カテゴリ:CARRERA PRIAMO RACE( 99 )

今日は、坂道ばっかり走ったろうと思ってました。
この間、cancanさん輪童さん天五さんが御斉峠〜童仙房走ってこられたので、僕も久しぶりに行きたいなあと思ってました。

とりあえずはいつもの山を越えていきます。足慣らしにクルクルと。。。嘘です。。。ワシワシと。。。。なんか最近回せない。。。踏んじゃう。。。
アタックはしなかったけど、メタボタイムぐらいで登り切れたのでよしとしよう。

c0107075_17474177.jpg

(朝の木津川。写真ではうまく表現出来てないけど、何ともキレイです)




c0107075_17475120.jpg

(コンデジなのでしょうがないけど、もうちょっと遠景ぼけてくれよと思います)



下りながらふと思いました。


もっときっついところで足に活入れやんと、来月大台ヶ原上られへんわ!


ということで、犬しばき〜鷲峰山を目指すことにしました。

犬しばき。。。。僕がスポーツサイクリングを始めて、2回目に行ったツーリングで越えた峠だす。距離は短いですけど、のっけから10%オーバーが続く激坂峠。。。。コンパクトギアなのでいけると思いましたけど、なんか、軽いの有ったら使っちゃうし、ノーマルギアの方が早いのとちゃうかなあ?よれよれで頂上に辿り着いたわけですけど、止まらずにさらに上を目指します。ここで足休めるのと休めないのとではかなり差があるんですが、今日は足に活を入れに来ているので、がんばります。
やっぱり来るのやんぺしたらよかったと思う頃、茶畑ポイントに到着します。
写真写真!
c0107075_1748865.jpg

(なかなか生物的うねりが面白い!)



c0107075_13564499.jpg

(妙なシンメトリーを見つけました。)




もうひと登りして頂上到着。
ちょっと休憩してしまいました。。。。。


さあ、楽しくない鷲峰山の北側の下りです。
何がイヤって、グレーチングが多い!しかも時々裏向いてる!フロントは23Cなのでそんなに気は使いませんけど、リアは20Cなのでちょっと怖い。。。。
気をつけて下っていきましたが、路面がキレイになってから“プシュー”。。。。

超久しぶりのパンクでした。。。


田原に下った後は大峰林道に向かいます。ここも、ここいらでは長めの登りがあります。
ワシワシワシワシ。。。。
鈍った足に鞭打ってシッティングメインに微妙に重めのギアを選んで。。。。
しっかり腰にくる頃、ピーク到着。もうヘロヘロです。止まらんとこうと思ってても、止まってしまいましたね!
バキューンと下った後は、もう一回犬しばきへ。。。。犬しばきの田原側はだんだんと勾配が急になっていくイヤな峠。。。。気絶寸前で頂上到着。
さあ、ここから、今日はもう一本行く予定にしてましたけど、足がいう事きいてくれませんので、ジェットコースターで帰りましたとさ。。。

本日のベストショット
[PR]
c0107075_128747.jpg

[PR]
今日は、何週間ぶりにSR朝練に参加しました。
ここ2ヵ月間は出れてもちらっとしか顔出せなかったり、30分ほど走って離脱とか。。。。
今日は、久しぶりにがっつり走れる時間があったわけですが、実はありすぎるほどあったわけで、要は、女房から夕方まで走ってもいいよ許可を取っていたのですね。

さあ、これはドキドキしますわね。
童仙房から島ヶ原探検〜月ヶ瀬〜大和高原?。。。。
新緑の季節は最高の北山ツーリング?
それとも、思い切って家出?

まあ、3つめの家出はちょっと仕事関係の諸々もあって、昨日のうちに出るのはちょっと無理かなと思っていましたので、諦めましたが、でも走る先はどうするどうする?

とか言いつつ、いつもの時間に集合場所に行くと、“鈴鹿に向けて平地練する!今日の行き先は嵐山”。。。。だそうで。。。。
c0107075_21355260.jpg

(この後、続々集まってきます)


途中離脱して童仙房行くのもなんやし、北山ツーリングに決めました。
誰か一緒に行く?
“僕行きます”とT名君。

まあ、とりあえずは、嵐山までは集団走行です。
c0107075_2136222.jpg

(おお!偶然なかなかのショットが撮れた。)



他の人や自転車に迷惑かけんように、みんなひとまとまりで。。。。ひとまとまりで。。。。
doi君&T名君アタック!
最後尾を走っていた、Noseさん反応。
最後尾から2番目を走っていた僕も追います。(何で最後尾2人が反応する?)
がしか〜し。昨日とりあえずでも出来上がった新車で来ていたdoi君は速かった。しかもT名君も一緒とは。。。
先にいったはずのNoseさんはどっかの隙間に入っていたらしく、僕が前に出てしまいました。
本気で追いました。木曜日にヘロヘロになって金曜夜練でもヘロヘロになって、半分死んでる足に鞭打って、本気で追いました。Noseさんも集団からは飛び出してはります。そのうち追いつかれるだろうから、僕は行けるところまで行こうと。。。。
じわじわと差が詰まってきていました。そらあのスピードでずっと走ってるんだからね。。。。
こら追いつくなと思った次の瞬間、先頭変わってやがる!ずっとdoi君の後に居てたはずのT名君が前走ってんじゃん!やばい!と思ったのも一瞬で、遠目にも一気に差が開いていくのがわかりましたね!後ろを振り返ると、Noseさん大分追い付いてきてる。待って2人で行くか?その間に離れていくのを容認せずに、単独で行くか?
後者を選択。本気で踏みました。。。。。
でもちぎれました。。。。は、もう足死んでましたね。。。。
Noseさんに追い付かれたあとは、Noseさんの後をドカドカと。。。。
流れ橋で待っていた2人に聞くと、後ろ見たら追いかけてくるのが見えたので、2人で逃げたそうです。そらあかんわ。。。。。あんた等が本気で逃げたら追いつかへんわ。。。

