<   2013年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

センチュリオン氏と「またどこかで」とお別れして、大町街道を東へ向かいます。
道は緩い下りだけど、今まで走ってきた道と違って、車の数はぐんと増えます。
道ばたには、スイセンやらチューリップやらがそれはそれは綺麗に咲いていて、全く飽きません。向かい風がまあまあきつくてゆっくりしか下れないのも功を奏したのかな?

気持ちよすぎて、写真撮ってません。。。。

このあたりが、今回の最低標高地点になります。

県道36号線を鬼無里方面に入ると、10キロ近く上りになります。初っぱなはしばらく10%です。。。。こがないと先には進めないので、一生懸命ペダルを踏みますが、なかなか進みません。。。。

c0107075_2213057.jpg

久しぶりに、花の向こうに自転車シリーズな写真を。。。。。
小川村は日本一美しい村なんだって。。。なんか納得してしまいそう。。。
この写真を撮っていたらロードに抜かれました。。。。走っている自転車に出会ったのはこれが最初でした。。。。最高の天気とロケーションなのに、ほんとみんな何処走ってるんだろう。。。。

c0107075_2213446.jpg

上り初めてほんのちょっとでこんな感じ。。。。。しんどいっちゅうねん。。。

c0107075_22133143.jpg

ぐんぐん上っていくとアルプス展望広場に着きます。ほんと単なる広場です。。。。写生している人が何名か居てはりました。


「ここはビューポイントやで〜〜」といわれたら、絶対写真撮ったらへんとか思います。


で、もうちょっと行けばほらね。。。
c0107075_2213621.jpg






ほ〜ら!
c0107075_221383.jpg





ここも結構展望良かったけど、人と車が多かったので、山の写真は撮りません。。。。
c0107075_22131124.jpg





勾配がちょっと緩くなって、シフトアップしたりなんかもしますが、しんどいのに変わりなく、もう何処まで行ったら下りになるの?という感じです。


集落で出会う子供たちは、みんな「こんにちは」と言ってくれます。
この知らない人にも「こんにちは」といえる子供たちは、将来絶対にグレないような気がするのです。。。。根拠は全然ないんですけどね。。。。


神社で何かしてました。。。。
c0107075_22215766.jpg






c0107075_22133332.jpg

たまにですけど、戸隠連峰も見えました。これもなかなかダイナミックな山肌ですけど、やっぱり北アルプスの迫力にはかないません。。。



町境を過ぎるとやっと下りで、4キロほど下ると鬼無里の集落に出ます。道の駅でトイレに行くと、ランドナーが止まってました。。。。やっと発見できたよ。。。

c0107075_22133626.jpg

オーナーらしき方とちょっと挨拶して、僕は先を急ぎます。いや、まあ、別に急いでいるわけではないんだけど、可能な限り早い時間に頂上に着きたいのだな。。。。。

今から向かうのは、ランドナーの聖地、「白沢峠」。別名は「嶺方峠」だよ。。。。
トンネルを抜けると、目の前に北アルプスの展望がド〜ンと展開するという、ドラマティック度ナンバーワンの峠ですからね。5年前にも来たんですけど、そのときはコースの関係上、西斜面をピストンしたので、ドラマティック度は半減だったのです。
で、なんで早く着きたいかというと、あまり遅いと、アルプスが陰になっちゃうのです。午前中、遅くとも1時頃までには着かないと、写真にも綺麗に写らないそうなのです。。。。




c0107075_22131288.jpg

鬼無里から白沢峠までは緩い上り。でも、距離は15キロくらいあります。距離が短かったら、重めのギアで一気に行っちゃいますけど、15キロではそれも出来ないので、軽めのギアでゆっくり回していきます。上からランドナーが5台ほど下ってきます。
いいねえ。。。



後半の1/3ほどは、ちょっと勾配もきつめになりますけど、それでもそないに苦しむことなく白沢峠に到着です。
そうそう、どうでもいいことですけど、この白沢峠は、鬼無里と白馬の町境ではございません。。。町境は峠まで残り3キロほどのところです。。。。普通は頂上が町境なんだけどなあ。。。不思議だなあ。。。。何でこんなこと書くかというと、今回これにだまされました。フロントバックに入れた地図見ながら走ってますけど、そんなもんちょっと老眼気味ですから、細かいとこまでは見えません。。。トンネルの印は確実には確認できませんので、じゃあ、境界線でもって予測するわけです。
「を、ここが境界線と言うことは、もう後後2〜3個カーブ曲がったら着くのとちゃうの?」と。。。
それがいつまでたっても着かない。。。。
頂上で確認したら、境界は峠よりもだいぶん手前だっというわけさ!


