に関しては、自転車止めてまで写真を撮ろうという意欲の湧く景色がない!

結局、ノンストップで頂上まで行ってしまいました。


「よかったのかなあ?」という後ろ髪引かれる思いが残ります。。。。。

c0107075_21560941.jpg



頂上の駐車場(?)は満車でした。。。。。そりゃ、今日みたいな日は芦生の森行くでしょうに!

c0107075_21560924.jpg



美山側へ下りますが、素晴らしい!

ここでも、時々、陽が陰ってしまいましたが、そんな理屈抜きに、素晴らしい!

確かに佐々里峠の美山側はエライ事になってました。

c0107075_21560945.jpg
c0107075_21560928.jpg
c0107075_21584565.jpg



なんか、写真では上手く表現出来ない。。。。。心の印画紙に焼き付けましょうぞ!(なぎー、この言葉もろた!)



c0107075_21584592.jpg

八幡宮まで下って、八丁林道に向かいます。

ここも楽しみだなあ。。。。



定番ポイントもモミジ赤くなってるやん~~~♡

c0107075_22000030.jpg


期待通りです。




しかし、ちょい前のデジイチにもHDR機能つけて欲しいなあ。。。。ファームウェアとかで何とかなるんちゃうのかなあ?

c0107075_22000029.jpg
c0107075_22000150.jpg



八丁出合から、道はダートみたいになってしまいます。




一応舗装されてるんだけど。。。。。。

c0107075_22000142.jpg





頂上着。ああ、またノンストップじゃん。。。。後ろ髪引かれる。。。。。。



八丁林道方面はなかなかしっかりしたバリケードだ。。。。

c0107075_22000145.jpg



どうしようか迷うついでにここでお弁当を食べました。




広域林道の地図をぼや~~~と見ていると、「あ、コシキ峠。廃村八丁への入り口の一つや。。。」



ふらふらと、真新しい舗装路面を登っていきます。



さすが、尾根道林道!展望抜群!

あまりよそ見とかしてると、不意に転がっている石ころとか踏んでしまうので、慎重によそ見します。

c0107075_22000193.jpg
c0107075_22001173.jpg
c0107075_22001191.jpg



程なくコシキ峠到着。

まあ、実際のコシキ峠は左手の尾根上にあるので、ちょっと行って見たろうと道を探しましたが、発見でけませんでした。看板キボンヌ!

c0107075_22001193.jpg



さあ、ここからR477にバッキュウ~~~ンと下っていく林道があります。その名も「西谷林道」。

まあ、終点まで広域林道走ってもいいのだけど、帰りの平地がだるそうですから。。。。。




いきなりの急勾配のダートにビビりながら下っていきます。

ほんの100mで、土砂崩れ。。。。。

c0107075_22001128.jpg



めっちゃびびります。。。。。。大丈夫なのか?下まで行けるのか?

たまに出てくる、モミジに癒やされつつ、ドカドカと。。。。。。

c0107075_22022002.jpg




ああ、舗装路が恋しい。。。。。背中のカメラがずり落ちてくるほどの勾配と、バックの中身が飛び出さないか心配になるような路面。。。。。




道無くなった!



c0107075_22022090.jpg

この下、10m位あります。。。。。

しばし呆然。。。。。。




改めて周りを見ると、何とか向こうに渡れそう。。。。。

写真には撮ってませんけど、それはそれは細い不安な斜面をなんとかかんとか。。。。。



c0107075_22022048.jpg

渡った!危なかった!なんべんかずり落ちましたよ。。。。。

フロントバック外してるでしょう?

フロントバックとカメラを先に渡して、ランドナー担いで、木をくぐり、引っ張り上げましたのです。




この先もガレ場は続きます。。。。。こんなん、MTBでも結構イヤになるわ!




と、シートの下あたりでガタガタ言う音が聞こえました。。。。。。

止まってみても、原因がわかりません。。。。。

一応、サドル緩んでないかとかいろんな所をチェックして、大丈夫みたいなので走り始めます。

でもやっぱりガタガタいいます。




と、またまた道がなくなった!




え~~~~!!!!



c0107075_22022038.jpg

今度のはまあまあ楽勝でクリアでけましたが、もうこれっきりにしてや!

で、自転車を下ろした瞬間に、「ガタガタ」の原因が判明!




