<   2007年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

王滝以来、、、去年と同じく、やる気あんまし出ません。。。
ネタもあんましありません。。。
と、ネットサーフィンしてると。。。。

なぬ〜っ!という記事発見!

ディスカバリーチャンネルが解散することは既にみなさんご存じやと思いますが、別府史之選手の動向が気になってました。
何と、スキルシマノ!

不思議な気分です。。。
[PR]
先日、いつものように仕事帰りにショップで遊んでいました。すると、ご近所の某有名ビルダーのイ○ベさん親子が来はりました。ご子息は最近ジュニアでかなりブイブイいわしておられますので、ご存じの方も多いかと思います。
一通りダベッた後、イ○ベさんは言いました。
“まえださん、あれもう持って帰ってくれます?”。。。。。何のこっちゃ。。。
“あれて何ですの?”と僕。。。
“あれですやん。あれ。”とイ○ベさんニヤリ。。。。。。何のこっちゃ。。。
“ちょっと取ってきますわ”とイ○ベさんとご子息帰宅。
というても、車で片道10分ちょっとはかかると思われ、待つこと暫し。。。

“これですやん。。。。”とイ○ベさんが帰って来はりました。。。

c0107075_6415991.jpg

“げっ!!こここれは。。。”

続きを読む
[PR]
王滝は遠い!重々わかってます。
でも、僕の仕事は土曜日は絶対に休めないのでね。完全に予定通りに仕事が終わったとしても6時に出れるかどうか。。。。今年は6時半に出れました。
今年はライバル(といえるほどタイムは肉薄してないけど)のイナッチも土曜日仕事。。。途中、吉牛で“特盛卵けんちん汁”食って、ひたすらに王滝を目指しました。

ちなみに、先着隊は、前夜こんなことして遊んでいたようで、tamamo changとsuzue changはドン引きしていたらしい。。。。当たり前です!

。。。写真は削除命令が出まして、10/11削除しました。。。どうしてもみたい方は、SRへ行って下さい。

(ちなみに、以降の写真はtanda君 or nishiuraさん撮影です。僕は。。。デジカメ忘れました。)

何とか、11時過ぎくらいに宿について、空を見上げると“星出てんじゃん!”降水確率70%とか90%とかっていってたのに!tanda君+tamamo chang+U-Ritchey!さんの晴トリオのええ仕事に感動しつつ就寝。条件はイーブンやなイナッチ!。。。と思いきや、ウエストゲートないびきは作戦か?
お?寝れるか?と思った瞬間に、隣でガバッっと起きてトイレ行ったよなあ。。。あれもやっぱり作戦か?とりあえず、全然寝れなかったど。。。


起床時間の変更にすったもんだしましたが、さっさと会場入りして出走準備。朝の追加爆撃も済ませ、スーパーサイヤ人を探しますが、見つかりません。まだ、変身してないのかぁ?(いろいろあって、最後尾にいたそうです。。。)
めるびんさんや、シャケさん、ささやんさん、みーやんたちとも再会。おお!kusayaさん親子や、kantaさんも!(写真無いやんか!)

(120km戦士の僕とイナッチです)
c0107075_20301115.jpg



(100km戦士のtamamo chang。顔出しNGやったら言うて下さい!)
c0107075_20302111.jpg



うだうだしている間に、“ファ〜ン!”という何とも情けないサイレンが鳴りスタート!スタート直後は危ないけど、隙間を見つけて前に行かないとどんどん抜かれていきます。ここで後ろに下がると林道区間に入ってからはジリ貧の眠たい状態です。今年は第1チェックポイントまでのルートで崩落があったとかで、コースが13km程短縮されていました。いつもならいきなりグググッと登らされますが、今年は、だらだらと高度を上げていきます。

今年の120kmのコースプロフィールはこんな感じ。
c0107075_2030499.jpg

始めの赤っぽいところが今回の迂回ルート。通常、第1チェックまでは35〜6kmあるのですけど、23km程です。
で、間の色変わってるところは、120kmコースの周回コースです。気悪いくらいです。。。
後半の色変わってるところは、今年の変更されたところで、ここは全員走ります。距離的にはほとんど変わりなしです。



