<   2015年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

フロント周りの位置決め。。。。。

ケルビムからの全パーツ移植を考えていたけれど、何せフレームがトーエイなので、それもちょっとどうかと思うところも有り、ちょっと仕様変更もすることにしました。。。。
これとは別に、ガードはもう、そら今まで蹴り倒していましたので、どのくらい蹴っていたかというと、既に凹んでいるくらいに。。。。。
新品にします。



c0107075_9145756.jpg




こんな感じかなあ。。。。多分このフレームは42B仕様。ケルビムも同じ。
肩下寸法とかって多分同じじゃないかと思います。リアのブリッジ半径は全く同じでした。
深いガードを使えば、何も考えずともいけるはずなんでしょうけど、そんなことしたらガード蹴りやすくなるので、ここはグッと我慢して、スペーサー入れてでも38B仕様のガードで。。。。。
本所のH50でございます。このシンプルな半丸タイプが一番好きです。
キャリアは、実はオーダーでも何でもなく、昔々、ユーラシアをレストアした際に、塗装やり直したんですけど、その時にトモダサイクルで買ったやつです。ユーラシアにも結構ぴったり、ケルビムにもまあまあぴったり、このトーエイにもちょっと調整したら使えそうなので、このまま使っちゃおうっと!
ダルマネジはグランボアのやつで、本所純正のダルマに比べると、少しでもステーをガード本体に近づけられるので、こっちにしました。
あ、ライト忘れてた。。。。。
秘蔵のというほどでもないけど、ソービッツの砲弾ライト使うか。。。。。。
直付け加工してもらうことも考えましたが、ここはいっちょ、遊んでみようかなあ。。。。。
さあ、どうなる。。。。。。


つづく。。。。。。
[PR]
サンプレックスSuperLJ。

着けてみたら、いきなり動きが悪いので、バラしてみた。。。。。。
この世のものとは思えないほど汚れておりました。。。。。。。

パーツクリーナーほぼ1本使ってしまいましたわ。。。


c0107075_0151397.jpg




つづく。。。。。。
[PR]
去年の年末に、みるきーがやってきてから、僕らの蜜月は続きまくっております。

でも、他にも自転車はあるわけで、そら走るコースによっても換えたいし、ダートの林道を含むコースなんか行く日にゃあ、みるきーじゃ無理ですから!というか汚したくない!
さあ、今までそんな時はケルビム出動って事になっていたのですけど、前のスレッドにも書きましたけど、みるきーの素晴らしさを知ってしまってからというもの、今まで何とか我慢してこれたのが出来なくなってきました。。。

ああ、ちゃんとしたフレームが欲しい。。。。
とにもかくにもガードを蹴らないフレーム!

なんてことを言ってると、某所からやってきましたよ。。。。フレームが。。。。。

C-T:600
TOP:540
肝心要のフロントセンターは600だあ〜〜〜!!!!
c0107075_18172599.jpg




うう。。。フロントセンター600じゃ、短いんじゃないの?みるきーは630だぞ。。。。
ドキドキしながらフロントのガードを仮組みしてみます。。。。。






c0107075_18295486.jpg

ひょえ〜〜〜!はする感じか。。。。。トークリップの革取ってしまえば、多分当たらない。。。。
アイズさんのダルマ使えば当たらない。それでもダメならサンジェタイプのステー使えば当たらないい。



採用決定!




全内臓、カーボンブラシ仕様ののトーエイ。。。。憧れるやん〜〜〜
c0107075_18315444.jpg





ってか、ヘッド長い!