ボトルケージがもげた。。。。。。

c0107075_22022024.jpg



くそ!このボトル長いからフロントバックに入らない。

仕方ないので、ジャージの後ろポケットに突っ込んで、ケージはフロントバックに。。。。デジカメはもうバックに入れられない。。。。普通のシャツ着てこなくて良かったよ。。。。。。




ガレ場はまだまだ続きましたが、変化に乏しいので端折ります。


あ、そうだ!

c0107075_22141059.jpg
長い長いガレガレダートを下った結果、フロントバックのゴム紐がぶち切れて、どっかいってしまいました。
ほんと、中身が飛び出さないかヒヤヒヤしながら下りましたで。。。。




途中、キレイな砂防ダムもあったり、

c0107075_22023098.jpg




キレイに植林されてるところがあったり、

c0107075_22023099.jpg





色々想定外のこともありましたけど、まあまあ変化に富んだ道でした。




やっと舗装路に出ると、銀杏がキレイでした。

c0107075_22045016.jpg



こんな写真撮って喜んでました。

c0107075_22023191.jpg
c0107075_22023129.jpg



あとは、車に戻るだけ。



途中、ススキがキレイだったので、写真撮りましたけど、ススキは逆光で撮らないとダメです。背景の山肌がキレイに紅葉してたので、コラボを狙ってみたものの、あとで見ると、こんなもんです。。。。。

c0107075_22060487.jpg




振り返ると、遙か上の方に、広域林道が見えました。。。。。あんなとこから下ってきたのか。。。。。。

c0107075_22060452.jpg




車に戻ったのは14時。八丁峠に着いたのがちょうど12時だったので、ご飯差し引いても1時間位は西谷林道で悪戦苦闘していたことになる。。。。。なかなか強烈な林道だった。。。。。

帰ってきてからネット見ていたら、ここはランドナーで行くような道では無かったようです。。。


やっぱり事前調査は必要だなあ。。。。。



って、メインテーマは佐々里峠の紅葉ね。





おわり






[PR]

仕事終わりから、ダッシュで高速に乗りました。

ラゲッジにケルビムを積んで。。。。。。

どこにも止まらず、ひたすらに走って、0:00ちょうどに豊科のビジホ着。右足首が固まってしまった。。。。(笑)

ささっと風呂に入って、ささっと就寝!


数年前から、秋の家出は夜からすでに寒いので、車中泊がつらい。。。。

もうちょっとお金かかりますけど、ビジホに泊まることにしました。。。。


朝5時半起床。

爆撃を済ませたりしつつ6時頃にはビジホ出発。

朝食付きのプランだったけど、朝食は6:45からとかで、ちょっと時間もったいない。。。。朝はコンビニで済ませる。。。。



車をデポする場所は川のすぐ側で、いきなりこんな川靄が。。。。。

川中島の合戦を思い出しました。。。。。

実は女だったと言われる上杉謙信と武田信玄の一騎打ち!



c0107075_17142136.jpg






自転車組んだら、さあ出発。。。。。

微妙に川霞の残る道を北上していきます。しかし、寒い!

c0107075_17142160.jpg


時間が経つとこんな感じ。。。。。

信州に来たよ!って感じです。

c0107075_17142178.jpg




今回は、ちょっと栂池高原に行ったろうと思っていて、それならば、県道31号でもって、一気に北上してもいいかなと考えていました。で、この県道31号ですが、長野オリンピックの時に整備されてきれいになったはいいのですが、いきなりトンネルでして、僕ぁトンネル嫌いなので、旧道でこれをバイパスしようと。。。。。この道がエライややこしくて、予定していた正しい道をトレースしていたのに、他の県道との併用区間15m(しかも左コーナーの先で合流していたみたいだ。。。。)に騙されて引き返し、結局トンネルくぐりました。。。。。何やってんだか。。。。。。

トンネルをくぐったら、なだらかな上り坂です。ルートラボによると、わずか3%程の勾配ですが、「うそや!絶対にもっとある!」

と思うくらいにきつい。センターローくらいまで落ち込みそうだ。おかしい。。。絶対にもっと勾配きついはず!

と思っていたら、ダイナモ回しっぱなしでしたとさ。。。



途中、キレイな池に映る紅葉がキレイだったのでちょっと寄ってみた。。。。。

完全に綺麗に写っていると思っていましたが、奥の方は凍っていました。。。。。\(◎o◎)/!

c0107075_17142115.jpg


一瞬、富良野かと。。。。。おもわへんおもわへん。。。。。

c0107075_17142111.jpg


錦秋の向こうにチラ見えする北アルプスが素敵だ!

c0107075_17142169.jpg

上り坂だって、紅葉見てれば全然オッケ!
c0107075_17142159.jpg

軽くアップダウンを繰り返しつつ徐々に下っていきますが、写真撮るのに忙しくて、なかなか進みません。。。。





美麻トンネルの上を行く青具峠を行きました。ちょちょっと登ったらついちゃうんですが、もうちょっとひねってほしいなあ。。。。。



それにしても、抜けるような空と煌めく紅葉だこと。。。

c0107075_19003482.jpg



ちなみに、ツーリングマップルにはこの近所に「白糸の滝」なる物があるように書いてて、滝マニアのてっちゃんさんのために行ったろうと思ってたのですが、実際行くと、立て看板一つもない。。。。あっさりスルーしました。

今、WEBで調べると、どうも私有地内にある滝で、結構トラブルもあるみたい。気づかなくて正解だったかも!