13km短縮されたとはいえ、始めに登らされるのは同じで、今年もやっぱり眠たくなってしまいました。Kantaさんは、最初のアスファルト区間で、ガンガン前に行ってはりました。“うまいなあ!”と、感心してしまいました。僕も!と、同じように真似しごんぼで前に行くことが出来ました。Kantaさんおおきに。
ドカドカと上っていると、突然そこいらで、“痛!”という声が聞こえてきました。蜂の群だそうで、結構周りで刺される人が居てました。僕の方にも寄ってきたんですけど、何もせずに加速したら、逃げ切れました。ああいう時はこっちから手で払ったりしたらやられるような気がします。
う〜ん、アドベンチャー!
ちなみに、表彰式の総合優勝者の談では“熊が出た”そうです!
ア・ア・ア・アドベンチャ〜!

ダートに入り、さらに登っていきます。毎年のことですが、この辺は全く記憶に残りません。ひたすらに眠たいです。後ろからtanda君が抜いていきますが、追いかける気力も無し!まあ、そのうちやる気出るやろという感じで進んでいきます。
前方にtakashimaさん発見。なかなかよれよれになってはります。ダブトラとはいえ、そないにふらつくと迷惑でんが!右から抜いていきましたが、しばらくすると抜き返されました。なかなか頑張りはります。少し長い目の下りに入って、例年のコースに合流したのに気付きました。ここで無茶すると肘が逝ってしまいますので、無理せずに。。。。
下りきって、チェックポイントに向けて登り返しです。ぼちぼち補給しないと。。。yabuさんが買ってきてくれたジェルボトルに手を。。。。空っぽ??。。。“んんんん?ベントボックスの中身わいな!!。。。あと、ソイジョイも4本入っとったがな。。。し、洒落にならん!6月のイナッチと同じやんか!”。。。でも大丈夫。ジャージのポケットにジェル4つと、キャメルバックの中にはゼリーを4つ入れてましてん。おもいっきり焦ってしまって、先のことばっかし考えていたら補給するのをころっと忘れてしまいました。
CP1で補給しようと走っていくと、スタッフの方が“120kmは左〜っ”と叫んでおられました。“おおお、おいらは120km!ここを左にっと。。。。お、下りじゃん!”。。。もう既に補給を忘れています。。。。すぐに前走者に追いつきましたが、まだ前半戦なのでそのまま抜かずに付いていきます。というか無理して抜いたらこけそうやし!もうちょっと路面が良くなったら補給しようっと。。。ドカドカと下っていくと、後ろにライダーの気配が、“え〜っ、先に行ってはったんですかぁ〜”とイナッチがバキューンと抜いていきよりました。こっちも一杯一杯で走っていたわけではないので、付いていくことにしました。これが怖い!“こんなんで曲がれんの?お、曲がれたラッキー。”“お!そんなラインで行くの?行けんのか?お、行けた。ラッキー。”。。。ほんまにそんな感じやったです。結局下のアスファルトまで離れずに付いて行けてしまいました。もう補給のことは完全に忘れています。
舗装路に入ったら僕のフィールドです。土砂降りの雨の中、MAX 55km/hで激走!前方にトンネルが。。。。何も聞いていなかったので、そんな大したトンネルちゃうやろと、そのままの勢いで突っ込むと、“ぎゃぁ〜〜〜、何にも見えへん!壁の位置わからへ〜ん!”アイウェアも一気に曇ります!とりあえず、フルブレーキングで止まりました。簡易のチカチカでかろうじて路面を照らして恐る恐る脱出。後方では様々な絶叫が。。。
あんなもん、投光器か何かで照らさないと!120kmの連中はライト持ってませんねんで!>パワースポーツさんよお!

更に道は下ります。ドカドカと下っていると、前からゼッケンを付けたライダーが。。。。“???”何で?ミスコース?え?ゼッケン4桁。。。42km?
*ほど(あ、なるほどと読んでください)、超遅刻した奴らやね。。。
ってトンネル内で会ったら間違いなく大事故やないけ!遅刻した奴らは120kmライダーが通過しきるまでスタートさすな!>パワースポーツさんよお!

さて、第1チェックポイントから標高差700mを下らされ、登り返しに入ります。
何でか知りませんが上からライダーが下ってきます。何で???ミスコース?どないしたん?何と、“ハチに刺されたので、戻ります。。。。”だって。なんとセルフディスカバリー!(蜂毒に対してアナフィラキシー起こるのならば、10分以内にもうなってるのとちゃう?)
うちのnishihataさんは蜂に刺されても完走しはったぞお!
って、それよか、120kmコースを逆走さすなよお!>パワースポーツさんよお!

