<   2011年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

昨日の夜練はNさんと一緒でした。

ここのところ絶好調のつもりになっている僕は、今やったら付いていけるんちゃうかなとか思ってて、先週の金曜日に挑んだろうと思ってました(半分本当)。
がしか~し、うちのチビどもはじいちゃんばあちゃんの家に泊まりに行ってて、一緒やと絶対に嫌がるハリーポッターを見に行けるラストチャンスだったのだ。悩んだ(嘘)僕ぁそっちを選んでしまい、言うだけ言うといて、僕を迎え撃つみんなに思いっきり待ちぼうけを食らわせてしまいました。。。。。ごめんなさい。。。。



挑みたい僕は、迎撃隊の特効隊長Nさんにメールしてみました。。。。。

“今夜、夜練で待つ!”

すると

“脹ら脛はヤバヤバやけど、行ってやんよ!首洗って待ってな!”

と返信が来ました。


決闘じゃ!



戦の前は腹ごしらえです。
豚シャブ食って、爆撃したら出撃です。

軽く回しながら、巌流島へ。。。。。

Nさんの車は止まっているが、姿は見えない。。。。
しまった!“待つ!”とか言いながら待たせてしまった。。。。
こら、先走ってるな。。。。アップ終わらせてるに違いない!
現場に着くまでにこっちもアップしなきゃ!

と、背後からズバッと!
“こんばんわぁ~~~~~~”

ビクぅう~~~~!!!!!

どこに隠れてたんや!







おしゃべりしながら周回します。
凄いよねえ。。。鈴鹿。。。。。
ほんとえらいわ。。。。。


そんな感じで、Nさんの脹ら脛も気になりますが、Nさんの緩めは僕の練習レベルなので、僕はいつも通りに。。。。2周目からきちんと回すように。。。。
5周目からはダンシングでギアかけて。。。。7周目が終わる頃、Nさんがポツリと。。。。

“2周だけダッシュしていいっすか?”

きたか!ついにこの時が!

“おう!望むところよ!”

緩い登りで上げすぎないようにスピード乗せていきます。
クウ、太腿がきついぞ!しかしガマンガマン。。。。

上りに入ったとたん、Nさんダッシュ!

ええ?もう行くの?
というより、
ええ?もう行っちゃった。。。。
という感じ、あっという間に離れてしまいました。。。。。
心の準備とか、まったくないんですけど。。。


インターバル区間の手前で待ってくれたNさんにとりあえず張り付く!
いったん平坦になる直前に、Nさんギアをガチャガチャと。。。。
平坦になった瞬間に行く気や!
付いていくでえ~~~~!!!

ダッシュ開始!
僕はシッティングで行ったろうと思いました。付いていけなくてもいいから、必死に踏みます。。。
くそ~~~絶対Nさん余裕やわ!
中間ポイントから加速されて、おしまい。。。。
一応、僕も加速はしますけど、その何というか、トップスピードに行くまでの時間が全然違う!
Nさんは一気にトップスピードに乗せていく感じ。僕は、ダラダラとトップスピードに行く感じ。
差は開かなくなるけど、その時点での差はかなり大きい。。。。

次の周回。
緩い上りは抑え気味に。。。。。
コーナーを曲がって、上り区間に入ると、
Nさん行く!
くそおお~~~~付いていくぞお!!!
何とか張り付くけど、このままじゃ、Nさんペースやんかいさ!
根性で横に並んで牽制じゃ!
平坦から勾配が急になるとグ~ンと加速していくNさん。
張り付く!
あ~クソ~ダンシングしたいいい!
でもガマンガマン。。。。
中間ポイントから一気に加速が始まる。
これについていかんとあかんのですが、そんなもん、上半身がバラバラになりそうです!



ふう。。。かなり脚色しました。。。。



まあ、結果的にいえば、話にならんかったです。。。。
今の自分なんて所詮こんなもんかいな。。。。。。

_| ̄|○


最終回。僕はまだもう一本しっかり上らないといけない。。。。
Nさんは、もうクールダウンに入ってるようで、併走しながらおしゃべりします。
今更に気付いたが、もうどのギア入ってるかまったくわからない。。。。。
見るといつもより1枚重いのかな?それでも楽勝やん?
自分的には強くなってる気はするが、鈴鹿で結果残すような人に挑むにはまだ早い!早すぎる!


鈴鹿で結果を残したいとは思わないけど、結果を残す人たちと一緒に走れるようになりたいものよな。。。。


もうちょっとNさんを焦らせるほどに強くなったら、リベンジじゃ!