美麻トンネルの北側に下ってきて、そのまま広いキレイな道路を下っていきます。

もう、目の前は、白馬連峰がどっか~~ン!と。。。。。

いいのでしょうか?こんなん。。。。

c0107075_17142123.jpg
c0107075_19004582.jpg



とはいうものの、ここまで結構時間がかかってしまって、さらに栂池へ登って、ま~た写真とか撮るのか?絶対タイムオーバーだと思う。。。。

栂池は端折ってしまおう。(行っといたがよかったかなあ。。。。)



飯盛集落あたりから神城あたりまで、塩の道が整備されているので、これをトボトボと辿ります。

c0107075_19005509.jpg


途中わからんようになって、おっちゃんに聞いたら、嘘教えやがった!




神城から佐野坂を越えます。いつもGWに来ていたので、秋は秋で色づきがキレイです。

c0107075_19005538.jpg
c0107075_19010630.jpg



下ると青木湖。

時計回りに進んでいきました。こっちの方が順光だから。。。。。

取り敢えず、紅葉の回廊が出来てたりなんかします。

c0107075_19094268.jpg
c0107075_19094251.jpg
モミジも、赤いやつは赤いですけど、ほんと一部です。というか、今日の紅葉はこういう主張の激しいのは求めてないかも。。。みたいな感じですか。。



湖畔からの景色的には、青木湖が王者です!

c0107075_19095292.jpg



これから登っていく山。。。。。。

c0107075_19095224.jpg




中綱湖に出て、いつものように簗場駅前の自販機で休憩だああ~~~~


「ん?財布がない。。。。」

「今日は財布を出していないけど、ん?車に置いたまま?そういえば、朝ご飯買ったときにパーカーのポケットに入れたまんまだわ」

「ん?まてよ。。。財布がないと言うことは、自販機使えない。。。。水分補給出来ない?」


ボトルをチェックすると、まだたくさん残ってる。。。。まあ、ご飯食べるには十分だろう。。。。

最悪、大町のコンビニ行けばおサイフケータイ使える。。。。


さあ、小熊ちゃんを登り始めます。

c0107075_19100027.jpg


もういきなりインナーローです。木崎湖の俯瞰ポイントのピークまで、8キロ500mアップです。

時間はすでに12時半。登ってる途中にお腹が減ってお腹が減って。。。。

だったら、今食えや!ということになるんですけど、やっぱり、絶景ポイントで食べたいし、ここは我慢。ゼリー飲料で誤魔化します。オレンジ味がおいしい。。。。。2個一気飲みしました。喉も渇いてたんだろうねえ。~(笑)

これで、若干喉の渇きも癒えたかな?

c0107075_19100173.jpg
下の方は、道には落ち葉が積もっている。。。。。これが、上の方まで登っていくと、カラ松の黄色い葉に変わるのですよ。写真撮らなかったけど。。。。



c0107075_19101162.jpg
c0107075_19101121.jpg
c0107075_19102026.jpg
c0107075_19102059.jpg
有名な記念撮影ポイントです。ちょっと植生進んできてますね。




程なく、木崎湖俯瞰ポイントに到着。

c0107075_19172374.jpg
下からここまで、1時間半くらいかかってる。。。。。さすがにお腹が空いたぞ!



ああ、何か、合成写真みたいな写り方だ。。。。

c0107075_19185530.jpg




何しか、お弁当食べるのに十分なお茶が残っていたのでよしとしよう。。。。

出てくる前に必死で磨いたTAシクロツーリストですが、ちょっと濡れるとシミになる。。。。。

c0107075_19172307.jpg




天国のようなダウンヒルで、西の谷に下りていきました。

c0107075_19172323.jpg
ここのダウンヒルは本当に最高です!





水キレ~~~~!

c0107075_19172379.jpg




青い空をバックに、カラ松が美しい。

c0107075_19174161.jpg



さあ、あとは、車まで20km、下り基調の道を行きます。この道、いつ来ても気持ちいい。下り基調なので、しんどいところもない。。。

c0107075_19174154.jpg
c0107075_19174233.jpg

最高だ~~~~!!!