ラグはトーエイオリジナルBカット。。。。
c0107075_18173476.jpg



シートステーは。。。。おお!1本巻!
僕は1本巻初めてです。
c0107075_18173282.jpg




ん??Wレバー台座は。。。。サンプレか。。。。。
c0107075_18172956.jpg




ん??エンドは。。。。。サンプレか。。。。
c0107075_18173185.jpg





ガビちょーん。。。。ケルビムのパーツ、丸ごと移す計画だったのに、ケルビムはユーレー系だからダメじゃん・・・・・

ええええ〜〜〜!!!!!まあ、パーツはあるけど。。。。サンプレかあ。。。。いや、嫌いじゃ無いけど。。。。台座もエンド形状も専用設計で、これ以外あかんねん!という我が儘なところが、どうもなあ。。。。

ん?ん?ん?
このポジションでないとあかんねんという僕にぴったり。。。。。かも。。。。。



やってやるよ!!!!!(何をや!!!)



つづく。。。。。
[PR]
何から書けばいいのかわかりませんが、実は、今乗っているケルビムランドナーフレームを交換したい!
身長180cm(足は短め)の僕に、なんぼなんでもC-T550、TOP530のフレームは小さすぎるのです。単にケルビムで色塗り替えてもらったらとても綺麗やったと言うだけで、強引にポジション出しして乗ってましたけど、やっぱりいやだ。。。。
こうして写真を見てみると、とても寸詰まり感が大きい。。。
ただでさえ、そんなフレームなのに、ここに175mmのクランクとクリストフのXLクリップとか付けるもんだから、ええ、ガード思いっきり蹴っちゃいますとも。
c0107075_1364029.jpg






今回、グランボアイリベを作ってもらって、
「自分に合った自転車ってこんなに気持ちいいの?好きすぎて好きすぎてもう離れたくない〜〜〜!」
と、思いました。
でもまあ、みるきーは26Cセールブリュ仕様ですからダートは走れません。。。。ダートを含むツーリングに行くときはやっぱりランドナーを引っ張り出さないとあかんわけで、ちょっと乗ってみると、みるきーとの違いをひしひしと感じてしまうわけです。

あああ!フレーム換えたい!




さて、では何を基準に作るのだ?
当然、みるきーでしょう!

この写真はアイズさんのギャラリーにもアップされてる、親方と大介店長が決めてくれはった最初のデフォルト状態です。
c0107075_1363827.jpg

納車の際にここから少しポジションをいじってもらいました。
ステムも1センチ下げて、ハンドルを少しおくってもらった。(しゃくった?)
サドルを1センチ下げてもらった。
さらに、自分でサドルの位置を少し後方に引きました。
それがこのポジションです。
c0107075_1364218.jpg




格好いいかどうかは別にして、いや、自分ではかなり素敵と思ってますけど、ヤグラ部分が隠れていたら文句ないと思いますけど。。。。。


ちなみに、みるきーは700CホイールでCT580、TOP570、ステム長80mmです。ハンドルのリーチは。。。。???です。。。。




次にランドナーのサイズを考えてみます。。。。
僕はかなり単純なので、こらもう「みるきーと同じスケルトンでいいじゃん」と思ったわけです。
アイズさんでそんな話をしていると、「ランドナーやったら600!」という話になりました。。。。

え?なんで?なんでランドナーやったら600なわけ?

600ですかあ?でかすぎませんかあ?

CT580、TOP570、ステム長80mmでいいですやん?

いや、ハンドルバーはグランボアのフランス型なので、もうちょっとステム短くかもしくはトップ長短くしてもいいけど、シートサイズは580であきませんかあ?



あかん!600や!(親方&UGの兄♭♭♭さんのダブルパンチ!)



え~~~~!!!!
このビンテージ界のマエストロと言っても過言ではないお二人が同時に!!!!!




その時はそのまま話が終わりましたが、ここだけの話、某所に600のフレームがあるとな。。。

ちょっとドキドキします。。。。


しかし、ここで僕は気づきました。いや、思いっきりわからなくなりました。。。

シート長はまあいいとして、ハンドルのポジションって。。。。。
何が言いたいのかというと、みるきーのポジションは崩したくないわけで、ここで580のシート長を600にすると、当然ヘッドチューブ長も長くなりますわね。。。ということは、ステムを2センチ分めりこませないといけないことになります。

改めて、みるきーの写真を見てみると、そんなスペースありません。。。。

やっぱり、600は大きすぎるのとちゃうやろか!


