<   2009年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

何で昨日この天気にならへんねん!






レポートまた書きます。。。
[PR]
雨降り出したやんけ!
土砂降りやんけ!

[PR]
そんなこんなで、毎年由良浜の民宿に海水浴に行ってましたが、ある年、父ちゃんと母ちゃんが喧嘩したかなんかの理由で、父ちゃんは車で、母ちゃんと僕と弟は列車旅で行こうという話になったことがあります。あれ?姉ちゃんはどっちに着いていきよったんやったっけ?たぶん車やな。。。。

何しか、僕は、往復の切符を買いに日本交通公社へ走ったわけです。
当時の山陰本線には、特急あさしおを筆頭に急行丹後やらが走っていました。でも、僕が狙ったのは臨時の丹後。何時の時代もそうですが、臨時列車はぎりぎりになっても意外に空いてたりなんかします。思惑通り、往復の列車の切符をゲットして、僕らは由良浜へ列車旅することになったのです。といっても、覚えていることはそんなに無いのですけどね。

当日、京都駅に降り立った僕らを待っていたのは衝撃の事実でした。
何と“僕らが乗る丹後51号は2番線から発車する!”
解説しておきましょう。京都駅の山陰本線のホームは1番線に間借りしたようなホームで、山陰線の列車はほぼこのホームから発車していました。これ以外のホームから山陰線に入っていく列車といえば、超優等列車、子供たちは羨望のまなざしで見る東京発のブルートレイン寝台特急出雲のみ!この事実は“超”付きの衝撃感動です。
しかも入線してきたのは、定期列車のDCじゃなくてDD51牽引の12系客車!急行用とはいえブルートレインです。興奮のるつぼですがな!かなり興奮した僕は、一生懸命母ちゃんに説明したけど、放置されたように思います。思うに、臨時急行の12系は向日町運転区からの車両で、東海道本線を西から上ってくる場合は山陰線ホームに直接は入りにくく、こういう事になったんだろうなあ。。。。
その後、冷凍ミカンやお弁当やなんかを買って乗り込んだんでしょうけど、僕はそれより何より、あのかわいいお茶の容器に釘付けでしたわ。何はともあれ、丹後51号は1日に何回使われるかわからない渡り線を経由して山陰本線に入り、一路丹後へ向かうわけです。
今では嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車が走る旧線を経由して、亀岡へ向かいました。未乗区間はいつの時代も興奮でした。亀岡、園部と走って、綾部と西舞鶴でスイッチバックする列車に母ちゃんはびっくりしてたっけ?由良川鉄橋を渡って、僕らは民宿の最寄り駅、丹後由良に降り立ちました。
申し訳ないですが、初めて降り立った丹後由良駅の情景はまったく覚えていません。気持ちは既に海遊びに向かっていたのでしょうね。

さてさて、海で遊んだ僕らは、帰路再び臨時急行丹後の車上の人となるのですが、国道から少し入ったところにある丹後由良駅へ向かう道は結構覚えています。セミのうるさい道を母ちゃんと弟とで汗を流しながら歩きました。熱い日差しが容赦なく降り注ぐ道の先に丹後由良駅がありました。駅前は広場になっていて、広場の真ん中に大きな木が立っていたように思いますが、ローカル駅ではどこもそんな感じやからなあ。。。。向かって右手に雑貨屋がありました。ここで漫画だのおやつなんかを買い込んで、帰りの丹後に乗りました。車両はやっぱりDD51に引かれる12系でした。あんなに熱かったホームから、車内に入った瞬間、冷房の冷気がほてった身体を冷やしてくれました。
来たときと同じ西舞鶴と綾部で2回方向転換したはずですけど、寝てたんだろうねえ。。。京都からは奈良線に乗って帰りましたが、まだ電化もされていない時代のローカル線で冷房はありません。ものすごく暑かったような記憶が。。。。



この夏、僕は少年に戻りに行く!