車に戻って、思う存分随分補給しました。

因みに、最後の頼みの綱のおサイフケータイは、フロントバックの中でバッテリーが切れておりましたとさ。。。凄いオチだ。。。




アフターSPAは穂高温泉を選択。

ここのお湯、凄く温もるかもしれない。。。。。
c0107075_19174215.jpg



さあ、いよいよ帰るわけだけど、高速使うと、また8000円くらいかかっちゃう。。。別にちょっとくらい時間かかってもいいので、前みたいに木曽街道で帰ることにしました。
この木曽街道は、鳥居峠を越えると、中津川まで下り基調です。さあ、どんなくらい燃費いくのか楽しみです。。。。

トラックめっちゃ多いし!
飛ばせないけど、燃費計はグングン数字を伸ばしていく。
アクセルを踏まんようにそれでいて失速しないように、下り坂から登るところは下りでちょっと加速して登りはアクセル抜く。ギアは可及的ハイギアードで、但し1500rpm以下になると、トルクがかからないようになるので、加速するときはシフトダウンした方がよい。。。などなど、自分の持てる技術と知識をフル動員して燃費走行を心がけました。
その結果。。。。。。
c0107075_19333954.jpg
驚異の16.0km/l !!!!

うちのアテンゴ君は、自宅と仕事場を往復するという、通勤に限定して使うと、燃費は8km/l 位に落ち込みます。
16キロって、倍じゃん!
すげ〜〜〜〜!!!!!

この結果についてはまあまあ思うもんもありましたが、それはまたの機会に。。。。。

取り敢えず、このあと、中津川から高速に乗って、適当に走って、彦根で下りて、ラーメン食ったあとはずっと下道で帰ってきましたら、自宅到着時、「14.0km/l」を表示していましたとさ。

燃費走行に集中していたおかげで、全然眠くなかった!



さあ、今度の家出はどこだあ〜〜〜〜ってか何時だぁ〜〜〜〜



おわり





[PR]
今日は、久しぶりの木曜日1日休みでした。
もう、ずっと前からかなりドキドキしていて、どこ行ったろうかなと思っていました。
前夜出の家出も考えましたが、こないだ蒜山行ったとこだしのう。。。。ETC料金怖いわ!

で、考えに考えて決めたのが、高浜街道。。。。。。

事の発端は、思いっきり昔の話で、某ケニーさんからの質問でした。
「高浜街道走りたいいう人が居てるんやけど、走れるの?」

いろいろと調べてみると、高浜街道は西の鯖街道とも呼ばれていて、京都市内から京見峠を越え、真弓からは縁坂峠でもって大森へ。茶呑峠越えで山国。井戸峠越えで京北。深見峠を越えたらなぜか堀越峠には行かずに知井坂越えから名田庄へ。名田庄から石山坂と福谷坂を越えて高浜へ至るという、何ともややこしい街道やったそうな。。。。

気になる〜〜〜〜!!!


このルート中走ったこと無いのは、1.真弓〜山国の縁坂峠&茶呑峠の区間と、2.名田庄から高浜までの石山坂&福谷坂の区間。


どっち行くよ?


勝者、「石山坂&福谷坂」


で、朝から車を飛ばしていきました。よい天気の中、周山街道をひたすら北上して、8:30道の駅名田庄着。

堀越トンネルを越えるまではあんなにいい天気だったのに、どんより曇り空。
スマホで天気予報をチェック。

「降水確率20%」

信じる! 信じる者は救われる!
行くしかない!
c0107075_21543799.jpg




R162をしばらく北上して、石山坂方面に左折したとたん、パラパラと。。。。。


え〜〜〜〜〜!!!!!!!これからやん〜〜〜〜


降水確率20%を信じて、突き進む。。。。。

雨脚はだんだん強くなっている気がする。。。。。でもまだ、ニッカーは濡れてないし。。。。。。

さらに雨脚が強くなる。。。。。

ちょうど屋根付きのバス停があったので、逃げ込んでみました。
c0107075_21543966.jpg




う〜ん。。。。。どうするよ。。。。。
地図を広げる。。。。。このまま戻るのもイヤやし、かといって、この先予定のコースを雨の中走っても多分面白くもないだろうし、他に道ないんかなああ。。。。と地図とにらめっこ。。。。。。

そんなことをしているうちにも、雨はどんどん強くなり、すでに土砂降り。。。。。。
c0107075_21544165.jpg




戻るか。。。。。勇気ある撤退を決意しました。


雨脚が弱まった隙を見て、来た道を戻りましたが、車に戻ったときは全身ずぶ濡れでおました。。。。

くそ〜〜〜!!!!



ここまで2時間半も車走らせたのに〜〜〜!あまりに悔しいので、予定コースを車で走ってやりました。

豪雨という表現がぴったりなほど雨降っていましたので、自転車はラゲッジに横倒しで押し込みました。
雨が上がったのはだいぶんしてから。若狭湾が綺麗でしたよ。
c0107075_21544391.jpg

晴れてて、自転車で来ていたら、「ひゃっほお〜〜〜」とか叫んでいたかもしれません。



時折、激しく降る雨の中、「撤退して正解や」なんて、自分を慰めつつ、美山辺りまで帰ってくると、日が照ってきました。

せっかくやし、美山の走ってない道ぷらぷらしようかなあと、自転車を下ろします。外していた後輪をセットして。。。。。。クイックを締めた瞬間、雨が降ってきました。。。。。。

なんでかー!!!!!




