<   2011年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大雨警報発令中なのに、約7名の変態が。。。。。

雨やねんから家でおとなししとけよ!!!!!(おまえもな!)

さすがに今日は林道うろちょろだけでしたね。。。。


c0107075_1144416.jpg

(ハブまで埋まる水たまりを突っ切って。。。。。)


c0107075_11443833.jpg

(やらせ写真撮って。。。。)


c0107075_11443687.jpg

(水もしたたる新緑のトンネルを抜け。。。。)



c0107075_11443099.jpg

土砂降りですとも。。。。。。。




c0107075_11443466.jpg

(何をしようとしてるのだ???テンション上がりすぎではないのかね?)



c0107075_11443226.jpg

(大雨警報発令中の中走った、アホンダラどもです。。。。。。。おまえもな!!!!)

本日のええショット。。。。
[PR]
凄すぎる!





半分はプロ級らしいですけど、基本的には素人さんなのに。。。。。


Giro de Italiaとニコニコで今年も夜更かしな毎日。。。。
[PR]
今日は、お昼から仕事でしたので、朝から走りました!

第一案。。。。祖父谷峠~石仏峠~魚谷峠 with ケルビムorスカルペル
or
第二案。。。。花脊~佐々里峠~美山 with プリアモ

で非常に迷いましたが、
結局、
花脊峠~大見尾根~尾越~八丁平~小ナメラ谷林道 with スカルペル
にしました。。。。

え~~~!!!????候補にもなってなかったのに~~~~~

要は、秋に画策していたコースを行ったわけですな。



c0107075_23171167.jpg


花脊の山村交流の森に車を停めて、走り出したのは8時。
微妙に遅い。。。。12時半には車に戻りたいので、行けるのかね。。。。。
単に走るだけなら楽勝だけど、背中のリュックには7D積んでるからねえ。。。。
そこらで停まりまくる予定だからさ。。。。
そんなこんなでまずは花脊峠を登る。


じんどい~~~~



しかし、山の緑が気を紛らわせてくれる。。。
c0107075_23174254.jpg

c0107075_2317377.jpg


美しい。。。なんて美しいのだ。。。。。
やはり
“この季節に自転車乗ってない人は人生の半分は損してると思います”



花脊別所はほんとに素敵な集落です。いつもは南側から登ってきて、バッキュンと下ってしまうので、なかなかゆっくりきょろきょろしてないのですけど、こうしてじっくり登ってくると、それはそれは素敵です。
何が素敵なのかはなかなか上手く表現できませんけど、家や山や、周りの畑や、生活のにおいがいいのです。広河原、久多に続き、北山で3番目に好きな集落です。
c0107075_23171887.jpg

c0107075_23172076.jpg

c0107075_23172273.jpg

c0107075_23172431.jpg

c0107075_23172856.jpg

c0107075_23173356.jpg




花脊着。もうええ気温になってきてます。アームウォーマー外そうかな。。。。(でも虫に刺されたらいやだしのう)
c0107075_23174763.jpg




さらに杉の峠に登ります。何か今日は足がよく回るぞ。センターで行けるじゃんか!(と言うても32x32)
c0107075_23174974.jpg



和佐谷峠を越え(尾根道を走っているので下りきったら峠、峠を越えたら登りになります@@)、秋にガスに巻かれてびびった場所も越えていきます。
大見尾根は道の真ん中に池があるので有名だったですが、誰かが水切り加工してくれたおかげで、池はなくなり、単なるぬかるみ程度になりました。う~ん。。。知らん奴連れてきて直前でハイペースで引っ張って、こっちはささっと右によけて、“うっわ~~~!!!”と言わす楽しみもなくなっちゃいました。。。。残念。。。

下りのガレ方も、昔に比べるとマシになってます。レフティーやったら別にびびることなく下れますのでね。。。。とはいうものの、ラインはなかなか決まりません。。。道も川になってます。。。びしょびしょになって大見に下りてきました。
c0107075_23175226.jpg