けど、天気が。。。。
[PR]
カテゴリーがこれで良いのかはわかんないけど、今回は中繋ぎなので。。。


さて。。。。


京都府の北の方、天橋立の少し手前に“由良浜”があります。
小学生の頃、うちの家族は夏休みに由良浜の民宿に泊まりがけで海水浴に行くのが常でした。この由良浜にはいろんな思い出があります。
初めて海で溺れたのもここ由良浜でした。足が立つと信じてボートから下りると足が立たず、パニックになってしまいました(僕は泳げない訳ではない。。。)。この時母ちゃんは浜辺からダッシュしてきてくれましたが、父ちゃんは、溺れている僕を指さして爆笑こいてました。“じっとしとけ!今から釣ったるから”と持っていた竿をいそいそと出していたそうな。。。嘘のような本当の話。
また、父ちゃんと浜辺が見えないほど沖までボートを漕ぎ出して、釣りをしたのもここでした。深い深いエメラルドブルーの海の底から釣れた魚が揚がってくる様は感動もんでした。朝、夜明けからず~っと海の上で釣りをして、真っ赤っかに日焼けして母ちゃんに叱られたっけ?父ちゃんが一番叱られてたな。。。
そうそう、ここの民宿で、ぼくはある初体験をしました。小学生の3年生くらいか?民宿だから、微妙に大きな風呂が一個あるだけで、泊まり客は内から鍵をかけて各々はいる仕組みになっていたと記憶しています。弟と僕は、母ちゃんに“お風呂はいっといで!”と言われて風呂場に行きました。でもドアは鍵がかかっていて開かない。明らかに中に他の人が入ってることは容易に判断できました。でも、小学低学年のガキ二人はコンコンコンコン。。。ノックしまくってました。迷惑そうに中から出てきたのは、知らないおばちゃん。イヤ、おばちゃんはひどいか、おばちゃんと言うには若いし妙齢の女性。。。“君たちだけ?大人の人居てないね?”というと、僕らを脱衣場に招き入れ、ささっと着ているものを脱ぎはりました。
ぼかあ、固まりましたね!!!身体が。。。
かちんこちんです。。。身体が。。。
弟は既に逃げ出していました。根性無しめ!
しかし、んなもんこっちは母ちゃんに風呂入ってこいと言われたから来たんや!妙齢の女性と湯船につかりましたがな!何をしゃべったのかはさっぱり覚えてませんけど、ついでやからと洗ってもらいましたがな!
僕はこの夜、母ちゃん以外の女の人の裸を見てしまったのだった。。。




自分でもびっくりしますが、僕が書こうとしていたのはこんなことではないのだ!