うちのエース達です。。。。

c0107075_12502348.jpg

ええ写真です。(撮影Nさん)



待ってろよ!
この背中を追うぜ!

って、よう考えたら、Nさんはトライアスロンの国体選手やし、ここに写ってる一人はシクロクロスのマスターチャンピオンや!




おわり。。。。で、ええんかなあ?????
[PR]
今日の朝練はMTBにしました。

いつものようにSTには入らず、ジープロードを周回するコース。。。。
王滝近いからね。。。。

いきなりの林道登り。やっぱりNariさんが速い。ちぎれたあとはU-Ritchey!さんについて行きますけど、だいぶんガマンできるようになってきた感が大きい。。。。。

さらに別の林道へ。。。。
登りがきついぞ。。。。
でもがまんがまん。。。何とかNariさんの背中は見える位置で登り切れた。。。。

さらにさらに別の林道へ。。。。
一度はちぎれたけど、復活!
U-Ritchey!さんに張り付いて。。。。。Nariさんは見えなくなってました。。。。。

悔しいので、僕が唯一勝てるSTで帰りました。勝ちました。。。。(情けない。。。)



c0107075_22163592.jpg




そうそう、STに大阪ナンバーのモトクロスバイクが4台入ったそうです。
当然トレールは削れまくっていました。
僕らも自転車で走っていて、トレールの痛みには凄く気を使います。下りでもリアタイヤをロックさせたりはしません。
それでも、トレールって痛みますから、とても気にしています。
ハイカーの居られない道を選んで走ってますけど、それでもたまに出会います。
そんなトレールにモトクロスバイク4台!あり得ません。
最終的に、二進も三進もいかなくなって、下ってきた激坂を強引に登った後がありありと。。。。ボロボロです。今までなかった木の根も露出して、最悪です。
山は僕らの所有物じゃありませんので、走るなとは言えないですけど、常識というのがあるでしょう?ハイカーからみれば僕らも同じだと思いますけど、一瞬でぼろぼろにされると、ちょっとね。。。。
おそらく、自転車関係のHPやブログで情報収集されているのでしょう?ここも見ておられるかもしれませんので、ちょっと苦言を。
「どう考えてもモトクロッサーで走れる道じゃないと思いますので、どうぞ、もう入らないでいただきたい。。。。。もし転倒して、単車壊れたら、回収も出来ないのではないですか?」
以上、おそらく大人な方が乗っておられると思いますので、わかってもらえると思いますです。


おわり
[PR]
何となくネタにしませんでしたが、

先週の木曜日、朝から北山走ってました。

タイムアタックして、ベスト更新できなくて、イジイジと峠上って、市内に戻らずに北へ!

結構しっかり走った気がする。
というか、あまり休んでない。。。。笠トンネル出たとこで一回停まったけど、あとはずっと乗ってた気がする。。。。

この写真を撮るまで。。。。。。





c0107075_2332278.jpg






平日やのに、ようけ人乗ってるねえ。。。。。





ってか、撮った写真はこれ一枚でした。。。。。こんなこと珍し!
[PR]
夏休みに入って仕事がめちゃくちゃに忙しい。
デスクワークをする気にもならない。。。しないわけにもいかないですからしますけど、反射的に睡魔が襲ってくるのよねえ。。。。


でも、夜練は行きます。。。。ふらふらになって帰っても行きます。

歩くのは億劫でも自転車に乗るのは億劫ではない、これってどうなんやろう?

1周目だけぶらっと流したら、2週目からはいつものメニューに入る。インターバル区間だけはいつも通りに、それ以外の部分でペースを上げてみる。。。。。
やっぱり、かけるとあとの部分がかなりしんどい。。。。。それでも意外にインターバル区間では影響のないことを確認して、我慢してみる。。。。

そんな感じで3周をクリアして、今度はダンシングをメインにかけてみる。。。。
いつもより3枚ほどギアを重くしてはじめから踏んでいく。とにかく最初は踏み切ることを目標にスピードを維持してみる。。。。を!意外にいけるのとちゃう?
かけたあとの緩い登り区間は結構足が重いけど、我慢して回していくとそのまま回復する感じ。ええ感じちゃうん?そんなこんなでさらに3周。
さあ、最後の3周はシッティングメインに切り替えて、同じようにギアをかけて踏んでみる。。。。さすがにこれはきついぞよ。
しかし、きついからやめていては練習にならないので、ガマンガマン。。。。
足がパンパンになってくるけど、ガマンガマン。。。。
呼吸もかなりきついけど、ガマンガマン。。。。
そのままインターバル区間に突入。ギアを1枚重くして、さらにガマン!
本気できつくなる時、「さ、ここからシケイン!上まで何とか踏みきるんや!」と、気合いを!。。。。。

いけた!!!!

