<   2011年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

やっぱりマウンテン。。。。

さすがに今日は少なくて、kuwaさんと2人。。。

ゆっくりめで休憩少なくして、フルコース行こうと。。。。。

いつものポイントも停まらず、sskt入り口到着。。。。と、kuwaさん曰く、「先にどうぞ。。。」

すんません、休ましてください。。。。。。





ssktに入るとノンストップでST入り口まで暴走。。。。。

すんません、休ましてください。。。。。。





ST入ったら、今度はsaitoh入り口までほぼノンストップで劇走。。。。。

すんません、休ましてください。。。。。。




saitohの最初の上り、登り切れませんでした。。。。(悔)


c0107075_1354529.jpg



ここでちょっと停まって、あとは下までノンストップでぶっ飛び。。。。。


車着、10:30。。。。。何ちゅうハイペース。。。いや、停まらなかったらこんなもんなのか。。。。。



大晦日におもいっきり満足しました。。。。。
kuwaさんありがとうございました。来年ももんでやってください。


皆々様、今年はいっぱい遊んでもらってありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
[PR]
冬休み3日目。
今日も行きましたよお山へ。。。。

今日のお空の色はこんな感じ。
c0107075_14575569.jpg

日の出は昨日も撮ったので、今日はコンデジだけで。。。。
やっぱり綺麗に写らない。。。。





昨日よりは少しマシな気温の中、ヘコヘコと上っていきます。
冬休みも3日目にもなると、人数も増えて。。。。
c0107075_14593965.jpg


今日はスーパーエースも参戦。一回みんなで走ったそうだけど、僕はその時は行ってない。。。
スーパーエースはマウンテン苦手という情報を得ていたのですけど、さあどうなる。。。。




ssktに突入!
え?スーパーエース、ここ初めて?まじで?
しかし、苦手とはいいつつもさすがにポテンシャルは凄い!しっかりみんなについて行きよります。
テクニカルポイントなんかはさすがにあかんかったみたいですけど、そんなもん僕らでもあかん時あるからね。。。。
激下りスラロームも何だかんだいいつつ前転せずに下ってきて、危険なドロップオフではしっかり自制心で降車!(のらんかい!)

で、ボコボコエリアで事件が起こりました。
直前のスーパーエース、岩にタイヤを取られてバランスを崩し、停まって左足をつこうと。。。。。。

しかし、そこに地面は無かったわけで。。。。
草むらに隠された崖。。。。スーパーエースといえど、地球の重力には勝てず、重力加速度9.8-αで自然落下していきました。いきなり笑ってしまいましたが、よく考えたら、この崖の高さとかって、実は僕らも知らない。。。。結構高いのかもしれない。。。。。草むらには自転車とその下に背中から完全に落ち込んだスーパーエース。スーパーエースは自転車を握ってるけど、これ離したらそのまま落ちるんちゃうんけ?
「自転車離したら落ちる?」と聞くと、
「大丈夫です」と。。。。
とりあえず、自転車は上に上げて、これ以上落ちないようにとりあえずエースの手をつかむ。。。。
さあ、これからや。。。。。
エースの体は1mほど下。当然僕の体も半分落とし込んでいる。。。。ここから推定体重60キロくらいのスーパーエースの体を、しかもスーパーエースは背中から落ちているので自身の踏ん張りはゼロ状態で、引き上げられるのか?Nariさんとcalimeroさんに手伝ってもらって、なんとか。。。。
「んんんんん〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!」
という感じか。。。。。

何とか引き上げに成功してから、大爆笑しました。
いや〜草むらが頑張ってくれ寄りましたねえ。根性の無い草むらやったらどこまで落ちてたのか。。。。。


その後は、悪いですけど、スーパーエースの後ろで爆笑こきました。
上半身の力み方が半端ない!




もう一本ST走って帰ってきました。
あ、そうそう、途中でU-Ritchey!さんのシートピラーがまた爆発したようで、まあ、僕は前にいっぺん目の前で見てるので知ってますが、知らない人たちはびっくりこいてましたね!
3回目でしたっけ?サドル爆発。。。(◎-◎;)






c0107075_1457545.jpg

アテンザスポーツワゴン3台!しかも色違い!


決してマツダの営業所ではありません。。。


さのささん来てたらなあ。。。。本気で電話しようかと思いました。



おわり
[PR]
朝、枕の下で携帯が6時を知らせる。。。。
ぐお〜〜〜、寒いぞ。。。。
5分後もう一度鳴る。。。。
う〜ん。。。。寒すぎるぞ。。。。。
さらに5分後もう一度。。。。

ごそごそと起き出して、外を見ると、

おお!雲ないじゃん!