ここから嵐山まではみんなで行きます。気持ちのいい季節です。
c0107075_2136995.jpg

c0107075_21361778.jpg

30km/hくらいで巡航します。気持ちええわ〜


c0107075_21362536.jpg

嵐山のコンビニで大休止。



ここから、T名君とNoseさんでツーリングに出かけます。
超混みの嵐山を抜けて、鳥居本から六丁峠を登っていきます。ここは距離はそんなでもないけど、まあまあ勾配きついので、結構しんどいです。ここを越えると保津峡ですけど、途中の展望のいいところや、旧保津峡駅で自転車を駐めて景色を堪能しましたよ。
“ツーリング”やからね!
c0107075_21405580.jpg

(渡月橋脇からのショット。法輪寺の塔も見えて逆光と違ったらキレイなんやろうなあ)


c0107075_21421171.jpg

(人力車の横を走ります)


c0107075_21423012.jpg

(六丁峠登り口の“鮎茶屋つたや”到着)


c0107075_21424319.jpg

(茅葺き屋根に新緑が映えます)


c0107075_21431040.jpg

(あと1時間くらいでここも人で埋まるだろうに。。。)


c0107075_21435952.jpg

(眼下に見える保津峡を堪能する2人)


c0107075_21443456.jpg

(偶然やってきたトロッコ列車を12倍ズームで。。。)



保津峡からは、延々登っていきます。樒原の手前までしっかり登っていきます。大好きな水尾の集落でちょっと停まって写真撮っただけで、あとはずっと登って増した。僕は水尾のその先でちぎれました。。。。。あんた等速すぎ!
c0107075_21445214.jpg

(大好きな水尾で。。。写真にするといまいちやなあ。。。)




樒原〜越畑〜神吉とええ感じの集落を過ぎていきます。
c0107075_21555415.jpg

(越畑の素敵な民家は外せません)


c0107075_21562737.jpg

(廻り田池の畔を快走します。)


神吉から周山までは下りだす!林間の道を車の後でちんまり下っていきます。
この神吉から周山への道ですが、普通に真っ直ぐ走って行くと、一つ丘を越えさされます。この丘が結構しっかりした丘でして、前に来た時にえらいいややった記憶がありました。途中で、ちょっと右に行くと、距離はちょっと長くなるんですが、川沿いにそんなにしんどくなく走れる道があって、今日はそっちを行きました。


途中で、休憩。
c0107075_21563661.jpg

(吊り橋を前になにやら話してると思いきや、この橋架けるのに何ぼかかってんやろ?だと)


c0107075_21564513.jpg

(ここでも目に眩しい新緑が。。。)



周山で大休止&補給。何とT名君はボトルさえ持ってなかったのです!僕もここで嵐山で買ったパンを食べてこの後に備えます。
Noseさん、おにぎり2コ完食。
補給したあとはゆっくり走ります。これがツーリングや!。。。。。。。
暫く行くと、後で“チャー!”とフリーの音が聞こえ出します。風はほとんど無かったのですけど、まああまりハアハアしない程度に抑えて漕いでましたけど、後はハアハアしたくて堪らないようです。まあ、変態ですからね。。。。
僕の後を走っていたNoseさんに“先行ってもらっていいですよ。トンネルの先でペースダウンして下さい。”というと、“いやいや、そんなん。。。。”といった瞬間ダッシュ。なんじゃそりゃ!
当然T名君も行く。一応、僕も頑張ってみる。

ああ、やっぱりこうなるんか。。。。。しんどい。。。。。
あ、T名君先頭行きよった。。。。ああ、ペース上がってるし。。。。。
頑張ってついて行きましたが、途中でちぎれてしまいました。がしか〜し、大布施で右折せんとあきません。この二人はほっといたら間違いなくスルーしよる。僕は、ここでスーパー頑張りました。とりあえず、最低でも声の届く範囲まで近づき、
“ペースダウンせえ!”
と。。。。Noseさんは気付いてくれたけど、T名君が行っちゃう。あとはNoseさんい任せようっと。。。。
無事、T名君も気付いてくれて、大布施を右折。花脊峠へ向かいます。
登りに入った瞬間僕は思いました。
“花脊までちゃんと乗って登れんにゃろか?”
かなり足キテマシタ。。。。
すると、T名君とNoseさん、そんな僕を一気にパスして、すっ飛んでいきました。
まあ、追いかける気もないので、僕はマイペースを決め込みましたけど、2人のスピードはそれはそれは。。。。。
せっかく花脊別所町の雰囲気を見せたろうと思ったのにね。。。頂上まで8kmほどですけど、10分くらい離されましたね。途中停まりまくって写真撮ってましたけど。
c0107075_21581055.jpg

