<   2011年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

さて、南紀絶景林道のコースは上北山を起点にサンギリ林道~橡谷西の谷林道を周回する30キロ弱のコースです。こないだ行った尾鷲の時にも走ったサンギリ林道を上り詰め、その頂上から更に300mちょい登ろうというわけで、好展望が期待できないわけがありません。

僕のせいで出発が遅れてしまいました。皆様本当にごめんなさい。
サンギリ林道は清流橋のいっこ向こうの橋からいきなり山に踏み込んでいきます。
c0107075_8274782.jpg

(平坦区間は、ほんの1キロで終わりかよ!)



勾配はまだそんなにきつくなくて助かりますけど、大台ヶ原の帰り道で踏み倒した足には結構きます。。。。フロントはもう、インナー固定です。
c0107075_8275123.jpg

3速~2速位を行ったり来たり。。。。ダンシング7割くらいで進んでいきます。


20分ほど登るとまあまあ疲れてきます。周りの景色はまだそんなに開けてないですが、しっかり登っていってます。550m登るもんね。。。。

お!前が止まってくれているぢゃないか!めちゃ嬉しいですぞよ。。。
c0107075_8275321.jpg

(このパニアバックの中は何なのでしょうね?)



再スタート。。。。いきなり、「次はどこで止まってくれるのかなあ?」と思う自分が悲しい。。。。
だんだんと強くなっていく勾配にイヤキチになりつつも、日差しがあまり強くなくて心地いいです。サンギリ林道の展望はかなりのもので、上を見上げると遙か上の方にガードレールが見えたりなんかしてとてもイヤですけど、その分そこに到達したときの達成感もひとしおということになります。


c0107075_8275737.jpg

次の休憩ポイントは、滝見のはし。。。。イヤ、滝上の橋。。。。高所恐怖症の僕はこんなとこで止まるのか!という感じです。。。。写真?そんなもんよう撮りませんがな。。。。。


c0107075_8275928.jpg

(上のガードレールのところにいてたのです)



c0107075_828218.jpg

ここらは、休憩の定番ポイントに違いない!ofはやまさんのケルビムとツーショット



再スタートします。もう、ここら辺まで来るとゴールは近いのですが、勾配は最後にガツンときつくなってきます。。。。ゆっくり走るのもしんどいです。。。。
林間に入って展望が利かなくなるとゴールは近かったはず!さあ、自問自答です。。。「しんどいのでゆっくりハアハアするか、しんどいけど一気にペース上げておもいっきりハアハアするか」
chara先輩ペースアップ!tatsumiさんが追いはります。ああああ。もう行ったれ!どうせハアハアするんやったら短い方がいい!
charaさんがペースダウン、何とかtatsumiさんに張り付くと、何とまだセンターギア踏んではります。戦意喪失の瞬間でした。。。。最後はちぎられてしまいました。


c0107075_82843.jpg

(UGの兄♭♭♭さん、満面の笑みです)


c0107075_828722.jpg

(パンターニのゴールシーンのような。。。)


c0107075_8281313.jpg

(ofはやまさんは、マイヨジョーヌが決まったトマ・ボクレールのような笑顔です)


c0107075_8281687.jpg

(えべっぷりさんは、いつもどおり、クールです)






ああ、もう動けません。。。。
「トンネルからの風が涼しい」と言われても動けません。。。。
c0107075_8281944.jpg





c0107075_828227.jpg


うへ~ここからまだ300mちょい標高上げんとあかんのか。。。。たまらんなあ。。。。何キロくらいあるんやろ。。。。
長い距離やとしんどいなあ。。。。短い距離でも勾配急なのでしんどいなあ。。。。どっちもイヤというのも困ります。

まあ、いけるとこまで行くか。。。。どうしてもこげなくなったら押してやる!
c0107075_8282860.jpg




ちょっと気が楽になって、ウィダー補給する元気も出てきました。
トンネルを抜けて、、、、、
c0107075_8282534.jpg





さあ、いよいよ橡谷西の谷林道に入ります。
c0107075_828314.jpg




最初の左カーブを曲がると、絶望的な現実が待っていました。
そこには予想を遙かに超える急勾配の道が。。。。
数時間前もこんな感じの道登ったんだけど。。。。
もうあかんとなんべん思ったことか。。。。
シッティングではほとんど踏めなくなってきました。ずっとダンシングです。ダンシングは軽くても重くても疲れるので、負荷とケイデンスの兼ね合いが難しいです。ワイドギア比なランドナーですが、ギアの数自体は少ないので、ギアの選択が難しいです。chara先輩とBLKさんがす~っと離れていきはります。
なんで?何であんなにくるくる回せるの?BLKさんが見えなくなってしまいました。。。。BLKさんはグランテックです。24インチです。ローギアもちっこいの付いてるんですって!くう、心の底から羨ましい。
で、ちょろちょろと沢水の流れる場所で、休憩!
自転車停めれないほどの急勾配。面倒くさいので倒したままにしときます。。。。
ちょっと水分もなくなってきていたので嬉しい。。。。沢水は冷たくてとてもおいしい。。。。
激坂をなんとかかんとかこなして、稜線に出ると勾配は緩くなります。時々ちょっと下りみたいなとこもあって、心身共に優しいです。
と、UGの兄♭♭♭さんが目の前でバシューとパンク。42Bですけど、そこら中に転がる石のエッジが鋭く、運が悪けりゃあスパッ!っと。。。。
イヤ、それよりなにより、ここからが見物でした。。。。。
c0107075_8294155.jpg

(さ自転車を倒して。。。)


c0107075_8295558.jpg

(あ、っと言う間にホイールが外れてしまいました。左エンドは、真下にホイールが抜けるようになってます!)