ダッシュで起きたけど、コンタクトがなかなか入らず困りました。。。

何とか、7時前には家を出て、いつもの日の出ポイントへ。。。。



c0107075_155184.jpg

7:05 こらまだまだやなあ。。。。。でも、この日ので直前の空の色は、とても美しい色だと思います。。。。





c0107075_15511145.jpg

7:09 そろそろか。。。。




c0107075_15511221.jpg

7:10 来たぜ!




c0107075_1551144.jpg

7:11 わずか1分でここまで出る。。。。




c0107075_15511626.jpg

7:13 完全に出ました。。。



わずか3分間の出来事でした。。。。






さて、今日もお山へ行きましたよ。
c0107075_15512296.jpg

今日一緒に走ってくれたのは、U-Ritchey!さんとNさん。。。
上でトレメンテ終えたenyokkiと遭遇。(ご苦労さんです。。。冬は吹きすさぶ風に飛ばされた柴が多いからねえ。。。)
ST~saitohで超満足して帰ってきました。。。


今日は、コンデジのメモリーカード忘れて行っちゃって、本体メモリーに撮れたのはこの一枚のみ。。。。。



enyokkiの写真が無い。。。。ので、、、、
車に戻ってからenyokkiのスカルペルを。。。。。。前ボケにして撮った、僕のスカルペル。。。。。
c0107075_15513139.jpg




enyokkiごめ〜ん。。。。




おわり
[PR]
ちょっと早いかもしれませんが、今日から冬休みです。。。。

へへへ!MTB行きましたぜ!

c0107075_11392728.jpg

(朝日を背に、ヘコヘコ上って行きます)




林道抜けたらちょい休憩

c0107075_1139323.jpg

(直前まで日の光で光り輝いてたんだけどねえ。。。)



c0107075_11393094.jpg

(泥に隠れたCANNONDALEのロゴが格好いい!)



c0107075_11393468.jpg

c0107075_11393645.jpg

c0107075_11393866.jpg

c0107075_11394099.jpg



sskt〜stですんなり帰ってきました。




c0107075_11394245.jpg

(今日はローニンとnoseさん)




c0107075_11394486.jpg

(遊んでくれておおきにね。。。。)



じゃあ、また明日
[PR]
食後の石仏巡りは激坂多いです。

まずは、浄瑠璃寺からほんの200メートルで、「藪の中の三尊」。
その向かいにある自然栽培の野菜売ってるところ(こういうのって何ていうのでしたっけ?)で、草餅をパクつく。。。。UGの兄♭♭♭さんと山口さんと、ofはやまさんも食べはったんだっけ。。。。


c0107075_94458100.jpg

c0107075_9445672.jpg



皆さんそろそろ飽きてきてらっしゃる?まあ、どれも似たようなもんですからねえ。。。。
罰当たるわ!


ここにちょっと面白い松が生えていました。

c0107075_945040.jpg

雑想植物園の館長にお聞きしても知らないとのこと。
なんだこりゃあ?と思っていたら、地元のおっちゃんが教えてくれはりました。
「だいおうしょういうんや。」
「だいおうしょうですか? 松ですよね?」
「そうや、松や。だいおうは大王で、しょうは松や。」



ちょちょっと激坂登ると、「カラスの壺二尊」、ぱっと見一尊しか見えませんが、裏っかわにもう一尊。。。。
c0107075_945261.jpg




ノールックで!てっちゃんさんだった~~~!!!
c0107075_9483315.jpg




15%位ありますからねえ。。ここの坂。。。
c0107075_9484232.jpg




激坂登っていくと、わらい仏です。
c0107075_945672.jpg

ここでは、たくさんの人が昼ご飯を食べてはりました。何やらTOEI持ってるというおっちゃんが僕らの自転車を見て偉い興味津々でいらっしゃったようで。。。。そらまあ、ええランドナーいっぱい居てましたもんねえ。。。。TOEI2台にアルプス、ケルビム2台にヒラメ、コアなデモンタ2台にキャノンデール。。。


がここで、山口さんにアクシデントが!左クランクのプロダイが緩んでいるとな!

フィキシングボルトは14mm!
みんなの工具箱部品箱を引っかき回しますが、出てくるのは15mmばかり。。。。
UGの兄♭♭♭さんが先の細いモンキーでもって何とかかんとか締めはりますけど、結構なトルクになりますので、応急処置にはなってもこの先不安です。。。。
残念ですけど、山口さんここで離脱。。。。。(うへえ~~写真がない~~~)


さらにさらに激坂を上って勾配がすっと緩くなると、ミロクの辻に出ます。
c0107075_9451197.jpg

ここの弥勒菩薩磨崖仏も結構有名ですけど、何やようわかりません。。。




ここからは車すら通れない道に這い上がっていきます。みんなツーリングシューズなので、滑って押し上げるのもたいへんです。僕はMTB用ビンディングシューズ(クリートはついていません)なので楽勝です。。。。押し上げた先の道はフラットになって、すぐに三体地蔵に着きます。
c0107075_9451324.jpg





当の三体地蔵様はちょうど横からの木漏れ日がマダラに当たっていい感じでした。
c0107075_9451982.jpg





c0107075_9451653.jpg

てっちゃんさんが軽く片手で持ち上げてはるのは、切り株不明の木です。ほんまに切り株がどこ行ったのか???