さあ、大見からは僕が大嫌いな前坂峠を越えます。
毎年、お盆休みに、みんなで来るのですが、何回来てもイヤです。急勾配の直登コースです。でも、今日は絶好調。インナーは使いましたけど、後ろは28T位で上れてしまいました。。。。やるやんけ!俺!

c0107075_2317552.jpg

(何の写真かわからない。。。。。正解は、苔むした木橋のアップ)


気分最高で尾越を走ります。ダートも一気に駆け上って、二ノ瀬キャビンで大臼歯。イヤ、大休止。
c0107075_2318096.jpg

c0107075_2318945.jpg

c0107075_2319273.jpg



気持ちよすぎです。。。。



しばし微睡んだあとは、八丁平に向かいます。
お盆休みはフノ坂をそのまま登ってるのですけど、よく考えたら、フヂ谷峠もあるやんかいさ!今日はフヂ谷峠を登っていきました。(もちろん林道の方ね)
しかし、このフヂ谷峠は結構な勾配です。インナーロー使いまくりました。


でもこっち来て正解だったな。。。。。
c0107075_23195986.jpg

(林道のピーク)


c0107075_23194820.jpg

(多分ここが正しいフヂ谷峠。。。。だと思う。。。)


c0107075_23201583.jpg

(八丁平への道。。。。。。はあ、、、美しい。。。。)


c0107075_2320885.jpg

(緑過ぎて目ぇ痛いです。。。。)


c0107075_23202539.jpg

(虫にやられまくったか?)



さ、八丁平へ行きましょう。入り口からは、自転車押していきます。
もっともっと緑だらけかな?とかなり期待していましたが、まだ芽出てないのかな?緑は緑ですけど、茶色も多い。。。。
c0107075_2320343.jpg

c0107075_23204261.jpg




それにしても、峰床山の緑なこと。。。。
c0107075_23205422.jpg




オグロ坂まで行かずに中村乗越への分岐でUターン。
帰り道は帰り道で光線の具合が変わるので、新鮮です。
ああ、もうええ時間なんだけど。。。。
c0107075_2321826.jpg




フヂ谷峠経由で久多尾越線に戻ります。
さあ、ここからは走ったことのないコース。林道小ナメラ谷線です。
取り付きはなかなかしんどいですが、1キロほどで平坦になります。
平坦になったあとは、なかなか素晴らしいパノラマ林道です。
c0107075_23212389.jpg



何や、でっかい杉の老木があったりしておもしろいです。だいぶん害虫にやられている感じもありますが、残って欲しいなあ。。。
c0107075_23213319.jpg





c0107075_23214435.jpg

(スカルペルの向こうは崖。。。。怖い!!!)




あとは、普通の林道をバッキュンと下るだけ。。。。
途中、峰定寺なんて言うのがありまして、ここのお寺なかなか本気です。。。。
c0107075_23221283.jpg

c0107075_23222311.jpg

c0107075_2322385.jpg

c0107075_23225269.jpg

c0107075_2323828.jpg




後ろ髪を引かれる思いで、12時過ぎに帰ってこれました。



入浴料が高いと有名な鞍馬温泉の山は藤が綺麗に咲いておりましたとさ。
c0107075_23232271.jpg






本日のベストショット

おわり。
[PR]
ああ、迷う。。。。






第一案。。。。祖父谷峠〜石仏峠〜魚谷峠 with ケルビムorスカルペル
c0107075_16144562.jpg






第二案。。。。花脊〜佐々里峠〜美山 with プリアモ
c0107075_16144889.jpg






悩むなあ。。。。。どっちするよ!

