<   2014年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

8/24、この日は本当はMST48君とどっかいこか?いう話になってたんですけど、MST48君、急に行けなくなっちゃって。。。。またフられた。。。
まあ天気も悪いみたいだしのう。。。。ちょうどいいわ。

とか思ってたら、金曜日の夜練の時に、シュミットとMZN48ちゃんと急に走りに行くことになりました。降水確率は40%。。。かなり微妙な降水確率だけど、チームの一番新参者のMZN48ちゃんは「私、超晴れ女です!」というので、思い切ってくことにしました。真夏だし、最低気温も21℃とかだし、雨降っても低体温症まではいかないだろう。

当日、2人2台を載せて、一路、京北に向かいます。雨降ったら自転車ずぶ濡れは覚悟してくれたまえよ。

8時半頃現着。第2京阪乗り損ねてしまって、下道で行ったのに、まあまあ早く着いた。

c0107075_13561497.jpg



そそくさとトイレを済ませて、出発だす。
コースは、京北起点で佐々里越えて、美山からは深見トンネルで帰ってくるコース。

さあ、MZN48ちゃんはどんなくらい走れて、どんなくらい登れるのだ?
とか、全然知らんくせにいきなりこんな所を走らせてもいいのだろうか。。。。。
まあでも、一人で90kmは走ったことあるらしいので、大丈夫でしょ。。。

桂川をどんどん上っていきます。上りでかスピードダウンするみたいだけど、全然大丈夫。

c0107075_922351.jpg



カメラのバッテリーが無くなってきた。。。。。最後までもつんかいな。。。



途中、2回くらい小休止。
佐々里峠の麓到着。
トイレ休憩だ!
c0107075_9283159.jpg





さあ、こっからや!
距離3km、標高差200mを登らねばならないのだ。。。。


えっちらおっちら登っていきます。
c0107075_9223813.jpg


シュミットがMZN48ちゃんをサポートしてくれるので、僕は写真撮るのに先行しつつ。。。。
ヘアピンの上から下が見えるので、そのショットを撮ろうと、ちょっとハアハアして、ヘアピン着。
しかし、こいつら、速い!ベストポジション過ぎていやがる!
っていうか、シュミット、ここのしんどい場所で、そないに話しかけても鬱陶しいだろうに!
c0107075_922404.jpg


10%オーバーのヘアピンを立ち上がってくるショットを待っていると。。。。。
ああ!MZN48ちゃん、力尽きたか!
押してるやん!(爆)

カメラを構え直すと、けなげにも乗る!
c0107075_9224283.jpg



このヘアピンからは勾配が緩くなるから安心してくれたまえ。それでも7〜8%あるけどね。。。
途中、もう一回休憩して、頂上着。

c0107075_9321483.jpg

う〜ん、、、満面の笑みじゃないか。。。。。モザイクが恨めしいぞ。



さあ、ここからが、今日のメインイベントよ!
由良川沿いに美山に下るんだ!


こないだの豪雨で、道は通れるけれど、どんな状況かわかんないので、ゆっくり下っていきます。
なんてこと無い沢なのに、ものすごい木の山が出来てたり、まあまあびびります。
でも残念なことに、由良川の清流は、濁ってしまってました。
川岸も削れてしまって、ああ。。。。

本当は、もっともっと綺麗なんだよ。

とか思ってると、後ろでシュミットが声上げました。
「なんだ?」

MZNちゃんのバイク、何かガタガタするって。。。。

ああ、後輪パンクしてるやん!チューブラーやんか。。。。。。
よかったあ。。。。いっぺん家戻ってまでスペアタイヤ持ってきておいて。。。

実は、集合場所で自転車積むときチューブラーに気づいたので、スペアタイヤを僕に自宅に取りに行っていたのだ。ほんと良かったわ。。。。。

とはいうものの、実は、チューブラータイヤの交換、僕も始めてねんけど。。。。。
微妙にバルブがずれてしもうた。。。。。

まあ、無事タイヤ嵌めて、エアボンベでブシューッとエア入れたら、美山のパン屋さんを目指そうぜ!


c0107075_950798.jpg

c0107075_95097.jpg

(どーだー!!!     いいところだろう?)

茅葺きの里に着くまでは何とか持っていた空も、もう我慢ならずといった感じか、ポツポツし出しました。茅葺きの里で軽く止まったついでに、食堂覗くと、意外に空いている。もう、ここで何か食べようぜえ〜。

c0107075_9224487.jpg



と、バイクラックに自転車置いて、屋根に入った瞬間ドワ〜〜〜〜〜〜っと雨が、
「ゴロゴロ〜〜〜」雷鳴が轟き、何なんだ〜〜〜〜!!!!