もういい!
「今後晴れても絶対に走ってやらない。」
と固く決心し、スプリング日吉で温泉入って帰ってきました。


近いうちに絶対にリベンジする!





京北まで来ると、ほんまええ天気。。。。。
c0107075_21544539.jpg




絶対に今日は走ったらへん! (爆)



おわり
[PR]
夕方からの仕事が終われば、チームKの行事です。

そう、夜散歩。。。。。

先月は北斗六星を見るため、暗闇のユイの壁を駆け上がり、帰りの下り道では何度コースアウトしそうになって冷や汗をかいたことか!
僕のケルビムはスポークが1本折れてますけど、まあ、ここまでダートの林道を含む道を別に何が起こるわけでもなく走れてきたわけだし、このままで行っちゃいましょう。。。。
BLK隊長が某所から極秘に(そうでもない。。。)入手されたスーパーLED豆球を持ってきてくれはりました。
僕が着替えをしている間に、隊長自らバルブチェンジしてくださいまして、ありがとうございます。

chara先輩を戦闘に、いや先頭に、雲ヶ畑へ向かいます。。。。。
今日の行き先は岩屋橋だそうです。。。
よかった、持越違って。。。今日のこの足では、登り切る自信が正直無いですから。

ってか、chara先輩、ペースめっちゃ速いんですけど。。。。
多分これは、散歩じゃなくて、バトルになるな。。。。。
僕、スポーク飛んでる36Bなんですけど。。。。chara先輩からBLK隊長に先頭交代。すると、いきなりペースアップ!
僕はダンシングで食らいつきます。。。もう息が上がってきました。。。。
っていうか、今日は登れんくて押したくらい頑張ったんで、足無いんですけど。。。。
しんどい!
思いっきりハアハアしだしたころ、大岩到着。
先月あんなに乱舞していたホタルは、、、、一匹も居ません。。。。
失意のまま再スタート。。。。しばらくはおしゃべりしながら登っていきますが、だんだんとペースが上がってきて。。。。。上り坂なのになぜかシフトアップ!
「シフトアップしてるやん!」
というchara先輩の声を聞きながらBLK隊長暴走開始!!!
ああああ〜〜〜〜〜
一瞬、しっかりちぎれる。。。。。追いかけなければ!とダンシング!ケイデンスがいつもよりちょっと高めだけど、ダンシング中にシフトアップとかって無理なので、そのまま回転をあげて。。。。。。
なんとかかんとか、食らいついていくうちに、なんや足よう回ることに気づく。。。
何なんだかなあ。。。もう、おにゅう峠で完全に終わっていたはずなんだけど、、、、まったりというよりももうちょっとだけ回す感じがちょうどよろしいようで、しかし、後ろ5枚しかないワイドレシオなランドナーなので、これまたうまいことしっくり来るスピードだったのかもしれない。
なんにせよ、自分でも信じられないくらい良い感じで走れてしまっていたのだ。。。。

さあ、一番の踏ん張りどころ、大曲。。。。ここできちんと踏み切れたらタイム出るのだ!(別にタイムアタックしているわけではない。。。)
手前の左カーブを曲がったところから勾配が少しきつくなる。ここでのスピードダウンを最小限にとどめ、心肺を使い切らないようにスピードを維持(これが非常に難しい)。。。。がんばりの開始どころは、ぼーっと浮かび上がる白い看板が見えたら!看板を自覚したところから、しっかり踏んでいく。
ああっと、BLKさんだれてきた。。。でもここでスピードダウンするとかなり損するのですよ〜〜〜
すいません、僕、今夜異様に好調なので、このままいきます!
先頭に出ても、道を照らすライトが明るい!ダイナモランプだけにしてみる。。。。。
をををを〜〜〜!!!!全然使えるやん!
そのまま市ヶ瀬を過ぎて、右直角コーナー、ええ感じでペダル擦りそう〜〜〜。。。。
ここらで僕もだれてきた。。。。
ここでだれるとまくられたりするので、思わず後ろを振り返ってしまいました。

ゴールは岩屋橋だったはずだけど、僕はなぜか出合橋でストップしました。ほんとになぜかわかりませんけど。ベンチに座り込んでしまいました。
なんかめっちゃ気持ちええ。。。。。アホレナリンだだ漏れです。。。。
c0107075_22164535.jpg


BLKさんとchara先輩とで、30分くらいおしゃべりしてたでしょうか?「あれ?岩屋橋まで行くっちゅう話はどうなりましたんや?」「もう、ここでいいです。ご飯行きましょう」と、下ります。
例によって、BLKさん暴走!!!!また先月のように完全にちぎれるのかあ〜〜〜!!
いや、そうではない。明るいヘッドランプが、結構幅広く照らしてくれるのだ!全然怖くな〜い!
前から車来ても左寄れるやん!(先月は左に寄るだけでも怖かった)

市内に入ってからはおとなしくCoco壱へ向かいましたが、まさかの行列!21:30なのに。。。。
どうする?と、隊長と先輩はひそひそと。。。。
をを!!!新規の店があるそうだ!行きます行きます!
こんな時間でも、何でも作ってくれる喫茶店だそうだ。。。。
すげえよ!北山!