最近長いの行ってないしなあ。。。。
山の新緑も捨てがたいしなあ。。。。


ああ、ほんに悩む。。。。
[PR]
土曜日の飲み会から遅く帰ってきた僕ですが、日曜日の朝は練習です。
根性で6時に起きました。
ものすごいこと気合いを入れて、自転車装束に着替え、ほっと一息。
あまりにも気合いで起きたので、まだ時間は早い。
爆撃もしないといけないが、まだまだ催さない。。。
そこで、ソファーに座ってテレビのスイッチを入れる。。。。
と、ものの1分で意識消失。。。。。
気付いたのは7時半でした。。。。。。あああ〜〜〜すでに出て行く気合い無し。。。。。

朝から自転車洗って、綺麗に整備もして、チビ達が公園行きたい言うもんだから、ちょうど出していたケルビムに跨がり、公園のはしご。。。。。

帰ってきたら、ちょい乗り用にしている女房のワイルドウエスト号がパンクしているではないか!
直そうとパッチ出して、ゴムノリは????ををを!!!ゴムノリ完全乾燥!
コーナンに買いに行ってと。。。。

次なる課題は我がステージア。。。。。とにかく汚い。。。
最近いつ洗ったのかも覚えていない。。。。。。黄砂にまみれてかなり悲惨な状態なので、思い切って洗車することに。。。。
1年ほど前に勢いで買ったGSの洗車カード。。。。使わな損ですから。。。。

ピッカピカになったステージアはやっぱり格好いい!

機嫌よくなった僕は久しぶりに家族でステージアに乗って出掛けました。
「どこ行きたい?」
とチビに振ると、
「忍術村!」

何と!


新緑の元、甲賀に向かいます。
ああ、気持ちいい。。。ドライブもいいねえ。。。。
そのまま忍術村に行くのもいいけど、やっぱり甲賀と言えば、「甲賀流忍術屋敷」でしょう?



c0107075_2355897.jpg

(ん?その画面右下にあるのは。。。。。)


c0107075_236082.jpg

(やっぱりそうきたか。。。)



上野城や、そこらにも忍者屋敷はあります。
まあ、イベントとしては、上野城の忍者屋敷の方が子供達にはおもしろいとおもいます。。。。くのいちとか出てきて、それはそれは上手くどんでん返しの向こうに消えたり、棚の下に逃げ込むパフォーマンスを見せてくれますからね。
でも、ここ甲賀流忍術屋敷はそこらへんの忍者屋敷とは意味が違います。ここは完全に本物です。
おっちゃんがドヤ顔で説明してくれますが、なかなか味があっていいのだ。
けど、維持していくのもなかなか大変なんだろうなあ。。。。


c0107075_23622.jpg



忍術屋敷をあとにして、細い道を駐車場に戻るとき、前からランドナーが走ってきました。
まあ、僕ら自転車の値踏みは一瞬でしますけど、ジルベルトーのFバックにピン球とくりゃあ。。。
やるやんけ!
c0107075_236434.jpg

ん?十速会のステッカー???おお!トーエイオリジナル千鳥!


なんとakahoriさんでした。。。
c0107075_236610.jpg

(げげげ!自動測距を選択したままだったので、一番手前の手にピントがきてしまいました。)

何ちゅうとこでお会いすんですか。。。。
柘植〜上野〜御斉峠越えて、この辺うろうろされていたそうです。
今日は、天気抜群で、気持ちよかったことでしょうに。。。。


二言三言お言葉を交わして、次はいよいよ忍術村。
c0107075_2361462.jpg

c0107075_236934.jpg




ここでチビ達は大暴れするわけですよ。
井戸から地下道を通って。。。。。
手裏剣投げして。。。。。
石垣登りに挑戦したり。。。。
からくり屋敷には慣れっこのはずなのに、神妙に話を聞く。。。。。
お父さんも、そこら辺で新緑を愛で愛でして、満足だすよ。。。。
c0107075_2362056.jpg

c0107075_2362276.jpg

(ちなみに、ここでは、普通に忍者のコスプレが出来ますが、下のチビはかたくなに拒否!)