先へ進みます。。。

鉄人児玉さんをもってしても、さすがにロードでここは乗れなかったようで。。。
c0107075_9452115.jpg




c0107075_945234.jpg

(ofはやまさん、何気にカメラ目線です)


c0107075_9452639.jpg




下ったところが岩船寺門前です。
c0107075_947745.jpg

この岩船寺もお金要ります。ここは入るだけで要りますので、門から覗いて終わり。

さあ、ここで、fujiwaraさんを待ちます。fujiwaraさんは今日東高野街道をクラブランしておられましたが、昼食後合流される手筈になっていました。しかしなかなか時間が合わない。。。何度も電話で連絡を取りながら、僕らの進み具合とfujiwaraさんの現在地とを相談しつつ、合流場所を探っていました。当初は最後の目的地の植田牧場で合流しようかという話になってましたが、そんなもん、このグループの行動時間を予測なんかできっこないですから、最終的には、ほんまに申し訳ありませんが岩船寺まで上ってきてもらうことにしました。加茂からここまで上り坂です。。。。重ね重ね、ほんまにありがとうございました>fujiwaraさん。
その間、僕らは、草餅2個と熱いお茶をいただいて、ホッコリ。。。。。いや、まったくもって、ほんまにほんまにすんません。
っていうか、やっぱり食べ物の写真はない。。。この時も最後の一口を口に入れた瞬間に思い出しました。



さあ、fujiwaraさんとも合流できて、今度は植田牧場で待つcancanさんの元へ向かいます。
途中に経由する場所は、5カ所。。。。

ひ~~~!!!!間に合うのかあ~!!!!

細い道を下ってわらい仏の上辺りにショートカット、来た道を下って、今度は首切り地蔵に向かいます。





c0107075_9471591.jpg

頸の切れ込みが深いという理由で「首切り」の名を冠するお地蔵様です。。。




さらに細い道を進むと、大門の石仏群。。。。昼間も暗い雰囲気のなかなかシュールな場所です。
写真撮ってなにか写ると怖いので、写真撮ってません。。。なので、昔、根性で撮った写真を。。。
c0107075_9445243.jpg





さらにさらに下っていくと、石仏巡り最大の磨崖仏が出現です。
c0107075_9472490.jpg

谷向こうに鎮座まします磨崖仏様ですけど、かなりでかいんだろうなあ。。。。。




仏谷の磨崖仏からちょこっと下ったところが石仏巡りの起点「焼け仏」です。

ここで、石仏巡りは終了です。






さて、先を急がねば!cancanさんが待っている!

がしかし、この時点で2時45分。植村牧場合流予定時刻は3時ジャスト。暴走しないと間にあわへん!!!!
電話して見るも、cancanさん出ない。。。!
アスファルトの道を微妙にペースアップしてこぎます。後続が遅れても姿が見える微妙な位置で。。。。。
高田を抜けてクローバー牧場の横から再び廃線跡に向かいます。


さっきも来た鹿背山アバットをすぎると、道路は廃線跡の築堤上を走ります。
数百メートルで左の畑に降りていきます。
梶ヶ谷トンネルです。このトンネルは、鉄道のトンネルではなくて、築堤の下をくぐる農道のトンネルですから、知ってないと廃線跡の道路からは絶対に見えません。。。。。とか言いつつ、この廃線跡の道が整備されてから思いっきり案内カンバン立ってます。。。
c0107075_9473293.jpg


明治の物とは思えないほど綺麗ですが、この梶ヶ谷トンネルも移築とかの話が出ているそうです。




くるっと回り込むと、廃線跡遺構人気ナンバーワンの赤橋です。87%の人がこれが好きと答えたそうです。ここ赤橋の魅力は裏から築堤を見上げて眺めるのがグッドです。。。

c0107075_12332181.jpg

(上は道路ですけど、電柱が鉄道電話連絡用の支柱に見えて、今にも列車が走ってきそう。。。。この雰囲気は、草いきれの凄い真夏がいいのですが。。。)



c0107075_9485098.jpg

c0107075_9474154.jpg




さあ、もう見所はありません。もう一度cancanさんに電話。今度は繋がりました。
最寄りの交差点名を伝えて、後は走る走る。。。。


植村牧場にはしっかり遅刻してしまいました。cancanさん申し訳ありませんでした。。。。m(_ _;)m


植村牧場で、みんなコーヒーとアップルパイを頼みました。。。。
ちなみに、注文してからものが来るまでは、「今回こそ写真撮ろう」と意気込んでいましたが、気がつけば、アップルパイは無くなっていました。

ええっと。。。確か9人くらい店に入ってはったと思うんですけど、誰も写真取ってないんですか!




