<   2008年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

今日は、昼から住之江でお仕事。それまでは自由だけど、宇治の実家にお泊まりに行ってるチビを迎えに行って、11時45分にはうちの近所の小児科に連れて行かねばならない。逆算すると、10時までには家に帰ってきて、シャワーをしなければ。。。。ところで、今週末はチームのみんなで走りに行くので、自転車も洗車したい。。。。となると9時半までには家に帰ってきたい。。。。あまり遠出は出来ない。。。(泣)

結局、いつもの峠を越えて、ジェットコースター走って、当尾登って、廃線跡で帰ってきました。

途中むせ返る草いきれを感じました。夏本番という感じ!
この感じ、好きです!

c0107075_22173214.jpg

[PR]
昨日は、朝から雨降ってましたので、朝練行けずでした。そのまま2度寝とかしていましたので、遅くまでテレビなんか見たりして夜更かしをしてしまいました。

で、今日。朝早くから、チビ達がごそごそと。。。
5時にアラームセットしている僕の携帯は未だ鳴っていない。。。
携帯をみると、4時半!
チビ達の会話
“僕の方が早く起きた”
“私の方が早く起きてたもん”
“違うでえ!”

どっちでもええけど、起きるのは早すぎやしませんか?
結局、僕も5時のアラームが鳴る前に起きてしまいましたけど、トイレ行ったりしていたら、朝練に行くのは5時半を過ぎてしまいました。。。

山登って、平地走って、毎日毎日飽きひんなあとか思いつつ、走ってましたがさすがに日曜日の疲れが残っているのか、太腿に乳酸が貯まりやすかったような気がします。

c0107075_20211875.jpg




帰ってきたら女房が言いました。
“それにしても、家族4人中、3人が5時前に起きてる家族ってどうなん?これで、旦那より早よ起きろとか関白宣言されたら、あたしゃ、考えるもんあるわなあ”
[PR]
ランちゃん仲間のこじまさんの“朝練ネタ以外のネタを”というたっての願いで、今日は祇園祭に行った話をしましょう。
京都市は碁盤の目状に通りがあって、その通りの交差点で住所を表記します。通りがどこにあるか知らなかったら何のこっちゃわからないかもです。市内地図を片手に読んで下さい!(笑)

さて、去年の祇園祭宵々山の日が日曜日でして、京都市内に住む姉夫婦に誘われて町に繰り出して祇園祭の雰囲気を堪能しました。祇園祭の頃って京都市内は暑さのピークなのですが、まあまあ涼しくって、もうこんないい条件では遊びに来れないだろうと思っていましたが、今年も誘ってくれました。
僕は仕事柄、時々木曜日が休みですねんけど、今年は木曜日が山鉾巡行日にあたっていました。これは見に行くしかありません!うまく仕事の調整をして(キャンセルして?)何とか休みを取りました。
女房子供と僕のおかんは水曜日の昼間のうちに先発して宵山の出店を楽しみ、僕は水曜日の晩に仕事が終わってから、晩ご飯を食べる“串たなか”で合流という作戦を立てました。仕事が終わってから、電車を乗り継いで、四条駅に降り立ちましたが、さすがに宵山の夜!人人人。進みません!烏丸通りホコ天(うわ〜死語や)なってるし!

夜の山鉾は提灯が点るので、とってもきれいです。(烏丸六角西入占出山)
c0107075_233438.jpg





今年も、串食って、酒飲んで楽しいひとときを過ごし、なんと今年は贅沢にも旅館で泊まります。串屋を出ると蒸し風呂!さすが京都市内!死にそうになりながら柳馬場蛸薬師の旅館まで歩きましたが、途中で下のチビが“お父さん抱っこ”とか言い出しよりまして困ったしましたわ。もう、小学生なので重い!

迎えた山鉾巡行の日、結構ゆっくりしていたら、旅館を出たのが9時過ぎになってしまいました。巡行開始は9時。始まってるやん!
四条通の方を見た瞬間、“長刀鉾通ってるし!しかも!結構スピード速いし!”
c0107075_2335570.jpg




で、人通りの多い四条通を行くよりも、数メートル戻って、六角通りを寺町まで先回りしてみました。作戦成功だす。

巡行は確か、四条高倉の辺りをスタートします。ここで、長刀鉾の稚児による“綱切り”が行われて巡行がスタートします。今年は一回で切れずに2回目に切れたんですけど、おかげで切れる瞬間を見ることがでけました。(1回目は余所見してしまった。。。)