c0107075_2361629.jpg

c0107075_2361129.jpg

c0107075_2361824.jpg




親子共々満足して帰ってきました。。。。。


akahoriさん、またどっかで会いましょう(笑)
[PR]
by tamz_ortho | 2011-05-15 23:31 | その他
今日チームのみんなはロードに行っちゃいましたが、僕は、山に行きました。

途中、目の前をLoweさんの車が。。。。
現地ではnishiuraさんが。。。。。

今日は、3人で走りました。
まあ、走りました。思いっきり。。。。しゃべりながら。。。。。049.gif


c0107075_14382734.jpg




c0107075_14383474.jpg

(ああ、なかなかええアングルやと思ったんですけど、レンズ汚れてる。。。。)



c0107075_14383613.jpg

(青い空と、新緑の森。。。)



c0107075_14383998.jpg

(テスタッチとツーショット)




ほんとに、緑の眩しい春の朝練でした。
c0107075_14384264.jpg


本日のベストショット
[PR]
4/29(金)昭和の日は祭日です。
僕もお休みです。
前のスレッドでも書きましたが、この日か5/1にBLKさんリクエストの“当尾石仏巡り”をやったろうと思ってたのですが、BLKさんにメールするとあっさりと振られてしまいました。その時からこの日かもしくは5/1(日)に家出することにしてました。
天気予報は29日が晴れ、5/1がくもり。。。。。

29日家出決定。

目指すのは“見ノ越”。
酷道で有名なR439の最標高地点で剣山の直下を通る峠です。トンネルですけど、その眺望は素晴らしいらしい。。。。一昨年に行ったろうと画策してたのですが、ぎっくり腰をやってしまって行けなくなってしまったのです。去年にさのなのささんが行きはりましたが、やられた感が強かったなあ。。。。
見残しからは、西の祖谷渓を下って、東祖谷村からはこれまた素晴らしい眺望の京柱峠を越えるというコース。
本当は、ロードでぐるっと1周160キロコースを考えていたのですが、考えてみると車の多い区間走っても何も楽しくないだろうし、僕ぁ、乗り鉄でもあるので、輪行も使って遊んだろうと。。。。乗ってく自転車もやっぱりランドナーがいいなあと。。。。
そこで考えました。車をどこに置くか?本来なら貞光の道の駅でしょうね?が、しかし、帰りに輪行すると、阿波池田で絶対に乗り換えないと行けないしなあ。。。ローカル園の連絡はなかなか大変なのです。。。。
つらつらと、時刻表をダウンロードなんかしていたら、阿波池田には駐車出来るとある。。。。

使えるじゃん!
帰りは、豊永からでもいいし、特急も停まる大歩危からでもいいから輪行したらええのよ。


プランニングも決定!



ここ興奮してきたぞ~~~
ぐおおおおおお~~~~~~~!!!!!!!!!!



木曜日は仕事先が大阪やったので、中国吹田から高速に入ります。
中国道を西へ!山陽道~淡路島を経由して香川道へ、板野で一旦下りて、一瞬だけ通る一般道区間で、朝ご飯と昼ご飯調達。藍住インターから徳島道に入って井川池田インターで降ります。阿波池田駅前に着いたのは1時でした。。。。。ふう。。。。。



途中、こんな事して遊んだたりしてました。
c0107075_22492036.jpg

c0107075_22492266.jpg





今回は輪行状態のランドナーをラゲッジに積んでいたので、完全に横になるのは不可能。さらに、寒い!
今回シュラフを忘れてきてしまって、掛けるものがない。。。。
王滝へ行く時に車が汚れないようにくるむマット(?)を布団代わりにしました。
寒くて、あんまり寝れなかったなあ。。。。。



朝は5時起床。
5:50の始発に乗って、20キロほど東の貞光駅まで乗ります。
20キロくらいやったらアップ代わりに走っていってもええのですけど、早朝にまあまあ狭い国道走るのイヤだし、何より電車(正しくは気動車)に乗りたかったのだすよ。。。。
c0107075_22492545.jpg




切符を買ってホームで列車を待ちます。。。その間カシャカシャと写真を撮る!
c0107075_22492713.jpg




ん?
んん??
c0107075_2341844.jpg

穴吹行き?
ん~んと。。おいらが乗るのも穴吹行きなんだけど。。。。


<( " O " )> ナントー!