12時24分。予定よりちょっとだけ遅れたけど、白沢隧道に到着。。。。。
c0107075_22283092.jpg





はやる気持ちを抑えつつくぐり抜けると、また、感動のパノラマが迎えてくれましたよ。。。。
c0107075_22131780.jpg




で、お約束の。。。。
c0107075_22131559.jpg





今回は、ちゃんと自分の自転車入れられました。。。



次から次へと車が入ってくる駐車場。。。。ゆっくりもしていられない。。。。。
さっさと下り出すことにする。
まあ、下りきったところに綺麗な公園あるので、そこでお昼ご飯にしよう。。。。。




今日はここまで。。。。



つづく。。。。
[PR]
仕事が終わって、僕はアテンザスポーツワゴン25Zを一路、信州松川へ走らせました。
ラゲッジには前後輪を外しただけのケルビムを積んでね。。。



5年ほど前に、抜けるような青空の下、このあたりを走ったことがあります。
「きっとまた来よう」と、心に決めていたのだけど、今年までなかなかチャンスがなかったのです。
ここここここにレポートがあります。




今回は、いや、“今回も”車中泊の予定なので、ラゲッジの自転車は寝るときは屋根に移す予定にしてました。現地でしてもいいけど、周りの車ではすでに寝ている人も居るかもしれない。。。あまりガチャガチャするのも寝ているものからすると、まあまあ鬱陶しいもので、僕は最後のPAでケルビムを屋根に積みなおしました。

午前0時、現地着。





c0107075_2327385.jpg

外気温は3度か。。。。寒いなあ。。。。朝はひょっとしたら0度を切るかもしれない。。。
もう、GWなんだけど。。。。
けど、考えてみたら、今までGWに何回か家出しましたけど、どれも夜は寒かった記憶があります。。。。

フリースとヘリハンのパーカーを着てシュラフに入ってもまだ寒い。。。
1〜2時間まどろむけど。。。。熟睡とまではいかない。。。


「うかうか寝てたら、凍死するわ!!!」






朝、天気予報では9時頃まで雲が出ると言うことだったが。。。。





c0107075_23261417.jpg

にんまりだ。。。。


天気は良いが、風はそこそこ強く、そして冷たい。。
まあ、風は強い方が山頂付近の雲を飛ばしてくれるし、冷たい方が空気は澄んでくるはず。。。

「北アルプスパノラマロード」と名付けられている県道306号線を北へ向かいます。さすがに展望は素晴らしい。朝は、東からの朝日に照らされてアルプスはかなりはっきりと見えるので、いちいち写真を撮ってるとなかなか進まない。
c0107075_23261968.jpg




予定では、136kmの行程、獲得標高は2700mをこえる。
あまりゆっくりはしていられない気がする。。。。



スタートして5kmほどで平地は終了。この先100kmほどの間、平地はあまりない。
距離は2キロほどのようであるが、平均勾配は8%を超えるようだ。いきなりのこの勾配はどうしたものか。。。。スタート前にはいろいろと思うこともあったのだが、いざ上り始めると、そんなことは言っておられず、とにかく上るのみ。。。右に左に北アルプスの展望が開けるのが嬉しい。


c0107075_23263672.jpg

c0107075_23262466.jpg


2kmで上りが終わるわけではない。。。勾配は少しましになるものの、途中に10%勾配なんかも挟んだりしつつ6キロほどの間は上り基調である。これがきつかった。厚手の長袖ジャージはすっかり汗ばんで、汗の痕がフロントバックのマップケース上に増えていくのだ。

上ってしまえば、尾根道なので、細かいアップダウンが。。。。これまたきつい。。。
何度ブレーキレバー裏を空振りしたことか。。。(手元シフトはここのレバーを操作する)



c0107075_23265434.jpg

しかし、まあ、景色はさすがに申し分ない。。。



c0107075_23262647.jpg

綺麗な棚田があったりもする。。。


c0107075_23262829.jpg

まだまだ桜が見れたりもする。


c0107075_23263018.jpg

“静の桜”だって。。。“八重の桜”とは違う。。。。



c0107075_23262384.jpg





c0107075_23264324.jpg

基本的に、ずっとこんな感じ。。。。。凄いとしか言いようがない。。。
ああ、こんなに綺麗な山なのに、多分今年も何人かの人が亡くなっているのかもしれないなあとか思う。。。。