つづく。。。。
[PR]
胡麻駅への思い。

山陰本線に乗って、亀岡を過ぎ園部を過ぎたあたり、胡麻駅という駅があります。
読み方は“ごま”です。

さて、今から遡ること30年あまり、当時宇治市在住だった僕は片道2時間弱の時間をかけて中学へ通っていました。京都駅で方々からの友人と待ち合わせをして、一緒に東海道本線に乗り換えていったものです。
そんな友人の中に亀岡から通学しているT君がいました。亀岡といえば、今でこそ、京都のベッドタウンですっかり開けたところですが、当時は単なる田舎です。山陰本線も本線なんて名ばかりで、旧客も旧客、青や茶色のオハ35やスハフ42なんかが長~い編成を組んでDD51に引かれておりました。京都駅の山陰本線ホームには機回し線もちゃんとあって、ヨダレもんの光景が日常茶飯事で繰り広げられていました。
がしかし、運転される列車の本数はというと、ネットダイヤを組まれている今からはあり得ない少なさで、2~3時間に1本という時間帯もあったりして、当然T君は東海道本線の電車に乗るにしても、“これに乗り遅れたら4時まで待たんとあかんねん!”と乗り遅れないように駅までの道を走る彼はさすがに異様に早かったのです。乗り遅れたりなんかした日にゃあT君は誰も来ない山陰線ホームや今は無き団体待合室なんかでぼーっと列車を待っていよりました。まあ僕らも友達ですから、暇な時は一緒になってT君の乗る列車を待ったりして時間つぶしにもつきあいました。旧客の中は電車や気動車にありがちなコンプレッサーの音や、アイドリングの音なんてものは全くなく、冬場はスチーム暖房の配管が時々“キンキン”と鳴るだけで、それ以外の音はありません。夏は夏でむんむんの車内では扇風機がぶ~んと回っているだけ。全開にされた窓からの風が気持ちよかったです。今は発車の数分~10数分前にしか入線してこなかったりしますけど、昔は、3時間くらい平気でホームに停まってましたからねえ。。。。惰眠をむさぼるには最高でした。
う~ん、かなり話が脱線してしまった。。。。惰眠の話はどうでもいいのでした。
さて、山陰本線の列車の行き先にもいろいろあります。(当たり前か。。。)今、ちらっと京都駅の時刻表をググってみましたが、普通列車は全部亀岡行きか園部行きになってしまってました。。。当時は亀岡なんて近所へ行くのはなかったと思います。園部行きに福知山行き。豊岡なんてものもあったような気がします。夜中には出雲市行きの普通列車“山陰”なんてのもありました。そんな中で、異色のというと失礼かもしれませんが、“胡麻行”ちゅうのがありました。たまたまT君の乗る列車の行き先が胡麻行きだと、何故かT君大笑い。
“胡麻行きや胡麻行きや!”
何がそんなにうれしいのか、語呂がおもしろいのか、とても嬉しそうでした。
地図で見ると、胡麻駅は園部のまだその先の山の中でした。列車の行き先はそれなりにとかいというか、人のたくさん住んでいるところというイメージはぶっ飛んでしまいます。何で?何で胡麻行きなん?何でもうちょっと頑張って綾部まで行かへんの?と小さいながらにメチャクチャに疑問でした。

そうこうしているうちに、山陰本線の車両は旧客から最新鋭の50系客車に置き換えられていき、小回りの効く近郊型ディーゼルがそのテリトリーを拡大しつつ、トンネルやカーブの多かった保津峡付近の線形は修正され、同時に園部までの電化が完成してしまうという遍歴をたどっていった山陰本線。そして、僕の通学経路は阪急線経由に代わってしまい、当然交友関係も代わっていき、T君とも疎遠になっていきました。彼は今どうしてるんだろう?
T君へのノスタルジックな想いと共にこみ上げてくる胡麻駅への憧れ!!(?)


見てみたいぞ~~~!!!!行ったことのない胡麻駅を!




ぐぐぐぐおおおおおおおおおお~~~~~~~~~~(意味不明)




つづく。。。。。
[PR]
今日は、GF吉野です。
みんなそっちへ行っちゃってるので、朝は僕一人です。。。。
一応、いつもの場所にいつもの時間にちょこっと寄ってみましたけど、やっぱり誰もいませんどした。。。。
さてと、この間、つい出来心でゲットした物体がこれ。
c0107075_1452371.jpg


僕もね、ノーマルクランクの方がデザイン的に好きですけどね、急坂ではしんどいのね。。。
で、ついに。。。。逝ってしまいました。

ほんでね、前からダンシングするときにブラケットの幅が狭いのとちゃうかなあ?と思っていて、さらには、前にデュークのアイドルに乗らしてもらったときにハンドルの剛性感に感動したことがあって、今回はハンドル幅とともにスーパーオーバーサイズクランプも試してみることにしました。
c0107075_14283526.jpg


やっぱりチェンリングのデザインが気にいらんなあ。。。。
ハンドルバーは店に転がっていたコントロールテックの440幅。ブラケット部分の幅は420。今までより2cm幅広です。さあどんな感じでしょ?