さ、いつまでも植村牧場でくっちゃべっていては、先に離脱して車でお待ちいただいている山口さんに悪いです。日の傾いた道を木津まで下って行きます。
僕の計画では、ここの駐車場で、夕日を見てやろうと思ってたんですけど、間に合いませんでした。。。。_| ̄|○
ちなみに、こんな感じ。。。。
c0107075_12395685.jpg





僕がおもいっきり余裕をみて設定していた4時に帰れるという予定を1時間近くオーバーしてしまいましたが、でも、まあ明るいうちに帰って来れて良かったです。



帰ってきても話のネタはつきません。。。。
今度はUGの兄♭♭♭さんのBMW2002と山口さんの倒立式車載キャリアを肴に。。。。
c0107075_9481037.jpg




c0107075_9482491.jpg

気がつけば、日はすっかり暮れてしまいましたとさ。。。。




ご一緒してくださいました皆々様、寒い中あそんでいただいて、ありがとうございました。
また、近所で面白いところ探して、あそんでもらえるようにします。




後半編のベストはやっぱりこれかなあ?




おわり
[PR]
さあ、怒濤のひとときを過ごしたあとは、何事もなかったかのように廃線跡を巡ります。

観音寺アバットの近くには観音寺第2アバットというのもあるのですけど、ここは、関西本線の線路と非常に近く、さらには線路の高さが地面と同じくらいです。んでもって、前述の観音寺アバットよりかなり危険度が高いため、フェンスがこしらえてあります(昔はなかったような気がする)。さらにその先の廃線の道はブッシュに阻まれ迂回を余儀なくされ、最終的に通行止めの橋梁に阻まれます(渡れますけど、もし落ちたら命に関わりそう)。そこで、僕はまたまた畑の脇を抜けていく道をご案内しようと思っていました。
が、ここで、コースミス!恥ずかしすぎますが、ここを間違えたのは一回や2回ではありません。。。。まああまり車の来ない道でもあるし、そのまま進みました。
ちなみに観音寺第2アバットはこんなところ。。。
c0107075_14341683.jpg

(前にロードで踏み込んだときの写真)



さらに、間違えて行けなかった道はこんな感じのところ。。。。ごめんなさ~い!!!
c0107075_14333131.jpg




クローバー牧場を回り込んで、まずは、旧関西本線の観音寺側抗口を見に行きます。
ここは築堤の上を大仏線が、築堤の遙か下を新木津方面の線路が走るという線形になっています。関西鉄道は大仏線を開通させたあと、わずか7ヶ月ほどで新木津まで線路を進展させましたが、まさにこの線路が旧関西本線なのです。同時期に、両方の線路が機能していたのですけど、ああ、平行していた2線がどんな感じで上下に分かれて行ってたんだろう。。。。。いやあ~~~ドキドキするなあ。。。。


さあ、ちょっと廃線跡へ行ってみましょう。
c0107075_14333744.jpg



自転車を停めて、大仏線跡の築堤を越えると怪しいコンクリ橋(これが前述の通行止めの橋梁です)があって、その下が関西本線旧線跡(関西鉄道の新木津方面の線路)です。
c0107075_14485178.jpg




UGの兄♭♭♭さん、charaさんに続き、BLKさんも行く!。。。。3人乗ったら、もう落ちるう〜〜〜〜!
c0107075_14333453.jpg




今日はBLKさんの日ですよお。しかも下、“川”やし。。。。。


てっちゃんさんも行ってはりました。。。。
僕も行きました。。。。なんじゃそりゃ!




まあ、第2の事件が起こることもなく、次なる鹿背山アバットへ。。。。距離にして50m。

ここが僕あいちばん好きですね。。。。。
c0107075_14334155.jpg

(この橋台の下は水路なんですけど、ということはこの水路は明治時代から脈々と存在すると言うことです)






このあと、梶ヶ谷トンネル、赤橋を見てから石仏巡りに向かおうと思っていたのですが、時間押しまくりで、ここは帰りにも通るので、その時によることにして、さっさと当尾に向かいます。



まずは、いちばん麓にある焼け仏へ向かいます。


道からきつい坂道を上り初めてほんの5mくらいであるのですけど、charaさんとBLKさん、どこまで上りはるんですか!行きすぎ行きすぎ!
c0107075_14334440.jpg

(なんかようわからん。。。。)



次はちょっとのぼっていきます。ここでもBLKさん行きはります。
途中、2カ所停まりますからねえ。。。。




たかの地蔵。。。。。。
c0107075_14335161.jpg

(ボチボチ飽きてきましたか?)



c0107075_14334762.jpg

(これはその横の2体セットの石仏です。。。。なんか仲良さげでよろし!)