わからなくなってきました〜〜〜!!!
[PR]
今日は、U-Ritchey!さんと山遊び。。。。。

梅の花満開!
c0107075_13435851.jpg




えっちらおっちら。。。。
c0107075_1344042.jpg




BSネオコット、乗っててめっちゃ楽しいのだけど、とにかく登りがしんどい。。。。。。26HEは絶対キャスター立てる方向でセッティングしてはいけない!



でも、下りとかはコントロールするのとても楽しい。。。。。MTB乗ってる感がスカルペルより格段にあります。



c0107075_1344296.jpg




だんだんとアホレナリンが大量分泌する季節になってきました。。。。。
[PR]
今日は、本当はMST48君とうどん食いに行こうという話になってたのですけど、振られました。。。。(爆)

じゃあ、近所でええとこ行こうということで、朝から走りに行きました。
昼までに帰ってきて、下の子供を昼ご飯に連れて行け!という命令をしっかりと聞いて、月ヶ瀬梅林を目指す!

行けるのかああああ〜〜〜〜




c0107075_16113635.jpg

走り出してすぐに、ボトルにお茶入れてこなかったのを思いだし、近所の自販機で購入。。。。

みるきーに見とれていると、犬連れたおっさんが約一人こっちによって来るではないか。。。。。

あ、あの犬はJUMPだ!
kuboさん!
ご無沙汰〜〜〜〜〜30分くらい話し込んでしまいました。。。。


さあ、先を急がねば!

加茂まではちょっと遠回りをしてお気に入りの道を走ります。
c0107075_16113826.jpg

c0107075_16114120.jpg





加茂からは、当尾〜狭川〜阪原〜柳生〜布目経由で月ヶ瀬梅林へ、と思っていたら、あーた!

この人に出会ってしまいました。。。。。。
c0107075_16114493.jpg



S木師匠!
ご無沙汰〜〜〜〜
また30分くらい喋ってしまいました。。。。。
もうダメだ。。。。月ヶ瀬梅林無理。。。。。
しかも、途中まで一緒に行くというではないか!

え〜〜〜、みるきーは未だロードに抜かれたことはありませんが、それは乗り手が遅かったからに他ならなくて、師匠はコルナゴC59スーパーレコード仕様。しかもじつぎょーだん選手!

併走するだけでもオーバーペースになっていくのがわかりましたです。。。。




c0107075_16114799.jpg

結局、阪原から日笠へバイパスして、鉢伏峠経由で帰ってきましたとさ。


ああ、ロードも乗らないとジリ貧だぜ!




おわり
[PR]
ラリーグランボアとは。。。。

「アイズさんで参加賞をもらって、持ち越し峠の上で参加証にハンコもらって、またアイズさんに戻って、抽選会。」

このルールを守れば、あとは好きにしていいよというイベントです。
走行距離は35キロほどか。。。。。

“う~ん、ちょうどいいんじゃない?”
(なにが?)




ということで、ボチボチちゃんと峠越えをして欲しいMST48君を誘ってみると「絶対にちぎり捨てていくなよ!」というのが条件で「行く!」と。。。。。
をを!なかなか根性あるやないか!(爆)
じゃあ、クモスキコースで回って、途中、山の家はせがわでハンバーグ食べようぜ!(実は、僕が行きたかった)



タイムテーブルは、アイズさんでの受付が、9:00~10:00、持越のチェックが9:30~11:30。
9:00に受付して、11:30に持越に着けばいいわけだから、楽勝じゃん!