この辺でもう足が無くなってきました。。。うだうだと登っていくと、イナッチも“僕もちょっとやばいですわ。先行ってください”と。。。ちょっとちぎれ気味です。けど、僕にも最悪の時が迫っていたのです。。。。。

へえこらと、700m登らんとあきません。。。イヤ〜になってしまいます。けど、去年というか予定通りのコースなら、あと2キロでゴールというところから登り返しなので、精神的にはこっちの方がええかなあとかブツブツ思っていると、イナッチがじわじわと追い上げてきました。“お?復活しよったか?”と、前を行くライダーからもちと遅れてきたような気がします。。。僕が遅くなってる。。。。???。。。。
あ゛〜っっっっ!!!補給忘れてた!お腹減ったかも!
そうです、減った時は既に遅し。。。プチハンガーノック状態です。痺れまでは来ていないので、イナッチに離されても後続にも抜かれても我慢です。
最悪!
ああ、雨まで降ってきて、この先何キロ走るんよ。。。。。
ジェル2本を苦しみながら押し込んで。。。。一昨年も去年も、補給無しでこんなに長時間走ってことないので、何が起こるか怖い!とにかく回復を待ちます。ここで無理をしたら、本当にやばいので。。。けど、回復してるのかどうかもわかんないし!
周回を終え、2度目のCP1を過ぎると、押し一徹のライダーが現れました。何人もいます。ん?見覚えのあるジャージが。。。。morowさんじゃん!こんなとこでもう押してますのか?“腰が逝っちゃった”ってそんな、岡八郎乗りするからです!って、そういえば、僕の腰は?お?既に逝っちゃってる?どうしよう。。。もういいや!もうネガティブなことばっかりふりかかってきます。2度目のCP1から先はほんとにびびりまくってました。でも、ポジティブなこともあるのです。バイクは最高です。シフトも決まりまくり!ギアセレクトもいいし、レーザーラモンもよく働いてくれてます。ビビリながら下っているライダーの横をバシューと抜いていくのは快感です。そんなことをしているうちハンガーノックのことも忘れてしまいました。


(これはCP1ですね。以後、文脈とはあまり関係のない写真を時々挿入します)
c0107075_2030024.jpg



三浦貯水池の辺りは天気も悪くて、見てもしゃあない!ひたすらにペダルをこぎます。路面は、凄まじいばかりのドロドロ状態です。この辺りからかどうかは全くもって覚えてませんが、フロントギアに泥水が掛かりまくって、凄まじいギア鳴りがします。ボトルの水を掛けるとすぐに止みますので、時々ボトルの水を掛けながら走りました。

c0107075_20293974.jpg


第2チェックに着くとめるびんさんが居はりました。Morowさんの話とかをちょこっとしつつ、ゼリーを2つ充填。腰のストレッチをしてから先へ進みます。
この辺り、いわゆる無限坂です。遙か上の方にこの先進むべき道が見えるところです。距離はそんなでもないので、イヤキチになっているライダーを横目に抜きまくりのポイントの一つですな。例年通り、この辺から段々と元気になってきます。

c0107075_20294814.jpg


今年は、この辺りから順位が気になってきました。100kmと120kmの違いはライダーの“思い”です。完走目的で走るライダーも一杯居る100kmに対して、120kmは完全本気モードです。僕はそもそも、100kmを6時間52分等といういう、しょぼいタイムでエントリーしてしまっていますので、ビリケツに近いわけです。120km最下位はいややあ〜〜みたいなことを考えながら、赤ゼッケンのライダーを抜いてはニンマリ、抜かれてはアセアセしてました。

c0107075_2029307.jpg


第3チェックに入り、ウィダー+朝バナナをジュルジュルと。もう、完全に足はなくなっているにもかかわらず、何故か足は動きます。前走者のラインを避けて、一気抜きとかも楽勝。どうなってるの?僕の足?周りが遅いの?とか考えているうちに、例年ならば“ここから10km下ったらゴール”のピークに着きました。今年はここを左に曲がるんか。。。。登りやん!ず〜っと登りやん!まあでも登らんとねえ。。。ゴールには着かないわけだし。。。登りではアイウェアが曇ってしまうので外します。下りに掛かるとまたかけるんですが泥だらけ。これをボトルの水で洗いながら走ります。雨が強い時は、雨が泥を落としてくれるので助かりマンボーです。けど、中途半端に降りますねんね。もう、最悪!前見えへんし!
c0107075_20292026.jpg