タケノコ変速機は、ホイール着脱の際にどないしてチェンを処理すんのかな?と思ってたんですが、この自転車にはこんなギミックが仕込まれていました。
あまりに素早く作業が進んでいたので、全部撮りきれてません。
まずは左右のウイングナットを緩めて。。。。
ええ?左は普通にナットですけど、右はこれはウイングボルトです。。。。なるほどなあ。。。。。
c0107075_8301657.jpg

(右側のウィングボルト!こっち側にシャフト出てたらチェンに引っかかって鬱陶しいものね。)




無事チューブ交換が終わって、空気を入れて。。。。え?空気入らないんですか?
まあ、僕らがつけてるフレームポンプは半分飾りなんで。。。。。
僕は、先だってのツーリングでゼファールソリブロック踏みつけてぺしゃんこにしてましたので、現行のインフレーターを持ってました。こいつでシャコシャコと。。。。。入りました。
さあ、ホイールをはめて。。。。
“ごめ~ん!空気抜かなあかんわ。。。。忘れてた!”
と、UGの兄♭♭♭さん。。。。
折角入れた空気をもう一回抜くとな?
この自転車はカンチ仕様です。普通のカンチはアーチワイヤーが簡単に外れるようになってて、ブレーキアーチは簡単に開くのですが、この自転車の場合は両留め式。。。。すなわち、アーチワイヤーは左右ともロックナットで留められてます。ブレーキアーチを開くことが出来ませんので、ホイールをはめてから空気を入れないといけません。。。。
折角入ったエアをブシューと抜いて、ホイールをセット。。。。。
さあ、チェンはどうするのでしょ?
え?ケージに通ってませんけど????
ええ?あ!そうか!ケージは外側だけしか付いていないから内からチェンを普通に通せるんや。。。。。なるほどなあ。。。。。
さ、2度目はエアボンベで1秒でカンカンです。




さて、微妙にお腹がすいてきてます。ゴールはピークに立つという東屋です。勾配は緩めなので、非常に助かります。もう、多分ほとんど距離はないはずで、早く着きたい僕は、ダッシュしました。もう、多分心拍数は優に190を超えていたと思われ。。。。いくつかのカーブを曲がると、左手に東屋が見えました。

嬉しい!嬉しい!めっちゃくちゃに嬉しい。。。

とにかく自転車を停めて。。。。

ああ、もう登らなくていいんだよお~~~~~
あとは、上北山の車のとこまで下りだよ~
涙があふれそうですわ。。。。(まあまあ本当)


c0107075_8321218.jpg

c0107075_8305520.jpg

c0107075_831917.jpg



みんなでお弁当を食べますが、僕はちょっと寝不足&疲れからか、いつもより空腹感を感じません。。。。食欲がない。。。。食べるには食べましたけど、少し残して、ベンチに横になります。東屋では、超アウトドアクッキング中のUGの兄♭♭♭さんオンステージです。
c0107075_8324594.jpg



優しい日差しに心地よい風を受けて微睡んでいると、誰かが言いました。

「ああ、まだ登ってるねんなあ。。。。」


えええええ~~~~!!!!!!!

c0107075_8313515.jpg


ほんまや。。。。登ってる。。。。あの道の向こうは下りでしょうか?

かなりショックですけど、仕方ありません。。。。



c0107075_831209.jpg

(このアブ、僕の靴が大のお気に入りだったみたい。。。)





chara先輩が言いはりました。
「BLKさん、さっきからその左の脇腹、なんか血だらけなんですけど。。。」
BLKさん、
「うわ、ほんまや!」
とジャージをまくり上げると。。。。

そこには、間違いなくヒルが吸い付いたと思われる傷あとから、赤い血が止めどなく滴っているのでありました。。。。。

しかし、犯人は見当たらず。。。。自転車の振動で落ちたか。。。。
いや、もしかしたら、脇腹から更に下の方に侵略を進めているかもしれん。。。。

さっそくBLKさん、ズボンを脱ぐ!
犯人は。。。。。居てません。。。。。

「居てませんか、どっかに着いてたりしませんか?」とBLKさん、かなり焦ってはります。
「イヤ、まあ、今のところは大丈夫ですね。確実にチェックするなら、もう一枚脱いでもらわんと。。。。」
BLKさん、パンツの中を目視でチェック。
「うん、だいじょうぶや!」
しか~し、侵略がその先に進んでいるとすれば、かなり恐ろしい。。。。

ぎゃあ~~~!!!!