いつも僕の期待の遙か上を行くエリアです!
どんな店なんやろう?ドキドキ。。。。。
c0107075_2217994.jpg

着きました。。。。。。


つづく。。。。。ええええええ?????まさかの続き。。。
[PR]
そうだ!おにゅう峠に行こう!

と決めたのは、2日前。。。。。

昔、UGの兄♭♭♭さんと根来坂を越えたことがあります。
GWの新緑眩しい季節に根来坂の旧道を歩いたのは、本当に楽しかった。
でも、今回行ったのは根来坂ではありません。当時もありましたが、林道がね、開通してね、別に旧道行かなくても越えられるようになったのです。林道自体に魅力は感じませんが、この林道のピークが「おにゅう峠」というのです。
新しいから「おニュー」なのか?なんて思ってみますが、実際は多分いやおそらく絶対違います。
このおにゅう峠は福井県の「おにゅう」から滋賀県の「おにゅう」に抜ける峠なのですから。。。。
なんのこっちゃ?でしょう?
えー、福井県の「おにゅう」は「遠敷」と書きます。一方、滋賀県の「おにゅう」は「小入」と書きます。で、その間の峠は「おにゅう」とひらがな表記です。
面白いでしょう?
ん?どうでもいい?
ちなみによく散歩で行く奈良公園にも「手貝町」というのがあって、ここにある東大寺のもんの一つは「転害門」両方「てがい」と読みます。
ん、しっかりどうでも良いことを書いてしまいました。。。。。


あさ、上の娘を駅まで乗せたその足で朽木を目指します。いつ行っても遠い。。。。
8時過ぎ、スタート!

c0107075_0225691.jpg

(今日はダートがあるので、36Bを履くケルビムで)


まずは檜峠を越えます。
件の根来坂行った時もこの道で行きました。それとは別口にロードツーリングで越えたこともありますが、こんなにしんどかったっけ?
まあ、あの時は山で押しまくらないとあかんかったので、荷物は極力少なくとフロントバックも付けずに行きましたが、今回はデジイチも入ったとても重いフロントバックを付けてましたので、まあ仕方ないっていや仕方ないんですけど、すでに汗だくです。。。。。
保坂集落で国道を外れ旧道に入ります。水坂峠の旧道です。


自転車で行くと、この水坂峠は絶対お勧めです。道は広いし、路面も悪くないし、勾配も緩いし、しかも車来ない。。。。
c0107075_023673.jpg




程なく頂上着。
c0107075_023953.jpg


ああ、気持ちいい。。。。



下ると国道に合流して、ここから若狭街道です。



熊川宿、平日なので、人気も少なく、なかなか良い雰囲気でしたですよ。
休日は結構な人出があるのですがね。。。。。
c0107075_0231349.jpg

c0107075_0231642.jpg

c0107075_0232113.jpg




瓜破の滝に寄ってみた。。。。。。
c0107075_0232521.jpg

湧き水がいきなり溢れて流れていってます。


清涼感が凄いです。



さあ、遠敷から左に曲がって、いよいよです。。。。まあ上根来まではほとんど坂いうような坂はありませんが。。。。


機嫌良く走っていると、後輪から「パン!」と何かが弾ける音がしました。。。。。
ガードの留めネジが緩んで、ステーがずれたか?
と、いっぺん止まってチェックです。。。。。
ん〜〜〜、別に問題ない。。。。
小石か何か巻き上げたのかな?と思ってそのまま走ると、「シュッ、シュッ、シュッ」と。。。。
なんだなんだ?後輪見ると、、、、
「振ってるやん〜〜〜」
c0107075_0233111.jpg


「パン!」はスポークが飛んだ音だった。。。。。

僕がスポーツサイクルを始めて30年以上経ちますが、スポーク飛ばしたのって、前に乗ってたMTBで後輪破損させたときに全スポークの1/3くらいをぶち切った以外、記憶にないです。

まあ、通常、ここは最低限振れないように、まわりのテンション変えて調整しないといけないところですが、、、、めんどうくさい。。。。
まあシュッシュッシュってすってるいうても、ほんまに軽くはする程度で、振れてるいうても、全然普通に走れるし、36本もあるスポークの1本なくても、まあいいか。。。。


とそのまま突き進む!
c0107075_0232877.jpg

(あの一番向こうの山を越えるんだよ。。。。)



c0107075_0234038.jpg

ここは鵜の瀬。。。。
東大寺二月堂のお水取り。このお水はすぐそばの若狭井から汲みますが、この若狭井の水はこの鵜の瀬の水中洞窟から送られてるんだと。。。。。
まじか!