最後は、バイクにすべてを託して、ゴールまで下りきりました。

ゴール後、tamamo changを待ってから駐車場に帰りましたが、途中のアスファルトで爆走して自転車を洗車したようなもんです。
全身泥だらけですから、何とかしないと、風呂屋も飯屋も入れません。僕は考えたあげく、nishiuraさんと川に洗濯に行きました。2年ぶりに川でお尻洗いましたわ。
こんなスーパーな方もいました。名誉のために誰とは言いませんけど。。。逮捕されますよ!


。。。写真は削除命令が出まして、10/11削除しました。。。どうしてもみたい方は、SRへ行って下さい。


9/25の夜にパワースポーツのページを見るとリザルトが出てました。
やっぱりというか、第2チェックポイントまではダメダメです。第2チェックポイントからは結構いけてた様な気がしたんですけど、ここもダメダメです。。。
イナッチはというと、第1チェックまでが遅い!といっても僕よか速いけど。
原因というか理由は、体力的なこともそうですけど、精神面が非常に大きいように思います。
帰りの車でイナッチと話していたのですが、イナッチ曰く、“一回止まったら2度と走り出せないような気がしたので止まらなかった”そうです。
気合いがちゃいます!僕は甘ちゃんでした。
更にイナッチ曰く、“王滝は期末試験みたいなもので、やってきたことを試される場”だそうです。
僕とは、王滝に対する思い入れが全く違います。ショックでした。
来年こそは、ちゃんと自分で納得行くように走りたいと思います。

おわり。
[PR]
日曜日の朝練中に見つけた家の玄関だす!

僕のこのブログのタイトル写真は当然うっとこの家ですねんけど、表札やら、門扉やら、玄関のエントランス部分の作りといい、そっくり!

c0107075_2351792.jpg





ちなみに、王滝のリザルトが出ました。。。。
第2チェックポイントからは結構いけてた気がしたんですけど。。。。来年頑張ります。100kmですけどね。
ちなみに、スーパーサイヤ人は第2から第3のラップが異様に速い!金斗雲でも乗りましたか?

また、レポートアップします。
[PR]
王滝のリザルトがなかなか出ません。。。。

レポートは一応出来てるんですけど、リザルトからめて書こうかなとか思っているので、じっと待っているのですけどね。。。

走行しているうちに1週間が経ち、すりむけたお尻の皮も再生したので、久しぶりのロードに乗りました。3日乗らないと筋肉がやせ衰える体質なのに、1週間もペダルを踏まなかったわけで。。。当然じり貧です。いつもの峠道も、普段の8km/h落ちのスピードしか出ません。。。頑張ったら着いていけるかもしれないのに、それも出来ません。。。そういえば、去年も王滝直後は妙に脱力感があって、腑抜けていました。。。

それにしても、最近、みんなメチャ速くなってます。もう着いていけませんわ。今回はhattari君にもやられました。。。しかも僕は結構得意とする平地で。。。。トンネル怖いので歩道走ったんですけど、hattari君のグループは車道を爆走していきました。“ま、トンネル出たら追いつくやろ”と思いきや。。。是全然追いつかない!スピード結構出てるのに。。。hattari君やるやんけ!

宇治川ラインも、ハイスピードで駆け抜け、結局ほとんど脱落者もなく帰ってきてしまいました。どうなってるの?チームシルクロード???僕はちょっとしんどかったですけど?

練習後hattari君の談。
“こないだの王滝の時、tamamoさんにめっちゃ怒られたんです”
そういえばtamamo changは“hattari君!!私は100km泣きながら走ってるのに、何であんたは42kmを余裕で走ってるの!”とお怒りやったのですなあ。。。
さらに、、、
“suzueお姉さまにも、いっぱい言われたんですぅ”
なんと、hattari君はsuzue changには言葉責めにされていたのです。。。羨ましい。。。

で、頑張ったわけ?頑張れるねんやん!偉い!