えべっぷりさんがそそくさとポーチからカメラを。。。
「あ、こら!」
とBLKさん。。。。

シュタッと出てきたえべっぷりさんの手には、マキロンが。。。。

ああ、えべっぷりさん、ええ人ですう〜〜〜



さあ、UGの兄♭♭♭さんもアウトドアクッキングに満足されたようで、そろそろ撤収です。





c0107075_832561.jpg

(東屋からは小橡の集落がみえます。ということは、小橡から双眼鏡でこっちをみたら東屋が見えるのでしょうか。。。見てみたい。。。。)





僕も、ちょっとですけど、ご飯を食べてだいぶん元気になりました。坂道をえっちらおっちら。。。。一応上れます。。。。
さあ、下りです。もう下りしかありません。。。。
c0107075_833661.jpg




しかし、台風の爪痕はなかなか強烈で、辻堂山林道と同じように細かい石が散乱したりして大変です。時々、止まって写真を撮ったり後続を待ったり。。。。
もう下りだけやと思えばなんかとても気持ちが高揚してきました。

そうこうしているうちに道がとんでもないことになってきました。。。。
c0107075_8332096.jpg

c0107075_8334489.jpg

何でこんなことになるのでせうか?





c0107075_8342133.jpg

c0107075_8344588.jpg







cancanさんとtatsumiさんがなかなか下りてこられません。微妙に心配していたら、来た来た。。。。
c0107075_835680.jpg


c0107075_8345524.jpg

ものすごいブレーキ音とともに、tatsumiさんの左足がにゅう~~っと。。。。足ブレーキ!!!
「ブレーキが全然きかへんねや。。。」

何でだろう?とみんなでよってたかって。。。。
c0107075_8351589.jpg

シューは定評あるマトハウザーですから、原因はそれ以外です。
シューの当たり面が真っ黒になってますので、UGの兄♭♭♭さんはナイフで刮ぎ落としはります。さあどうか。。。。
「あかんわ」と。。。。
「こないだは大丈夫やってんけどなあ。。。急にや。。。。」
「昨日、チェーンに油差したんやけど。。。」
みると、おお!かなりベトベト。。。。
リムの当たり面も黒いので、ちょっと指でなぞってみると、ひえー指ドロドロですやんか!

「リムにオイルが飛ぶと、ブレーキきかへんよ」という話でした。。。。

結局、charaさんの持ってはったウェットティッシュでリムも綺麗に拭いて、とりあえずこれで何とか。。。。。


上から下を行く道が見えるので、みんなでカメラ構えて待ってるんですが、先に下っていった誰もが下りていかない。。。。そんなに時間かかるような距離でも標高差でもないのですけどね。。。。。と、tatsumiさんが見えた!え?tatsumiさんってだいぶん後発やったけど。。。。何かあるんかいな?
c0107075_8352696.jpg





下っていくと。。。。
c0107075_8355331.jpg

げげげげ!!!!
道の2/3が無くなってます。。。。。かなりこわいです。。。。
こうやって写真を撮ってる間にも崩落してしまいそうです。。。。。

tatsumiさん、怪しいブレーキでこのコーナー、かなり怖かったでしょうに。。。。


激下りが終わるまでに何回か休憩しました。
c0107075_8361488.jpg

(う〜ん、ニューサイクリング。。。)


c0107075_83643.jpg



ええ加減腕も指も疲れますので。。。。とそんなくらいの激坂が続いてたのです。そんな激坂を登らはった方が居てはります。。。。
つっちーさんが、このコースを前日に逆走してはります。。。。。
よう行きはりましたですね。
僕やったら、崩落ポイントで間違いなく引き返していましたね。あそこで引き返しても誰も「軟弱もん」とは言いませんから。。。
しかもあの勾配が延々。。。。
それを4時間ほどで周回されるとは!

みんなでおもいっきり噂しながら、走ります。



平坦になってからが気持ちよいこと。。。。
とてつもなくしんどい1日でしたけど、もう終わりとなると寂しいです。。。。
c0107075_8362528.jpg

c0107075_8365028.jpg

c0107075_8365935.jpg







デポした車に戻って、みんなで温泉に入って帰りました。




おわり。。。。。

番外編!
[PR]
7月24日は、南紀の絶景林道ランの日でした。
集合は上北山に9時。。。。。

ここで僕は考えました。
6時にスタートしたら、大台ヶ原まで行って帰ってこれるやん?




7月23日土曜日。
PM10:00過ぎスタートで、一路、上北山村を目指しました。
屋根には、決戦仕様のプリアモ。ラゲッジには分解されたケルビムを積んで。。。。。

途中、コンビニで24日のお弁当やら、飲み物やら、車中泊のお供のビールにおつまみ…e.t.c.

AM1:30現地着。ビールかっくらって、ipodしながら就寝。。。。。

5時半起床の予定が、微妙に寝坊。。。。。というか微妙に二度寝。。。。そそくさと朝ご飯を食べますが、そんなもん起きて数分で食べれません。。。。
と、僕と同じように朝早くから大台ヶ原を目指すというご夫婦(?)に声を掛けられました。何でも、先だってのレースの反省会だそうで。。。。。変態。。。
お二人は、6時頃にスタートして行かれました。

爆撃したりしてると、6時スタートの予定がおもいっきりずれ込んでしまいました。急がねば!



c0107075_22254185.jpg

ヒルクライム大台ヶ原のスタート地点、清流橋。時間は。。。。6:25だそうです。。。。(EXIFデータ)