次は長尾の阿弥陀。。。。。
c0107075_14335458.jpg

もうすでに単なる休憩。。。。




最後にググッとのぼったら浄瑠璃寺です。BLKさん一等賞。。。

浄瑠璃寺は庭園を徘徊するだけなら無料です。本堂に入って、秘蔵の仏様を目の当たりにしようとするとお金が要ります。当然僕らは徘徊のみ。でもここの吉祥天立像はなかなか綺麗なのでし。。。でも入らず。
c0107075_1434184.jpg

(ベタな塔の写真。。。。紅葉の時はさぞかし綺麗でしょうねえ)

c0107075_1434520.jpg

(本堂の瓦のアールが何とも言えない。。。)

c0107075_1434766.jpg

(背景が完全に暗くなったところにススキが輝いていました)

c0107075_15212882.jpg

(たまにはこんな感じで、純観光も。。。)


ここの庭園は池を中心とした回廊式になってました。僕らは反時計回りに回っていきますが、BLKさんだけは、時計回りで。。。。。ほんとにもう。。。。人と同じはいやなんだから!(ご本人様からの報告によると、「阿弥陀堂をバックに僕らを写しこみたかたった」そうです)
c0107075_1434108.jpg

(灯籠の間からこっそりBLKさん激写!何がそんなに面白いんだか、一人っきりで大爆笑してはります)


c0107075_14341330.jpg

(名残惜しげにモミジもちょっと残っていました)


浄瑠璃寺から出てきたらお昼ご飯です。浄瑠璃寺の門前にはご飯処は4件ありますが、そのうち3件は休み。。。。
なんでやねん!
日曜日やのに!微妙に紅葉も遅れ気味の今年はまだまだシーズンじゃろに!
まあ、なんとか、お昼ご飯にありつけましたが、一時はかなり焦りましたがな!
ご飯の写真がないです。。。。。
みんなで言うてたんですけど、ブログやってたりHP持ってたりする人はここで撮らんとあかんのですけど、食ってから気付いたり。。。。食い散らかしてから気付いたり。。。。。



ホッコリしたら、先へ進みます。。。。。さあ、気合いを入れて。。。。。。



つづく。。。。。



今回のベストショット。。。。
[PR]
さあ、石仏&廃線跡巡りのスタートです。
このコースは僕のお散歩コースの中ではかなり定番化している気もしますが、部分的にダブって参加している方はUGの兄♭♭♭様のみ。。。。
思い起こしてみると、2002年のGWに龍神丸さんと僕とで「奈良歴史の道&廃線&山背古道ポタ」を企画したのでした。。。。。
今鑑みるに、あの時は朱雀門に集合してそっから龍神丸さんの案内で歴史の道を辿り、佐保の大仏駅跡から廃線を巡り、途中から木津へ抜けてそこからさらに山背古道をトレースするという、何とも盛りだくさんな企画やったわけで、日の短い今の時期は絶対無理!

とりあえずUGの兄♭♭♭さん以外は、廃線跡はたぶん初めて?石仏はなんやかんやで来はったことあるやもしれません。

このポタでいちばん気をつけないといけないのは、停まる場所です。。。。これは非常にシュールな問題なのです。。。。なにせ、見所が多いので、停まりまくります。普通ならちょっと見たらすぐに再スタートになるのですが、そうは問屋が卸さない。。。。参加メンバーはかなり濃ゆい方々ですから、そりゃあ誰かの自転車をネタに喋る喋る。。。。。
ちらっと停車場所を想定してみると。。。。。「峠の頂上、その後は廃線跡の遺構が、えーっと。。。。5カ所、石仏巡りに入ると昼ご飯までに3カ所。。。。」
10カ所くらい停まります。。。。。1カ所10分では足らんな。。。。。1カ所15分として、自転車談義だけでも2時間は越えるはず。。。走っている時間はせいぜい1時間ほどのはずなので、9時頃にスタートすれば、まあ、お腹減ったころに浄瑠璃寺に着けるかと。。。。。昼からのことはそれまでの状況を考えながら調整しようと。。。。。



今回のポタのドレスコードは、一応「ガード付き」。これにはちゃ~んと理由があるのですけど、ドタ参の児玉さん。。。
c0107075_23461511.jpg

おっと、ロード。。。。まあいけないことはないですけど、知りませんでええ。。。
ん?ゴシゴシ。。。
児玉さん、サンダル。。。。????
知りませんでええ~~~~~

さあ、スタート。。。。

まずは峠町を抜けて鹿背山へ向かいます。細い生活用道路で、できる限り車の来ない道を選ぶんですけど、この道、実は意外に車がよく来ます。しかも上り勾配は結構急です。アップ代わりにしっかり汗ばんでもらいましょう。。。。。ひ~~~~っ!!
鹿背山の集落を外れると、一気に田園風景になりますが、我々は観音寺峠にむかいます。
観音寺峠は全線ダートです。。。距離は短くて、ロードでも押していったら抜けれる程度です。勾配は。。。。まあまあ急です。。。。それでも距離は短いので。。。。
c0107075_052924.jpg

c0107075_053668.jpg

c0107075_053332.jpg

c0107075_053141.jpg

c0107075_054056.jpg

c0107075_053876.jpg






観音寺峠の頂上はこんな感じ。。。。
c0107075_054394.jpg



c0107075_05452.jpg

木漏れ日が降り注いで、落ち葉が敷き詰められていて、この季節の晴れている日に来ると何とも暖かいのです。

で、自転車談義30分!