由緒書きにそう書いてあります。
3/3の晩には、この鵜の瀬に、根来八幡の神官と神宮寺の僧侶が来て何やら行事が行われるんだと。
う〜〜〜〜んんんん。見たいぞ!


まあいい。



先へ急ぎましょう。
何せあの山を越えんとあかんのですから。。。。。

前に来たときは、ぼかあ、あまりコースを把握してなくって、UGの兄♭♭♭さんに着いていくだけな感じだったので、よく覚えてないのです。

下根来辺りから勾配は徐々にきつくなって、上根来辺りからはしっかり10%くらいになってきます。
暑い! すでにジャージはボトボトです。


トボトボと登っていくと、いよいよ林道の始まり。前来たときはここからしっかりダートだったように記憶していますが、あれから10年以上経って、部分的にではありますけど、舗装が進んでいました。
それでも、急勾配。しんどいし!
あまり日陰がない道をハアハアしつつ。。。。
空を見上げる。。。。遙か上方に続く道。。。。
ああ、心折れそう。。。。。
前来たときは、しゃべりながらとか、抜きつ抜かれつとか、結構気も紛れたような気もするし、なにより、しんどかったという記憶があまりないのだ。。。。

ところが、今回はどうだ?
かなりきついぞ。。。。
何度も上を見上げる。日除けにハンチング被っているけど、もうすでにびしょびしょで、ひさしの先から汗がしたたる。上を向くと、その汗が結構顔にかかってくるのだ。


とにかく、根来坂への登山道分岐ポイントまでは頑張りました。


遙か下に、上根来の外れの廃畜産小屋が見える。だいぶん登ってきたなあ。
c0107075_033442.jpg



取り敢えず休憩場所を探す。。。。


日陰を見つけて、休憩。。。。
c0107075_034626.jpg



再度、上を目指して上り始める。
この辺りから、勾配がきつくなり始める。
まじきつい。直登していくダートの道を見上げて、その遙か上にガードレールが見えた瞬間、心が折れました。。。。ポキッと。。。。
屈辱の押し。。。。
ふと時計を見ると、12時を回っている。
ああ、そうか。。。。お腹減ってるんや。。。。。
どっかでおにぎり食べようっと。。。。。
と日陰を探す。こういう時に限ってないのよねえ。。。。。
急勾配部分はもうすぐに押しが入ってしまいます。心折れると、とことんです。
c0107075_033680.jpg


と、雲行きが微妙なのに気づいた。
日差しはあったので、気づかなかったけど、雨雲あるやん!
あ!ゴロゴロいうてる!
ちょっとやばい感じだぞよこれ。。。。
おにぎりとか食ってる場合ではないかもしれない。。。。。
もうあとは下りやし、何よりもこんな山の中で逃げ込む場所がないでは無いか。

ヒイヒイ良いながらも、なんとかかんとか頂上到着。
c0107075_033975.jpg

ちゃっちゃと写真だけ撮って、下り始めます。
ここの下りは、なかなか面白い地形で下っていきます。
峠からの下りって、結構早期に斜面をトラバースしていって、どっちかっていうと谷を下るんですけど、ここは尾根上を下っていきます。そして、尾根がつきるところから一気に斜面をトラバースしていきます。最初から斜面をトラバースしていきゃ良いのに。。。。。
c0107075_033143.jpg




京は遠ても一八里。。。。。
c0107075_0331129.jpg


昔の人はここを徒歩で行ったのだな。。。。。
素直に凄い!


さあ、グングン下ります。
後輪は機嫌良く振り振りしてますが、別に怖くもないし、走ってるときにそれを感じることもありません。コーナーリング中にちょっとホイールがよれて、ブレーキのあたりが強くなるだけ。それより、天気のほうが心配だわ。
途中、朽木方面へのショートカットコースがある。1キロ弱登れば、あとは朽木まで下り。
天気も天気だし、ショートカットしようと考えていたけど、空はなかなか天の邪鬼。
ちょうどその辺りを走っているときだけ、天気回復。。。。
まあ、普通、予定通りに進みますわね?
すると、また天気悪くなる。。。。

とりあえず、ボトルのお茶は空っぽになっているので、補給はしたいなあ。。。。
でも、この道、、、、小川集落辺りまで、自販機ありません。。。。。
そういえば、UGの兄♭♭♭さんと来たときも、「全然自販機ないですやん!」言うてたの思い出しました。

県道110号線に突き当たったら左折です。

と、この辺りから、また、西の方に真っ黒な雨雲が。。。。。
こらもう間違いなく降ってくるわ。。。。
雨雲と競争や。。。。。
朽木までの10キロほど、ひたすらに回します。自転車や自分が濡れるのは良いけど、サドル濡れるのは絶対いやだ!一応コンビニの袋も持ってるけど、雨雲との勝負やあ〜〜〜!!!!