おおお〜〜〜来たよ来たよ〜〜〜〜動いてるよ〜迫力ある〜
チビにも見せたろうと思うのですが、チビ達は暑いええ場所からビルの入り口の階段を上ったところの日陰というか涼しいところに避難してました。そんなとこ、屋根が邪魔でちゃんと見えへんやろお?
c0107075_234489.jpg





さて、祇園祭いうたら、お稚児さんがどうのこうのとニュースになるんですけど、実は、長刀鉾にしか乗ってません。他の鉾には人形が乗ります。
ほらね。。。(函谷鉾)
c0107075_2341354.jpg





先頭の長刀鉾以下、32基の山鉾が次々と通過していきますけど、ここら辺でくじ通りの順番に巡航が行われているかのチェックも行われますので、巡航は遅々として進みません。後続にはまだ20基以上の山鉾が控えていますが、んなもん全部見てられません。

先頭の長刀鉾は、四条河原町交差点で、辻回しに入っています。よくテレビに出てくるシーンはおおそらくここです。多分写真を撮れるところまでは近づけないでしょうから、行く気もしません。
c0107075_2323598.jpg




さ、暑い中、次なる観戦ポイントへ移動です。寺町通りとその1本東の新京極通りは、小さい頃家族でよく来ました。昔歩いた道をとぼとぼと歩くのは何とも言えない気分です。

“千と千尋の神隠し”みたいな店発見!。
c0107075_2372021.jpg




三条通を今度は西に歩いていきます。この界隈は、京都の下町ながらも結構おしゃれスポットもあって、散策にお勧めなんですが、この日は妙に車が多い!そこら中通行止めのはずやねんけどねえ!

明治に入って東京に遷都され、突如歴史の表舞台から裏路地へ姿を隠したかに見える京都ですが、近代化の波はしっかり息づいていたようで、そこら中にそれっぽいスポットがあります。室町の方にも結構古い建物が多いです。戦時中に空襲を受けなかったからなのでしょうか。古い町屋も現役でそこら中に残ってます。
c0107075_2372948.jpg




で、そのおしゃれスポットで見かけたサビサビの自転車に着いていたディレーラー!
これ、ユーレースベルトちゃうの?なんかもったいないなあ。。。。
c0107075_2374140.jpg




ボチボチ高倉辺りから御池へ出てみました。東の方を見ると、ちょうど長刀鉾が河原町御池を辻回し中!
c0107075_23102346.jpg




まだまだここまでは来ないなぁと、かき氷休憩
これ、300円?えげつないなあ。。。
c0107075_2375881.jpg




四条河原町から北上してきた山鉾たちは御池通を西に向かい、新町で一応のゴールを迎えます。
まあ、その長刀鉾が来るまでの長いこと長いこと。。。。ビール何本飲んだんや?子供達は当然待ちきれずその辺うろうろ、女房とおかんも待てずに子供とうろうろ、しかし、僕はちゃいます。背中を流れていく汗にも負けず、強い日差しにも負けず、熱中症寸前の臨界状態で、長刀鉾が到着するのを待ちました。

到着した長刀鉾に梯子がかけられます。
何事かいな?と思っていると。。。。。
c0107075_23103381.jpg





男衆が一人、階段を駆け上がっていき、鉾から稚児さんを降ろしますねんね。肩に担いで、またこの急な階段を下りていくわけで、高所恐怖症の僕には絶対に出来ないことです。。。
c0107075_23104167.jpg





お稚児さんが降りちゃったら、鉾の神通力も失われますので、巡行は一応ここでおしまいなのです。がしか〜し、巡行には続きがあります。
実は、各山鉾は、特定の町内で保管管理されております。京都の市内地図をよく見ると、例えば、長刀鉾は四条烏丸の少し東に建てられますが、この辺りは“長刀鉾町”といいます。同じように、四条室町新町辺りには山鉾の名前の付いた町がごまんとあります。新町御池で “巡行終了!解散!”といわれた山鉾たちは、それぞれの町に帰らねばならず、ここ新町御池から新町通を通って各町に帰っていくのです。この新町通というのが滅茶苦茶に細い道でして、山鉾の屋根は電柱ギリギリです。電柱とかにあたらないかを見張るために、このくそ暑い中屋根に4人ほど乗ってるわけです。山鉾巡行の順番は、いくつかの山鉾を除き、くじで決められていますが、この新町御池からは出来るだけ遠いところに帰る山鉾からという順に組み替えが成されていきます。でないと、新町通の途中の町に帰る山鉾が先に行ってしまうと、その先に帰る山鉾は通れなくなってしまうのですね。