(結構考えたアングルだったのに。。。。全然あきません。。。)


c0107075_2157253.jpg

(この場所ももう定点観測です。。。)


c0107075_2254183.jpg

↑の写真、今日はLUMIX TZ=7でしたので、<こないだのとどのくらい違うか撮ってみたかったのです。
。。。。かなり違います。。。当たり前か。。。。
ちなみに撮影データは、
こないだの: 1/200 F 5.0 ISO100
今回のは: 1/500 F 5.6 ISO400
でした。


c0107075_2254981.jpg

(ここでの写真も完全に定点観測化しました)


c0107075_225586.jpg

(頂上での2人。今日の温度計は22℃でした。。。暑い。。。)


頂上でちょっとおしゃべりしたら、市内までダウンヒルです。林間のあまり路面状況のよくない道をブレーキレバー持つ手が疲れるまで下ります。途中コンビニで食糧補給したりしつつも、一生懸命走ります。白川通りから川端通りを行きますけど、信号に捕まる率は8割くらい。。。。要はスピード出してないとギリギリでひっかかるわけです。じゃあ、ダッシュしたらいいじゃん?と思うでしょう?そんなこと出来たらやってますけど、もうこちとら足無くなってますから、じわ〜っとしか加速できませんで、しかも市内に入ってからは我儘な車や歩行者や。。。。
何で俺を抜いた直後に左寄って停まるんじゃ!嫌がらせか!
何で、こっち見て自転車来てるの確認してから出てくるんじゃ!お前の目は腐ってるんか!
数々の信じられない体験をしつつも伏見まで帰ってきました。
別にスルーしてもよかったんですけど、一応、大河ドラマやってますからねえ。見とかんと。。。。寺田屋。。。。写真撮らへんかったけど。。。。
c0107075_226720.jpg

(大倉記念館裏の道を走るT名君)


c0107075_2261510.jpg

(同じくNoseさん)



あとは、R24に平行する旧街道や裏道を繋いで何とかかんとか城陽まで帰ってきました。
山城大橋を見た時は、妙に感動しました。
c0107075_2262431.jpg

(山城大橋まであと数キロ、かなり帰ってきた感はあるけど、足が。。。)


自転車道に入ったら妙に風を感じてアベレージ上がりません。。。後の2人はもう道わかってるはずやけど、前出てくれません。気持ちは凄くよくわかりますわ。
気付けばT名君片足ペダリング!
そういや、左膝痛いって言ってたけど、大丈夫かいな?
光台への登りはもう歩道走りました。何とかインナーは使わんかったけど、そらもう。。。。
完全にゾンビみたいになってゴールしましたね。

T名君、Noseさん。今日はつきおうてもらっておおきにね。
全身強ばってます。首は上向かない。。。。
シャワー後に思いっきりスポーツバルム塗りましたわ。
T名君。鈴鹿までちゃんと膝ケアしてね!
Noseさん、彼女に、“まえださんに引きずり回されてヘロヘロや”とか、嘘を言わないように。
僕は、何もしてない!ちょっとツーリングにお誘いしただけ。。。。。


また行きましょうねえ。



おわり




本日のベストショット
[PR]
やっと休みにありつけました。
本当は、昨日の晩は飲み会やったんですが、野暮用が入ってしまいまして、行けなくなってしまったわけで、でもそのお陰で、今日は自転車乗れました。。。。

今日のお供は、ここのところあまり乗ってなかった『CARRERA PRIAMO RACE』だす。
c0107075_16264652.jpg

乗ってなかったのには理由があって、リムフラップがとてつもなくやばかったのです。昨日やっとこさ交換しましたので、こいつも復活です。



行き先は全く決めてませんで、家を出て気の向くままに走ります。
加茂まで走って、当尾に登っていきました。。。。。


c0107075_16281771.jpg

ああ、青い空に旧家の屋根という構図は何とも言えません。。。。


青い空の元、気持ちよいのですけど、それとは裏腹に、増えている体重だけはどうしようもなく、プリアモはコンパクトクランクなのに、しんどいです。
岩船寺を過ぎて、いつものミロク辻で休憩しました。

c0107075_16311661.jpg

実際はもっとキレイなのですけど、写真になるとダメです。さらに圧縮すると、もうダメダメです。。

県道33号で狭川に出る途中で、チューリップ畑発見!
c0107075_16365192.jpg

う〜ん。。。やっぱりデジイチとの差は大きいなあ。。。。


狭川からは白砂川沿いに走ります。
c0107075_1637279.jpg

こんな景色を見ると、もう間違いなく春やと思いますけど、こないだみたいにまた騙されるやもしれん!

c0107075_16371646.jpg

日差しはとても暖かいのですけど、風はまあまあ冷たく、冷たいだけじゃなくてきつい!暴風やないか!