ホーム違いますがな!
この写真を撮らなければ、気付かなかったかも。。。。。



朝日に向かって、列車は進みます。
始発なのに、剣道部の高校生がぼちぼち乗ってきます。
違う学校の友人同士同じボックスで話をして、横でおばちゃん居眠り。。。。
ああ、このローカルな雰囲気、ええなあ。。。。

と、貞光着。
つるぎ町の中心駅のはずなのに、無人かい?

狭いぼっとん便所で一発爆撃してから、写真を。。。。
c0107075_22492961.jpg

c0107075_22493130.jpg





自転車組み上げて出発準備完了。
c0107075_22493354.jpg





さあ、まずはここから見ノ越まで36キロ。標高差は1400mです。

36キロ!!!1400mアップ!
この事実に愕然としますが、まあ、昔のヒルクライム大台ヶ原が確か35キロで1200m上げてたはずだから、まあ、ちょっと踏ん張れば行けるか。。。別にレースとちゃうしね。。。。
あとの行程を考えたら、12時までに見ノ越着いたらいいので、7時スタートで5時間あるわけで。。。楽勝やん!

さっさと走り始めます。
ここいら、吉野川の流域はうだつのある家が多くて有名です。その中でも貞光地区は二重うだつの町で有名です。これは一応チェックしとかないと。。。。


これだよ!
c0107075_22493728.jpg




こっちは去年家族で行った脇町の普通のうだつ。
c0107075_22494083.jpg




どうよ?貞光の方が豪華絢爛でしょう?
いや、まあ、僕がえらいわけでも何でもないのですけど。。。。


貞光のうだつのある通りは、町外れでR438の新道に合流します。ここからは、貞光川に沿って徐々に登っていきます。いきなりしんどいです。。。。まだ5キロも走ってないのに。。。。やっぱりアップがてら走って来とったらよかったやん?という話になるかというと、ランドナーやからね。。。。ロードやったらそれも有りかもしれませんけどね。。。。


なんてうじうじ考えて走っていると、右手に鳴滝が見えます。国道脇から見えます。
シャッタースピードをいじったりしながら何枚か写真を撮って。。。。。
自転車も入れて。。。。
c0107075_22494475.jpg





この鳴滝からちょっと進むと、土釜があります。
古座川の滝ノ拝みたいなところです。滝ノ拝の方がスケールでかいですけど。。。。。
c0107075_22494614.jpg





土釜を過ぎると、特に見るものもなく、ひたすらに登りが続きます。登りと言うても緩い登りで、40x19あたりで走れてしまいます。ルートラボなんかで調べてみると平均勾配2パーセントですから、そんなに登ってる感覚もないです。が、ここで適当に標高を稼いでおいて欲しいのですがね。。。。。

そうそう、なかなかおもしろい看板がよく立ってましたね。“剣山スキー場まであと20キロ”ってかいてある看板のすぐ下に、同じくらいの大きさの看板があって、“脇見禁止!”なんて書いてあったり、“どうせえっちゅうねん!”

これも笑いましたね。
c0107075_22494856.jpg

酷道にありがちな対向車警告電光掲示板です。
看板の隅の方に。。。。
c0107075_22495296.jpg

“不表示・誤表示の場合がありますのでご注意下さい”だと!
意味ないじゃん!




