<   2010年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

いつから朝練行ってないんやろう?
記録をたどると、10月3日にMTB行ったな。。。。10月10日はキャンプ行ってたので、当然無し。
10月17日は朝から町内一斉清掃なので行ってない。。。。24日は鈴鹿走ってたので。。。。
ロードちゃんと乗るのは9月26日以来?マジで?

集合場所へ行くと、まあ、たくさんいらっしゃる。。。。総勢16名(だったっけ?)
途中合流途中離脱があったりでも、13〜14名。多いな。。。。

先ずはいつもの峠道。
調子のいいときは23分とかで登っていたけど、もう今は全然無理です。トップ連中はスタートからすっ飛んでいきよりますけど、あれは、僕がアタックするときのスピードやな。。。。
ヘロヘロと登っていきますと、前に見覚えのあるジャージが。。。。

“bamboo lotus”

ああ!なべちゃんのチームじゃん!

声をお掛けするとやっぱりお仲間だったようで、こないだの鈴鹿も走ってたそうです。。。
“なべちゃんうっとこで走るいう話やったみたいですけど、裏切られました!”
などと、怨みつらみを述べてしまいました。ごめんなさい。。。

さあ、そんなことをしているうちに、メンバーにはボコボコ抜かれます。
ああ、朝練やねんからちゃんと“練習”しないと。。。
一番近くにいたsoejimaさんをロックオン。。。。。
次に、tanda君だっけ?もう忘れたなあ。。。。sasakiさんも居たな。。。。

このあたりはまだ元気だった。。。。

炭焼き小屋の前の緩勾配区間で、さらに前を行くtsukaさんに追い付く。。。。。が、ここまで。。。。足無くなりました。。。。。何てしょぼいのだ。。。。。

最後は、yonedaさんやさっき抜いたtanda君にも抜かれ、他誰に抜かれたんかも覚えてないなあ。。。最後の最後にtsukaさんにも抜かれたか。。。。

コンビニで補給後、車の多い道を行きます。まあ、16名もの集団なので、これはしゃれになりません。中盤付近のkuwaさんに“中切れ作って下さい”と頼むと、さすがにkuwaさん、うまいこと車間作ってくれはりました。これで少しは車も走りやすいと思う。。。。

そのまましばらくはスローペースで走りましたが、やはりkuwaさんGiroさんにはガマン出来るはずもなく、じわじわとペースが上がっていきます。
グエ〜〜〜しんどい!足もげそうや〜〜〜〜。。。。
公園横で勾配がきつくなった瞬間にちぎれました。。。。。。

平地に出ると僕は俄然走れます。TTポジションで踏む踏む!分岐を過ぎるとローテーションの練習が出来るかと。。。。ローテーションは先頭が下がる!と頭では判っていても、後が前に出てしまいます。でも、僕ここでちょっとできるようになりました。
要は、先頭任せなんだから、先頭走っててしんどくなったらよけたらええのよ。先頭に出るときは前がしんどくなってよけてくれるからそのまま走ればいいのよ。。。。
これが判ったら、ローテーションは楽勝です。kuwaさんやGiroさんとローテーションして喜びます。この楽しいひとときを打ち砕いたんはdoiくん!先頭交代にしては妙に速いスピードで前に出るとそのままアタック!これに反応したのはnoseさん&T名君。U-Ritchey!さんもいってたな。。。
これでもうぐちゃぐちゃ。後ろから見ててもなかなか危ない。。。。車が来てないかしょっちゅう後確認して、何とか自動販売機に到着しました。
僕も人のことは言えませんが、せめて2列にしような。。。。ALL

帰りはもう一個峠越えして帰ってきましたが、もう僕の足は完死にでした。
木津川CRでsuzukiさんとすれ違いました。一瞬ですれ違ったので、聞こえたかな?
このCRもしんどかった。。。。。sasakiさんとyonedaさんとローテーション。。。。出来ない。。。。そのうち後からU-Ritchey!さんが抜いていきはりました。ああ、何て頼もしい大きな背中。。。。コバンザメのように張り付きますが、堤防の上に出るための坂道でちぎれました。。。。後からも抜かれまくりました。。。。

それにしても、完全に平地番長です。。。。登坂になった瞬間にちぎれてしまいます。。。。
これはちょっと、マジでやばい気がする。。。。体重もさがんないし、本気でダイエットしないと。。。。冬場にどうしても増えてしまう体重を如何に抑えるかが問題だな。。。。。



全く自信なし。。。。。
[PR]
昨日、写真をアップしていて、僕は大変な事実に気付いてしまいました。

納涼ランの時の写真アップしてない。。。


取り急ぎアップしました。。。。


誰にどうやって、告知していいのか判らないので、アドレスが判っている方にはメールでお知らせしたいと思います。



遅くなってすいませんです



c0107075_239083.jpg

[PR]
ラップタイムのデータが売ってました。。。。。

関西クラシックレーサーズの皆さん、買っちゃダメですよ。
僕が買いましたから。

UGの兄♭♭♭様、chara様、akuta様、cancan様にはお送りときますね。
大黒屋さんのメルアドが。。。。そうか。。。前のPCだ。。。。
cancanさん、大黒屋さんに送って上げて下さい。。。。
A達様、BLK様、EVEREST esprit様もメルアド判らないので、chara様よろしくお願いします。

以上
[PR]
鈴鹿8時間エンデューロに参加しました。
c0107075_22575140.jpg



僕は今まで、みんなが鈴鹿へ行った話を聞いても全然走りたいと思わなかったのです。。。。

理由:同じ場所をぐるぐる回るのが大嫌い。。。。


そんな僕ですが、夏のクラシックロード走行会の時の時にRossin Quadroを走らせながら、ふと“こいつで思いっきり走ってみたいなあ。。。”と思いました。
でもね、クラシックバイクって、いくら動態保存していても微妙に心配なのです。
“どっかおかしくなったらどうしよう”とか、
組んだのは自分なもんだから、
“大丈夫かいな。。。”とか。。。
でツーリング先でなんかあって、戻れなくなったら最悪です。そんなことを考えているとノミの心臓を持つ僕は、“無茶せんとこう”と。。。。

ところが、走行会の直後にUGの兄♭♭♭さんから“クラシックロードで鈴鹿走りませんか?”というお誘いがありました。
!!これなら仮にどっか壊れても。。。
“走ります走ります!クラシックロードで走らせていただきます!”