そのままスピード落とさないようにガマン。。。。。

いけた!!!!

あと2周、かなり朦朧となりながらも何とかやりきって帰宅。。。。



明日は、誰かに挑んでみよかなあ。。。。撃沈覚悟で。。。。
[PR]
今日も行って来た。。。。

ちょっと早めに帰れたので、ご飯を食べてダッシュで出る!
信号待ちから走り始めると、抜いていく車から

“まえださぁ〜ん♡”

と女の子の声。

あらぁ〜ん、僕もとうとう女の子のファンが付くとこまで来たのかあ〜!!!!
イエイ!イエイ!


とても気分よく10周。。。。。
最後の周回ゼエハア言いつつインターバル終えると、前からチカチカ。。。。

瞬間的にsskさんやとわかりました。

“さっき、声かけられませんでした?”と。。。。

“ん?かけられたよ。sskさん?女の人やったけど。。。”

“あ、うちの嫁はんですねん。”


“・・・・・・・”

僕、sskさんの奥様と面識ございませんが。。。。
お見受けするに、なかなかファンキーな奥様???。。。。


今後ともよろしくお願いしま〜す!!!!
[PR]
めーてるぅ〜〜〜〜!!!
[PR]
c0107075_2381287.jpg


毎年恒例の、盆休み北山蛭喰ライムツアーに行きました。


いつものように車を停めて、アスファルトを登って、林道を上っていきます。。。。。
c0107075_23562632.jpg

c0107075_23562376.jpg


おおお!!!こんなところに消防車が数台!ゲートの鎖はしっかりしまっていたぞい!。。。。。(写真無し。。。)
一体こんなところで何をやっているんだ?かなり怪しい。。。。


消防士さんに
「おはようございます。何かあったんですか?」と聞くと、
「いえ、何も。」
何もなかったら、消防車こないにいらんわい!
もうちょっと上手い嘘をやね。。。。

はは?ん、これか!http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201108150051.html


今年は川へ下りていく小道が倒木でふさがれていて、通れない。。。
仕方なしに斜面を一気に滑り落ちるようにずり落ちますけど、そんなもん自転車持っててなかなか上手いことできませんで、シューズは泥だらけになってしまいました。
c0107075_23562811.jpg

c0107075_2356306.jpg




川を渡って、いよいよヒルの巣窟です。
リピーターが多いこのツアー、みんな何かしらの殺虫剤を持ってきてます。
川の左岸には、様々な殺虫剤のにおいが充満してかなり危険な香りです。
僕は今回、モンベルに売っていた「ヒル下がりのジョニー」を持って行きました。
超強力ヒル撲滅スプレーです。取説を見ると、「素肌に着かないように!」と厳重に書いてあります。
「こいつはやる!絶対ええ仕事する!」
靴にシュシュッと。。。。おお!???泡かいな。。。。


何しか、ヒルの巣窟に踏み込んでいきます。
いや?楽しみやなあ。。。。今年は何人やられるんやろう???
c0107075_23563285.jpg



杉の葉の間からウニョウニョと出てきよるヒル。。。。今年は全然おらんやないの?
じっとしているとどこからともなく靴に取り付き、這い上がってくるやつらなのに。。。。
c0107075_23563411.jpg




途中沢渡るところで、まあまあ長めのやつ発見しましたが、疲れることなくクリア、舗装路に抜け出てから恒例になったヒルチェックも、被害者無し。。。。
c0107075_23563665.jpg



おもしろくもない!



今年はtsukaさんが初参加やったので、とてもとても期待していたのですがね。。。。。

大見を過ぎて尾越へ向かいます。最初はゆるゆるの勾配で林間の舗装路。とても気もちいのですが、勾配は突然暴力的になります。直登です。ん?NariさんやU-Ritchey!さんは当然としても、今年はmorowさんが行きはります。morowさんは最近腹筋1日300回してはって、体重も8キロほど落としてはるという噂です。そら登り楽でしょうに!しかもこのクソ暑いのに500mlのボトル1本しか持たんと、小さなウエストバック一個。
北山は涼しいけど、なんぼなんでも身軽すぎるわ!
僕はと言えば、体重は減って、夜練効果で足もよう回るようになってますけど、背中にかなり重たい荷物背たろうてますのでしんどいです。22*26~28位を使ってヒイヒイします。春に来た時よかギア1枚重いのを踏めてるからよしとしようっと。と思いましたが、morowさん速いやん!何とか追いつきましたけど、ちぎられたらどうしようと本気で焦りました。
c0107075_23564065.jpg