写真は。。。
c0107075_10392311.jpg

出発前のドーピング現場証拠写真。ほんまに効くんか?


c0107075_10405998.jpg

hattari君の後ろにtakashimaさんが隠れている以外は全員見えてますな。人数多すぎ!



さて、昼から、僕は上のチビの“try trip”ちゅうイベントの送り迎えをさせられました。観光で奈良に来ている外人さんに、“あんたどこの国の人?どっから来たん?奈良はどうやってん?”などと大きなお世話な質問を英語で浴びせかけるという、英会話教室のイベントだす。
集合2時、解散4時半ですので、お父さんは高畑駐車場に車を止めて、前から気になっていた坂道を登りに行きました。
そう“鉢伏峠”だす。下ったことはあるのですが、その時に“ここ上るのって、辻堂トレーニングにええのとちゃうんかな?”と思っていたのです。で、行ってみると、撃沈してきました。39*25じゃしんどい!プリアモで行ったのに、途中足ついてしまいました。うじうじと新道を下っていると、一台のローディーが止まっていました。瞬間的にosakada君ちゃうの?と思ったんですけど、解りませんで、下まで下りて時計を見ると、もう1本いけそうな時間。。。そのまま引き返して、新道を上っていくと、さっきのローディーが下ってきました。やっぱ、osakada君じゃん!トレックのバイク変わった?5900USPがマドン5.9SSLになってない?
何にしても、鉢伏峠。。。新足で上ってみたいわ。

c0107075_10495849.jpg

[PR]
今年の王滝は雨でした。途中、半端じゃない雨が何度か降りました。
ダート率90%のコースで、路面もスーパーウェットです。泥はねは半端ではありませんで、途中、何度もボトルの水でチェンホイールの泥を洗い流しながら走りました。レース終了後は駐車場まで土砂降りの雨の中アスファルトを爆走しましたので、これでかなりバイクは綺麗になりました。
明けて17日。バイクをメンテしまして、タイヤ&ホイールを交換しようと、ショップに行きました。要は、練習用ホイールに履かせていたどうでもいいタイヤをミシュランのトレール遊び用のタイヤに戻したいわけです。さらに、メンバーの中には、ディスクパッドが無くなったものもいたみたいですので、その辺のことも絡めて、ちょっとしっかり見とこうかなと。。。

まずは、タイヤ交換。。。バイクをひっくり返してヘコヘコと。。。。
パッドはどうかいな?おお!完全に減りきっていると思ってたのに、残りまくってんじゃん!下りであんましブレーキ掛けへんかったからかなあ。。。ラッキー!

と。。。レフティーのクラウンブレード(何ていうんでしょ?)の裏側に水たまり?何で?
c0107075_19545236.jpg



よくみると、うん?ベアリングから染みてきてる?
c0107075_1955245.jpg




これを見てtanda君は自分のスカルペルをチェック!フロントシフト用のワイヤーリードを外した瞬間、“どば〜っ”っと茶色い水が。。。かなり茶色いです。それを見て、僕も。。。
c0107075_19551226.jpg


“どば〜っ”っと。。。


お、tanda君ほどは出ない。。。

BBをばらすと。。。。悲惨。。。
c0107075_1955213.jpg



必死で拭いて、歯ブラシでネジ山を掃除して、BBユニットも綺麗にして、スレッドコンパウンド塗って、クランク組み付け。

とりあえずは、雨水はだいたい抜けましたけど、これらはいったい何処から入っとるのか?ピラーかな?かなりしっかりグリスでシールしたつもりやったんですけどねえ。。。まあ、そこら中からでしょうねえ。。。


王滝走った人は、オーバーホールするべし!
レフティーは、ヘッドばらすのに専用工具いるだよなあ。。。。もう買おうかなあ。。。
[PR]
。。。。。走ってきました。。。。

今年は、なんや“崖崩れと、工事の関係でコースが若干変更になり、13km程短縮”という情報が、ウエストパレスさんから入ってきました。
先着している、我々のメンバーからの連絡は。。。。待ったくなし!薄情もんか!