近所のコインパーキングに車を駐めて、アイズさんに行くと、すでに皆さん集まっておられました。
あ!つっちーさん!「ご無沙汰してます~。ロッシン売ったんですって~」
あ!vivva2000さん!「毎度~、今日はランドナーですか!」
あ!えべっぷりさん!「おはよーございますー。相変わらずスマートですねえ~」
あ!かとーさん!「復活おめでとうございます。線引きパクりましたぁ~」
受付して参加証もらって、ウダウダしていると、名古屋からカトーちゃんさん!「ひえ~~遠いところから!」ああ!akahoriさんも!
をを!三重からはakutaさん!
皆々様、例年は新春ランでしかご一緒出来ないのですけど、今年はもう2回目です(嬉)。。。。


さてさて、あんまりゆっくりはしてられませんで、なにせ、MST48君は坂道が超ウルトラースーパー苦手ですから。

いきなりどの道通っていくか悩む!
竜安寺の前は、まあまあ勾配急だし、車も多いし。。。。。妙心寺前通って、一旦馬代通りまでいってから、ダラダラと登っていきます。これで天竜寺前の登りはスルー出来る。。。。あと急な坂は無いけど、西大路通り~北大路通り~千本通り~北山通りのラインは結構アップダウンあるしなあ。。。。
しょうざんうねうねいったら鷹峯いけんちゃうん?
と、これが失敗、思いっきり迷ってしまいました。。。。。。

もう、素直におっきい道行きます。まあ、後ろは文句言うこともなく着いて来てくれたのでよかったよかった。大宮通を北上していって、やっとこさ鴨川沿いに出ます。信号待ちをしていると、目の前を中京チームがバキューンと曲がっていきはりました。
MST48君曰く、「早っ!」
ふふ、まあ、カトーちゃんさんは、下手すりゃあ、僕は勝てないこともあるからねえ。


それにしても、今回は写真が少ない。。。。何故だ!


柊野でトイレ行って、ダラダラと上っていきます。
大岩手前と大曲のところの勾配が急になるところでは「心が折れそう~~~」とのたまうMST48君を「もうちょっといったら勾配緩くなるから」とだましだまし引っ張って、出合橋到着~。
先着のみんなが休憩中どした。。。。。。ここで時間は10:30ごろ。。。。
はあ、何とか間に合いそうだ。。。。。

出合橋を渡ると、いよいよ峠です。フレーシュワロンヌのユイの壁と同レベルの坂道が出現します。ここ、いきなりガツ~んと急勾配で、あとはダラダラと上っていく感じです。
と、MST48君、この坂道を見た瞬間に「ああ、心折れた~」と降車。
c0107075_041829.jpg


え?まだ上ってないやん。
「上れるわけ無いもん!」
とあとはひたすら押す!押す!
c0107075_0411011.jpg






「結構押し入る峠やから、ええんちゃう?」とフォローしつつ、僕はインナーローでMST48君の歩くスピードに合わせて乗っていきました。まあケイデンス低いし!スピードも遅いので、ず~~~~っと負荷かけないと転けちゃいます。これがまあまあきつかった。。。。ハアハアはしないけど、変な筋肉を長時間使うので、いつもは痛くならない部分がヒクヒクしてました。
っていうか、前の方で、同じようなペースで上ってはった方は子囃子さんだった。。。。。
「すんません、全く気づきませんでした。ご無沙汰してます~」


MST48君、乗れそうなところでは頑張って乗って、ちょっと坂がきつくなると心折れて、の繰り返しで、とうとう頂上到着!
うん、それでいいのだ。よくがんばった!


11:13間に合ったあ~~~~!



c0107075_0411262.jpg

頂上で記念撮影!
ってか、MST48君の心はすでに違うところにいっとりました。

簡単に言えば、花より団子。。。

峠のチェックポイントでは大介店長となつはちゃんが温かいコーヒーとお菓子を用意して待ってくれていました。
有り難うございます~。
しかし、「なつは」って、めちゃ可愛い名前じゃん!今度娘が生まれたらその名前にしようかなあ。(生まれへん生まれへん)
いやいや、夏葉ちゃんは名前負けせずに、とっても可愛いのです。アイズの親方は奥様のはるみさんといい、なつはちゃんといい、、、、、かなりの面食い?バキッ!!☆/(x_x)
c0107075_0411395.jpg










さあ、チェックポイントでハンコもらったら、アイズさんに戻る!
どっち行く?
来た道を戻るんなら、峠はもう無い。。。。。でも、お昼ご飯のハンバーグは食べれないぜ。。。。
このまま先にすすむなら、ハンバーグは食べれるけど、もう一個京見峠を越えねばならないぞ。

「行きましょう!」
え?どっちに?
「ハンバーグ!」

食い気が勝った!