20キロほど走って剣橋なる橋を渡ると、勾配が急になってきます。センターギアもローにシフトされ、それでもしんどい。。。。。しかしあと16キロほど登らないと行けませんから、こんなところでインナーは使えません。それでも、数キロ先で敢えなくインナーに。。。。。敗北感たっぷりです。。。。

それでもローは使わん!21Tで頑張るのだ。。。。

眼下の風景が稼いだ標高を物語ります。
c0107075_22495853.jpg



それにしても、このあたりの家って、何でああいう斜面に張り付くように建てるのでしょうか?
もうちょっと下やったらあかんわけ?車で上がってこれる道はついていないようで。。。。
c0107075_22495670.jpg






登り坂も終盤に近づくと、ヘアピンカーブに番号がつきます。ヘアピンカーブは全部で8つ。下から順番に看板が立てられていました。(写真無いです)
ここら辺が一番しんどかった気がする。。。。。

が、しんどくても登るのだ。。。。

自分で行くって決めたのだから。。。。

哲学者になっていくその頃、剣山スキー場到着。(現在営業休止中だとさ)

ふう、もうほぼ頂上です。

ここからほんの1キロで、R438のピークです。
ピークには池が二つあって、夫婦池という名前がついているようで。。。。
ピークに池ってなんかへんな気がする。。。。この水はどこから流れ込んでくるわけ?湧いてるのかな?
c0107075_22503062.jpg





さあ、ピークを越えると見ノ越へは下りです。途中、これから下っていく谷が見渡せました。
c0107075_22504847.jpg




このつづら折れを下るのだよぉ〜〜〜〜ドキドキ。。。。
c0107075_2251011.jpg






見ノ越は剣山の観光拠点にもなっていますので、駐車場も多いし土産もんやも多くて、何か今まで登ってきた道とのギャップに興ざめでした。




一応、トンネルの向こうもどんな感じか気になりますので、くぐってみました。



ツールに出てくるような高度感!
c0107075_22511195.jpg



再び祖谷側に戻ってきて、時計を見ると11時半。。。ちょい早いけどお昼にしようかな。。。と思いましたが、風はまあまあきついし、何より寒い!ちょっと休憩してから、祖谷側に下ることにしました。
この見ノ越からは酷道で有名なR439通称“よさく”です。
c0107075_2251257.jpg






この下り、なかなか凄まじきものがありました。

道路はボコボコやわ!
道には沢の水あふれまくってるわ。。。。。。
さすが酷道439!
路面が綺麗になっても道が細くて、ブラインドも多くて、それでいて、結構車も上がってくるので飛ばせない。。。。。

高度を落としていくと、段々と暖かくなってきて、奥祖谷の二重かずら橋のあたりまで来ると、あたりは完全に春になって来ました。
c0107075_22513450.jpg

c0107075_22514220.jpg



止まってお昼ご飯だよ!




昼食後はさらに下る!飽きるほど下る!



c0107075_22515153.jpg

c0107075_2252194.jpg

(何だここは?前の写真のも全部案山子なのです。)


c0107075_22521473.jpg

(案山子の里でした。夜に知らずに通りかかってヘッドライトの中にこれらが見えたら、怖いはず!)




c0107075_22523919.jpg

(まったくもって春爛漫)


c0107075_2253823.jpg




c0107075_22531980.jpg

(これも桜やんね?)


c0107075_22533256.jpg

(思考回路が止まりそうなくらいに春でした。)



c0107075_2253507.jpg

(道端にはこんな感じの沢がいっぱいありましたね。夏暑い時にはとても涼しげだろうなあ)




東祖谷の中心部まで下ると、さすがにもうウィンドブレーカーは要りません。

ああ、ここからまた登りなのよねえ。。。。。。14キロ650mアップ(by ルートラボ)
まあ、見ノ越に比べたらそんなでもないか。。。。。


c0107075_2254093.jpg

(何かの結界なのでしょうか?これ以上進んだらどうなるのでしょうか?)



フロントはセンター固定でガシガシ行きます。


今まで見たこともないようなヘアピンを行きます。
c0107075_22543117.jpg

なんぼ何でも。。。これヘアピンではなく、スイッチバックというのではないのか?