大柳生に八重桜並木がありました。
c0107075_16411739.jpg



大柳生からは県道47号を走ります。
取り付きは結構な勾配ですねんけど、まあ、登っていける勾配なんですけど、すいませんけど、風何とかなりませんか。。。。僕はダンシングしたいのだよ!ダンシングしようとたった瞬間に吹き飛ばされそうになります。これは最大の武器を封じられたも同然。。。。インナーローにまで落ちたギアを恨めしく思いつつ激坂部分クリア。。。。。
c0107075_16413119.jpg



この県道47号線は昔にUGの兄♭♭♭さん主催の大和高原ランの時に教えてもらって以来、よく走ってます。雰囲気がええのです。坂道のある北山みたいな雰囲気というのか何というのか。。。。
好きですこの道。

c0107075_16414977.jpg

ああ、青い空に旧家の屋根という構図は何とも言えません。。。。第2弾


ヘアピンを曲がると、わ〜お!空しか見えない!
c0107075_1642679.jpg

今日のベストショットです。


矢田原からは県道186号を行きます。前にS木さんと走ったところです。ここも取り付きがイヤなのです。。。。まあまあきつい勾配が直線で、グワ〜ンと。。。。
でも、今日は、目に痛いほどの新緑が気を紛らわしてくれましたです。
c0107075_16502276.jpg


僕は、紅葉も好きですけど、新緑の季節が一番好きなのです。元気出ません?新緑見てると。。

えっちらおっちら登り切って、バキューンと下ると福住です。
途中でなんかええ感じやったので、停まりましたが、やっぱりデジイチでないと。。。。
結構離れて、望遠にして尚かつポートレートモードにして絞り開放してるんですけどね。。。。。
c0107075_16503534.jpg





今日は、ここからが地獄でした。
福住から天理ダム経由で天理に降りて、天理からは西進して安堵町から富雄川沿いに北上するルートを選んだんですけど、

風!

何ぼほどきついねんな。。。。天理ダムからの下り、結構な勾配やのに、踏まないと失速しました。確か8%程あったと記憶してますけど、さらに、これが横風になると、もう怖いのなんの。。。。
暴風はさらに続きます。。。号泣(━┳━○━┳━)
完全に向かい風です。。。。号泣(━┳━○━┳━)
車の多い市内を何とか無事にクリアして、佐保川沿いから大和川沿いと走ります。
もう、足動きません。。。。メーター動かしてなかったから何キロ出てたのか知りませんけど、時速10キロくらいしか出てなかったのでは?体感的には40キロ以上でもがいてましたけどね。。。。

斑鳩手前で、道は北に向きます。俄然アベレージが上がり始めました。車にもほとんど抜かれず、快走。このまま一気じゃ!
と思いきや、小泉辺りからま〜た向かい風?こっちはちゃんと北上してるんやから、これは風向きが変わったのか。。。。矢田丘陵の陰に入ったからなのか?どっちでもいいわ。。。。しんどい。。。

SRで、休憩して帰りましたけど、足の疲労感は半端ないっす。。。。

c0107075_16504211.jpg

大和川沿いの菜の花がキレイでした。というか、風に負けて停まりたかったんです。。。






おわり。。。。
[PR]
さあ、いよいよ、ぶらぶらツーリングも最終回を迎えました。(誰や喜んでるのは。。。)



京都会館を後にし、導かれるままにハンドルを向けた先にはまたまたフラッシュバックポイントがありました。
c0107075_2334495.jpg



“六盛茶庭”
“ろくせいさてぃ”と読みますねん。

京料理手桶弁当で有名な“六盛”がプロデュースしているフランスのお菓子であるスフレの専門店です。
僕個人的なおすすめは“バニラスフレ”だすよ!

僕が大学生の頃に開店したお店です。車が停められないので、そんなに混んでなくて、僕が行ってた大学は大阪でしたけど、よう車でここまで来てました。
スフレ専門店って、そうそうないので、女の子はみんな喜んでました。にゃはは!

もちろん今の女房も連れてきたことあります。やっぱり女房を連れてきた回数が一番多いです。

本家の六盛はよういかんかったです。高そうだし!

まあ、フラッシュバックってほどのもんでもないですな。。。。。正直たまたま通りがかっただけというところでしょうか。。。



岡崎公園を後にした僕が向かった先は白川通りですが、今回は白川通りを越えてちょっと坂を登っていきます。
ここまでフラッシュバックしまくりのツーリングだったので、ついでに高校生の時の甘い思い出に浸りに行きましたのです。
坂の中腹には川が流れておりまして、南禅寺から銀閣寺までの間に“哲学の道”なる散歩にぴったりな道が続いています。
c0107075_23153855.jpg



受験を控えた高校3年生。勉強もせず彼女作って喜んでました。友人の紹介というかグループの中に生まれたカップルやったんですけど、クリスマスイブにここへ来ました。
あの時は確か、朝から今は無き東宝公楽でゴーストバスターズ見て、階段降りてきた下にあったグラタンかドリアかの店でシチュードリア喰ったぞ!その後バスに乗って哲学の道へ行ったのですわ。(我ながらなかなか記憶力よろしい)
哲学の道で手繋いで、寒いからって僕のジャンパーのポケットに一緒に手突っ込んで。。。。恵美子ちゃんは眉間に小さなほくろがあって、それをじっと見てると赤くなってうつむいて“恥ずかしいから、あんまり見んとって”とかって言われたなあ。かな〜りドキドキしました。。。。銀閣寺まで歩いて行って、中入ったんやったっけ?
そうそう、帰りにバス待っていたら雪が降ってきて、二人で大喜びしたっけ。まあまあロマンチックな夕暮れどした。その後。僕らは恵美子ちゃんの同級生の家に行きました。彼女の家っていうのが教会で、クリスマスミサやってるからって行ったのだよお。小さなロウソク持って、お祈りして、賛美歌歌って。。。
ロウソクの暗い光に浮かぶ恵美子ちゃんの横顔にときめきました。