持越の真弓側をそろそろと下っていきます。
時々ヘアピンでオーバーランしそうになるMST48君、もっと減速して!
杉坂まで結構下りますので、この間、えらい寒かった!!!(お腹が痛くなりました)

さあ、杉坂から京見への登り。道風神社あたりまでは4%くらいの勾配か?
MST48君、「いつまで坂続くの~」とか言いつつも快調に回してます。
持越上ってる時より調子ええやん!ハンバーグまであと3キロくらいや!

がしか~し、道風神社を過ぎて、勾配が6~7%になると、スピードががくっと。。。。

「重力受け過ぎやねん!」

ほれほれ、後ろからえべっぷりさんとかとーさんが追いついて来はったよ。

「さっき飲んだコーヒーが戻ってきそうや~」とか言いつつ頑張るMST48君。

が、普通におしゃべりしながら上っていくお二人にあっさりぶっちぎられる。。。。。
さっき、持越の頂上で「じゃあ、はせがわで!」とか言って先行したのに、これは恥ずかしいぞ!
着いていかねば!
どうする?
奥の手使うか。。。。。

何とかお二人に追いつきます。なんとかはせがわ同着を目指すのだ!!

この後、2回ほど奥の手を使って、何とか、同着と言っていいくらいの遅れで。。。。。
ああ、しんどい。。。。


ずっと来たかったのに、いつも来れなかった、山の家はせがわ。。。。。
やっと来れました。(^_^)V
c0107075_043711.jpg

(MST48君撮影)




さあ、この先はもう(長いとかきついとかの)上りはないぞ!MST48君。


途中、京見ポイントや峠茶屋前で写真撮ったりしましたが、アイズさんまでは基本ノンストップで。。。。
c0107075_0411532.jpg





25%勾配、クールストップシュー装備のみるきーは楽勝~~~~!
乗って下りました。
c0107075_0411732.jpg



金閣寺前の坂で、MST48君が「坂無いって言った!」とブーたれてましたが、無視しました(笑)。


お楽しみ抽選会は、ごっつう期待しましたが、残念ながらチューブでした。。。。。(文句言うな!)
その後、濃い~話が繰り広げられましたが、ええと、僕は出来るだけ手を離さないで変速出来るのがいいです!そんな走ってる途中にハブ軸緩めるなんて!ありえませんで!ましてや、ギアを軽くしたい状況で、ペダルを逆回転?まったくもってありえませんで!
遠慮しときます。堪忍して下さい。No Thank youでございますですはい。
みるきーと同じスケルトンの650Bスケールのフレームが欲しいと言ったら、「あかん!ランドナーやったら600や!」といわれました。。。。。600mmに650Bって、ミニベロみたいになりますやん~~~。。。。

をわ!MST48君ほったらかしてた!
後ろ見ると、ああ、夏葉ちゃんと「坂はしんどい」話で盛り上がっていました。。。夏葉ちゃんおおきに。
MST48君よ、騙されてはいかんぜよ。。。夏葉ちゃんはサイドバック装備のキャンピング仕様で北海道は美瑛の厳しいアップダウンをこなす強脚の持ち主なのだぞ。。。。



UGの兄♭♭♭さんとちょっと内緒の話をしてしまったので、妄想いっぱいで帰りましたとさ。



おわり



追伸。。。。帰りに鞍馬温泉行ったんですが、長風呂のMST48君待ってる間に、GTさんに見つかりました。ちゃんちゃん。。。。


c0107075_0412324.jpg

(北野天満宮の梅)
[PR]