というわけで、日曜日は同じところをぐるぐる回ってきました。。。。。。





土曜日の晩にcacanさんに入場チケットをお渡ししてから名阪を鈴鹿へ向かいます。
クルマニアの同級生に教えられたとおり、名阪を関で降りて市道を走ります。信号のない道で、ほぼ一本道。真っ暗ですけど非常に快適です。
サーキットに着いたのは11時頃。駐車場ゲートが開く0時まで待ってようと思いましたが、駐車場は既に開いてました。。。
車中泊久しぶりでしたが、なかなかいいポジションを発見して、機嫌よく寝れました。。。。。。zzzzzzzzzzz

5時起床。そそくさと用意して指定されたピットに向かいます。ピットには既に京都の鬼軍曹charaさんををはじめとするチームメンバーが勢揃い。ピット開くの5時半やと思ってましたけど、既に開いていたようで僕が一番遅かった。。。。
すいません。。。
A達さん、EVEREST espritさん、BLKさんは初めましてでした。

c0107075_22582740.jpg

(僕らのエリアはこんな感じ)


コース試走の合図があって、みんなでコースに出ます。
国際レーシングコースのホンダランド鈴鹿サーキット!
なんや興奮するなあ。。。
c0107075_2259717.jpg


ホームストレートの勾配が凄い!こんなに勾配が着いていたんや!いつもテレビで見ていたけど、実際に見ると結構な坂道やんかいさ!これはしんどいことになるかもしれんぞ!

ストレートエンドからシケイン先までは更に登っていますので、距離は短いけど、踏み切れるのか?
シケインから130Rまでは平坦に感じる位の上り。130Rを越えると緩く下っている感じか?しっかり踏めばタイム短縮出来そうなポイントかもしれない。。。
スプーン手前からは少し登りますが、ここは一気に踏み切れそうな感じ。
スプーンカーブ。。。。思い出すなあ。89年だったか?2輪ロードレース世界GP500ccクラスでのケビン・シュワンツ V.S. ウェイン・レイニー伝説のバトル。。。。逆バンクからデグナー~ヘアピン~スプーン~130R~シケイン~ホームストレート~第1コーナー~第2コーナーと、あらゆる場所で目まぐるしく順位を入れ替えつつも後続を引き離すというスーパーバトル。瞬きも忘れててテレビに釘付けだった。。。
ドッキンドキンしながら見ていたあの頃がよみがえります。
(あのビデオ、どっかにあるぞ。。。実家かな?)

“ああ、オイラ、鈴鹿走ってるんや。。。。。”

でも、悲しいかな、自転車で走るときは逆回りです。
理由は、誰に聞いたのかは知りませんけど、モータースポーツと同じやと、ホームストレートが下りになるので、スプリントしたときなんかにとんでもないスピードになってしまって危ないからだそうです。

ま、そんなことはさておき、スプーンを越えるとホームストレートまではほとんど下り。特に旧ダンロップ下からの下りはメチャクチャに気持ちよくスピードが乗ります。
がしか~し、ホームストレートに入ると勾配がきつくなります。52*13でダンシングしますがピット入り口くらいできつくなってくる。。。コントロールラインを越えると1段また1段とシフトダウンされていって、結局最終コーナーでは52*21くらいでしか上れない。。。。

そうだ!僕はここで歴史的なものを見ました。

“カンビオコルサのシフトシーン”だす!
関西のいや、日本でも有数の超絶クラシックマニアのUGの兄♭♭♭さんは、今回レーサーを2台持ち込まれていました。1台は普通の、いや普通ではないか。詳細はここでは書きませんが、ヒルスペシャルのバイクでしたが、もう一台はレニアーノカンビオコルサ仕様です。

c0107075_22593435.jpg


カンパニョロカンビオコルサ。。。。。
何年もんかは知りませんが第2次世界大戦頃のイタリアのジーノバルタリとかが使ってたんじゃなかたっけ?。。。。変速機の創世記の時代もんです。
構造はというと、
上の大きなレバーはハブを緩めるクイックになってます。下のレバーでチェンをディレールさせるものです。この2本のレバーを駆使して変速操作を行います。
その方法ですけど、
1.大レバーでクイックを緩める。
走っている自転車の後輪の軸を緩めるなんていきなり凄いことをする!とお思いでしょうけど、カンビオコルサ仕様のフレームエンドにはギアが切ってあって、ホイールが左右均等に前後移動するようになっていますので、センターがずれたりましませんのです。
2.大レバーは緩めたままで小レバーを操作してシフトしますが、この時クランクは逆回転させなければなりません。ディレールさせるための構造が上にあるので仕方ないです。。。
ここでカンビオコルサ仕様エンドのギアが生きてきます。逆回転してギアが移動すると同時に緩められたホイールはそのギアに沿って、チェンテンションを最適に保つように前後に移動します!このためのギアなのです。当然ハブ軸にもそのギアが着いてます。。。凄いことを考えよるなあ、カンパニョロ!
3.最後にハブ軸を締めて終わり。

UGの兄♭♭さんは、「カンビオコルサ変速スピード選手権」が行われたら、絶対に優勝争いに絡みはると思われ。。。凄い!


ってか、説明、間違ってないか心配やわ!!