15日の夜、土曜日仕事組の僕とイナッチは、11時過ぎに現地の宿着。
頑張って寝ようと思いましたが、某君のウエストゲートのようなイビキに笑ってしまい、全然寝れませんでした。3時起床。がしか〜し!コース変更の関係上、120kmコースの周回路も変更になっていて、これが42kmコースとかぶってしまい、スタート時刻が1時間遅くなるとのことで、起床時間も1時間遅らせて4時だって!聞いてません。全く。。。

そのくらいメールして来いよ!ゴルァ!

空けて本日、120km改め107km走ってきました。
アプローチの舗装路の登りで、ぐんぐん前に行くことが出来て、喜んでいましたが、第1チェックから120kmコースは周回路に入らされます。下っていると、イナッチが後ろからすさまじい勢いで抜いていきました。(そうです、ここまで先行していたのです)けど、今回はそう簡単には離されません。こっちも必死で着いていきますけど、それはそれは恐ろしい思いをしました。どこまで下らすんやというほど下ったら、舗装路の緩い下りです。ここで、ペースの上がらないイナッチをぶち抜き、MTBなのにDHポジションで踏み倒し、イナッチを半分ちぎったところで、前方に超暗く、超狭いトンネル出現!やばっ!と思った瞬間に突入してしまい。絶叫しつつフルブレーキング!イナッチに右足に突っ込まれながらも2人とも怪我無く止まれました。簡易のブルーのチカチカを持っていましたので、こいつを頼りに恐る恐るトンネルを抜けました。
急にコース変更すんねやったら、ライト貸し出しせえ!

ここからの登りがしんどかったです。アスファルトをドカドカ上らされ、ダートを延々上らされ、やっとこさ元の道に合流すると、さらに第1チェックポイントの直前までさらに上らされます。周回コースの辛さは走ったものでないと判らないと思いますが、非常に悲しいモンがあります。
ま、この周回中にイナッチにちぎられたんですけど、あとは延々一人旅。

そうそう。。。yabuさん、改めてパワージェル用のミニボトルおおきにでした。スタート1時間以内に、ベントボックスから飛んでいきました(号泣)。お代はちゃんとお支払いしますね。
今日の王滝のコンディションは、スーパーウェット。天候も雨。100kmのライダーを抜き抜きしつつゴールを目指しました。もう足無くなっているのを自覚していましたが、赤ゼッケン(120kmの証)を付けているので、しょぼい走りは出けません。ダンシングを織り交ぜつつ一生懸命走りました。今の僕の限界を模索しつつ、決して休憩とかしてません。遅くとも可能な限りペダルを踏み続けました。
と、抜いたライダーから“まえださん!”とお声かけを頂きますた。りくさんでした。
“あ、毎度。スーパーサイヤ人はどこ行ったんですか?”と聞くと、ずっと前の方走ってるとのこと。絶対ぬいたる!と必死に走りましたが、とうとう最後まで捕らえることはでけませんでした。(速いですやん!絶対練習の効果出てます!)
この辺で、チームシルクロードのレディースのエースtamamo changに追いつきました。ロードレースではかな〜りブイブイ言わしていた彼女も、さすがに王滝100kmの過酷さには参っていたようです。それでも健気にペダルを回すのを後ろから見た時にはちょっとセンチになってしまいました。“頑張れ!”しか言えない自分にがっかりしつつも、先を目指します。
第3チェックに着くと、エントリーしてないsuzue changがいてました。あまりに馴染んでいるので、ボランティアでスタッフしているのかと思ってしまいました。朝から豪雨の中、御岳ヒルクライムのコースを登り切ったそうです。あんたもすごいわ!
第3チェックからはコースが例年とは違います。いつもなら下って終わりの所、さらに延々と上らされました。どこまで上らすの?と嫌キチになった頃、道は下りに変わり、今度は“どこまで下らすんよ?”というくらい下らせよります。途中グレーチングがぽっかり空いていたり、危ないちゅうねん!tamamo changは大丈夫かいな。。。。
実は、僕の左腕は序盤にイナッチに着いて行った時に逝ってしまいまして、初めて王滝に出た時と同じで、非常に悲惨な状態になっていたのですが、ここは、バイクというかレフティーフォークが思いっきり仕事をしてくれました。100kmのライダーだけじゃ無く、120kmのライダーもばんばん抜いちゃいます!すっげえ〜〜〜!