尾越まで下って、林道をさらに上っていきます。いつもなら、ヨレヨレとスピードダウンするんですけど、今回は足も回りますので、そのまま走っていきました。
右の視界にちらちらとスペシャのフォークが。。。。Nariさんです。
Nariさんも最近異様に絞ってはって、ガチ勝負では多分勝てません。でもここはやっぱり前に行かれるのは悔しいので、僕もペースアップ。ゼエハアいいながら二の谷ゲート着。

ご飯だご飯だ!
c0107075_2356426.jpg



僕は今回モンベルのレトルト持って行ってました。お湯を注ぐだけの簡単レシピ!
カルボナーラと牛飯。水は600ccのペットボトルでオッケ。あとはお湯湧かすクッカーとバーナーですわ。
荷物多い!!。。。。
味は。。。。まあまあ食べれる。。。。

(写真無し)




食後は、走り出してすぐに路肩決壊ポイント!
c0107075_23583378.jpg

撮影tsukaさん



今回は、八丁平に行くのに、春に来たときと同様、フヂ谷峠の方に行こうと決めてました。例年行ってたフノ坂に比べて、フヂ谷峠の方は標高差も少ないし、頂上は日陰だし、いいのですけ。
フヂ谷方面に曲がった瞬間、道がない。。。。。
c0107075_23564567.jpg



幸い谷に降りれて、迂回できましたけど、まあ綺麗になくなってますこと。

フヂ谷への道は、徐々に勾配がきつくなっていく感じで梁感じなのですが、春に来たときより急勾配区間が長く感じました。カーブを曲がっても曲がっても15%位の勾配が延々と。。。。なんぼ22*32の最強ギアでもしんどいわ!でもピーク直前は勾配が緩くなってくれますので、心地よいです。
「急勾配区間もありますけど、ちょっとです。」とか言ってたのに、久しぶりに嘘ついてしまいました。皆さん、ごめんなさい。

c0107075_23564728.jpg

c0107075_23565923.jpg

c0107075_23565030.jpg




さあ、グリーンな道を進んでいくといよいよ八丁平です。




c0107075_23572943.jpg

c0107075_2357328.jpg

自転車は押していきます。
しかし、この六尺道のあたりだけ、緑が少ないように感じますね。
気をつけていても自然破壊みたいなことになっているのでしょうか?
色々と考えながら進みました。




オグロ坂の祠が新しくなっとりました。
c0107075_23573877.jpg


c0107075_23574525.jpg

祠の中の峠ノートもちゃんと移設してくれています。ありがとうございます。
このノートは、UGの兄♭♭♭さんと朽木起点で桧峠?水坂峠?根来坂?久多?オグロ坂?大見?平林道?朽木という100キロオーバー&登山道2個越えという、今なら躊躇するようなツーリングに行った時に置いてきた物ですからね。。。。根来坂にもあるけど、あっちは見に行ってないなあ。。。。近いうちに見に行きたい気もします。
誰か付きおうて。。。。




さて、オグロ坂はブトの宝庫です。奴ら油断したら咬んできますから、僕は腕と足はウォーマーで保護していました。Nariさんにたかるブトの量は半端なく、記念写真撮って早々に下ることにしました。
c0107075_23575367.jpg




僕はしんがりを行きます。ケニーさんとU-Ritchey!さんとnishiuraさんは、ほんとにあっという間に見えなくなってしまいました。オグロ坂初体験のtsukaさんのバイクは29inchですからクイックターンしんどいでしょうに!
登り坂はめちゃくちゃに強かったmorowさんですが下りはどうでしょ?
おお!お!腰が完全に引けてますやん?ああ、こら、コントロールしてるという状況ではないな。。。。
c0107075_2358187.jpg

morowさんの駆るスカルペルはtanda君のです。XTRでフル武装しているカーボンレーサー。車重は10キロ台とか言うてたけど。。。。ブレーキが効き過ぎるそうで、morowさんの手にかかると、もてあまし気味?何ちゅう贅沢な。。。
Nariさんがmorowさんを抜いていきはります。


僕は一応、morowさんのフォロー。。。。

いや?笑わせてもらいました。ここでは書きませんけど、それはそれはおもしろかった。



c0107075_23581438.jpg

林道に出てほっと一息です。

がしか?し、その「ほっ」とした瞬間を待っていたかの様なヒルの最後の攻撃が!