長刀鉾の辻回しだす!
c0107075_23105065.jpg

テレビで見ると結構勇壮に映ってましたが、さすがに四条河原町、河原町御池、と2カ所で辻回ししてますし、さらに稚児さん降りたあとですから、単なる消化試合みたいなもので、今一気合いを感じれませんでした。それでも、辻回しの合間にはやんやの喝采でした。迫力ある〜
左の端っこに進入禁止の標識がありますけど、そこが新町通です。細い通りでっしゃろ?



長刀鉾が行ってしまうと、急にお腹が空いてきましたので、四条に住む姉夫婦と合流することにして、御池通を渡りました。すると、ちょうど辻回しに入った鉾の反対側を見れました。

c0107075_23224879.jpg

これは、辻回しの準備中の函谷鉾だす。
鉾は方向転換の機構を持っていませんので、車輪の周りに青竹を並べて、ここに水をまいて滑りやすいようにしてから、一気に鉾を引っ張って方向転換します。大体、90度曲がるのに、3〜4回引っ張ってました。
これは、青竹を並べてるところですな。



新町通を進む、函谷鉾。
c0107075_23105864.jpg

新町通は山鉾が通るために、通りを横切る電線はありません。
元々無いのか、この日だけ取っちゃうのかは僕は知りませんけど、祇園祭って、1000年近い歴史のある祭りなので、多分、前者だと思うんですけど。。。。



鶏鉾も帰ってきました。
c0107075_2311828.jpg




月鉾も帰ってきました。
c0107075_23285521.jpg

ほんまにすれすれやし!
ほんの少しくらいの接触なら屋根衆の人が電線を足でぐぐぐっと避けてはるのですわ。



それより大きな接触は山鉾の方向を修正しなければなりません。
その秘密兵器がこの塊です。
c0107075_23111642.jpg





こんな風に、車輪に無理くり噛ませて、強引に方向を変えます。
c0107075_23112553.jpg

今年、山鉾の正確な重量が量られましたが、この辺りの大きな鉾で12トンやそうで、この塊を噛ませるたびに、“ドン!”という音が地響きとともに聞こえてきます。妙にこわいです。

僕らが陣取っていた場所は放下鉾の本拠地。放下鉾も帰ってきて、町屋の2階から梯子がかけられます。動く美術館と呼ばれる荘厳な装飾をまとった山鉾たちは、帰り着くと直ちに解体に入ります。あっという間にきれいな装飾ははぎ取られ、車輪関係も外され、骨組みだけになってしまいます。しきたりか何か知りませんが、あまりにも早いので寂しくなってしまいます。
c0107075_23113683.jpg




あとは、昼ご飯食べて夕方は焼き肉食べて帰りましたとさ。
来年も行きたいなあ。。。来年は金曜日か。。。。仕事休めない。。。


おわり。
[PR]
今日は、グランフォンド吉野を走っているメンバーが居ないのと、公式にはMTBの日だったので、ロード練に出たのは4名。こんな暑い中、みんな変態間違いなし!

大正池登って、既に死にそう。。。コンビニで休憩して復活!そのまま三国越林道へ!誰が言ったか“メタしばき”!今日のメンバーはメタボじゃないけど、しっかりこてんぱんにしばかれました。

南山城高原はさすがに涼しい〜〜〜
c0107075_2234685.jpg




快感でサイクリングしましたけど、下界に下りたら、そこは灼熱の熱風地獄でした。。。。
[PR]
昨日は、長距離走ったんですけど、今日は再び万灯呂山。
やっぱり原点復帰すると居心地いいです。
ガア〜っっと登って、まったり休憩するのが何とも快感だす。


c0107075_15533159.jpg



が、しか〜し!今日は何や変なオッサンがおりまして、後ろで“64、65!”って。。。。意味不明やし。。。。
さされても困るので早々に退散しました。

帰りは豆腐屋峠を目指して走っていると、前から1台のローディーが。。。
“ん?オヤジジャージ!IRIBE号!uesakaさんじゃん!”
引き返して少しおしゃべりしながら併走、すぐそこの朝市へ行くそうです。僕は暫くして、再びUターンしました。
峠に向かっての平地で向かい風にハアハアしてましたけど、超黒い煙を吐くダンプに追いついてしまってやる気が失せ、旧道に逃げたら、別天地かと思うほど空気が澄んでいるじゃないですか!
いっちょ写真をと、パチリ!