さ、僕らは6人チームです。自転車もクラシック系なので、レースもまったりいこうというわけで2周交代制に決まりました。
順番は、あみだで決められましたが、スタートはcharaさん。以降、A達さん~BLKさん~僕~UGの兄♭♭♭さん~EVEREST espritさんの順になりました。
スタートの招集が掛かって、各チームのライダーがホームストレートに集合していきます。
c0107075_2303317.jpg

(charaさんがんばれ!)


ピット上の観覧席からこれを眺めます。
何か凄いなあ。。。。鈴鹿やわ。。。。
2週間前F-1走ってたよなあ。。。
c0107075_2305171.jpg

(それにしても何台走るんや?)


後ろを振り返ると、集団がS字を駆け下ってくるのが見えます。
c0107075_2311582.jpg

かなり格好ええです。


2周交代ですので、20分そこそこで第2ライダーへのライダーチェンジだす。


上から見ていると、F-1のピット作業さながらです。(嘘)


c0107075_2312839.jpg

(第2ライダーのA達さんがcharaさんのピットインを待ちはります)


c0107075_2314110.jpg

(EVEREST espritさんが足首のチップを素早く交換)


c0107075_23225100.jpg

(A達さんがピットイン。第3ライダーBLKさんがいきます)


c0107075_2324577.jpg

(BLKさんもがく!)



さあ、第4ライダーは僕です。。。。。ああ、緊張する。。。。。。心拍は何もしないのに、132まで上がりました。
ああ、BLKさんもう帰ってきたよお。。。。もうちょっとゆっくりしててくれはっても僕は全然かめへんのにい。。。

センサーを足に巻いてもらって出ていきましたけど、ピットロードを走っていくだけでしんどい!最初は結構行けるはずやのに!朝からBCAA飲んだのに。。。
(うっとこのピットは端っこの方やったのです)

本コースに入ると、例のシケイン先まで登のきつくなってるところです。んがぁ~~~と頑張って、張り付けそうな人たちを探します。って、こういうときに限って、前に誰も居なかったり、逆に張り付かれたりするわけで、ええい!いってまえ!と踏み倒します。。。。スプーンからヘアピンに向かう下りで既にアホレナリン出気味なのか?そのままヘアピンにバンクして入っていくと、う~ん。。。カレラに比べてロッシンてばアンダーステアだわ。。。。クリップ付近の路面はよう荒れてました。。。
そのままの勢いで踏ん張っていきます。S字からの下りはほんまに気持ちよい。
53*13がを回しきる程か。。。。
さあ、ここからや、このホームストレートを踏み切れるかや。。。。
53*17あたりでもがきますが、んなもん、ここのところの不摂生と運動不足のおっさんに出来るわけもなく、コントロールラインあたりでやっぱり後は21Tになってしまいました。。。。ヨロヨロとダンシングでシケイン先まで走って、ここから少しずつ上げていくわけですな。。。。。非常に効率がよろしくない!
ああ、関西クラシックレーサーズのエースとかいわれてこの体たらく。。。。
メンバーの皆様ごめんなさい。



UGの兄♭♭♭さんにチェンジして、ホッと一息です。。。。



c0107075_22525619.jpg

(UGの兄♭♭♭さんは、非常に格好よいです)



c0107075_22524443.jpg

(UGの兄♭♭♭さんピットイン)


c0107075_22523887.jpg

(EVEREST espritさん。自転車は僕と同じロッシンですけど、EVEREST espritさんはジャージもRossinです)



さあ、大事なイベント(?)は昼休みにやってきます。
このレース、8時間耐久と4時間耐久の混走レースになっています。両方ともスタートは8時。なので、12時に4時間組がゴールしてくるわけです。このどさくさによるピットロードの混雑を避けるために、ピットロードが12時から30分くらい閉鎖されることになっていました。要は閉鎖前に交代したライダーは最低30分間はピットに戻れない!これは辛いぞ!
メンバーみんなが、残り時間とそれぞれのラップに注目です。
ところが、全員2周回をほぼ20分ジャストで帰ってくるわけで、、、、、、
こら、計算しやすい。。。。。。2時間できっちり6人が走る。
そうすると、どうも当たりはcharaさん?
少なくとも、僕は当たりそうにない。。。。(嬉)


が、いざその時間が来ると、微妙にずれ込んだ結果、EVEREST espritさんが当たってしまいはりました。
ああ! 何ということでしょう?
しかも再度ピットが開放される2分前に入り口を通過!
ああ! 何ということでしょう?


c0107075_22522715.jpg

(コントロールポストのこのサインは見たくないだろうなあ)



結局、EVEREST espritさん4周回走ってしまわれました。お疲れ様です!

さあ、4時間のゴールは見物です。何せ、時々練習ご一緒してるS木師匠はトップグループで走ってはりますから!!
1コーナーを立ち上がって、ホームストレートを猛進してくる集団。。。。
あああ。師匠ちぎれてるうう!!!これはスプリントにからめない。。。。
でも、かなりかっこよかったっすよ師匠!
c0107075_22521621.jpg


ゴール後パドックを帰ってくる師匠を待ち伏せ。
師匠談「多分5位か6位。。。」
だそうでしたけど、放送聞いてたら3位やって!すげえ~~~さすが沖縄200km完走ライダー。。。(って、ほんならさっきの集団ゴールは何の争いやったんよ?)


c0107075_22515870.jpg

(急に思いついたアングルを試してみる。ええ感じかも。。。)


c0107075_22515678.jpg

(EVEREST espritさんにも。。。)


c0107075_22515166.jpg

(BLKさんと応援団長の大黒屋さん)


さあ、次なるイベントは、トロッフェバラッキスタート時のピット閉鎖です。
トロッフェバラッキってなんぞやと思いますが、トロッフェバラッキは2人一組で10周走ります。でもこの2人は5秒以上離れてはいけません。。。これきついぞよ。。。精神的に。。。。
c0107075_22514031.jpg