多分、僕が今まで生きてきた42回のクリスマスイブで、あの日が一番クリスマスしていたと思いまふ。






さあ、何時までも昔の思い出に浸っててもいけません。
時計を見ると、そんな事してるから、峠へ行く暇がなくなっているじゃないか!
う~ん。。。今日はこんなしょぼい負荷しかかけられないのか?
岩倉~市原~上賀茂とほんのちょっとですけど、ハアハアするように走りました。本当は雲ヶ畑~持越峠を走りたかったんですけどねえ。。。。。途中遊びすぎました。



鴨川もここら辺は非常にのどかです。
c0107075_23155081.jpg







12時ちょい前に待ち合わせ場所に着くと、

おとーさーん!

とチビの声!

ジャストで女房も到着でした。


やっぱり僕らは以心伝心やわねぇ〜。夫婦やもん!

“愛してるぜぃ!”






おわり。
[PR]
ぷらぷらツーリングのレポート第2弾です。というか続きです。。。






跨線橋で電車を眺めながら、女房に“祇園へ遊びに行く!”宣言かました僕は、“おきばりやす”の激励の言葉を胸に鼻の穴満開で祇園に向かいます。




途中で、ふと横を見ると、どでかい神社が鎮座ましまし、フラフラと引きつけられるように曲がってしまいました。
c0107075_22231029.jpg

何かを引きつける力を持っているのか、それとも“開ききった鼻の穴を鎮めよ”と言っているのかは知りません。でも、さすが京都の延喜式社のパワーはかなりのもんがあると思いますですはい。豊国神社でした。


七条通り、五条通を越えて、ドキドキしてきましたあ。
四条を越えるとそこは花の祇園だす。

ええのう!ええのう!柳の枝垂れっぷりが何ともよろしい!
c0107075_22232151.jpg


石畳でパリ・ルーベ気分を味わいつつ、先に進んでみます。




よくパンフレットに出てくるのはここかな?
c0107075_22233383.jpg




ええやんかいさあ!ええやんかいさ!
ロード装束で、靴もカチャカチャ言わせながら、あっちうろうろこっちうろうろ、
外人観光客も、このロード装束の怪しい奴にゃあ近づきませんので安心(?)です。
c0107075_22235392.jpg

c0107075_2224518.jpg

c0107075_22242246.jpg





思う存分“祇園で遊んだ”後は、白川沿いに三条通に出ました。
c0107075_22243591.jpg

(この道も短いけど、なかなかええ雰囲気です)




ちょっと東に向かって走って岡崎公園をプラプラしながら丸太町通りへ向かいます。
c0107075_22245393.jpg

途中で通った京都会館だす。

お~っと!再び記憶がフラッシュバック!

読みたいの?知りませんで。。。
[PR]
今日は、12時に宝ヶ池で女房子供と待ち合わせでした。こないだのちょこっと書きましたけど、うっとこの子供はチアダンスチームに入っとりまして、今日は、どこぞの学校のアメフトの試合のハーフタイムにチアダンスを披露するそうで、それが、宝ヶ池やったわけです。前々から“おらあ、自転車で行くから、あんたらはステージアで行きなさい!”と宣言してましたので、朝から走りました。

ちなみに、最初はランドナーで行こうと思ってたんですけど、昨日、完全にすり減っていたロードのクリートが新品になったので、うれしがってプリアモで行ってしまいました。

一応、朝はみんなと合流。
c0107075_2215459.jpg

(何と、今日は10人以下!こんなん最近じゃああり得ない!)


CRをみんなと一緒に走って、峠に向かうみんなとバイバイして、僕は一人で旧街道に入ります。
旧街道って、数百メートルおきにお地蔵様の祠があったりして和みますけど、妙に車の多いのも特徴です。
で走っていると、昔のことがフラッシュバックしました。


c0107075_22175336.jpg

このマンションの建っているところは昔は湿地帯でした。。。。。。。。


僕は小学校の3年生くらいの頃に、耳垢のでっかいのが溜まったことがありました。どうも昔に入れられた綿球が残ったままだったというのが真相だったような気もしますが、取ってもらう時の激痛や、今でも“ヒ〜ン。。。”となってしまいます。。。。。
まあ、その後なんべんもその耳鼻科に通ってたんですけど、その帰り道にここを通ってたんです。
この湿地帯は結構広くって、かなりでっかいアメリカザリガニがめちゃくちゃに仰山いてたのです。地面に深い巣穴を掘って一番奥に潜んでました。ここにおもむろにぞぼっと手をつっこんで、奥の方のザリガニの腕をつかんで引きずり出すわけです。当然はさみで思いっきり挟まれますが、そこは我慢して引っ張り出すのです。巨大はやつをゲットした時はそれはそれは大喜びで、隣に建っているスーパーの裏手に捨ててある缶とかに入れてそろそろと自転車で持って帰ったもんです。家までは5キロくらい。その間に水はこぼれ、家に着く頃にはザリガニは瀕死状態。。。かといって缶に入れる水を多くすれば、自転車を操りにくいわけで、このあたりの調整が難しかったです。。。。。。。。

何の話やねんな!