さ、下りましょう。
ここの下りのためにドレスコードがついたと言っても過言ではない。。。というか、そのものなのです。。。。観音寺峠の東側はドロドロです。難儀なことにその上にこれでもかというほど落ち葉が被っていて、知らずに突っ込んでいくと、「お~っとっとっと!!!」となって、足つくと「ズブズブズブ」と沈んでいくのです。。。。悲惨!
面圧の高いロードタイヤの児玉さん大丈夫かあ~~~!!!
c0107075_055196.jpg

と、児玉さん押して降りてきはります。。。。
サンダルの児玉さん大丈夫かあ~~~!!!

児玉さんは体重が軽いので、沈みはりませんでした。。。。



c0107075_05539.jpg

(颯爽と下りはるえべっぷりさん)


c0107075_055523.jpg

(土はまったく見えないくらいに敷き詰められた落ち葉の道。。。ModelはUGの兄♭♭♭さん)




ダートを抜けると里の小道をつないで廃線跡に向かいます。
ところで、何故なのかはまったくわかりませんが、一説によると僕がうまいことそのラインをトレースするように誘導したという説もありましたが、BLKさんのケルビムだけが、いやほんとに、BLKさんのだけが、シクロのレースを走ったかのように汚れています。
c0107075_06041.jpg



なんでかー!!


BLKさん曰く、「どっかに川ないですか。。。」

え~川ですか???

一応気にしながら進んでいきますと、

あ、降りれそうな側溝というには大きな、用水路というには水のない水路が。。。。。水深もホイールがちょうど沈みそうなくらい。。。。ただねえ。。。なんか淵みたいになっていて、肥料入れていた袋やなんかが結構集まってたまってる場所で、お世辞にも綺麗とは言えません。まあ、それでもホイールとタイヤの泥を流すにはちょうどいいので、
「BLKさんここどうですか?」
と。。。。

1mほど下の用水路みたいな側溝でせっせとホイールについた泥を洗い流すBLKさん、「なんでBLKさんのだけそないに異様に汚れたんでしょうかねえ」とかみんなで笑いながら話していたその時、事件が起こりました。。。。

一瞬、BLKさんの足下の石がぐらついたのです。さっと踏み直すBLKさん。
しかし踏み直した先の石はさらに不安定、あっという間にBLKさんの靴は水の中へ。。。

おあっ!おニューのティンバーランドのシューズが水没!

BLKさん、焦る!
「ああ!おろしたてやのに!」と靴に気をとられたBLKさんを次なるまったく想定外のアクシデントが襲います!
BLKさんのケルビムのフロントが切れ込み、さらにはフロントバックの重みでバランスを崩す。これを靴に気をとられたBLKさんが冷静に対応できるはずもなく。。。。
ああ、かわいそうにケルビムは水の中に横倒し。
さらに、それを何とか阻止しようとしたBLKさん。。。腰から水の中に崩れ落ちる。。。。

「嘘でしょう!そんなこのみんなが見ている目の前で、そんな体はったスーパーなボケを!!!」

「ああ!うわ~最悪や!」と立ち上がるBLKさん。。。多分ですが、ぼくらの心配は、「この寒空の下で足濡らすわ、ニッカ濡らすわ、こらはよ上がらんと寒いぞ~~~」。。。。とにかくBLKさん水から脱出。。。

自転車は。。。。と自転車の方を見た僕の目に映ったのは。。。。。

あ。。。フロントバック水没。。。。

てっちゃんさんが自転車を救出に降りはります。
とりあえず自転車も上に上げて、フロントバックからしたたる水の量が半端じゃない。。。。これは中身を出さんとまずい!みんなこういうとき凄く動きが素早いです。見習わねばなりませんが、僕は何故か体中が震えて震えて。。。。。いやほんま。。。



フロントバックを開けて。。開けて。。。。
c0107075_06581.jpg


ああ!BLKさんのフロントバックはベルト留め!開けるの時間かかるし!(とか何とか言いながらカメラを持つ手は激しく震えているのだ)


やっと開いたフロントバックをのぞき込む僕の目には、しっかり溜まった水面に浮かぶ財布。。。。。ぐっしょり濡れたタオル。。。。悲惨。。。。。(とか何とか言いながらもうタムロンの手ブレ補正なんか意味を成さないほどカメラを持つ手は震えるので写真は撮ってません)
なんとBLKさんのフロントバック、内面が防水加工のビニール張りで、入った水はそうそうでない。もう、ハンドルから外すしかない!ああ!ハンドルにはベルト2本で固定!外すの時間かかるし!(とか何とか言いながらもうタムロンの手ブレ補正なんか意味を成さないほどカメラを持つ手は震えるので写真は撮ってません)。。。

濡れた靴を脱いで、足を拭こうとするBLKさん、
「すんません、フロントバックからタオル取ってもらえませんか?」
「え?タオルですか?ぐしょ濡れですけど、いいですか?」