(こんな感じで走っています。かなり格好いいです。。。。めっちゃお金掛かってそう。。。)


それにしても、トロッフェバラッキのスタートでもピット閉鎖。。。これは聞いてない。。。というか、全く気付かなかったぞ!時間は短いけど、これは知らんかったぞ。。。。。

これに当たってしまわはったのは、BLKさん。。。。

“はあ、これでライダーチェンジや”と思って、ピットに向かったら、ピットロード入り口にはバリケード。。。。。。
何のことか判らずフラフラと本コースに戻る。。。。。
いやだったでしょうね。。。

。。。。有難うございました。放送を聞きながら、僕が当たったと思って、待機してましたが、応援団長から“今通過しはった”とお聞きして、嬉々としてヘルメットを脱ぎました。





c0107075_22511079.jpg

(応援団長は、タイムもチェックしてくれはります)


c0107075_22505611.jpg

朝から暫く行方不明だった監督がTOEIのウィンドブレーカーを纏って帰って来はりました。
鋭い眼光のその先には?

c0107075_22502584.jpg

ええ?サルボボ??


c0107075_22501940.jpg

ええ?今度はルービックキューブ?


c0107075_22501493.jpg

鬼太郎?


c0107075_2250566.jpg

親子の顔無し?うそお!!!




そんなこんなで、最後の走者に当たってしまった僕。。。ローラーでアップしてると、BLKさんがぼそっと、
「1周で帰ってきていいですか?」
「は、僕に3周走れと。。。」
「そう。。。」
「わかりました。了解です。。。」
交渉成立。。。。。そりゃあ、トロッフェの時に3周走りはりましたもんね。。。。BLKさん。
いやー最後の最後にホームストレート3本か。。。。。
と思いきや、さすがにみんな疲れてきているのか、微妙にタイムが伸びていない。。。。結局、最後は2周回ですんじゃいそうです。。。

1周目、ホームストレートで必死に踏んでいると、
“いったらんかい~~っ!”みたいな上品な応援が聞こえてきました。。。。。

逝きます逝きます。。。。。。もう逝ってます。。。。。

ここで僕はまたミスを犯しました。
その前の走行時にも犯した同じミス。
“自分より遅いやつに着いてしまう”こと。
気付いたときには結構スピード落ちているので、ここから上げるのがまた大変です。そもそもこれをやってしまうのはシケイン先でホッとした時で、その先は結構しっかりしないといけないところ。ここでスピードが乗らないと、その後の気分も乗りません。。。。ああ、最後の最後にやってしまった。。。。。
スプーンから先はもう残ってるアホレナリンを使い切る走り。。。。(嘘)
多分この日の僕の最高速度を記録しながら、最後のホームストレートに入ります。

もがくもがくもがく。我がピット前を通過するとき誰かの怒号が聞こえました。。。。
(あとで聞くと、“横のやつにだけは負けんなよ~!!”だったそうです。。。
もう、上品なんだから。。。)

終わった。。ぐへええええ~~~~~おわったよお。。。。
(何かこのシーン、charaさんが撮ってはったらしい。。。恥ずかしい写真かも)

チップを返して、ピットに戻っていきます。。。。。別チームで走ってはったなべちゃんが前に見えて、声を掛けます。お疲れ様。。。。。
なべちゃんは、時々ピットを訪ねてくれてはったのですけど、いつも僕しかいなくて寂しい思いをされてはったのです。ゴール直後なのでみんな居るからと誘って4番ピットに入ると。。。。。

誰もおらんやないか!

ええ?マジで?何で誰もおらんのよ?




みんな、我がチームの最終走者は放っておいて、8時間のトップのゴールに釘づけでした。。。。といいつつ、僕もダッシュしましたけど。。。




ちゃんちゃん。







楽しかった。。。。。とても。。。。。
「関西クラシックレーサーズ」
来年はチーム数を2チームに増やしましょう。。。。パーマネントコース周回なので、自転車にトラブルがあってもある意味安心です。
元々速く走るために作られたロードレーサー、思いっきり走らせてあげませんか?


関西クラシックレーサーズ
チーム監督:akutaさん
報道部長:cancanさん
応援団長:大黒屋さん
そして、ライダーの
charaさん
A達さん
BLKさん
UGの兄♭♭♭さん
EVEREST espritさん
(走行順)

楽しいひとときを有難うございました。
アフターのみさきや反省会。1500円であそこまで満足出来るなんて。。。。安すぎます。
監督のakutaさん、手配有難うございました。
来年も是非やりましょう。




おわり。
[PR]
南乗鞍でよき連休を過ごしましたが、やっぱり帰らんとあきません。

高根村から東へ出て、開田高原でアイスクリームやバターやらをゲットするか?
はたまたとっとと西へ戻るか?

みんなで相談。。。。。

結論!

高山テディベアーミュージアムへ行く!

そそそんなんあるの?

ちなみに、お父さんは来た道を戻るのが大嫌いなんだけどね。。。。まあいい。。。。。

途中、臥龍温泉ヒマワリでお風呂。(キャンプ場では入らなかったもんね)
ここよかったです。
ほんのり硫黄臭のいいお湯でした。
ついでにここで昼ご飯も食べてからテディーベアミュージアムへ。。。。

ここで、ものすごい事実に遭遇しました。



c0107075_234593.jpg


U-Ritchey!さん、テディーベアミュージアムのお向かいが地ビール工房でした。。。。
以上、業務連絡終わり。






まあ、ようさんテディーベアある事よ。。。。さすが博物館。。。。
えらい昔からテディーベアってあるようで、ほんでもってテディーベアの“テディー”はセオドアルーズベルト大統領の愛称のテディーに由来するそうな。。。。知ってましたかい?
c0107075_234787.jpg




ホント、かわいらしい、僕には全く似合わないところでしたけど、女房もチビたちも大喜びでした。
c0107075_2341158.jpg



僕の目を釘付けにしたのがこの雪景色のジオラマ。。。。クマちゃんは。。。。居てない?
c0107075_2375952.jpg



僕は女房とツーショット写真を上のチビに撮ってもらいました。
c0107075_2341742.jpg




チアの格好したクマちゃんも居てて、チアダンスしている上のチビは大喜び。。。。
c0107075_2341940.jpg





まあまあ充実した時間やったような気もする。。。。

さあ、帰るぜ!