レースの時はあっさりと40キロを越えるようなはじめの平地部分も一人じゃさすがにそないには出せませんで、試走の時くらいのスピードで走ります。一応、今日はちゃんと走ろうと思ってポラール持ってきていたのですが、スピードセンサーが反応しません。さらには心拍センサーベルトは持ってきましたが、センサーの本体を忘れ、究極はスタートボタン押して数分でメモリー満タン表示が出てしまいました。。。。時計としてしか使用不可。。。。結果論ですが、今日は実は貴重なデータが取れたはずやったんです。。。。残念!
さあ、快調に走りますけど、道は先だっての台風でまあまあ悲惨です。まずは小石がめちゃくちゃに多い!更に、道が川になってる部分もめちゃくちゃに多い!
まあ、そんなことは想定内のことですから、今回僕は“決戦仕様”とはいえ、タイヤだけはヒルクライム用の超軽量タイヤは選択せず、ちゃんと23Cのミシュランプロ3を履いてきました(新品!)。結果、パンクせず!
小処分岐を過ぎると勾配は10%を越えてきます。
当然ハアハアします。。。当然ケイデンスは40くらいです。。。
それにしても路面のあれ具合が半端ないです。石避けるのにも結構神経使いますし!
酷いと川底みたいになって、乗っていけないところも。。。。そして、崩落ポイントも。。。重機の横を抜けて、バリケードを越えます。。。。
更に道は上っていきます。ここの区間は、本当に8キロで800m標高稼ぎますから、やっぱりかなりしんどいです。
毎年コンタドールになると決めている東屋を見て、インべたでダンシングします。そのままの勢いでいけるとこまで我慢して。。。。。。ピークまでは持ちませんでした。。。。
それにしても東屋を過ぎてからの路面は落ち葉をまき散らしたような感じで閉口します。まあ、トラブルの原因にはならんでしょう。

きつい辻堂山林道区間を抜けると、先のご夫婦が休憩中。
僕も止まって2言3言。。。
何と、お二人とも同じLightningのホイールでした。。。。。お二人も僕のホイール見てびっくりされてましたわいな。。。。

「9時に戻らないといけないので」と先に走り始めました。しかし、大阪からわざわざ反省会しに来てるわけで、これは強者とみた。。。。後ろからぶち抜かれると恥ずかしいので、こっちも頑張っちゃいます。
ドライブウェーの路面も万全ではありません。そこら中砂地になってます。平坦な部分で結構スピード出てるはずなので、まあまあ怖いです。

結局ええペースのまま頂上着。時計をみると、8時1分。

ん?んんん???

8時1分ー6時25分=1時間36分!!!!!

まあまあ頑張ったけど、全力で頑張った感はないぞよ。。。。
なのに、1時間36分?途中、石だらけのとこ押したぞ。重機の横押して、バリケード担いで越えたぞ!止まって数分しゃべったぞ!一人なので、チューブ3本、エアボンベ3本、なんていう重量物も積んでたぞ!

ひょっとして、今の僕、ここ数年で最高のコンディションかも。。。。。

でも、証拠がないのよねえ。。。。実は下の頂上の写真も、携帯で撮ってますねんけど、保存せずに下の方まで下ってきて、どうでもいい写真を撮ったときに保存されていないのに気付いて保存したので、その写真を撮った8時30分になってるのです。。。。
c0107075_22254314.jpg


さ、記念写真を撮ったら、さっさと下りましょう。
1時間合ったら余裕で下れるやろうと思ってましたが、スピードのせられるはずのドライブウェー区間は砂地も多くて、なかなかアベレージあがりません。。。。頂上でほとんど休んでないので、疲労回復なんてないですから、登り返しもヘロヘロです。。。。辻堂に入ると更に落ち葉地獄、それを過ぎれば、小石の海。。。。
遅刻しそうや!そうか。。。。28キロの距離があるのだから、1時間で下ろうと思ったら、アベレージ28キロで走らんとあかんわけで、これはなかなか厳しいぞ!
やっとのことまあまあ比較的路面状況の良い小処まで下り、もう平地は踏みまくりです。。。。しんどいけど、休めません。。。。

9時には間に合いませんで、微妙に遅刻してしまいました。
集合場所にはすでに準備万端の皆々様が。。。。9時集合やから、三々五々準備して出発は9時半と踏んでましたが、誤算です。
ダッシュで準備しますが、焦るばっかで全然進みません。。。。ああ、chara先輩とymgcさんが手伝ってくれはりました。
どうもありがとうございます。
プリアモをばらして、車に押し込んで、はあはあはあはあ。。。。

やっと、ツーリングの開始です。

さあ、今日のコースは、最近上北山ラブなUGの兄♭♭♭さんが設定しはった、サンギリ〜橡谷西の谷林道をくるっと回るというコースです。走行距離は30キロほどですけど、標高差800mをクリアしないといけません。。。。こっちはこっちでしんどそうです。。。

さあ、どうなる?

ぐおぉぉぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜〜!!!!



つづく。。。。。
[PR]
BLKさんは1週間に8回は持越〜裏京見に行っておられるという噂があります。

しかも、夜に!




ある日のBLKさんのブログで、ナイトランのお誘いがありました。
そ・こ・で、僕は木曜日に京都で仕事でしたので無理を言って混ぜてもらったのです。
仕事が早く終わったchara先輩も一緒に。。。。。先輩んちに車置かせてもらいました。あざーす!