tsukaさんの右の肩口でうごめくやつが!
でかい!でかいぞ!
これは写真に撮らねば!
「tsukaさん、ちょっと待ってちょっと待って。写真撮るから。。。」
「あ?っ!あ?っ!!」
と指で弾こうとするtsukaさん!
いつもは超冷静なのにプチパニックです。
周りから、「あ!こっち向けて弾くなよ!」
何って怒号が飛び交う中、tsukaさんの利き手ではない左手の指は虚しく空を切り、ヒルはなかなか弾かれないのでした。
まあ、無事に吸い付かれる前にはじき飛ばせたのですけど、やっぱり初参加の人は2?3カ所は血流してもらわないと。。。「ヒル喰らいむツアー」なんだから。。。。
しかし、去年もここら辺でenyokkiが靴に2匹ほど着けていた気がします。ということは、オグロ坂を下ってるうちについて来るんか?それとも、ここで休憩しているうちに這い上がって来るんか?



林道はさらに下りますが、途中、土石流多発地点で、道がなくなっていて、さらに激流が流れていたりなんかしたら、来た道を一生懸命引き返さねばなりません。僕はそれだけが不安でしたが、何や下からトレールランの人が上がってきて、道はあるらしいので、ほっとしました。

しばらくしゃべってるとそのトレールランの人が。。。。
「道がわかんない」と。。。。

聞けば、小浜から根来坂を越えてきはったたようで、いわゆる鯖街道マラソンのコースを出町柳まで行かれるようです。ここからオグロ坂に入るのをミスして、真っ直ぐ行っちゃったようで、ええ?ここで道間違うか?
オグロ坂越えたら、ようけ分岐あるぞお。。。「花脊」と書かれた看板も多いぞお。。。
何も考えずにそのまま真っ直ぐ大見まで行って、林道の分岐間違わんと右に行けたら杉の峠を越えて花脊に至りますけど、大丈夫かいな。。。。


さ、我々も下り始めます。
おわ!いきなりの倒木。。。。
枝葉の立派な木やんかいさ!
なんとかかんとか自転車でくぐりますけど、葉っぱの裏にヒル居りまくりやったら嫌やなあ。。。。。



さらに下ります。
何でもないような沢から溢れたと思われる土砂に、コントロールを乱され、押します。
そんなことが何カ所か。。。
実際やばいと思ってた沢は、とても綺麗に補修されていて、びくともしなかったようです。
こんな誰も通らないような行き止まりの林道なのに、ちゃんと補修してるなんて。。。。


さ、アスファルトに出たら、朝練モードでガシガシです。例年、途中の自動販売機で一回停まりますけど、駐車場まではすぐでした。



c0107075_23582249.jpg





来年も行くんかなあ。。。。





おわり。。。。
[PR]
ここんとこ、僕、夜練やらで凄く頑張ってて、一時期は69キロを超えていた体重もあれよあれよと65キロ台にまで落ちていて、体が軽くなった分坂道とかも絶好調で。。。。

昨日は飲み会どした。。。。
今日は実家に帰ってました。。。。

ええ、両日とも飲みましたよ。食べましたよ。。。。

さっき体重計ったら、69キロ。。。。


2日で3キロ以上太りました




ふりだしに戻る。。。。。(号泣)
[PR]
毎日暑いです。ありえないくらいに。。。。。
ここでバテてはいけません。
9月の王滝に向けて!11月の鈴鹿に向けて、モチベーションを維持しなければ!

夜練な風景。。。。。
c0107075_10285277.jpg

c0107075_10285127.jpg




わざわざ北山な風景
c0107075_10284999.jpg

c0107075_10284722.jpg





明日は、恒例の北山蛭クライムツアー。。。。
[PR]
去年に続き、大和高原納涼ランに行って来ました。

毎年8月第1日曜日はクラシックロード走行会と、ショップの乗鞍ツーリングがバッティングしていました。
クラシックロードを持ってなかった僕は、必然的に乗鞍やったんですけど、去年とうとうロッシンを組み上げたので、去年からは、こっちが定番だす!
c0107075_224434.jpg







ここんとこ気が狂いそうなほどの業爆で、朝起きられるか非常に不安でしたが、何とか起床。集合場所へ向かいます。


すでに何人かお見えになっておられました。。。。
c0107075_2236535.jpg

(壮観です。。。。)



数名の方はここ1ヶ月で2~3回ご一緒しとります。。。。これは異常事態です(笑)。。。。。

3回ご一緒:UGの兄♭♭♭さん(Marastoni)、cancanさん(Asuka700Cツーリング)、ymgcさん(アレックスサンジェ)、ofはやまさん(モトベカン)、EVEREST espritさん(プジョーPX10)
2回ご一緒:白栖窟さん(TOEIスポルティフ)、tatsumiさん(片倉シルクスポルティフ)