本とは、昨日セットアップしてから、軽く乗ったんですけど、リーチの違いもあって予想外に近いポジションになってます。さらには完全にシマノ用やねこれは。。。。下バー持ったらブレーキに指届きませんがな!




さて、どこへ行きましょう。。。。



自然にハンドルはいつもの峠へ向きます。ここの峠での課題は心拍コントロール。出来たら160くらいには押さえつつ走りたい。。。。出来るのか?

僕の心臓は、高回転型のショートレンジエンジンです。ちょっと運動したら、す〜ぐ140くらいに入ってしまいます。峠上るような負荷がかかるとさらにいっちゃいます。
160は無理やけど、だいたいその辺で、そんなにスピードも落とさずとも走れました。
それよりなによりチェンの長さそのままやから、インナーにすると、4枚くらいしか使えません。最初は“下のチェーンくらいたるんでても関係ないわい”とか思ってましたが、とんでもない。。。
ちょっとでも弛むとチェーンはガイドプーリーに乗らなくなってしまう。ふと気がゆるむとインナーのいけない領域にギアチェンジしてしまいそうなので、もう、アウターオンリーで走りました。50Tやから心拍もバクバクにならずにすみました。

峠越えの後は、もう一個峠越え。笠置から、ちょっと変わった道を行きました。
木津川が一番激流になってるところです。
c0107075_1541175.jpg



山側には幽霊ホテル!!!
c0107075_1543565.jpg

変なもん写ってませんかいな?



しばらく国道を走って沈下橋を渡ります。
c0107075_1546863.jpg



ちょちょっと上ると、関西本線を越えます。
もうちょっと空が青ければ“夏〜っ!!”って感じです。
c0107075_16212516.jpg





こっから、かなり悲惨な路面状況の道を走って柳生へ行って、布目ダムから小倉インターまで走った後はR25をとぼとぼと天理まで帰ってきました。(なぜかこの間、景色はきれいなのに写真は無いのだ。。。)
大和高原はとても涼しかったのに、天理まで下ってくると灼熱地獄でした。。。。



天理インターの当たりからは下ッ道で帰ってきました。下ッ道沿いはなんか妙に寺社が多くて、3℃くらい気温が低いように感じましたね。
下ッ道で延々北上していくと、“おお!ここは!”
c0107075_16184497.jpg


ということは、振り返ると、、、、、
c0107075_16191515.jpg


“おおおおおおおお!!!!!!!!!”






おわり。。。
[PR]
今年のツールが終わりました。
正確には終わってないけど、総合はコンタドール2位アンディー3位ランス。。。。。

明日はシャンゼリゼ。
総合に関わらないスプリントが見られる。
絡むのか?新城選手&別府選手!!!!

やっぱり明日も見ないと。。。。。
[PR]
帰ってきて、テレビつけたら、ツール終わってた。。。。

フミ、スプリントの末7位!


まじで?3週目やぞ!凄すぎる!
[PR]
寝ようと思ってたのに。。。。。
また、最後まで見てしもうた。。。。。
ランス撃沈。。。。
ウィギンスがんばる!
これにクレーデン、フランク・シュレックがからんで3位争いが凄い!

けど。。。。。。ランスはやっぱり注目されていたみたいで、長いこと写ってましたが、フォームやペダリングが昔とえらい違うと思うんですけど。。。。。気になったのは僕だけ?



明日は寝る!
[PR]
もう、堪忍してやあ〜。。。。

ツールみてたら寝れません。。。。

今日は完全にサクソバンクの目立ったステージでした。サクソバンクと言うよりはシュレック兄弟か。。。。
ランスはウィギンス潰しに終始してたような気がする。。。。作戦は成功したみたいだけど、自信はシュレック兄弟からだいぶん遅れちゃったようで。。。

明日はTTか。。。。チーム戦略もくそもない、ガチンコ勝負!
でも、見るのはあんまし面白くなさそうなので、明日は絶対に寝ようっと!
[PR]