今夜のドレスコードは、“道が荒れてるので、とりあえずガード付き”
ということで、ケルビムを引っ張り出しましたが、暗闇のランですからライト関係が不安です。僕の持ってるライトは全部着けました。
テールのチカチカもプリアモから移して。。。。。ああ、ピラー径全然ちゃうし。。。。ジルベルトーのフロントバックはこれで付かなくなりました。
別にいいけど。。。
しかし、ランドナー乗るときのニッカー忘れたんは参りました。インナーに履いてるヨレヨレのレーパンで走りました。カラーセンス悪っる〜〜〜
c0107075_224568.jpg




おお!chara先輩のこのフロントバックは!!!
c0107075_224749.jpg



城東輪業が出していた格安の帆布製バックじゃないですか!
僕が中2の時に始めて買ったのもこれでした。ここここに写ってます。。。。





BLKさんのグランテックはフロントディレーラーが装備されて、ダブル仕様。
c0107075_225168.jpg


MTB用のBBハンガー固定式のFメカのテンションスプリングを効かなくして、ガードステーにねじ切って、これを上手く曲げて、ロッド式として。。。。凄い!

そして。。。。。。



c0107075_224987.jpg

プレイボーイのツッカケ!





まだまだ明るい7時スタートで、山の中に入っていきます。
めちゃくちゃに涼しくて気持ちいいです!というかゆっくり走ってると寒いくらいです。
c0107075_225348.jpg

(ああ、夕焼けがきれい。。。。)




chara先輩が先頭を引かはります。
「こんなペースで走ったら上まで持たん」とか何とか言いながら、これは練習ペースやんか。。。。
BLKさんが先頭交代。。。。更にペースが上がります。。。。
僕も先頭交代。。。。
“もう、もうそこ大岩ですよぉ〜〜”
とBLKさんから声がかかります。

“大岩”。。。。

そう、この大岩からこの先数キロの出会い橋まで、BLKさんやchara先輩達はタイムアタックしてはるのです。
そんなん言われたら、時計も見てないのに、足に力入りますやんか〜〜〜〜
結局ハアハアしてしまいました。。。。。


出会い橋。。。。空は何となく明るいですが、谷間の集落ですから、とても暗い。。。。
c0107075_225529.jpg






BLKさんを強引に流し撮り。。。。。。
c0107075_225856.jpg







c0107075_232126.jpg

完全に日が暮れて真っ暗な持越橋につきますが、曲がらずに行ったその先に料亭があるそうな。。。。。提灯がずらっと並んできれいだそうな。。。。


「うっそ~~~~~!!!!!!こんな真っ暗闇のまだ先に料亭があるんですか?」



「ほんまですって。。。。じゃあ、行ってみます?」




“なんと!!!”
c0107075_232532.jpg




何なんだここは!

っていうか、この先は祖父谷峠なので、僕は何度か行ってるはずですけど、知りませんでした。。。。
というか、明るいときではそんなイメージ湧きませんから!




しばし呆然。。。。
c0107075_232811.jpg


千と千尋の神隠しに出てきたお湯屋みたいな雰囲気です。。。。。



釜爺さんみたいなおっちゃんも出てきて、ちょっとおしゃべりしましたけど、このあたりは真夏でも窓閉めて布団掛けて寝てるそうで。。。。気温21度だそうです。。。どおりで寒い!


c0107075_233153.jpg

(河床になってるのです。。。。紅葉綺麗だろうなあ。。。)





さあ、いよいよメインイベント持越林道です。


はい、真っ暗闇です。
僕は、LEDライトをハンドルに2灯、電球の探検ライトにダイナモヘッドランプで武装しましたが、それでもまだくらい暗い。。。。
先の見えない道をおしゃべりしながら上っていきます。
と、BLKさんとchara先輩が道の右端にすーっと寄っていきはります。

“そっちは急勾配ですよぉ”

“おおお!!そうだった! 13%勾配の途中にあるヘアピンのイン側は更にかなりきついのだ!”

ええい!あんまり負荷のかかったダンシングはしたくなかったけど、仕方おません。。。。

を!全然大丈夫じゃないか!

実は。。。。自転車を屋根から降ろすときにぎっくり腰の前兆みたいになってしまってて、腰が変になってましたのです。普通にシッティングで自転車乗ってる分にはかなり踏んでいっても全然平気なんですけど、シッティングからガツンとトルクを掛けてダンシングに移行するときにも、およよよよ。。。

日曜日にビッグイベントを控えた身では無理は出来ませんけど、夜遊びたかったので。。。。

そんな腰なのに思わずやってしまったダンシングでしたが、意外にいけそうです。



BLKさんアタック!
ツッカケでダッシュしはります。
一気にあがる心拍!

気分はツールドフランスです!(何でやねん!)

持越の頂上はすぐそこでした。。。。。

頂上で、3台すべてのライトを消して。。。。。


ををををを!真っ暗闇やぁ〜〜〜〜

ををををを!chara先輩はいつもどおりや〜〜〜
c0107075_233451.jpg

(無理言うてやってもらいました)





ををををを!めっちゃ星出てるやんかいさ!

ををををを!眼下に北斗七星見えるやんかいさ!
c0107075_2113087.jpg

(雲ヶ畑集落の街灯が上手いことヒシャク型になってます)



素晴らしい!夜遊びは甘美です。。。。。



さあ、下るぜい!真っ暗だぜい!離されると道見えないので、BLKさんのテールに張り付きますが、それでもヘアピンで3回ほどオーバーランしそうになりました。


そうそう、ホタルが1匹だけ飛んでました。。。。



c0107075_233811.jpg

(杉阪の気温は22℃。はっきり言って寒いです)


杉阪から裏京見を登ります。
もうアタック合戦は終わったので、3人でおもいっきりおしゃべりしながら登っていきます。
裏京見も道風神社を過ぎると真っ暗闇だすよ!


それにしても、なんて楽しいのだ!