やっぱり。。。。合掌




細かいアップダウンに、まあまあ飽きてきた頃、道はしっかり下り基調へと変わるのだ。。。。


今までよりちょっと長めに下ると、道の駅美麻。
ここで、温かいコーヒーで休憩です。何せ、上ってるときは暑いけど、下りに入ると風が冷たいので寒いのです。
この道の駅で、一人のMTBerに出会いました。
写真は撮ってないんですけど、センチュリオンのクロスバイクをうまく改造して、ぱっと見29'に!BBハイトが低いからガンガン当たるのだそうです。。。。なるほどね。。。。
おいらのケルビムを見て、「これはスーパーツーリングLですか?」と。。。。
その通りでございます。
その後はああだこうだとパーツ談義。。。。池田町にお住まいとおっしゃってましたけど、出身は京都で、花脊もしょっちゅう上ってはたんですって。。。。世間狭いなあ。。。。

今日はここまで。。。。。

一応、今日のベストショット。。。。。いや、“今回のツーリングの”かなあ?
[PR]
c0107075_20584432.jpg

ちゃんと帰って来てまーす。
[PR]
家出します!



長野県へ行ってきます。
明日の晩まで帰ってこないから!!!!


以上。
[PR]
寒いです!

2度ですって。。。朝の外気温。。。



c0107075_63952100.jpg



ウィンドブレーク+ウィンドブレーカーでも結構寒い。。。
それでも坂1本上る頃にはほっこりしてきますけどね。。。。


c0107075_6395971.jpg

(名残の八重桜)


c0107075_640184.jpg

だんだん開いてきた気がするヤマブキ(?)



この辺りまでくると、かなり汗をかいているのが常ですが、今日はまだ全然。。。。
後ろに控える坂を一気に駆け上がって、やっとうっすらと。。。
結局家までウィンドブレーカー脱ぎませんでした。。。。
[PR]
持越峠の話。。。。

京都の雲ヶ畑の奥に「持越峠」というのがあります。
雲ケ畑は鴨川の上流に位置するため、ここで鴨川に流したものは良いものも悪いものも、全て京都御所のある京に流れ込んでしまいます。そのため、同集落で死人が出た場合、この峠を遺体を持ち越えて、隣の真弓集落で葬儀をしたという習慣があったそうです。(cf:Wiki)
一昔前までは、まだダートで、真弓側は結構ガタガタしていたような記憶もあります。昔なんべんかダートの頃にも走ったことがあります。
この峠、僕ら北山大好きチームの間ではお散歩コースとしてつとに有名なのですけど、走ったらわかりますが、「散歩」感覚で上れるような峠じゃありません。。。途中、「13%」の標識も立ってますから。。。
c0107075_1925184.jpg





さて、一方、こないだ、ヨーロッパではベルギーのワロン地方で、第77回フレーシュ・ワロンヌ(UCIワールドツアーレース)が開かれて、モレーノが残り200mでアタック決めて勝ちました。このフレーシュ・ワロンヌで有名なのが、劇坂「ユイの壁」。
見るからに劇坂をぎゅうぎゅうの集団が上っていくシーンは昔から結構有名ですわね。

登坂距離1.3km、獲得標高差121m、平均勾配は9.3%。。。。だって。。。
カーブのイン側は26%だと。。。。



昨日、仕事が早く終わった僕は、明るいうちにちょっと「散歩」してきました。
34x25でも止まりそうになるような坂を上りながら、ふと思ったことがあります。。。。

“持越も、似たようなもんちゃうんかいな!”

で、ルートラボでもって調べてみました。。。。。
登坂距離1.2km、獲得標高差112m、平均勾配は9.4%。。。。



なんと持越は、「ユイの壁」だったのだ。。。。。



しかし、フレーシュ・ワロンヌは200km弱のレース中、「持越」を3回上るらしい。。。。やっぱり、アルデンヌクラシックは偉いのだ。。。。



おわり
[PR]
僕は、クラシック系の自転車から、最新のカーボン製ロードバイク、MTBに至るまで好きです。
屋根裏にはまだ組んでいないフレームがあるのですが、その中でも異彩を放つのが、TOEIです。

「TOEI」。。。。

知る人ぞ知る、クラシック系の魔物製造工房です。。。

そらもう、この手の集まりへいくと、いっぱい見れます。
しかもすべてが素晴らしい!
僕も欲しいなあ。。。。とか思ってしまいますが、みんなと同じのは妙に嫌う性格でして、未だ完成車を持っていません。。。。

で、件のフレーム。。。。これは、自転車仲間のMKW48君がくれました。というか、彼のおじさまだかが乗っておられたもので、半分形見やそうです。ちょど僕が乗れるサイズなので、秘蔵しています。「完成したら、見せるわね」というたものの、未だ完成にはいたらず、どんな風に再生するかのコンセプトも決まってません。。。。