そして、今回はoookaさんが来られてました。
何年ぶりでしょう?自転車でご一緒するのは。。。。。
調べてみますと。。。。。ええ?2005年の野迫川以来ちゃいますか?鶴橋飲み会では時々ご一緒してるので、そないにご一緒してなかったとは。。。@@@@
さらに、「ん?oookaさん、クラシックロード持ってはったっけ???」

な~んと、、、ちゃっかりこんなのゲットしてはりました。かっけ~~~っ!!
c0107075_2236299.jpg

(Cinelli SuperCorsaだすよ。。。)



そのほかの参加者の方々は。。。。
大黒屋さん(ケルビムスポルティフ)、
てっちゃんさん(GITANE)、
SATOさん(Nakagawa)、
Syokoraさん(TOEI スポルティフ)、
noricさん(Rossin)、
TABOOさん(Colnago Master)、
oookaさんのご友人(BS Grand Velo)。

僕入れて16名!  人数多っ!
うううう、TABOOさんのコルナゴマスターとEVEREST espritさんのプジョーのちゃんとした写真がない。。。あとymgcさんのサンジェと大黒屋さんのケルビム、tatsumiさんのシルクも。。。
口で説明しますと、TABOOさんのコルナゴはクラシックロードのマスターではありません。スターチューブ採用の現代版で、赤に白の胴抜き塗装のいわゆるサロンニカラーです。コンポーネントはアテナ11速(!)。僕らのは前2枚後ろ6枚なので、油断してディレーラーの調整ミスでもしようもんなら、段数負けます!
EVEREST espritさんのプジョーは、これまたオーソドックスな、70年代のツール走っていたマシンです。トランスミッションはストロングライト93D+サンプレックスクリテリウムセット。回転部はカンパレコードです。ここんところ、僕のベストショットを結構EVEREST espritさんに持って行かれていた感がありますが、今回もやばかったです。
ymgcさんのサンジェは、これ。。。(手抜きですんませんすんません。。。)
大黒屋さんのケルビムは、女性にも扱いやすい手元シフトになってます。確かskuramさんが組はったはず)
tatsumiさんのシルクは。。。。シルクですよ。。。。うん。。。。。もう!すいません。。。写真撮ってません。。。


さ、ちゃんと撮ってた自転車の写真を忘れんうちにドバッと放出しておきます。(撮影順)



c0107075_22551810.jpg

(oookaさんのお友達のBS Grand Velo。お願いですからピラーキャリア外してください。m(__)m)



c0107075_22553463.jpg

(SyokoraさんのTOEIスポルティフ。チェンホイールといい、トランスミッションといい山口さんのサンジェに似ています。)



c0107075_22554799.jpg

(SatoさんのNAKAGAWA 。絶対走り屋やと思います。)



c0107075_22555715.jpg

(UGの兄♭♭♭さんのマラストーニ)
マラストーニはロッシンと並んで、僕の記憶に残るイタリアンロードレーサーです。ちょっと前にアイズさんに完成車が売ってて、かなり迷ったんですが、スルーした記憶があります。。。。アイズさんに売ってたやつと凄く似ている気がしますけど、ひょっとして。。。。う~ん。。。。いいなあ。。。。。



c0107075_2256841.jpg

(ofはやまさんのモトベカン。モトベカンはいまはMBKというブランドに変わりました。)



c0107075_23415233.jpg

(てっちゃんさんのジタン。去年もご一緒しました。)



c0107075_2236758.jpg

(ペアショットですんません。。noricさんと僕のロッシンです)


Rossinファミリー増えてきました。ひょっとして一番の大所帯?
僕のQuadroより、ほんのちょっとだけ新しいフレームのようです。


c0107075_22361443.jpg

でもフォーククラウンは一体形ではない。。。ヘッドラグのヒゲもない。。。。
下ヘッドラグの「R刻印」はなく、そこら中のラグが肉抜きされてます。。


c0107075_22361230.jpg

シートステーは蓋じゃなくって、直接溶接されてます。
いや~。。。またまた新しいRossinが見れてよかった。。。。





c0107075_22361641.jpg

さあ、いつものコースに繰り出します。
最初のピークが一番勾配がきついです。
日陰なので、去年はそんなに暑くなかったのですけど、今年はめちゃくちゃに暑い!汗が噴き出します。



c0107075_22361974.jpg




バキュ~ンと下っていくと、てっちゃんさんパンク!げげげ!本隊はだいぶん先だぞよ。。。。。

伝言にダッシュします。


日陰でパンク修理部隊を待ちます。。。。自転車談義!!!