c0107075_15534468.jpg

と、上の方に、1台の自転車が。。。。追いかけましたが、追いつきませんでした。(当たり前か。。。)




昨日も一昨日もあんまし寝てないのに、我ながら元気やわ。。。。



P.S. こじまさん、他のネタは鋭意制作中につき、暫しお待ちを!
[PR]
ブログ書く時間がありません。
ネタはいっぱいあるのに。。。。ネタって、新鮮なうちしかあかんわけで、これはもったいないなあと思うんですけどねえ。。。。

ボツになったネタは、、、
1. 今年の祇園祭に興奮した!
2. あり得ないバイク!
3. 何年ぶりかのキャンプ!
...ect  ああ、もったいない。

で、今日は、また朝練ネタです。。。


c0107075_12592557.jpg


滅茶苦茶久しぶりでした。。。。
10年ほど前、自転車で快走することに目覚めた僕は、たった4kmのここにたどり着けなかった。はじめた見た頂上の景色にはかなり感激しました。それから、毎日毎日ここに上り、少しずつ速くなっていった。最終的に13分ほどで頭打ちになってしまって、その後僕が引っ越しちゃったこともあって、定番の朝練コースではなくなってしまいました。

それでも、ここは僕の朝練の原点です。
[PR]
日曜日の大台ヶ原から帰ってきて、月曜日の朝起きると、やっぱり足が全然張ってない。。。ちょっとでも張っていたら走ろうと思ってましたけど、速攻で2度寝。
火曜日、“本当は張ってないと思わせといて、2日後にガツンと来るパターンかいな?”とビビリながら起きましたが、やっぱり何ともない。。。
でも、火曜日は走りました。シールドで。。。
シールドはええわ〜普段の朝練レベルやったら全然速いし、ほとんど同じポジションになってるはずやのに、非常に楽に乗れるような気がします。その辺うろちょろで帰ってきましたが、もう、丹後半島まで走ってしまいたい気分にさせてくれます。
で、今日は、プリアモ通常仕様。要は、サドルを戻して(快適!)、ホイールをカムシンに。。。重い!でまたその辺うろちょろ。。。いつも最初に上っていく道を上りながら、“この道も飽きてきたなあ。。。”と思いつつ、“そうだ!くろんど行こうっと!”でくろんどで、ボケ〜っとして帰ってきました。。。。。。

そんな時間あるなら、大正池上れたかも。。。(無理か。。。)