東海北陸道、渋滞34キロ!
そんなもんやってられん!荘川で降りる!
中部縦貫道油坂峠を越えて、九頭竜湖畔をドライブして、越前大野をスルーして福井から北陸道に入る。。。。渋滞無し!

作戦成功。

順調に走っていたら、木之本で事故渋滞発生。30キロ。。。。。ほとんど動かず。。。。

悲惨。。。


そうこうしているうちに、名神も混んできて、僕らが着く頃には彦根から先渋滞。。。。。
ああ、東海北陸道をそのまま行った方がよかったかなあ。。。。。


彦根で飯食って、帰ってきたのは11時でした。。。





こんどこそ、おわり。
[PR]
寒い中、星空の写真を撮った後はポテチンと寝てしまいましたが、夜中の12時頃にトイレに行きたくなって目が覚めました。ぐえ〜〜〜〜寒いいい!!!

ふと空を見上げると、なんと!空には天の川も見える。。。。空にはこんなにも星があるのか!星が降ってきそうです。
まあ、今から三脚セットアップして、寒い中、10分露光とかするのもいいやなので、(誰かに見られたら不審者扱いかも。。。)
そそくさとテントに戻りましたが、ほんの数分でテントをたたく雨の音がし出しました。ほんまに山の天気は変わりやすいです。
雨は、上がったかと思えば降りの繰り返しで、朝まで断続的に降っていたようです。

朝、5時半頃に目が覚めました。チビも女房もシュラフにくるまっとります。寒かったもんね。。。。
よく見ると、テント内に水が浸入しているではないか!。インナー自体の内面にも微妙には結露してるけど、こんなに溜まるほどじゃない。。。何でやろうと。。。。探してみると、どうもフライの全室部分の垂れ下がり部分からの雨漏り。フライの撥水性がほとんど効いていない。。。。当然たるみのあるような部分から雨水がポタポタと。。。。
うっとこのスタンダードドームテントのインナーの入り口部分は2重になっていて、内側がメッシュ、外側がインナーと同じ素材になってます。通気性がよいように、足下側の入り口だけメッシュにしていたのだけど、これがいかんかったようで。。。。。上からの雨水がメッシュを通って足元に垂れてしまったようです。
あちゃあ。。。。タオルで拭き拭き。。。。
このテント、買って15年ほどになるものですが、いうても平均、年に3泊程度しかしてないはず。そんなもんで撥水性能って落ちてくるもんなんかなあ?

ん?そういえば、タープも同時に買ったぞ!

気になって、外に出てみると。。。
おおおお!!!!
御嶽山や!
素晴らしい!
c0107075_0143436.jpg


この景色を見ながら朝のコーヒーを沸かす瞬間こそ、キャンプに来た意味があるというものなのだよ!これは、一番最初に起きたものに与えられる特権なのだ!

シングルバーナー点火!

コポコポと、お湯が沸いて、カップはと。。。。。

クォ〜〜〜〜〜マイカップ忘れたあ!そういや、女房はマイカップとかかさばるから持っていかへんとか言うとったかな。。。。僕はこっそり持っていったんねんとそのまま忘れたんや。。。。。最近忘れ癖がひどい。。。。

って、既にタープのことは忘却の彼方です。


ああ、御嶽の山頂に雲の道が出来てる。。。。。
c0107075_0143870.jpg



キャンプ場の静謐な空気感が素晴らしい。


オットマン付きの折りたたみチェアにふんぞり返り、一人の時間を満喫す。
c0107075_0144031.jpg



30分ほどした頃か、女房が起きてきた。
二人で飲むコーヒーもホント久しぶりだねえ。

“昨日の晩、雨結構降ってなかった?”
“降ってた降ってた。テント内結露してたから、脱いだもんとかよけたけど、大丈夫やったかい?”
“もう濡れてもええわとか思いつつ寝てたわ。”
“しかし、まあ、年とると硬い銀マットは厳しいなあ。。。。”

なんて、会話をしつつ、僕ははたと思い出しました。

“タープや!タープはどうなってる?”

とタープの内面を触ってみると。。。。

べちょべちょやんかいさ!
やっぱりタープも撥水性は全く失われていたわけで。。。。。。
こら、タープにも撥水剤つけやんと。。。。。。と思いつつ、撤収までに乾くか心配になってきて、タオルで拭きまくりました。テントも拭きまくりました。フライひっくり返して、ハンモックに干す!インナーテントは速攻で乾いていったので、そんなに大層な結露じゃなかったみたい。。。。


朝ご飯は、ホットサンド。簡単にできて、非常にええ感じでゴージャス感もたっぷりっす。(写真無し)


タープとテントフライは微妙に湿っているかもしれないが、とりあえず撤収撤収!ルーフボックス&ラゲッジが一杯になる状態なので、ほとんどパズル状態です。
必死に詰めていきますが、
ルーフボックス閉まらへんしい〜〜〜
女房に手伝ってもらってやっと閉めます!
c0107075_0144239.jpg



ラゲッジも、後方視界ゼロまで詰め込まれてます。そんな無造作に押し込まないで、もう少し、隙間をうまく利用するんや!