ここで結構ノスタルジックになったので、僕が小さい頃非常にお世話になった駅に行ってみました。かの四国ツーリングのスタートもここだったしゴールもここだったです。
c0107075_22271023.jpg


当時とほとんど変わらないたたずまいで、駅前には大きな木が“デン!”と立っています。
駅舎自体は、モルタルかなんかの塗りに変わってまして、改札だって、最新の自動改札になってましたけどね。“ああ、ここに転轍機小屋建ってたよなあ”とか、“ここトイレやったんちゃうん?”とか思い出していると、ああ、甘酸っぱい記憶がフラッシュバック!

書いちゃうよ!
小学校の3年生の時の話です。僕のクラスに操ちゃんというかわいい女の子がいてました。まつげが長くって、瞬きをするとその長いまつげが思いっきりパチパチするのに釘付けでした。ブルーのオーバーオールスカートがよく似合ってました。2学期の席替えの時、偶然隣になっちゃって、そらもううれしかったです。今みたいに、男の子と女の子が仲良くしているとすぐに“ひゅーひゅー!恋人恋人!”とからかわれる時代やったので、あえてあまりしゃべらないようにしてたような記憶があります。一方、僕は、毎週土曜日、学校から帰ると(昔は土曜日も学校ありましたやんね?)、この駅まで2キロほどをてくてく歩いて、隣町までディーゼルカーに乗って、市民会館の中にあった図書館に通ってました。片道20円(子供料金ね)なので、いつも50年玉を握りしめて通ってましたが、結構長続きするので回数券なんかも買っちゃったような記憶もあります。ある日のことです。いつものように“行ってきまーす”と家を出て10メートル。大通り(言うても幅5〜6mくらい)に出た瞬間、“わっ!”と驚かされました。なんと操ちゃんが操ちゃんの弟と一緒に居てたのです。操ちゃんは僕が図書館に行くのを知っていて、弟と自分の電車賃100円を握りしめて僕を待っていたのです。僕は何時の汽車に乗るとかは決めてませんので、結構待ってたんとちゃうんかなあ?それともほんまにジャストタイミングやったんかなあ?それは良いとして、操ちゃんの家から僕の家までは1キロくらいあるねんけど。。。。。うちから駅までの途中で操ちゃんの家通るねんけど。。。。
何しかそれからは毎週一緒に図書館通いしてました。友達に見つかったら嫌やなあとかいつも緊張してたのを覚えてますわ。結局は早佐君に見られてましてんけどね。。。。
手繋いだんかなあ?なんにしても、これが僕の初恋というか、何というか。。。。間違いなく両思いの関係やったと思われ。。。。。
ちなみにこの恋は、僕が4年の時に近所に出来た新しい小学校に転校することで終わりました。。。




さ、淡い初恋に後ろ髪を引かれつつ、自転車を走らせます。
“どこ行こうかな。。。。”
“そうや!昔、目の前まで行き着きながらもゲットできひんかった槇島村道路元標を見に行っちゃおう”
今回はどこにあるか解ってますので、一目散に。。。。道間違えました。。。。
c0107075_2321211.jpg

ああ、立派立派!!


ここら辺までは京街道を北上してたんですけど、ここより奈良街道にトラバース。。。。奈良街道って、大阪と奈良を結んでる道という感覚ですけど、僕にとっての奈良街道って、山科の方から醍醐寺の辺通って、宇治を経由していく道という感覚です。
で、今回は木幡あたりからこの奈良街道に入りました。目に入るのは、コレデス。
c0107075_237562.jpg

これは旧陸軍宇治火薬製造所引込線跡です。


結構有名で、しっかり残ってます。上にも上がれるみたいですけど、ロード装束でそれはちょっとね。。。




突き当たりに高札場跡の石碑がありました。
c0107075_2314994.jpg

六地蔵って、宿場町やってんね。。。。知りませんでした。。。。地名の由来に間違いない六地蔵はどこにあるんかなあとか言う疑問は。。。。僕の場合、今書いてる時にわきました。なので、突っ込まないでください(笑)
廃線跡かあ。。。。。ここで閃きました。あるんです、この近所に非常に興味深い廃線跡が。。。