c0107075_22362399.jpg

白栖窟さんのTOEIスポルティフ。僕ら凡人には思いつかない仕様です。
それらが集約された部分が下の写真。

c0107075_22362694.jpg

バーコン用シフトワイヤー内蔵処理です。凝ってます。ダウンチューブから、チェンステーまでずっと細いインナーチューブが通してあるそうです。凝ってます。
ツーリング系の自転車には珍しく、撫で肩クラウンです。僕はツーリング系は怒り肩のふらっとなクラウンがええと思ってましたが、撫で肩もイイです。何故って、僕自身も撫で肩なので。。。
撫で肩、万歳!。。。。。なんのこっちゃ。。。。




こちらは、なかなかいいロケーションに写真を撮ろうと、待って、待ちくたびれているcancanさんですな。
c0107075_22362811.jpg

(いつもいつも、マイペースな軍団の写真撮ってもらってありがとうございます)




コースは車のあまり来ないアップダウンコースに入ります。

c0107075_22363184.jpg



ここは気持ちよいのよねえ。。。。。登り返しの距離がせいぜい200m位なので、そのままの勢いでクリアして、、、、スピードを殺さないで走っていけますのよ。。。。。
この道、昔は道幅が狭くて路面もあまり良くなくって、そのせいか車もあまり通らなかったのです。ここ数年で道路拡張工事が進んで、道幅の狭い区間はほんの少しになってしまいました。交通量が増えるかもしれないなあと危惧していましたが、あまり増えてません。。。うれしい!



途中のヘアピンで後続を待ち構えます。
ああ、コンデジは追従性能が低すぎます。。。
全然いい位置で止められません!


c0107075_22363313.jpg

c0107075_22363672.jpg

c0107075_22363823.jpg

c0107075_22364024.jpg

c0107075_22371659.jpg

c0107075_22372832.jpg

c0107075_22374887.jpg

c0107075_223804.jpg

c0107075_22381440.jpg

c0107075_22382427.jpg

c0107075_22384040.jpg





気持ちの良いパノラマロードです。
c0107075_22385385.jpg






c0107075_22401547.jpg

須川の貯水池に下っていきます。途中、syokoraさんのTOEIのガードのダルマネジがぶっ飛んでいくというトラブルもありましたが、エンドとステーをゴム紐でくくりつけるという荒技でクリア、さらに下っていきます。
っていうか、ようあんなゴム紐持ってはりました。@@@@@@

c0107075_2239971.jpg

(写真の順序がぐちゃぐちゃですが、先回りして一行を待ち構えてくださるcancanさん)


c0107075_22392678.jpg

(がしかし、その肝心の一行様は、修理ちう。。。)



途中の自販機で休憩したら、ああ、もう、下りはおしまい。あとはひたすら登り基調なのよねえ。。。。。。

とはいうものの、このコースの凄いところは、その登りがそない言うほどきつくはないということです。おしゃべりしながらでも十分登っていけます。林間の渓谷ぞいの道で、車は来ないし、涼しいしで言うこと無いです。でも所々土砂があふれてたりしますので、自転車は微妙に汚れてしまいます。


c0107075_22402455.jpg

(ルノージタンチーム。どっちがイノーでしょうか?)



c0107075_22404486.jpg

(雰囲気的にはてっちゃんさんですね。。。この人に睨まれたら、プロトンではやってけない。。。)



c0107075_2240552.jpg

(noricさんとTABOOさん、satoさんが被ってしまいました。m(__)m )



c0107075_2241491.jpg

(測光の関係か、ソフトフィルターかけたみたいになりましたよ。これはこれでおもしろい)



あとは可能な限り車の来ない道をトレースしつつ布目ダムに向かいます。


c0107075_22411359.jpg

c0107075_22413462.jpg


沈下橋ではおなじみの子供会のイベントテントを通らせてもらいました。。。。。
毎年、“へえ、この先道あるねんなあ。。。”と仰ってます。推察させてもらうに、持ち回りの役員交代。。。。申し送りで、“8月第1日曜日は、古い自転車に乗ったおっさんの軍団が通りよるからな”と引き継いでいただければ幸いでございます。m(__)m