と、突然chara先輩がアタック!
とと、BLKさんカウンターアタック!
とりあえず、張り付きます。

裏京見の頂上はすぐそこでした。。。。

うんうん、正しい夜遊びです。



京見の下りでchara先輩が暴走開始!

着いていけへん!

少ない直線でもがきながらなんとかかんとか。。。。


道端から白い猫がchara先輩の目の前を横切ります。僕は全然大丈夫な距離なのに、反射的にブレーキ掛けたほどやばかったです。何で猫って、こっち見て確認してからギリギリになってから飛び出して来よるのでしょうか?それを人間の世界では飛び込みと称するのだけどね。。。。
何しか、何事もなく京見を下りきり、アフターランはイタメシです。

「“イタイ”めし」ではなく「“イタリアンな”めし」ですよ。ええ、イタメシですとも。

おいらとBLKさんはパスタ、chara先輩は肉料理ですよ。
で、お値段一人1000円ほど。。。。ああ、なんてリーズナブル。。。。

サイ○○ア万歳!



楽しかったなあ。。。。。なんか今度は土曜日にやるとか。。。。
ぼかあ、土曜日は仕事なもんで、7時スタートはなかなか難しいかな。。。。一人で追いかけようか。。。。。
悩ましいなあ。。。。
ちなみに、今度僕北山で仕事は8月18日です。(爆)




おわり
[PR]
長いことおいたままだった、リンクの問題を直しました。
バナー付きのリンク(主としてHP)はクリックすると新規ウィンドウで開いていましたが、そうでないもの(主としてブログ)では、同じウィンドウで移動していました。
ついクローズボタンをクリックしたりなんかして“あうう。。。”というときがありました。

やっと謎を解決して、リンクの整理して、そうなると、スキンも気になり出します。
バナーの長さが200pt以下だと上手く表示されないのです。。。。。

ところがぎっちょん!
これをちょっと変更するのがえらい難しい。。。。。。

いろんな既存のスキンを試してみましたけど、本文中に作ったリンクが色変わってなかったり。。。。
なかなかええスキンがありません。。。。。

結局戻してしまいました。。。。。。


やっぱり当面これで行きます。


そして、もう一つの悩み事。。。。

“ハッカー攻撃”

そんな大袈裟でもないか。。。。。

スパムに悩まされとりました。。。。

奴らの攻撃スレッドはこれなので、こいつの記事を“コメント禁止”にしてやりましたよ。。。。

ざまあみろ!!!



おわり
[PR]
日曜日は、えべっぷりさん企画「べろべろ」シリーズ旅情編「まったりランドナーラン」でした。

京北町に朝9時集合だったので、7時に木津川台駅で桜井から自走のcancanさんをピックアップして、現地へ向かいました。

9時前に着くと、ofはやまさんとymgcさんの南河内コンビとコースリーダーえべっぷりさん&なべちゃんが来られてました。
c0107075_22204284.jpg

(ofはやまさんのトーエイ。う〜ん。。。おもいっきり好みです。。。)



我々もいそいそと準備します。トイレに自転車で行こうとして気付きました。。。。
ひゃ〜〜〜!!エア抜けまくってるし!




しばらくしてBLKさん登場。。。。。あれれ?自転車は????
c0107075_22204024.jpg

え?とりあえず、正装のツッカケにお召し替えですか?





c0107075_22204583.jpg

chara先輩の車に積まれてBLKさんの自転車も無事到着。
左のマシンはymgcさんのデモンタブル。メーカーは。。。。。わからない。。。。
右の奥はえべっぷりさんのアルプス。
えべっぷりさんは、僕より身長は低いですが、僕より足は長いのです。(悔)
右の手前はchara先輩のトーエイ。。。。トーエイがこないだ出したスペシャルメイド本にも載ってますね。。。。





c0107075_22204854.jpg

紅一点のなべちゃんは装いも新たにインターマックスUDです。一見フラットバーのクロスバイクに見えますけど、とんでもない!フレーム重量は優に1キロを切る超軽量決戦ロードです。




今日はお2方初めましての方がいらっしゃいました。
川西のプログレスの店長、msm氏とNCTCのkt氏です。
c0107075_22205627.jpg

(左の方がmsm氏、右の方がkt氏です)
msm氏にお会いできたのは感激でした。
大学の時にミニバイクレースに没頭したあと、久しぶりに自転車に乗り始めたときにバイブルのように読みふけった本があります。

アテネ書房「自転車コースガイド〜関西エリア」

この本を監修しておられたのがmsm氏です。

いくつかはそのコースもトレースし、今は毎年お盆休みの恒例行事になっている“北山ヒルクライムツアー”のコースもこの本がなければおそらく成立していなかったと思います。そんな本を監修しておられた氏と出会えて心躍りました。さらに、氏は現役のトライアスリートですから、走りながらこれまたいろんな事を教えてもらいました。方法論まではよう聞きませんでしたが。。。。
kt氏のマシンはグランボアのスポルティフ。これまた今僕がとても欲しいやつです。パーツアッセンブルも、僕、どストライクでした。。。。(確か写真に撮ったと思ったんですけど、おかしい。。。
)フォークの線引きの美しさは、今まで見た自転車の中でもピカイチでした。僕もアイズさんで作ってもらおうかなあ。。。。



c0107075_22205162.jpg

c0107075_22205492.jpg

桂川を遡上していきます。



途中、自販機のところで2回ほど休憩しました。
気持ちええ時はあんまり止まりたくないのですけど、今日は第2の仕掛け人UGの兄♭♭♭さんが野暮用で遅れて出発してはりましたので、時間調整も兼ねます。