解説しちゃいましょう。


突然ですが、東海道本線は大津を出ると、逢坂山トンネルを抜けます。実はこの大津付近の線形も今と昔では微妙に違うそうですけど、それは今回はスルーします。何しか逢坂山トンネルを抜けた後、今はそのまま西進して山科に向かいますが、昔は南西に進んで今の名神高速に沿うように進んでいきました。現在の奈良線の稲荷駅あたりに合流して、京都駅に入っていたのですね。要は、東山の山塊を南に迂回していたわけです。
さらに面白い事実があります。奈良線が開通したのはWikiで検索してみると明治28年とあります。開業区間は京都〜伏見!!!
“伏見?”
そうなんです。今の近鉄京都線の京都〜伏見の区間は元々官営鉄道の奈良線やったんです。桃山駅から北に向かう奈良線の線形は不自然に右(東)にカーブしてますが、まっすぐ進むと、あら不思議、近鉄京都線の丹波橋〜伏見間に直線で繋がっちゃうんです。。。
最終的に大正10年に東海道本線の東山トンネルが開通して、旧線は廃止。おそらくは伏見稲荷への参拝客の便宜を図ったのでしょうが、桃山〜稲荷の新線を開業して、桃山〜伏見間は廃止されました。
はあ。。。語ってしまいました。

c0107075_2338219.jpg

なんしか、この道、昔は汽車が走っていたというわけです。結構勾配きついです。関西鉄道大仏線もそうでしたけど、急勾配な線形は淘汰されていくのは仕方ないです。

c0107075_23414995.jpg

この写真の右手前から走ってきた線路は、ここからカーブして左斜めに入っていく道へと続いていたと思います。なぜか今日はそっちには行ってませんけど、車では昔よく走った道です。


ここで、また昔の出来事がフラッシュバック。
25年前になりますのかな?免許を取って、僕は家の仕事を手伝うというか配達してました。その時に今日自転車で走ってきた道を車で毎日走っていたんです。この交差点ではいつも渋滞が発生していて、鬱陶しい思いをしていました。ここの道、右手前からの道がメインルートなんですけど、平行して旧道も走っています。赤い車が向かう右斜めに入る細い道がそうです。こっちを通ればそのまま左の道に入っていけて、稲荷への近道なんです。でも、この旧道、朝は8時から9時までは歩行者専用道路。9時までは通れないのです。ある日のこといつものように渋滞が発生して、鬱陶しい思いで待ってましたが、前の車が旧道に行きよりました。“あ、今、8時50分やぞ!まだ9時なってへんやんか”と思いましたが、ほんの数十秒後、僕も旧道に入っていったのです。
その数分後、僕は通行禁止違反容疑で青切符を切られてしまいました。初めての違反でした。。。

多分一生忘れへんねやろうなあ。。。


蛇足でございました。。。。



直進すると、琵琶湖疎水がおます。
c0107075_2352857.jpg

この風景、小さい頃に見た記憶があるんですけど、どんなシチュエーションで誰と見たのかは覚えていません。
ここから僕が4才くらいまで住んでいた家は近いので、多分、藤森神社のお祭りかなんかの時に、家から歩いて行ったんだろうなあ。。。。


奈良線の稲荷駅に着きました。この稲荷駅はさっきも書きましたけど、元々は東海道本線の稲荷駅なのです。ここは有名なランプ小屋があります。東海道本線開通時の物で明治13年築やそうです。
c0107075_0123.jpg

ランプ小屋って何やねんとお思いですか?


解説しましょう。

昔々も大昔、明治時代の列車の照明って何でしょう。電気?んなもん、平賀源内がやっとこさエレキテル発明してからそないに経ってませんがな。。。
オイルを燃やしてともすランタンやカンテラで車内の照明にしていたそうで、主要駅にはこれらを保管しておき危険物倉庫として煉瓦作りの小屋が設置されてたんだそうです。
ほんでもって、この稲荷駅のランプ小屋は日本最古の鉄道建築物なんだってよ!
何か凄い!

ついでと言えば怒られそうですけど、伏見稲荷大社!!!
c0107075_092266.jpg

伏見稲荷と言えば、長岡先生です!長岡先生んちの道場はどの辺やろうなあ。。。。。








ま、冗談はさておき、道をどんどん進みましょう。
JRの線路に道を阻まれました!
c0107075_0114767.jpg

仕方ないので、跨線橋を担ぎ上げます。


この跨線橋上はなんや撮影スポットのようで、てっちゃんと覚しきお方が3名ほど。
邪魔しないように、僕もてっちゃんします。
c0107075_0151528.jpg

(もう、ここまで来たら、あんなにたくさんある線路もノーマルの複々線に戻ります。左の端っこのは新幹線ね))

c0107075_016468.jpg

(大好きな、国鉄色485系非貫通型の雷鳥じゃ!)



c0107075_0205468.jpg

(117系オリジナル塗装!草津線からかなあ?)





c0107075_022218.jpg

何やねんな?この写真は?とお思いか?
解説しましょう!(もういいって?)

これは、ロングレールの継ぎ目だす!
最近の線路はほとんどこのつなぎ目になってきています。
本来、線路の継ぎ目は、熱膨張を計算に入れて少し隙間が空いています。ここを車輪が通過する時に、“ガタンゴトン”という音がするのです。ちなみに、ガタンゴトンは2軸台車の車両で鳴る音です。1軸の貨車やったら“タンタンタンタンタン。。。。。”となるし、3軸台車を履くマイテなんかやったら“ガタタンガタタン”になるんかな?
何しか、最近の電車って近鉄でもあまり“ガタンゴトン”って音しないでしょう?あれは、ロングレールやからしないのですよ。ロングレールの継ぎ目は斜めにずらしてあって、暑くなって線路が膨張しても斜めに伸びるので大丈夫。逆に冷たくなって縮むのも同じと言うことになります。
この写真を見てて、ロングレールを考えたやつはえらい!と思う僕なのでした。





そんなことを思いつつ、女房に電話してみると、まだ家に居よりました。あれ持ってきてくれなとか一通り話した後“この後はやっぱり峠越えするの?”と聞かれ、僕は、ちょっと前から考えていたことを話しました。

“これから祇園へ遊びに行ってくるわ!”と。。。。。



女房曰く、

“おきばりやす”



うまい!