センターハウスまではゴミを積んでいかないとあきませんので、来るときはラゲッジに積んでいた衣類は女房の膝の上へ。。。。空いたスペースにゴミを積んで。。。。。センターハウスで降ろします。


さあ、僕らはまだ帰りません。

c0107075_0144538.jpg

この池に用事があるのですよ!

ニジマス釣りです。(1時間一人1000円やったかな?高いぞ!)
c0107075_0145323.jpg

c0107075_0145644.jpg

c0107075_0144855.jpg



出来んのかいなあんたら。。。。。
と思いきや、上のチビ釣る!
c0107075_015038.jpg

さらに釣る!
c0107075_0145834.jpg



まえだJr. 君悔しい!掛かりはするものの上げるまでにバラしてしまう。。。。
多分つぶされたかえしがしっかりかからないんだろうね。
ちょっとお父さんに貸してみ。
一瞬で釣れる。コツは掛かったらあまり強く引かず暫く遊べば、間違いなく上げられる。。。。
まえだJr.君ご満悦。
c0107075_015230.jpg

が、これは、僕が掛けたやつを竿持たせて上げたところ。

自力で釣らせたいなあと思いきや、まえだJr.君やりました!
c0107075_015450.jpg

自力で釣りました。


合計で、2〜30匹は上げたかなあ?。一人5匹までなら持って帰れるそうだけど、全部キャッチ&リリースしました。



c0107075_015783.jpg




ふう。。。みんな満足したところで、いよいよ帰途につきます。
ありがとね。南乗鞍キャンプ場。

c0107075_0151064.jpg




また来年も来るよ!


おわり。。。。
[PR]
クネクネ道を上ること8キロ。
ゆっくり走ったのに、直前のコスモス畑でオレンジジュース500mlを一気飲みしたまえだJr.君、“うううう!!!気持ち悪い!!”
と言うや否や、

窓を開けて、ゲッチャン!!
あのね。。。。


現地着は12時ジャストでした。
チェックインは13時からなのですけど、ここで色々とやらんとあかんことがあるわけで。

まず、ここは登録ユーザーと同行のゲスト4人までしか利用出来ない施設でして、僕はずっと前からユーザーでおました。予約は別に問題なく終わってたんですけど、チビどもを楽しませるために、“アウトドア教室”なるものに参加させたろうともくろんだわけです。
この日予定されていた教室の中でチビが選んだのは、“羊の毛を使ったアクセサリー教室”と下のチビは“日時計作り”
がしか~し、アウトドア教室に参加出来るのは、ユーザーのみ!ゲストはダメだと!MUJI ネットワークのオペレーターと電話で相談すると、教室が始まるちょっと前に行って現地で家族登録し直してくれとのこと。
ああ、面倒くさい。。。。
さらに、日時計作りは急遽中止だと!
残念やったな、まえだJr.君。
登録が終わっても、まだ30分ほど時間がありましたので、サイトの見学に行くことにしました。ここのキャンプ場は200サイトほどの区画があって、自分で好きなサイトを指定予約出来ます。うちも、一応よさげなサイトを予約していましたが、他にも空いているサイトがたくさんあるので、実際に現場を見て、ダメだったら変更してしまおうと言う計画だす。
予約していたサイトを見に行くと、広さと隔絶感は期待通りでしたが、段差が多いなあ。。。サニタリーまでも予想外に傾斜がきつい。でもって景色は全く良くない。。。。う~ん。。。。。変更しようっと。。。。。
他も見てみると。。。。
お?というサイトを見つけました。センターハウスに戻って、空き状況確認するとオッケーとのこと。
変更決定!

景色は、絶景ではないですけど、それなり。。。。。が、微妙に狭いか。。。
c0107075_14503774.jpg


天気は、非常に代わりやすいようで、曇ったり晴れたり。。。。。

13時になって、チェックインを済ませ、チビを教室に放り込んだらサイト設営開始です。
ここで、やはり微妙に狭いことが判明しました。車を駐めるとスペースがかなり限られてしまいます。うっとこのウイングタープは結構でかいので、斜めに張って、メインポールのテンションコードはギリギリやんかいさ!
c0107075_14503085.jpg




暫くして、アクセサリー作りに没頭しているであろうチビを迎えに行きます。
おおおお!作っとる、作っとる。
c0107075_14504198.jpg

羊の毛を型に押し込んで、針でつつきまくると、繊維が絡まって、型どおりになるんだって。。。。
家でも簡単に作れるんだって。。。。。羊の毛???(そんなもんどうやって手に入れるの?)


センターハウス前の広場でちょっとの間遊びます。
気持ちええやんかいさ!
c0107075_14504559.jpg




山の上の方は紅葉も始まってますな。。。。
c0107075_14504944.jpg




サイトに戻って、上のチビは早速ハンモックで揺られよります。
c0107075_1451784.jpg




僕は下のチビとMTB!
上のチビも行きたがりよりましたが、来週(今週?)にチアダンスの大会を控えている上のチビにはスパルタコーチの女房からMTBの許可が下りなかったのです。。。。

ここのキャンプ場、MTB用に長さ2~3キロのシングルトラックが6本整備されてます。僕はこれが一番楽しみでした。
先ずは、我がサイトからちょっと下ったところからシングルトラックに踏み込みます。平坦ですけど、じわじわと登っていくようで、まえだJr.君、ここで敢えなく撃沈!何ぼほどしょぼいねんな!
c0107075_14505393.jpg

今度は下り基調のSTに入ります。
適度な勾配と、走りやすい路面。。。。最高です!


まえだJr.君、“こわい~~~!!!!こけるうう~~~~~~”と。。。。

c0107075_14505710.jpg

ここはパノラマコース。ああ、この雲の中に御嶽山があるんだろうなあ。。。。
もう、カメラを出すのももどかしく走ります。


2キロほどでアスファルトに出ると、まえだJr.君曰く。
“もう、帰る。。。。。”

え?まじで?もう帰るの?