それにしてもコースリーダのえべっぷりさんのタイムテーブル設定はかなり正確でした。


僕が一番好きな広河原。。。。。
c0107075_22205926.jpg

c0107075_2221271.jpg

c0107075_222158.jpg





c0107075_2221822.jpg

ymgcさんはかなりの鉄っちゃんです。。。。かなりです。。。。


c0107075_22211215.jpg

cancanさんも鉄っちゃんです。。。。かなりです。。。。




さあ、広河原を過ぎると、佐々里峠の登りが始まります。
最初の1キロがきつい。。。。勾配は10%前後で、何とか1キロの間はセンターで踏み切れましたが、その後はインナーで。。。。。
まさかローは使わないだろうと思っていたら、しっかり使ってしまいました。しかもシフトレバーに指をかけたときにインフレーターを落としてしまって、これを我が後輪で踏んでしまうという、大失態をやらかしてしまいました。まあまあ貴重なゼファールソリブロックがぺっしゃんこです。。。。(号泣)

頂上までmsm氏の背中はただの一度も見れませんでした。やっぱり激速です。




c0107075_22211557.jpg

kt氏。スマートに速い!





c0107075_22211893.jpg

(chara先輩はなべちゃんと登ってきたらしく。。。。。そらしんどいですわ。。。)




c0107075_22215232.jpg

(岩室の前は天然の日傘です。)




c0107075_22212139.jpg

(木漏れ日はとても気持ちよく、峠を吹き抜ける風は火照った身体に優しいのだ)



佐々里峠でUGの兄♭♭♭さんが合流。。。。この時間で到着ということは、だいぶん激走されたことでしょうに。。。)




c0107075_2222190.jpg

(ちょっと下って、河原に下りてご飯です。。。)




ご飯のあとは八丁林道に向かいます。
この道、標識には行き止まりと書いてますけど(確かに車じゃあちょっと辛いかも。。。。)、初めのうちは舗装がメチャックチャにきれいです。行き止まりやのに、意味あんのか?というくらいにきれいです。
c0107075_22221018.jpg






c0107075_2222202.jpg

(23Cのなべちゃんもご機嫌です)





c0107075_2222272.jpg

オーバーハングの岩から水がしみ出しています。。。。。
文字で書くと、かなり危ない状況とも言えますが。。。おのおのボトルに水を取ります。
この間、頭の上からはミストシャワーが降り注ぐのです。
気持ちえええええ!!!





さあ、こんなきれいな道が頂上まで続くわけはありません。。。。道が突然半分の道幅になったかと思うと、橋を渡るなりいきなりの廃道状態。。。。。23Cのなべちゃんが心配になるほどです。。。
はじめのうちはみんな固まって「まったり」走っていましたが、そのうちchara先輩が我慢できずに飛び出し張りました。すかさずBLKさんチェック。を!msm氏もチェック!
悩みました。いくかいかないか。。。。悩んでいるうちにだんだん3人の背中は見えなくなっていきました。。。。
msm氏の走り方をこの目で見ときたい。。。。。
僕もダッシュ!ダンシングで走る。路面には曲がった枝葉がごまんと落ちとります。
これを巻き込んだらかなり悲惨です。後輪と後ろガードの音にはかなり敏感になりつつペースは落としません。。。charaさんをパスした直後の左ヘアピン。。。フロントもリアも滑ってこけそうになりました。先へ!前へ!
BLKさんロックオン。。。。パスします。
と、この辺で足に疲労が溜まってきました。
msm氏は?やっとテールに張り付いて。。。。
ああ、見とれてしまうような脹ら脛です。。。。(僕は変態じゃないですから!)
余分な贅肉は完全に落とされ、皮膚の下には柔軟そうな筋束が盛り上がります。
それにしてもやっぱり回転系で走ってはります。正味こっちもちぎれそうになるのを一生懸命挽回します。
ああ、もうだめ。。。。もう足着こうと思った瞬間に、立ち往生している車が。。。。
上から下りてきたみたいで、「この先車通れますか?」だって。。。
道を半分以上ふさぐ土砂崩れの脇を通ってきたことを告げて、更に登ります。
最後は僕が前で頂上到着。まあ、年の差考えたら完敗です。。。。。





c0107075_2223590.jpg

(八丁林道のピークはとても広い。。。)





八丁林道の下りはダートが数キロ残ってます。なべちゃん大丈夫かな?





c0107075_22233058.jpg

(chara先輩、迫力あるう〜〜〜)



c0107075_2223444.jpg

(cancanさんもタイヤ細めです。。。大丈夫でしょうか?)



c0107075_2224579.jpg

(23Cでようやるわ)



c0107075_22242380.jpg

(UGの兄♭♭♭さん)



c0107075_22243713.jpg

(BLKさん、速すぎて、合いません。。。。)



c0107075_2225784.jpg

(えべっぷりさん、速〜〜〜〜)



c0107075_22252133.jpg

(最後はmsm氏。安定感抜群です)





八丁林道を下るともう、デポ地は近所です。





車通らへん道を選んで走ります。。。




ああ、もうツーリングも終わりかあという寂しい気分になるときです。。。。




c0107075_22253623.jpg







アフターランは、またまた一緒に帰るcancanさんとmsm氏で日吉の温泉に行きましたが、ここが満員で入れませんで、残念ですけど、msm氏とはここでお別れ。
僕ら二人は、京都市内のスーパー銭湯ですっきりして、そこでご飯も食べて帰りましたとさ。

コースリーダーのえべっぷりさん、ご一緒していただいた皆々様、素敵な時間をどうもありがとうございました。



おわり
[PR]
超満月の元、激走!