しまった!これは写真の撮り方がまずい。。。。。
右から上がってきましたが、ぼ〜っとしてると間違いなく真っ直ぐ(手前側へ)行ってしまいます。標識出てるけど道細いなあ。。。。。。さすが酷道439!
c0107075_22544312.jpg



この先、路面はどんどん酷くなり、一瞬ダートかい?と思わせるような場面まで出てきました。沢の水はそこら中にあふれ、さすが酷道439!
ふと上を見上げると、おお!ピークが見えているぢゃないか!まだまだ登らねばならない。。。。嫌すぎる。。。。。
c0107075_22545846.jpg





まあ、そのうち着くだろうと、ペダルを踏みます。。。。。。




左手にダイナミックに祖谷渓を見下ろせるようになってくると、ゴールは間近でした。最後は平坦で、非常に気分が高揚する峠です。。。。
c0107075_22551181.jpg





頂上には茶店があって、別に空腹というわけではなかったけど、ここの名物の“シシうどん”は食べたかったので、。。。。。。シシ肉の入ったうどんでした(当たり前か。。。)




c0107075_22552115.jpg

30年前にも来たはず。。。。YHから荷物だけYHにおいて、長い間漕いだ気がする。。。。
段々と思い出してきた。。。。あの頃はダートじゃなかったっけ?最後の集落あたりからダートだった気がする。峠の茶店もなかったような気がする。

でも、20キロも登ったくせに何故記憶にないのでしょうかね?普通なら覚えてるはずですけど。。。
事実、前日に走った讃岐山脈越えの猪ノ鼻峠のことはよく覚えていますから。
違う峠やったのかなあ?でも周辺にそんなところはないしなあ。。。
疲労困憊で、記憶回路に欠落が?
それとも、登った気になっているだけで、実はYHで寝ていたなんてことも?



c0107075_22553149.jpg





さあ、下るぜい!約20キロで1000m弱を駆け下りる!
道にはガードレールがない。。。。。路面は、そんなに悪くないけど、いやむしろ綺麗だけど、これを信じて突っ込むとアスファルトがボコボコになってたりして危ない。。。。
それでも、機嫌良く自転車を倒し込めます。
僕のケルビムは元々パスハンにしようとしていたこともあって、タイヤはワイヤービードにアメサイドのごっついやつでした。これを今は、グランボアのリエールという、ケブラービード36Bオープンサイドのやつに履き替えています。普段乗っているカーボンフォークのロードにはまったく歯が立ちませんが、なかなか素直は特性を持ったタイヤです。。。
がんがん攻めていけそうな感じです。実際にも一気に下ってしまいました。。。。。もったいない。。。




ひたすらに下り続けて、もうええわという頃、粟生の集落に着きました。
ここには、30年前にツーリングで泊まった定福寺があります。
30年ですから、当時のご住職は鬼籍に入っておられるやもしれないなあと思いつつも訪ねてみることにしました。
まったく記憶にない道を進みますと、あ、なんとなくフラッシュバックしそう。。。。。

当時はなかったような気がする、立派な標柱の前で、記念写真。。。。
c0107075_22554947.jpg




すると、檀家さんでしょうか? 5台くらいの車に喪服を着た人満載で、この坂道を寺に向かって駆け上がって行かれました。
あちゃあ、こらこのタイミングでお邪魔したら顰蹙やわ!
残念ですけど、訪ねるのは止めておきました。。。。


下から見上げる鐘楼には、何となく見覚えがある気がしました。
c0107075_2256217.jpg




R32の合流地点に踏切があります。


この踏切、30年間に写真撮ったと思うんだよなあ。。。。。
とりあえず、カシャカシャと。。。。帰ってきて確認!
c0107075_22561723.jpg


やっぱりここだったんだ!
c0107075_22562729.jpg

(DF50です。当時の四国はこいつの天下だった。。。。)

c0107075_22564530.jpg

(今はキハ54。。。。)