c0107075_1364588.jpg

[PR]
何から書けばいいのか解らないですが、行って来ました、大台ヶ原。

去年、決戦用にプリアモを組みましたが、ヒルクライム大台ヶ原は中止。
ある意味今年にかけていたのに、モチーべーション上がらず、かなり悲惨な精神状態でした。。。。
土曜日は吉牛で夕食後、一路、上北山を目指し、宿舎の場所が解らずに、携帯で片っ端から電話するも誰も出ず、途方に暮れ“どないしよう”と思っていたところに、tanda君登場。
“そろそろ来る頃かと思って”って、この暗闇で何で俺の車やと判ったんや?自転車室内積みのままやのに!何で、このタイミングで、俺の位置も確認せんと、この場所に迎えに来れるわけ?
宿舎にはいると、何故か、何で、ヒルクライムイベントの前夜だというのに、日本酒の1升瓶があるわけ?しかも僕大好きですやんか!奈良豊祝“無上杯”&“貴仙寿”!
でも、こんなん飲んでしまったら、どうなるか目に見えてますので、僕は、自分で買ってきたキリンラガービールをちびちび飲んでたんです。けど、目の前に置かれる紙コップ。。。ついに禁断の扉を開いた結果、2時間弱でこの“無上杯”はなくなってしまいました。。。。やってもた。。。。さらに貴仙寿も開ける!紙コップ2〜3杯は飲んだ気がします。。。そのうち、就寝。気絶?。。。
朝、起きたら、まだ酔ってる?。。。。気持ち悪い。。。。こんなんで絶対走られへん。。。
トイレに行って、無理矢理吐いて、とにかく胃の中を空っぽにしました。でも、まだ、気持ち悪い。。。。朝ご飯のおにぎりも1/3で、もうだめ。それ以上食べると“おえっ”となりそう。。。ささ最悪!
リタイヤは嫌やし、とりあえず荷物を預けて、アップがてら運動しました。これで、ゼリー1袋をようやくおなかに納め、そのまま出走!あり得ません!
酔い残ってますので、水分は欲しいわけで、飲んだら気持ち悪いわけで、どうしたらいいの?
何だかんだ言ううちにスタートの号砲がなりレースは始まってしまいました。“辻堂林道入り口までに酒抜いたんねん”と、40km/hオーバーで走る先頭グループについていきます。後方を走る分には心拍は170程度です。ええ感じちゃうんと思ったのは激坂が始まるまででした。。。激坂に突入した途端集団はばらけ、僕は、気持ち悪さと喉の渇きのパラドックスに翻弄されつつひいひい言うことになったわけです。それでも、速度は、結構出てたと思うんですけどねえ。。。。
nishihataさんに抜かれ、U-Ritchey!さんに抜かれ、tanda君にも抜かれ、油断すると吐きそうになるのを我慢しつつペダルを漕ぎます。いくらパラドックスに悩んでいてもやはり脱水症状は困りますので、こまめにCCD飲んでましたが、今日の天気のおかげでぬるくなったCCDは激不味い!マジで吐きそうになってきました。ちゃんと冷たいもんが飲みた〜い!
もう、タイムなんてどうでもええわい!と思い始めた頃に見えたのが第1補給ポイント。ここで、僕はしっかり地に足を着け、カップ2杯のアミノバリューを飲み干し、いきなり再スタートしても吐かないことを確認した上でペダルにシューズを嵌めました。このアミノバリューが効いたのか、ちょびちょび元気になってきた気がします。激坂の展望台も、インベタでダンシング!とかも出来るようになってきました。プリアモはやっぱり速い!ドライブウェイに合流してからはしっかり踏みました。多分ただの1台にも抜かれてないはず!
例年はというより、毎回なんですが、ラスト3km辺りから右足の脹ら脛がつり出すのですけど、今回は、全く大丈夫。足残りまくってます。残り1kmでちょっと下った後はゴールまで下バーダンシングで踏み切れてしまうほど足残ってました!
タイムはボタン押すのを忘れていて、少し進んでから押したんですけど、37分ジャストを指していました。ああ、なんか悔いの残る走りをしてしまった気もするし、前夜はめちゃんこ楽しかったからまあ完走出来ただけでもよしとするか、微妙な心境です。
Nishihataさんは何と30分切りはりました。Loweさんは30分に30秒届かなかったそうで、U-Ritchey!さんは自己ベストを大きく更新する34分。Tanda君も33分台やったっけ?みんな速い!
ゴールでしばらく放心していましたけど、そうや、何か食べないとと、ゼリーを。。。う、やっぱまだ気持ち悪い。。。ゲップしたら日本酒の味するし。。。。1時間ほどウダウダしてようやく煮麺1杯を押し込みましたが、もういらない。。。。
さらにウダウダウダウダウダウダしていたら、下山のタイミングを外しまくり、
一番最後の下山になってしまいました。
下りてきてリザルトを見ていると、うちのチームの中学生のdoi君がキッズクラス優勝!三浦恭資監督に“まあまあ速かったな”とかっていわれとおりました。。。
doi君おめでとうね。副賞のお菓子詰め合わせが最高やったよ!



あ、ちなみに僕の最終結果ですけど、1時間36分14秒で、僕も自己ベスト更新してました。。。(嬉)
1升近く飲んで、二日酔いで朝飯も食わんと走ったわりには、さすがプリアモ!


来年は、禁酒缶ビール1本で挑みます。
[PR]
今日の朝練は、ちょっと短め。
大正池+当尾。

タイムアタックしようと言う気は毛頭なくって、“シッティングだけで登ったら、腰に来るか?”を確認したかったんです。
だもんで、心拍もそんなに上がらなくて、何ちゅうても途中で2回ボトルの水飲みましたから!
でも、22分32秒。。。ベスト更新です。
う〜ん。。。。何ちゅうか。。。。複雑な気分です。頂上でボタン押して出た数字を見ても“おっしゃあ!”とは思わなかったから。。。
頑張ってないのに、タイムが出ている。。。。明らかに自転車のおかげという感じで、気悪いです。

とかって書いてる間は、プリアモは“まだまだ、わかっとらんねえ!”とかって、笑っているかもしれない。。。。

おわり。
[PR]
c0107075_844340.jpg

まいう~(古!)
[PR]