今日は、10周走ってないけど、ずっと自分のペースより速いペースで走っていた気がする。。。。。

更にアフターラン。。。。。

考えていたショットが撮れた。。。。。




c0107075_16149.jpg

(タムロンこれ一本ズーム)





久しぶりのスーパー満月も。。。。

c0107075_161620.jpg

(キャノン純正55~250)




タムロンレンズはマックスズーム状態の細部解像度がいまいちです。
純正のキットレンズはしょぼいくせに、マックスズーム状態でもなかなかの解像度を見せてくれます。。。。
ISO160、F11で1/200秒。補正は-2/3。
手持ちでも撮れるんや。。。。。@@@




おわり
[PR]
昨日の夜練は、sskさんが一緒でした。。。。。

周回路に入ってハーベスコーナーを曲がると、ヘッドライトに照らされた路面がチカチカと。。。。。

ん?僕はライトは点滅モードじゃないぞよ。。。。

後ろを振り返ると、デローサのsskさんが。。。。
sskさんも毎日夜練してはります。
僕の場合はフィットネス半分ですけど、sskさんは強くなるために!
うげげ!そんなスピードで行くですか?おいらまだ1周目で、心拍上がりもしてないんだけど。。。。。
2周目の登りでしっかり離され、我が本分を思い出す。。。。。
“そうや!ここんとこずっと走ってたから足に疲れが出ているので、今日は回復に努めるんや!”

でも、やっぱり前走者が居てると微妙に頑張ってしまいます。出来る限りイーブンペースを意識しつつも微妙にペース速いか?強引に一枚軽めにシフト。。。。
普段使ってるギアを公開しちゃいましょう。
下りは50x12で、ハーベスコーナー曲がったら50x16。ここから途中で17に落としてハアハアします。次のコーナー曲がったら19に。裏の登りは19か21で回して、高架の先で斜度が強くなったら19でダンシングもしくは23で回す!
これが、いつものパターンです。。。。
昨日は、これを1枚軽くして走ってました。それでも結構ハアハアしてしまうので、困りもんです。

と、sskさんが下がってきた。。。。。一時は大分離されていたのに。。。。
sskさんは裏の登りのほんのちょっと斜度がきつくなるところでいつもすすすっとスピードを落としはります。ずっと何でかなあと思ってたんですが、昨日も間違いなくこのポイントですすすっと。。。。
前に出て、25Tで回しきる。平坦路も休まずイーブンペースを維持して下りへ。。。。。ハーベスコーナーを曲がると。。。。。
あれ?sskさん居ない。。。。。メカトラ?
ペースを落として待ちますが、ライトすら見えない。。。。。
帰ったんか?sskさんち超近所やし。。。。
別エリア行っちゃったか?sskさん、いつもは別エリア走ってはるし。。。。
まあ、いい。。。お互い大人なので、死にはせんでしょう。

とにかくだれずにいつもより足を使わないように。。。。。数周。。。。
9周目くらいか。。。。向こうからヘッドライトが。。。。。sskさん。。。。
“どこ行ってたんですか?”
“水無くなったから給水してました。”だと。。。。
家が近いとそれが出来るのか。。。。。。
最終周回で、またすすすっと。。。。
“いつもここで下がってませんか?”
“ええ。ここで足ためて、後半一気に!”
そういうことか!確かにここは足微妙に使うし、スピードは登ってても25近く出ちゃうし。。。。。ぼくも前走者がいれば無意識にやってますな。。。。。

最後の登りでもがかれて、おもいっきり離されました。。。。。

sskさんと別れて家に戻る途中、もう一個坂道登るんですが、ここでその日の疲労度チェックしてます。昨日は。。。。

“回復走のはずやのに、張ってるし!”


中途半端な夜練でした。。。。。
[PR]
今日は、足回りませんでした。。。。
一応10周しましたけど、それなりのペースを維持しましたけど、ここ数日の走りは出来なかった気がする。。。。
ま、登りで向かい風やったというのもあるかもしれないし、帰ってきてみると、エア圧がえらい落ちてたのが発覚したのもあるかもしれないけど、自分的に昨日一昨日と比較して走れた感が薄いなあ。。。。。

太腿の張りがここ数日で間違いなく一番来てる感じです。。。。
[PR]
朝起きられないので、ここのところもっぱら夜練です。

今日もPM10時出発。。。。

1周3キロ少々のアップダウンをグルグル。。。。
僕は同じところをグルグルするのが大嫌いですけど、練習なのでいいです。。。。

とにかくここのところ、アキレス腱が攣りそうになりまくります。
思いきって、“攣るまで走ったる!”と意気込んでみましたが、攣りそうにはなるものの攣りません。。。。
これはどうしたものか。。。。。

まあ、思いっきりハアハアして帰ってきました。
だいぶんイーブンペースで10周走れるようになってきた。。。。。



c0107075_23375380.jpg

[PR]
コメント承認制にしました。。。。
[PR]