てっちゃんさんがササさっとタオルを。。。ええ人や〜




c0107075_081693.jpg

charaさんは、あっさり清掃完了。そんなに汚れてなかったけど。。。。



僕らは、里山風景を眺め、ええとこやなあ?」と。。。。。
c0107075_084543.jpg



やっぱりお地蔵様には挨拶しておいた方が良かったのかもしれません。。。。。
c0107075_06266.jpg







気を取り直して、事故現場から20m進めば、関西鉄道大仏線跡遺構第1ポイントの「観音寺アバット」です。
c0107075_092915.jpg


関西鉄道大仏線は加茂駅と奈良市内を短絡するような形で路線が引かれていましたが、勾配が急な区間があって蒸気機関車ではしんどかったので、木津経由の線形に変更されました。でもその場合、出来るだけ通常の線路を使って、線路を作っていくというのが普通です。僕はあまり気にしていなかったのですけど、UGの兄♭♭♭さんに聞かれて、確かになあ思いました。
さあ、色々と想像を巡らせます。
Wikipediaで「関西鉄道」を研究してみます。
1888年(明治21年)3月1日 三重県四日市市に資本金300万円で設立が許可
1889年(明治22年)12月15日 草津 - 三雲間開業
1890年(明治23年)2月19日 三雲 - 柘植間開通、現在の草津線全通
1890年(明治23年)12月25日 四日市 - 柘植間開業
1891年(明治24年)8月21日 亀山 - 一身田間開業[11]
1891年(明治24年)11月4日 一身田 - 津間開業[12]
1894年(明治27年)7月5日 四日市 - 桑名仮停車場延伸開業
1895年(明治28年)5月24日 桑名仮停車場 - 桑名延伸開業、および名古屋 - 前ヶ須開業
1895年(明治28年)11月7日 弥富 - 桑名間開業により草津 - 名古屋全通
1897年(明治30年)1月15日 柘植 - 上野(現、伊賀上野)間開業
1897年(明治30年)2月9日 浪速鉄道を合併(片町 - 四条畷)
1897年(明治30年)11月11日 上野 - 加茂間開業
1898年(明治31年)4月12日 四条畷 - 長尾間開業
1898年(明治31年)4月19日 加茂 - 大仏間、通称大仏線または大仏鉄道開業
1898年(明治31年)6月4日 新木津 - 四条畷間開業
1898年(明治31年)9月16日 新木津 - 木津間開業
1898年(明治31年)11月18日 加茂 - 新木津間、寝屋川 - 網島間開業、これにより名古屋 - 網島間全通、同経路で急行列車の運行開始
1899年(明治32年)5月21日 大仏線大仏駅 - 奈良駅間開業、奈良駅へ乗り入れ
1900年(明治33年)6月6日 大阪鉄道譲受(湊町 - 奈良、王寺 - 桜井、天王寺 - 大阪)
1901年(明治34年)12月21日 網島 - 桜ノ宮間開業
1903年(明治36年)1月5日 天王寺 - 博覧会開業貨物営業開始、3月1日旅客営業開始、8 - 9月に施設撤去
1904年(明治37年)8月27日 紀和鉄道譲受(五条 - 和歌山)
1904年(明治37年)12月9日 南和鉄道譲受(高田 - 五条)
1905年(明治38年)2月8日 奈良鉄道譲受(京都 - 桜井)
1907年(明治40年)8月21日 木津付近で経路変更、現在の形を構築
1907年(明治40年)8月 大仏線廃線(1907年旅客駅廃止:貨物駅として存続)

とまあ、こんな感じ。。。。
現在の関西本線は伊賀上野の方から伸びてきて、明治30年に加茂まで到達しています。その後大仏駅まで進展したのが明治31年。
この2ヶ月後、関西鉄道は別路線で四条畷~新木津駅間を開業。(新木津駅は現在の木津駅と西木津駅のちょうど真ん中辺りだったそうです)

さあ、ここからです。四条畷~新木津間開業の5ヶ月後、すなわち加茂から大仏まで進展してから7ヶ月後に新木津までを開業しとります。この時大仏線はまだ現役ですから、加茂駅は新木津方面と大仏方面の分岐となっていたわけです。通常の線路を敷く場合、やはり分岐駅からいきなり分けた方が、付随する線路を工事しなくていいですから効率的です。そこで、加茂駅から大仏方面と新木津方面が分岐する部分までは平行に線路が引かれたのだと推測します。
後に大仏線は廃止になって新木津方面の線路だけが残りました。さらに関西鉄道は国有化されることになり、関西本線として現在に至ります。


ふう。。。。疲れたので。。。。




つづく。。。。

c0107075_063851.jpg





忘れていました。。。。。今回のベストショット。。。。
[PR]
1月からの懸案事項であった当尾石仏巡り!
GWに行きませんか?とBLKさんに声をかけたもののスケジュールが合わんと振られ、10月にも一回企画しましたがこれまたスケジュール合わず!
3度目の正直でやっと日程が決まりました。

さあ、その決行日はなんと、チームの忘年会の次の日!