つづく。。。。
[PR]
おいらの新しい携帯は1000万画素だす。
LEDストロボなんかも付いちゃってたりなんかします。

夜はどんなかなあ?
と練習中に撮りました。。。。。。。。。。
c0107075_22562572.jpg



オートフォーカスちゃうんけ!ごるぁ〜!
[PR]
今日は、久しぶりにS木さんに揉まれてきました。

コースは、、、、あまりのきつさに。。。。五月橋インター、布目ダム、一台峠くらいは覚えてますけど。。。。。

夕方からの仕事がまたきつくって。。。。内容濃すぎでへろへろ。。。さっき、2階に用事があって、階段降りるとき、転けそうなりました。。。。。

S木さん、また遊んでやってください。
[PR]
木曜日の丹後へのツーリング、ゴールは由良ではありませんでした。実はあのあと、天橋立まで走りました。
不思議なことに、由良駅で長いこと物思いにふけったあと、自転車にまたがり、15キロほど走ったわけですが、あんなに痛かったお尻も全く大丈夫になり、あんなにつらかった足もびっくりするほどよく動きました。セカンドウィンド吹きまくり!!!
お尻にもセカンドウィンド吹くんや!
途中、栗田峠を越えましたけど、ここも一気に上っちゃえました。ふっしぎ〜〜〜!!
c0107075_22103254.jpg

(ツーリングマップルには“夕日に染まる天橋立”と書いてあったけど、たいしたことない。。。)


栗田峠を越えると宮津。宮津から天橋立はすぐです。
小橋立から回旋橋を渡って大橋立へ。。。。。
c0107075_22104433.jpg




天橋立の駅の隣は“知恵の湯”という温泉。
自転車をばらして輪行状態にしてからフェンスに鍵でくくりつけておき、入りに行きました。
平日の昼下がりですから、貸し切り!天橋立自体は観光客多かったんですけどねえ。。。。
お湯は、海水を温めたみたいな感じ。。。。。最後はしっかりシャワーしないとベタベタですわ。。。

切符売り場で帰りのダイヤを相談します。僕としては、一気に京都を目指したいところですけど、その列車は17時57分発のタンゴディスカバリー4号。。。。そんなに待ってられへん。。。
で、16時03分発の西舞鶴行きに乗って、西舞鶴でまいづる10号に乗り換えすることに決定!
で、切符を買うわけですけど、自転車持ってる僕は端っこのシートをゲットしたいわけで、その辺を伝えたわけですが、切符売ってるおっちゃんは面倒くさいのか、“自由席でも絶対大丈夫!”と指定席をゲットしてくれません!
“何でやねんな!指定でないと不安やんか!”
“大丈夫やって!んなもん、日曜日でもほとんど乗ってないのに!”
とおっちゃん。。。。
“そうか?ほんならおっちゃんの言うこと聞いとくわ。。。。”
と。。。。。

16時03分の普通列車(といっても単行やけど)で自転車で走ってきた道に沿って戻っていきます。
これは、栗田駅。僕がイメージしていたのはこんな感じやったんですけど、うまく写りませんでした。
c0107075_22105586.jpg

多分左手の草むしたところは留置線やったんだろうなあ。。。右手の線路は貨物ホームへの引き込み線で、傍には絶対に日通の営業所が建ってたと思います。Nゲージみたいです。



丹後由良を出て、すぐに、由良川鉄橋を渡ります。
c0107075_221186.jpg


列車は、まっすぐ走らずに、くねくねと。。。。全くローカル線って、楽しいわ!




c0107075_22111876.jpg

西舞鶴で、特急を待っている向かいのホームにタンゴディスカバリーが留まってました。本当はこれに乗りたかったけどねえ。。。。これに乗ると、京都までの道中は暗くなっちゃうので面白くないのだよねえ。。。
缶ビールをかっくらいましたけど、たった350ml1本でくらくらに回りましたわ。


さあ、まいづる10号の自由席はと。。。。。

へ?満員やん!切符売りのおっちゃん!がらがらや言うとったやんか!どういうこと!
女子高校生のクラブの団体さん居てるやんか!
列車が来てドアが開くやいなや、彼女ら黄色い声の軍団はどやどやと。。。。
速攻で、狙っていた席は占領され。。。。。どどどどうしよう。。。。。


チケットチェックに回ってきた車掌さんに交渉。
ラッキーなことに、指定席の方はその場所が空いていて、無事自転車も押し込むことが出来ましたとさ。
でも、指定席は途中で売れちゃう可能性もあるらしいので、もし来はったら直接交渉してくれって。。。綾部、胡麻、園部辺りまでは心配やったです。。。



そうそう、地図をアップしろと言われましたので、地図アップしておきます。
結構でかいです。

c0107075_21511952.jpg



今度こそ。。。

おわり
[PR]