“だって、お腹空いたもん!”

ううう。。。そういえば、今日は、朝、ダッシュで出て、コンビニでちょっとパンだのを買い込んだ後は、おやつ程度しか食べてない。。。要は昼ご飯は食べていない。。。。
しょうがない。。。サイトに戻るか。。。。。

って、サイトまでは登坂。。。。。まえだJr.君、何の疑問もなく押し始めます。

まじ?根性無しの極致やないの!


サイトにチビを届け、僕は一人で遊びに行きます。ガシガシ走ると暑いだろうからTシャツ一枚で走ります。おもしろい!転けても絶対に死ぬところはない。。。。(あたりまえか。。。)
綺麗に色づき始めた木々の中、暴走します。一方通行のMTB専用コース。行くしかないわな。。。。他のコース全部行ったりました!
思いっきり満足して、車道に戻ると、そこはキャンプ場の入り口下。。。。。。
ええっと。。。。。僕の記憶が正しければ、結構な勾配を結構な距離登ったような記憶が。。。。。。

パラパラと降ってくる雨。だんだんきつくなってくる。。。
悲惨。。。。
センターハウス近くまで帰ってきたところで、既にかなり濡れちゃってましたね。


サイトに戻って、ボ~ッとしていると僕もお腹が減ってきました。
時刻は16時過ぎ。夕飯には充分早い時間ですけど、いそいそと炭起こしを始めました。女房はチビたちのすき焼き製作開始。
c0107075_1451273.jpg



僕、炭起こすの苦手なんだよなあ。。。。。。



僕と女房のメインディッシュは飛騨牛の焼肉。このために高山で買い物をしたのだよお~(写真無し)

後は、キノコのホイール焼きしたり、細々とししゃも焼いたりして、お腹いっぱいになったら、残った炭を元に焚き火じゃ!


c0107075_1515971.jpg

燃え上がる炎を眺めていると、猛烈な眠気が襲いよります。
が、焚き火は、その日に出た燃えるゴミも燃やしてしまうという大きな目的があって、頑張って、あれやこれやと燃やしていきます。水気をしっかり含んだ食材の切れ端なんかはなかなか燃えないので困ります。。。
うちわで扇ぐ!
火勢が大きくなる
うちわで扇ぐ!
火勢が大きくなる

“も~えろよもえろ~よ~ほのおよも~え~ろ~~~~”

チビたちもキャンプファイヤーに大満足したようで、1日の疲れもあってか、早々に就寝!女房も就寝!
お父さんも眠いが、まだやることが残っているのだ!!!!






空を見上げると。。。。。





おおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!
これやこれや!これを見たかったんや!




隣の空いているサイトに三脚とカメラバックも持って移動。
いそいそと準備を整え、いざ!!!
c0107075_14511170.jpg

Tokina AT-X 116 PRO DX 11-16mm F2.8 シャッタースピード62秒 f8 ISO1600だよ。。。。



しっかし寒い!
メチャクチャに寒い!
モンベルのフリース地の上着着て、上からヘリハン着ていても寒い!
がそんなことは言ってられない。。。。雲が出たら終わりなのだ。。。。

おいらは、さらに調子に乗って、
c0107075_14511669.jpg

Tokina AT-X 116 PRO DX 11-16mm F2.8 シャッタースピード611秒 f18 ISO1600だよ。。。。
あんまり流れてない。。。。。偶然北極星が写ってました。。。。。


この後、西の方から雲が流れてきて、終わり。。。。。
ちなみに、10分とかの長時間露光の場合、5枚撮れば、1時間近くかかるわけなのですから、失敗したら、ショックが大きすぎます!




南乗鞍の夜は更けていくのであった。。。。。(まだ8時半やけど。。。)


つづく。。。。。
[PR]
10/10~11の連休で、うっとこは、家族でキャンプに行ってきました。

元々うちは結婚前から友人とこのカップルや、同級生同士でキャンプに行きまくってまして、連休になれば信州だの四万十だのとキャンプに出かけていました。
初めてアウトドアライフに目覚めたのは大学の4年生くらいかなああ?何かの本で紹介されていた、信州は南相木村の立原高原というところまで行ったことがありました。確かGWやったと思いますが、ログハウスを借りたところ、木と木の間で越冬していた大量のカメムシが這い出てきて、箒と塵取りで集めるも次々出現。10匹や20匹ではありません。数百匹というようなレベル!だんだん、カメムシとの戦争の様相を呈し、隣のログハウスの住人はとうとう戦争に負けて車中泊を決めたそうですが、こっちは意地です!!力ある限り戦います!最終的にはカメムシとの戦争に勝利し、カメムシの匂いにもすっかり慣れ、すやすやと眠りについたわけです。
その後、僕らはログハウスには2度と泊まらず、友人がコールマンのスタンダードドームテントをゲットして、もっぱらテント生活へ移行していったのです。。。。
それから数年、僕らは大学を卒業しテント所有の友人カップルが破局を迎えてしまい、一瞬、アウトドアライフから遠ざかるかに見えた僕らですが、偶然にもマイテントをゲット出来ました。
今度のはスタンダードドームEX II というやつ。自転車を持って行くことが多い、いや、必ず自転車を持って行く僕らには、夜に自転車を収納出来る後室も付いているテントが必要だったのだ。
タープはヘキサにするかウィングにするかとても迷いましたが、ヘキサにしました!と思ったら間違ってウィングを買っていました。
女房の実家の近所でアウトドアショップの閉店セールに遭遇して、ツーバーナー(プリムスの3600kcalx2が2980円!)もランタン(プリムスのでかいやつこれも2980円!)も、とても安く買いましたな。。。。クーラーボックス(コールマンのやつでこれはよう熱をシャットアウトします。夏の海辺でも、ブロック氷が無くならないからね)も1980円と格安だったかな?