布目ダム堰堤に向かって、ちょっとだけヒルクライム。
去年はcharaさんのアタックで一気に上がった集団のスピードですが、今年は。。。。
誰も行かない。。。。
僕はこないだサンギリでちぎられたtatsumiさんマークです。
あれ?tatsumiさんは?あれれ、だいぶん先ではないか!ダッシュで行きますが、ハアハアしてると気付かれるので息を潜めて張り付きます。
うううう、tatsumiさんの脹ら脛を見るだけで戦意喪失です。。。
と、tatsumiさんがパッと後ろを振り返りはるではないですか!
ばれちゃった。。。
ええっ!!影も落とさんように、チェンの音すらさせなかったのに。。。。
とたんにペースが上がって、一気に先頭のUGの兄♭♭♭さんのところまで追いついてしまいました。さすが!
あとは、ゴールスプリントもなく適当にハアハアしながらダム到着。。。。。。
ううう、charaさんが居てはったらどうなってんやろう。。。。。BLKさんが掛けてはったら。。。。。こういうちょっとした“ごっこ”がとってもおもしろいのです。


c0107075_22414776.jpg

c0107075_224157100.jpg

c0107075_2242813.jpg

c0107075_22422423.jpg





今年も、UGの兄♭♭♭さんの車が停められていて、スイカぁ~~~~~!!!!!
毎年ありがとうございます。
てっちゃんさんから飲み物の差し入れがありました。
ありがとうございます~~~~~~~~!!!!
写真撮ってない。。。。。。m(__)m



c0107075_22424181.jpg

本日の主役は、完全にこの方々。示し合わせたわけでもないのに。。。。
年度は違いますが、80年代前半にツールを牛耳ったチームです。ベルナールイノーからローランフィニョンに至る、フランスの全盛期でしょうね。)





c0107075_2243847.jpg

しばらくおしゃべりして、さあ、先へ向かいましょう。
布目ダム湖畔を走って、またまた林間の涼しい道に入ります。去年は途中で休憩しましたが、今年は無し。。。。大黒屋さんとおしゃべりしながら、とっとと抜けてしまいました。
c0107075_22433063.jpg

c0107075_22434031.jpg




自動販売機で休憩している先行グループに追いついて。。。。え?もう行くの。。。。。
そうか、一番後ろは休憩できないんだった。。。。。。



ああ、ツーリングもぼちぼち終わりだよ。。。。。
さみしいなあ。。。。。

c0107075_22434747.jpg

(モノクロ加工して、コントラストいじってみました。。。)





と思っていたら、後ろからofはやまさんがダッシュして来はって、「大黒屋さんパンク!」
あれま、さっきまで一緒に走ってたのに。。。。。


ちょうど道端に花が一杯植えてある場所だったので、ちょちょっと自転車の写真撮って。。。ああ、背景がぼけないよ!
c0107075_224434.jpg

(このスレッド冒頭の写真と同じね)




大黒屋さんところまで戻ろうと、ペダルにクリートをををををを。。。。をを?

入らへん。。。。

タイムのクリートは減ってくると入らなくなってきます。ここのところだいぶん入りにくくなってて、そろそろ替え時やなあとは思ってました。
今日一日くらいはもつやろうと思ってたのですが、ここまで、何度か本当に入らない状況もあったのです。こねくり回して入れてましたが、そのたんびに踏ん張る右足の方が痛いくらいでした。
それも、これも、いよいよです。。。
なんとかかんとか入って、“もう、車までは絶対に左足外さない!”決心をしました。


現場に戻ってみると、tatsumiさんがそれはそれは決まった格好でシュコシュコ!う~ん、脹ら脛の筋肉が盛り上がってます。
c0107075_2246940.jpg

(写真はUGの兄♭♭♭さんところから借りてきました)



途中の分岐で、後続を待って最後尾になると。。。。。
大黒屋さんさらにパンク!

ええい!チューブ交換!
僕は非力なので、tatsumiさんのように格好良くシュコシュコできませんので、エアボンベで一気です。いや~楽でいいわ。。。。。

ああ!しまった、ペダル外してしもうた。。。。。もう入らない。。。本当に入らない。。。。
ま、あとは、いつもの道をデポ地まで走るだけで、登りいうほどの登りもないので、別にいいか。。。。。


皆さんは昼ご飯食べに行きはりましたが、僕とoookaさんとそのご友人様と白栖窟さんとは、ここでお別れです。。。

大和高原な皆々様、楽しいひとときをおおきにでした。

c0107075_22442620.jpg

UGの兄♭♭♭様、コースリーダーありがとうございました。さらには、エイドのスイカに水。。。近所の僕がセッティングしないといけないのに。。。すいません。。。来年は、頑張って素麺します。)





c0107075_231256.jpg

(くう!手前のタンポポにピントが来ていたらベストショットでしたのに。。。。)






おわり
[PR]