問題点1:シフトレバー台座がリアのみしかついていない。。。シングルで組むか、ロッド変速機をつけるかの選択を迫られます。。。。ううううう。。。。。
問題点2:リアブレーキワイヤーがシートチューブを貫通してまして、ここにピラーを差し込むには、ピラーにワイヤーリードの逃げ部分を削らないといけません。。。。ピラーって恐ろしく固いのですけど。。。。
問題点3:ハイテンフレームっぽいので、超重い!組んだところで嫌になって乗らないのではないかと。。。。。


しかし、この自転車に付属していたパーツ群もちょっとだけもらってるのです。。。。
カンパレコードラージフランジ(直レバーです)。パテント73のヌーボレコード。。。。あとなんかあったかな。。。


フレームナンバーは452003です。
c0107075_2147172.jpg



最近、UGの兄♭♭♭さんところでトーエイフレームナンバーについてお話が盛り上がっていたのですけど、MKW48君から引き継いだフレームは昭和45年1月製のハイテンフレームということがわかりました。
僕が4歳のときのフレームです。。。。。なんかすげー歴史を感じます。


フロントフォークにも03の刻印が。。。。コラム部分にはマジックで03の文字が。。。
c0107075_21472657.jpg

c0107075_21472877.jpg



クラウンは、僕に撮ってはあまり見ないデザインですけど、エッジはしっかり立ってます。これはこれでありかも。。。
c0107075_21472423.jpg




このWレバー台座。。。。90度ねじれている????
c0107075_21472253.jpg

これに合うシフトレバーって何?僕の乏しい知識ではわかりません。。。。。



MKW君、ここ今でも見てるかどうか知らんけど、気長に待っててね。。。。。
[PR]
おいらのメインマシンはMacBook Pro '15のCore i7 2.66GHz 2010Lateモデルです。
メモリは8Gフルで積みました。まあまあハイスペックなマシンです。
こないだの話と結構だぶってしまうが、壊れたのです。というかまあまあ外れロットだったみたい。修理ついでにメインのドライブをSSDにして動作を超速にし、データ用には640GHDDをDVDモジュールのあったところに搭載するという荒技を決めてしまいました。
ところが、DVDモジュール外しちゃったもんだからCDとかは聞けないし、当然DVDも見れない。。。。
普段はDVD無くても全然いいけど、やっぱり見たいときは見たいし、聞きたいときは聞きたいのさ!
DVDモジュールの場所にHDDを搭載するパーツに付属していたDVDモジュールケースはこないだのスレッドでもお見せしましたが、まあまあ無骨です。はっきり言うと「無いよりまし」なレベルです。。。。。
c0107075_23392838.jpg



しかもUSB2つを占有してしまいます。こんなん使えないよ!



一方、僕は、サブ機にMacBook Airを買いました。ちょうどその時佳境に入っていた仕事では、結構光学メディアを使うことが多くて、仕方なしにUSB Superdriveを買っておりました。
まあ、これがあったからDVDモジュール放り出すのに何の躊躇も無かった訳ですが、MacBook Proに繋いでみてびっくり。。。MacBook Proでは動かない!電源は入るようだけど、ディスクを引き込んでくれない。。。。AppleのHPを調べると、「DVDドライブを搭載していないマシン専用」とな。。。。

どうにも諦められないので、ちょっと調べてみると、裏技があるようだ。。。。


マックにはターミナルというリソースをいじくるユーティリティーがついてるのだけど、これを使ってコマンドを変更するだと。。。。怖い。。。


なんかいい方法ないかなあ。。。。。とFBでみんなに聞いたりなんかしていると、U-Ritchey!さんが教えてくれました。
「mbasd=1」でググれ!

おお!をををを!!!

色々やり方があるじゃないか!
僕が選んだのは、一番簡単そうなやつ。。。。。。



書いちゃおう。。。。USB SuperDriveをDVDドライブ付きのマシンで動かす方法を!

まず、システムライブラリの中のPreferenceの中のSystemConfigurationの中のcom.apple.Boot.plistというファイルをコピーしませう。。。。
コピーしたファイルをテキストエディットで開く!
すると、こんな画面になります。。。。
c0107075_22203851.png




下から3行目のの部分に「mbasd=1」という文字列を追加する。
こうだ!
c0107075_22204217.png




これを保存する。ただし、エンコードはUTF-8で!
保存されたファイルは単なるテキストファイルになってしまう。拡張子も.txtだわ。。。
この拡張子を強引に.plistにする!アラートが出ても怯まない!