以降、アウトドア雑誌に出れるようなサイトを作って喜んでましたが、野辺山の牧場で、台風直撃に遭遇したり、ブヨに刺されまくって1ヶ月ほど腫れと痛みに悩まされたのも懐かしい思い出ってかあ!




結婚してすぐに子供がでけてしもうたので、長いことキャンプって行けなかったのです。
子供が大きくなってきて、チビのお友達の家族と合同でなんべんか近所へキャンプに行ったりしてましたけど、スタンダードドームEXまでは出さず。ウィングタープは大人数には向かないので張らず、キッチンは誰なと作るので作らず。。。。
キャンプの夜は子供と一緒にさっさと寝る。。。。。。

ああ、キャンプしたいなあ。。。。焚き火したいなあ。。。。。火眺めながら酒飲みたいなあ。。。。と、思いつつ数年。。。。。


うちのチビも小3と小4。もうええ加減大丈夫やろうと。。。。
女房と相談して、決行決定!




今回の行き先は、以前にも行ったことのある“無印良品南乗鞍キャンプ場”。
ここには、MTB用にシングルトラックコースが整備されていて、MTB以外進入禁止。しかも一方通行。。。。。

どう?ドキドキしない?

前に行った時よか、数本増えているようで、ちょっと楽しみなわけです。

でも、ネットで調べると、何とこの連休で今年の営業は終了。
マジかよ!そんな寒いんかよ!




c0107075_19192627.jpg

何しか、我がステージアにはルーフボックスが増備され、この中に荷物ぎっしり。。。
その分、車載可能な自転車は2台に減ります。
僕はスカルペル以外乗りたくないので(我が儘あ〜〜〜)、あと、MTBコースは24インチ以上の車輪限定とされているので上のチビのを。。。女房と下のチビのは現地でレンタルスりゃあいい!
さあ、ラゲッジに陣取るスーパーウーハーとパワーアンプをうまく配置換えして場所を確保して、荷物を詰め込み詰め込み詰め込み、最終的に、後方視界はまるでランボルギーニカウンタックのよう。。。乗ったこたあないけどね。
後席の足下にシュラフと自分の荷物。後席中央にブランケットを4つ。。。。。。チビ2人は荷物に埋まるようにのっとりました。まあ、ごろんとしてもふかふかのブランケットだし、快適だったようで。。。。。


コンビニで、道中の飲み物おやつを買って、京奈和道〜京滋バイパス〜名神〜東海北陸道でもって、高山入り。。。。ここで食材を買い込みます。

“って、何処に載せるのよ!”

何とかかんとか隙間に詰め込んで。。。。。積載状態の写真撮っときゃ良かった!





c0107075_19193193.jpg

途中のコスモス畑で休憩&時間調整します。
そんな窓から撮ってもしょうがないじゃんか!
c0107075_19193341.jpg



わたいは、新しいレンズ持って走り回ります。。。。。。

c0107075_19193995.jpg

ベタなショットでも、なんか嬉しいよなあ、新しいレンズってば。。。
一つ前の車の写真も同じレンズで撮ってますけど、やはり綺麗だと思う。。。。最初の車の写真はLUMIX TZ-7ですわ。何がどう違うってのはわからないけど、とりあえずLレンズの威力なのかなあ?

c0107075_19193583.jpg

c0107075_1919418.jpg

c0107075_19193759.jpg



何と、撮りやすいレンズな事よ。。。。
全部手持ちだすよ。。。。。実際の写真見てもらったらわかりますけど、F値開放で撮ったら、被写界深度はこんなもんですわ。これがシフトブレを防ぐハイブリッドISの威力なのか!
嬉々としてうろうろする僕。
“お父さん!はよ行こうなあ!”
と、チビども。。。。



しゃあないのお〜今日はこのくらいにしといたろか。。。





クネクネ道を上ること8キロほど。
ようやく南乗鞍キャンプ場に到着!


さあ、どうなる?初の単独ファミリーキャンプ!



つづく。。。。。
[PR]
昨日は、朝一から大阪でした。
そそくさと用事を済ませて、半年ぶりに散髪。めちゃめちゃすっきりしました。
でも、次の仕事は夕方から。。。。。。。。この思いっきり空いてしまう時間をどうする?
髪の毛染めてもらいながら僕は色々と妄想に耽りました。。。。

そして、一つの名案に辿り着きましたのです。

“そうだ、和歌山へ行こう!”


和歌山にはサイクルショップ・シルクロード和歌山があります。
そう、デュークの店。。。。

開店しよってから早1年。ずっと行きたいと思っていましたが、いい機会ですから行ってきました。
ちょうど、ホイール貸してくれと言われていたのでそれをもって行きましたのです。
天満橋から阪神高速に入って、松原線から近畿道〜阪和道と走り、和歌山インターで降ります。
ナビにピンポイントで住所入れていたのですが、あっさり行き過ぎました。。。。。。
c0107075_932032.jpg



センスええやんけデューク!
“散らかっててすいません”とか言うてましたが、別に散らかってません。あまりキレイでも落ち着き無いからね。。。そもそも、こちとらそんなもんにはかなり慣れっこですがな。。。。

1時間ほど遊んで帰りました。

デューク、がんばれよ!
[PR]
こないだ、某kuwaさんが僕のとても欲しいカメラを買いはりました。。。。。
ええなあ。。。。。僕も欲しいなあ。。。。。

でも、僕はもう一個欲しいものがあってですね。。。。。

Amazonとかあまり見ないようにしてたのに。。。。。

今日、どうしても通販でものを買わねばならない羽目になってしまって。。。。
“あなたの最近チェックしたものはこれです”とかって、大きなお世話なとこありますでしょう?


クラクラと吸い寄せられた挙げ句に、まだ朝なのに酔うてるような雰囲気になってですね。。。。

ポチッと。。。。。
[PR]