まあ、半分予想はしていたので、まあいいわ。。。。
最近めっちゃ走れるようになったシュミットはいいとして、MZN48ちゃんはこの雨をどう感じてるんだろう?
国道に出てから、5km弱登らんとあかんねんけど、最後直線で心折れるねんけど。。。何よりこの土砂降りは危ない。。。。

僕は決心しました。

「一人で車取りに行こ」っと。。。。」

取り敢えず、茅葺きの里からR162の道の駅までは、なんとか頑張って走ってもらって、僕だけそこから京北に駐めてある車を取りに行く。

茅葺きの里を「じゃあ、取り敢えず道の駅まで6km程やから、頑張って。」と走り始めると、雨がほとんど止みました。(路面はスーパーウェットだけど)。。。なんやラッキ〜〜〜!

道の駅について、「じゃ、小1時間で戻ると思うし、暇やけど待ってて!」と2人に声かけて、深見トンネルに向けて、ヒルクライム開始です。
がしかし、ほんの100m位進んだら、雨がドッシャ〜〜〜〜!!!!
決して、「ザァー!」ではない。。。「ドッシャ〜〜〜〜!!!!」です。

ええ?MZN48ちゃんと離れたらこうなるわけ?

この豪雨半端なく、ハンドルバーのエンドから流れる水はポタポタではなく、滝のように、繋がってます。。。。ウィンドブレーカーの腰部分には水が溜まってしまうので、前ははだけたまま。意味あんのか?。。背中に叩き付ける雨の音がうるさい!
こんな雨は昔大台ヶ原走りに行ったときに経験して以来ないな。。。。
とはいえ、とにかく、待たせているので、急がねば。
ここを越えたら、下り基調なので、飛ばせるだけ飛ばす。
最後の心折れる長い直線も、一気にクリア!
深見トンネルの歩道に向けて、道を渡っていくと、グレーチングが。。。。気にせずというか、大丈夫だろうと思いながら行くと、やっぱり転けた。。。。。

トンネルは、緩く上り勾配。。。。基本的にトンネルの閉鎖感が嫌いだけど、この時は雨がかからないだけでテンション上げ上げです。
出るとまた、土砂降りだけどね。。。。。

土砂降りという表現もやさしく感じる雨の中、ダウンヒル。2本目のボトルのお茶はもう要らないので、走りながら捨てます。550g軽量化!!!
カモノセキャビン辺りから道は平坦になりますけど、ええ?通行止めえ?
新道は崖崩れ。旧道に迂回させられます。旧道は道あまり良くないからアベレージ上げられないじゃん!イジイジと上弓削辺りで新道合流。俄然膨らむ鼻の穴。
豪雨には慣れてきたけど、水溜まりの抵抗感がイヤだ。。。。車の巻き上げる水しぶきの高さが半端ない。豪雨なので減速している車とあまり変わらないスピードだから、車が抜いていくときはかなりの長時間水を浴びてしまうのだ。。。。最初は「ひ〜〜〜!!」と思っていたけど、最後んほうは、全然気にならなくなって、かかってこい状態だわ。

車に着いて、屋根に自転車積む。
ヒップバックに水溜まってるし!財布はかろうじて水没を逃れたようだ。スマホは。。。。水没してるけど、完全防水だから、大丈夫。
ああ!カメラ!。。。。。水没か!。。。。と思いきや、びちょ濡れだけど、水没ではない。。。。
ああ、せめて、着替えたいけど、この土砂降りの中じゃ無理だなあ。。。。。車の中でいそいそ着替えるのもなあ。。。
もういいや。。。。ラゲッジに積みっぱのタオルケットをシートにおいて。。。。。

さあ、美山に戻る。

深見トンネルを越えるころ雨は小降りになっていき、道の駅に着くころにはすっかり止んでしまったよ。。。。
2人2台回収完了!

せっかくなので、美山ソフト。。。。
c0107075_9224616.jpg




帰りの車のナビ画面。。。。
南の方はかなり降っていると思われ、ほとんど50km/h制限のようだ。。。。
c0107075_9283517.jpg





帰りに、日吉温泉でさっぱりして、伏見で晩ご飯食べて帰ったけど、なんか、MZN48君は雨に遭ってないという。。。
そういえば、茅葺きの里出たときは降ってなかったし、美山で自転車載せてるときも降ってなかった。。。。温泉で車から温泉館までも雨は止んでいた。
とどめで凄いのは、こっちに帰ってきてから。
警報が出るほどの豪雨だったので、僕の車からシュミットの車に自転車の積み替えやら荷物の整理は道路の下で屋根になっている場所を選んでやった。MZN48ちゃんは元々シュミットがひらって来たけど、もう1台積み直しとかしてる場合ちゃうし、シュミットの車に自転車積むにはばらさないといけない。もう、屋根に積んだまま、MZN48ちゃんは僕が送っていくことにして、豪雨の中、「どうしよう、完全にびしょ濡れんなるわ。。。。」なんておもっていたら、あーた、、、、MZN48ちゃんを下ろしている間、なんと雨は完全ではないにしろ、止んでいた。。。。そして、「じゃあ、また、ツーリング行こな!」と別れた瞬間、「あのね?」というほど降って来るという、