何とか、勝利しました。


しかし、あの時は、県道110号に突き当たってから、右折して、その後オグロ坂を押し上げた。尾越から前阪峠を越えて、ヒノコからは平林道を下ったのだ。最後に平集落から朽木までの20kmを爆走したっけ。
あの頃のUGの兄♭♭♭さんは今の僕とほぼ同じ年齢だったはず。僕は今から、オグロ坂越えたろうなんて、全くもって思わない。
UGの兄♭♭♭さん、すげえよ!


つづく。。。。ん?
[PR]
この間、いつも行く自転車屋で、こないだ行ったねじりまんぽの話をしてました。。。。。

すると、TKM48さんがぼそっと。。。。「弾薬庫への引き込み線跡ありますね」

なんやと!
そんなん初耳やし!


というわけで、今日は朝から雨ポツポツしているにも関わらず、これ以上は降らへんやろうし、もし降っても別にいいわ!と思って飛び出しました。


まっすぐ行ってまっすぐ帰るのもなんだし、いつもの朝練コースを上っていきました。。。。
いつものように自転車を止めて、、、、、止めて、、、、
c0107075_1456844.jpg

ああ、なんでハンドル曲がるの!
いつもの軽量カーボンロードと違って、ランドナー+フロントバック仕様は重い!


朝練コースを下っていきます。。。。。


c0107075_14561026.jpg

定点観測地点。。。。。GWにちょこちょことツーリングに出かけた先ではもう、田んぼに水張られて、田植えも終わっているところもありましたが、この辺もボチボチです。。。。。


JR学研都市線沿いの細道を走りながら、「三山木信号所跡」を探します。。。。




地図や、雰囲気からして、どうもここのようだ。。。。。
c0107075_14561347.jpg


線路の向こうに不自然な空き地がある。。。。。。






さ、廃線を辿ってみませう。


まずは、三山木信号所跡と思われる空き地から、一見して、廃線跡と思われる道が始まります。
c0107075_14561637.jpg





緩いカーブを描きつつ、府道木津八幡線を斜めに横切ります。

廃線跡を進んでいくと、煤谷川に突き当たって終わり。。。。。

と思いきや、実はここがこの廃線跡最大のポイントだすよ!
c0107075_14561983.jpg


鉄橋跡が残ってます。




反対側に回ってみますと。。。。。
c0107075_14562542.jpg





c0107075_1456229.jpg

あ、案内板みっけ!
祝園の弾薬庫は枚方弾薬庫が爆発しちゃって、代わりに設置された施設だそうです。昭和15年の話やそうです。
敗戦後、管理はGHQに移り朝鮮戦争時には頻繁に物資輸送に使われたらしい。。。。日本に返還後、管理は自衛隊に移ったけど、自衛隊がこの線路を使ったという記録は無いのだそうだ。。。。。

ええ〜〜〜! こんな鉄橋やったんや!
てか、実は、ちょっと来る前にググってみたら、しっかり桁も残ってる風な感じだったのですが、今は桁は撤去されていて、川の中に立つ橋脚も無くなっていました。両岸の土台のみが残っています。
う〜ん、10年ほど前までは桁があったようなので、これは悔しい。。。。。10年前いうたらちょうど今のとこに引っ越してきたころだからなあ。。。。ああ、見たかったなあ。。。。。




c0107075_15303028.jpg

ここから廃線跡は右カーブを描いて、府道僧坊旭線に合流します。



c0107075_14563062.jpg

後は府道と平行して弾薬庫に向かうのですけど、確かに府道の南側に不自然な空き地が平行して存在します。これなんだろうなあ。。。。



c0107075_14563282.jpg

を!この空き地の管理は「京阪電気鉄道」のようです。。。。。ググってみましたが、全くヒットせず。。。。




c0107075_14563553.jpg

祝園弾薬庫についちゃいました。。。。ここから先は入れません。。。。
多分道路の左手の空き地が軌道跡かと。。。。。。





こっから、まっすぐ帰ってもいいけど、まあ、時間もあるし、煤谷川沿いの細道を繋ぎ繋ぎしながら
帰ってきました。
c0107075_14563772.jpg






いや、ほんの近所やのに、なかなか興味深いもんを見せていただきました。。。。。




おわり
[PR]