ゴール前の平地に出たら、もうアウタートップ踏み倒しです。これをやったからと言って、リザルトに大きな変化はないでしょうが、余力の残る限り踏み倒しました。
コースは13km短縮されましたけど、本当に精神的にも辛かった。。。ゴールラインの先に、先にゴールしたイナッチをはじめとするメンバーの姿が見えた時にはちょっと泣きそうになってしまいました。電光掲示板の記録も確認せずにゴール!7時間30分は切ってると思いますけど。。。。知りません。。。

ちなみに。。。。めっちゃ気悪いですが、イナッチは年齢別で3位の表彰状をもらいよりました。

来年は舞台を100kmに戻して勝負じゃ!

教訓
120kmは二度と出ん!
[PR]
今晩出発です。
緊張を少しでも和らげようとつい買ってしまいました。。。

More
[PR]
バイクが完成しました。
さび付いていたベアリング交換。
大丈夫だと思っていた、去年王滝で走ってこの間ちょこっと走っただけの“走行距離120km”のRAZER MX 2.3はよく見ると、傷だらけ。このまま王滝をもう一回走るのはめちゃくちゃに怖いので、新品にしました。今度のはMX PRなので、もうちょっと耐久性に長けていると思います。
チェンも新品にしました。この間新品にしたけど、雨泥にまみれているので。。。
c0107075_2310594.jpg


明日まで屋根上保管。。。今夜は、降らないで。。。。降水確率50%
[PR]
今日の朝練は、王滝フルスペックで走りました。
c0107075_2221592.jpg

3リットルのハイドレーションに、ウィダー4つ、パワージェル5つ、固形の食料4本。あと、使わないけど、レッグウォーマー&ウィンドブレーカー。

いつもT船方面をちょっと走って、舗装路でいつも行く山の方に走ります。ロードでも走るコースなので、ロードと同じスピードを出したろうとか思うのですが、これが出ない(当たり前か)!!!山に入るとやっぱり虫につきまとわれます。こいつらを振り切るには14km/hのスピードが必要です。このスピードを維持することは不可能なので、一気に振り切らねばなりません。。。ここをぐるぐる回るのもいいんですけど、おもしろくないので、舗装路で犬しばき〜鷲峰山へ。
ここではロードと同じスピードが出ましたね。7km/hです!(しょぼ!)
茶畑で写真を撮った以外は止まりませんでしたけど、しんどかったっす。

c0107075_2223421.jpg

(T船でふと見るとボトルにバッタがとまっとりました)


c0107075_22243587.jpg

(収穫直前でしょうかね?稲穂はひたすらに綺麗に輝いてました)


c0107075_22262348.jpg

(鷲峰山への途中。定番ポイントやね)

昔に下ったことのある林道で下りましたが、当時なかなかいいダートだったのにすっかりきれいな舗装に変わっていました。(悲)
途中の道が広くなったところで、ごろんと横になってみたら、日差しは暖かく風は涼しく、一瞬で寝てしまいました。
c0107075_2228566.jpg

(バイクの横に、僕の上半身の型が。。。思いっきり大の字でした)


林道途中の景色x2。
逆側はぜったにに上りたくないと思いつつ、今度ロードで来たろうとか思ってしまいました。(ええ辻堂トレーニングになりそうでし)
c0107075_22294094.jpg

c0107075_22295296.jpg


たまには、スカルペルもと思って、“花の向こうに〜”シリーズを考えたのですが、バイク止めるところ無かったです。(泣)
綺麗やったんですけど、写真になるといまいち君ですわ。。。
c0107075_22333176.jpg





ところで、宇治田原町は昭和31年に宇治田原村と田原村が合併してうまれました。。。。
そうでし、道路元標でし。久しぶりぶり。

宇治田原村のは残ってます。真ん中の半分埋没した石がそうです。
c0107075_22352394.jpg




田原村の方は。。。。。何回か探検してますけど、発見でけません。今日は、地元のおばちゃん数人に聞いてみましたが、そんなん知らんとのこと。
この辻がめちゃめちゃ怪しおます。
c0107075_22355274.jpg




あとは、いつもロードで走るコースを帰りましたが、MAX54km/hで走れましたです。下りやからかなと思ったんですが、平地に入っても結構疲れているはずなのに、足は回るのです。何でかー!!!



教訓。。。。“前半飛ばさず、しっかりアップすることに専念すべし!”(違うか?)
[PR]