MZN48ちゃんは、超晴れ女というより、雨が避けて通る女かもしれない。。。。。
こんなに顕著に露骨に見せつけられたら、信じるよ。。。。

むむ〜〜〜ん。。。。。



おわり
[PR]
とんでもなく間が空いてしまいました。。。。。
僕は、毎日超多忙なのに、夜の自転車散歩とその後のビール片手にAKBのYoutubeが止められません。。。(爆)


さて、木曜日、夕方から仕事だったので、ちょこっと走りに行って来ました。
いや、「走りに行く」という表現がいかんのか。。。。
普段も走ってるけど、それは、近所ってことで、やっぱり走りに行くとなると、車で一時間以上は走らないとね。。。。。

で、今回はどこに行ったかというと、日吉ダム。。。。

こないだ行ったやんか!

。。。。まあまあ気持ちよかったもので。。。。。





c0107075_21483515.jpg


VIGOREいいなあ。。。

最近ほんとよく乗ってます。。。。
もうちょっとトップが長い感じがバランスいいと思うのですけど。。。


日吉ダムをいきなりバキューンと下って、山陰本線沿いに胡麻まで走って、R27に抜けて、和知の手前から県道12号線に入ります。
由良川に沿って、美山までゆっくりと上っていく道で、別にこれといって見所もないし、いわばただの道なんだけど、何とも言えない緩さに気持ちいいです。途中、大野ダムの公園でちょっと止まりました。ゴロンと横になりたい気分です。。。。
c0107075_21483752.jpg



京都府南丹市美山。この地区は茅葺きの民家が多く残っていて、北地区にある「茅葺きの里」なんかは超有名で、観光バスも来ちゃうスポットです。
でも、僕はみんなが行く所って、まあ、気にはなりますけど、あえて行かんでもいいやんというか、人が気づかない魅力的な部分を探すのが好きで、そん何を見つけた暁には、「うっしっし〜」となるわけで、今回も、北地区には行かずに、それ以外で探すことにしてました。


こんな感じ。。。。。うー、似たようなアングルばっかりになってしまうなあ。。。。
c0107075_21484158.jpg

c0107075_21484373.jpg

c0107075_21484467.jpg

c0107075_21484688.jpg




茅葺きの民家という古き良き物も多いけど、橋も立派だ!
c0107075_21483910.jpg




6月にも来たけど、その時は一面緑だった田んぼは収穫の時を待っていました。
c0107075_21484821.jpg



今回は、九鬼ヶ坂には迷い込まず、ちゃんと由良川沿いを走りました。
県道19号の分岐で、地図を確認していたら、北桑田高校の練習に出会いました。5人一組で上手いこと走ってます。見習わねば。。。。500m〜1km位の間隔で数組。。。。タイミングよく走り出して、100m位の間隔で付いていきます。向こうはロード。こっちはスポルティフなので、戦闘力は全く違うけど、全力で走ったら何とかついて行けそう。。。。。
道は、神楽坂トンネルまで緩く上っていきます。こういう緩い上りは僕結構好きですから、快調にペダルを回していきます。間隔もだんだん詰まってきて、50m位になったころでしょうか?微妙に勾配がきつくなったのか、遠目にも離れていくのがわかりました。え?え?ペースアップしてんの?あれよあれよという間に差をつけられ、心折れて終わり。。。。

県道19号から原峠に向かいます。ダラダラとほとんど平坦な道です。でも、数キロ走ったところで、やはりというか、通行止め?
c0107075_2151434.jpg




いつもだったら、自己責任で突破するのですけど、今回は何か本当にやばそうな気がして、やんぺしました。



来た道を戻っていきますが、気持ちいい道です。車も来ないし、天気もいいし。。。。最高だあ。。。。気持ちいいときは写真も撮らないのです。



きらいだけど、新道の神楽坂トンネルを抜けます。
c0107075_21485032.jpg



明るいLEDライトと、まあまあ広めの歩道のおかげで、心拍もそんなに上がらずトンネルを抜けれました。

下ったら、日吉に向かって右折です。ほとんど平坦の下り基調の道を快走します。


ああ、最高だよおお。。。


ここの辺りも、茅葺き民家が点在しています。
写真に撮ると、どれも同じようなアングルになってしまうのが悲しい。ちょっといじってみたりなんかした。。。
c0107075_21485174.jpg

c0107075_2148533.jpg




さあ、この道、日吉ダムの下に出て来ます。
車を止めているのは、日吉ダムの上。
最後はしっかり上まで登らんとあきません。。。。
最初ダムを下ったのに!最初から下に止めておけばよかった!
何も考えずに上に止めるんじゃなかった!

くそお〜〜〜〜!!!!!


日吉の温泉で風呂入って帰りました。
[PR]