そして、こいつを元の場所に上書きコピーしてしまうのだ。


後は、マシンを再起動すれば。。。。。



あら不思議。。。。
c0107075_22204750.jpg



このすてきなDVDドライブが普通に動きます。。。。今のところ何の不具合も無い。。。。。


どうしても使いたい人はお試しあれれ。。。あ、そうそう、当たり前だけど、もしうまくいかなかったときのために、オリジナルの「com.apple.Boot.plist」ファイルはバックアップしとこうねえ。。。。



U-Ritchey!さん、いろいろと教えてもろうておおきにでした。



おわり。。。。
[PR]
上の子を送っていった後は、朝練しました。
今日は昼からだもんね。。。。

昨日の晩、S木師匠さそおうっかなあとか思ったんですけど、S木師匠は実業団E1クラスの猛者ですから、今の僕にそんな資格もない。。。。実業団もシーズンインしていますので、練習の邪魔だわ!

一人で走り出します。。。。

去年事故の起こった場所に行ってみる。。。
しょぼいけどタイムアタック!

何とか、何とか、25分のメタボタイム切れました!もうギリギリです!

それにしても、事故現場。。。。たぶんあそこだとは思うけど、あり得ない。。あんなところでインカットしてきた奴と正面衝突したやなんて。。。。左ブラインドコーナーいうても、ほんのちょっとじゃないか!
けど、師匠の後ろを走っていた僕からは、死角になって見えなかったんだろうな。。。。というか、相手の子はよくぞあそこでインカットしてきたという感じか。。。。


c0107075_113536.jpg

天気はまあまあいいんだけど、なんか空気が澄んでない気がする。。。。



c0107075_113751.jpg

休憩は下ったところで。。。。。(日当たりがいいのだ。。。。)



c0107075_113943.jpg

もう田んぼに水が張られているぢゃないか。。。。



帰り道、あまりの暴風にいつものルートはいやだと思って、山間の細い道を行きました。
c0107075_1131014.jpg

c0107075_113124.jpg

ウグイスの鳴き声をBGMに休憩(またか!)




帰り道に向かう途中、信じられない光景が目に入ってきました。。。。

c0107075_1131764.jpg

ええと、ここ山でした。。。。。


ちょっとこないうちにこんだけ土削れんの?


をを!大仏線の遺構は?
c0107075_1131421.jpg

梶ヶ谷トンネル!残っていた!でもその向こうはもう。。。。


c0107075_1131662.jpg

赤橋も残っていた。。。でも、その向こうには重機が。。。。



人口が増えて、核家族化が進み、住宅事情が切迫しているのはわかるし、自分だってそうなんだから文句は言えないけど、なんか寂しいなあ。。。。。
c0107075_11162562.jpg

この写真は2011年12月。。。。
昔はこんな感じの里山だったのに。。。。。左手の向こうの方に見えている竹藪だってもう完全になくなっている。。。。


暴風の向かい風にやられながら、すごく年取った気がした春の朝練でした。。。
[PR]
最近とんと見ない、ピン芸人のことではありません。。。。
うっとこの上のチビのことです。いやもうチビではないな。。。。

入学式を終え、今日からしっかり中学生です。
もう、電車とかも大人料金!定期代が半年で26000円!
無くすなよ!

上の子が行きよる学校は京都市内の私立です。ずっとチアダンスやってましたから、そっち方面の強い学校へ行きよるわけで、なになに?朝7時過ぎの電車で行かないとあかんとな?
ええと、下のチビが小学校へ行く時間が7時45分なので、上の子を嫁はんが駅まで送って行ってたら、下のチビは安心してDSやりまくって、100%遅刻しよること間違いなし!今年から6年生で班長さんなのに、それは絶対に避けねば!
すると、どうなる。。。。。

上の子を駅まで送っていくのは俺か!

仕方ない。。。。


ここで僕は思いきって「ちょうどええわ!今日から朝練したらええんや!」と。。。


5時起床!

まだ日の昇らぬうちから走り出す。。。。さっぶう〜〜〜。。。。
あまりぎりぎりの時間設定して、パンクとかしたらあっさり遅刻なので、自ずとコースは決まってくる。短い分負荷を上げれるように、平地ができるだけ少ないコースを。。。。

小一時間ほどハアハアして返ってきました。結構しっかり上ったのに、長袖ジャージの上から羽織ったウィンドブレーカーは最後まで脱がなかったぞ。。。。
c0107075_1356918.jpg






無事上の子を駅まで送り届けましたが、階段を上っていく後ろ姿を見て、おっきなったなあと。。。。

こんなんやったのに。。。。

c0107075_1356135.jpg

[PR]