さて、ここは豊永。昔は急行停車駅じゃなかったかな?
今は、その急行列車自体が走ってませんで、走っている優等列車は特急だけです。
特急は豊永には停まりません。ちょっと北の大歩危に停まります。

まあ、16キロほどですので、走っていきました。走っているうちに、このまま池田まで走っていったろかな?とか思いましたが、“30年ぶりに土讃本線に乗るという目的もあるので、何が何でも大歩危から輪行じゃ!”と。。。。


途中、山の緑が綺麗で、写真を撮ろうと道を渡りました。
c0107075_2257828.jpg

(ああ、なんて新緑が綺麗なのでしょう)


山の写真を撮って、ふと対岸を見ると、
c0107075_22572261.jpg


ん?んん??
<( " O " )> ナントー!
旧線の橋脚跡やんか!
これは凄い偶然です!興奮のるつぼです。
ずっとこれ見たかったんだよぉ〜〜〜〜!!!
絶対に見つけられへんわと諦めていたのですよ!
これは、橋脚跡が僕を呼んだとしか思えません!
うれしすぎる!
。。。。。。。変態でごめりんこ。。。。。。。



c0107075_22573751.jpg

(大歩危峡は今も昔も変わりません)



c0107075_22574613.jpg

駅について、時刻表を見ると、ちょうど1時間後に特急があるじゃんか。JR四国が誇る振り子気動車2000系にも乗ってみたいやんかあ!


駅前で、ぼへ〜っと過ごせるような駅ではありません。一応、観光地ですから、昔は鄙びたローカル駅やったやもしれませんが、今はスーパーや、その他諸々の店が並び、タクシーだって数台止まってます。
自転車をばらして、パッキングし終わった頃、近所のおばちゃんに話しかけられました。
“にいちゃん自転車かいな?どこ行ってきたんや?”
“見ノ越行って来ましてん。”
“しんどかったやろ?”
“しんどかったですね。この坂道は終わるんやろかと非常に不安になるくらいに。。。。まあ、覚悟はしてましたけど。”
“見ノ越からここ帰ってくるいうたら、トンネル越えて来たんか?”
“京柱越えましてん”
“ええ?トンネル越えた方が早いし楽やろ?”
“はあ、まあ。。。僕ら自転車乗る人間は変態ですから。。。。”
“京柱は綺麗なんやろ?私は、嫁に来て40年経つけど行ったことないんやわ。”
“綺麗でしたよ。周り全部見渡せるという場所はなかなかありません。おばちゃんここに嫁に来て40年ですか?僕30年前にここら来てるんです。この駅にも寄りましたから、ひょっとしたらその頃会ってたかもしれませんね。”
“ほうかいな。にいちゃん歳なんぼや?”
“今年45になりますわ。”
“うっとこの息子と同い年やね。”
“あらあ、そうなんですか?41年の丙午!”
“そうそう。今は高知にいるわ。なかなか帰って来よらへんわ”
“高知やったら近いですから、いつでも帰れるという感じなんでしょうね。僕もそうです。”

なんて、世間話をしつつ、1時間はあっという間でした。

おばちゃん、もう会うことはないと思うけど、どうかお元気で!

c0107075_22591898.jpg

(左の方におばちゃんが写ってます)




大歩危発17:04の南風22号に乗り込んだら阿波池田まではほんの15分ほど。途中の大歩危小歩危の景観を楽しみながら、平成23年度GW家出ツーリングを終了しました。




帰りは、吉野川SAのハイウェイオアシスの温泉に入って帰りましたとさ。



四国を30年ぶりに走りましたが、その山塊の険しさに辟易しそうになる分、景色はとてもダイナミックでした。他にもよさげな峠がそこら中に。。。。落合峠に矢筈峠。。。。

また行くぞ、四国!走りたい道が一杯です。




おわり
[PR]