毎年、この忘年会は童仙房山荘でやっていて、当然泊まり。。。人数が多いので、宿は完全貸し切り状態で、何をしても他のお客様は居ない。ボタン鍋と持ち込んだ酒を堪能し、カラオケで日頃の鬱憤を完全に払拭するまで歌い続けるのだ。そうすると、寝るのは4時半とかになり、ぼくらが何だかんだと寝たらすぐに(ほんとすぐに)、宴会の後片付け&朝食の用意がはじまるのです。

今年は、スーパーエースの宴会のかきまぜ(謎)と、これまた信じられないスーパーな逃げ(謎)と、その直後に起こった、大クラッシュ(謎)!
乾杯してからわずか1位時間足らずであないに盛りだくさんなのは、今まで初めてです!
おらあ、まだ酔うてないぞ!なのに、エースは一通り終わってる!
エースは何でも速すぎる!
さあ、みんな上機嫌になったあと、カラオケが始まると終わるまでは5〜6曲の予約が入りっぱなし状態!
しかし、僕はそのプロトンには入りません。今回の「石仏巡り&廃線ポタ」は僕がコースリーダーなので、遅刻&二日酔の醜態はいけません!ど根性で忘年会を中座、さっさと寝る。。。。。
宴会場から聞こえてくる爆音!!

や・か・ま・し・く・て

寝られへん!


あんたら全員、ジャイアンか!


そのうち、宴会場から呼ばれる。。。。
「次やで?」
「何が?」
「AKB」


♪ちゃらっちゃっちゃらっちゃちゃらっちゃちゃらちゃ〜ら!
あいうぉんちゅ〜 あいにーじゅー あいらーびゅー あたま〜の〜な〜か がんがんなぁ〜ってるみゅうじいっく へびぃ〜ろぉてぇしょん!

以下省略。。。。



もういいですか?寝てもいいですか?Beginner歌わなくてもいいですか?






携帯のコールで6時半起床。さっさと着替えて、爆撃したら、僕は先に出立です。
車の温度計は-5℃!!マジかよ!
c0107075_2346126.jpg




c0107075_23461378.jpg

静謐な空気を切り裂きアテンザは進みます。屋根には決戦パンツのケルビムスーパーツーリング。
和束まで三国越林道を走っていきます。いくつかのコーナーを曲がったら、前からロードレーサーが上がって来よりました。
まだ7時半やで!一番近い和束の人でもえらい早い時間に出てるはず。。。しかも女の子。。。。すれ違う一瞬でしたが、かなりの変態と診た!
後日談、、、その子は我がチームメンバーの彼女で、京都北山を3時半に走り出しただと。。。。。童仙房山荘に着くなり、僕が食べなかった朝食をしっかり平らげたそうで。。。。。初対面のおっさん23人を前に。。。。。

スーパー変態なレディーが一人追加されそうな気配なのだろうか????



途中のローソンで再爆撃したりしつつ、30分くらい前に集合場所に着くと、あらら、皆様集まってらっしゃる。。。。
c0107075_23461731.jpg





鉄人児玉さんと京都組の皆様も来られて、予定通り9時に出発できました。
c0107075_23461511.jpg

(ううう、児玉さん。。。気温が氷点下でもやっぱりサンダル。。。)


さあ、どうなる、石仏巡り&廃線ポタ



つづく。。。。。
[PR]
春先からの懸案だった、石仏巡りの日程が決まりました。
12月18日、日曜日です。




朝、9時に木津川の駐車場(無料)集合。

ここです。
R163の泉大橋の南詰めを西に入って、数百メートルで右の河原に下りていく道があります。
下は、運動場と、無料駐車場ですので、ここに車を停めましょう。

廃線跡の道は加茂から始まってますが、加茂へ行くには2つルートが考えられます。
1.山背古道〜伊賀街道経由。。。。結構時間かかるので、出発はやめるかも。。。
2.観音寺峠経由。。。。押していってもすぐですが、自転車はドロドロになってしまいます。
廃線跡を巡った跡、当尾の石仏巡りをします。浄瑠璃寺拝観後に門前の食堂で昼食?
食後に激坂登りながら石仏巡りの続き。岩船寺も行きますか?とても箱庭感の強いお寺です。
その後は残った石仏を巡って、BLKさんお薦めのクローバー牧場は閉まってるかもしれないので、般若寺前の植村牧場でデザート。ここまでかもからちょっと走らんといけません。。。


解散予定は、4時頃かなあ?もうちょっと早いかなあ?


走行距離は30キロ行かないと思います。
停まりまくります。多分しゃべりまくるでしょうから、そんなくらいに。。。。。


駐車場は広いので、ドタ参オッケーです。
ドレスコードはガード付き!

以上。
[PR]
昨日、帰りの車で外気温をみると「2℃」。。。。
外での夜練無理です。。。。

なので。。。。。





c0107075_19171755.jpg




店にあるメニューはクライム2とかパワーとかレースシュミレーションのきつい系のものばかり。。。。しかたなく記憶の中のケイデンスメニューで。。。。。

テンポ2回やって、その後は1分2分のインターミディエートインターバル?その後30秒全力インターバル5回2セット。最後はパワーインターバル3分回。。。。

30秒全力インターバル2回でダウンしてしまいました。。。。。。


今冬、鍛え直します。。。。
[PR]