<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

キララときめきロードの時に、思いました。

「輪行したら、行動範囲、結構広がるじゃん!鉄道も乗れんじゃん!一石二鳥じゃん!」

僕は欲張りちゃんで、「鉄道乗るんなら、結構ローカル線なんかに乗りたいぞ。。。」と。

色々と考える。。。。。
で、決めたのは、長良川鉄道でもって北上して、観光もしつつ清流を眺めながら、プラプラ走ろうと。。。。


朝6時にMST48君を迎えにいって、とっとと高速に入る。ラゲッジに鎮座するのはケルビムだ〜〜。
京滋バイパス〜名神〜東海北陸道経由で美濃市入り。所要時間2時間。

駅前で、MST48君のランドナーを分解。。。。2回目なので、楽勝。
c0107075_1520452.jpg

c0107075_15204857.jpg

c0107075_15204966.jpg

2両編成の列車が入ってきた。
およよ。席はほぼ埋まっちゃってるじゃん。ああ、立ちんぼかあ。。。。40分少々だから別にいいけど。。。。自転車置く場所探してたら、運転手さんが
「車椅子用のエリア使ってもらっても良いですよ」
「え?いいんですか?」
「どうぞどうぞ、ベルトもありますから。」
「有り難うございます」
優しい〜〜〜!!!
ベルトまで掛けると、申し訳ないので、転けないように、輪行用の結紮ベルトで軽く固定しときました。こうしておけば車椅子の人来られてもすぐよけれます。

列車は、清流長良川に沿って走っていきます。

ああ、このままでもいいかも。。。。。
テンション上がりまくりのすけ。。。。。

当初の予定では、終点まで乗って、だだだ〜〜〜っと下ってこようかと思ってましたが、MST48君、まあまあの城マニアで、「郡上八幡城行きたい!」と。。。。。

え?郡上八幡城って、山城やで?平城ちゃうで?
そう、僕は郡上八幡行ったことあるから知ってるんやけど、町のどこからでも見えるねんで。ということは、そう言うことやで。。。。(爆)

じゃあ、北濃から郡上八幡まで走ってもあまり変化がないはずなので、郡上八幡で下車して、街中もブラブラしたらええか。。。。。


駅前で、自転車を組み上げる。ガード付きは面倒くさい。。。。まったくもう。。。。。
c0107075_1539414.jpg

(右の方で作業してました)

しっとりした郡上八幡の町を抜けて、宗祇水を訪ねる。今はそこら中にある「名水百選」。この指定第1号はここ宗祇水なのです。
会員番号1番はチェックしとかないと。。。。
c0107075_15205367.jpg

c0107075_15205145.jpg




さあ、いよいよお城へ行こう。
c0107075_15205697.jpg

c0107075_15205953.jpg





いきなりの急坂だすよ。
本丸跡まで距離は200mですけど、平均勾配12%!!!
MST48君頑張る!何とか足着かずに登り切りよります。
アイズラリーの持越峠では、坂見た瞬間に押しとりましたけど、まあまあ登りよるようになってきてます。
ここから天守閣までは1キロほど。まだまだ登りだじょ。途中それはそれは強力な勾配も出て来ます。と、MST48君、挫折。。。。。
c0107075_152111.jpg

まだまだ修行が足りないのう。。。。




ここ郡上八幡城は山内一豊の妻千代の生まれたところとかで、そこら辺が前面に押し出された感じがありました。
観光地なので、その辺は仕方ないけど、城とあまり関係ないことなくない?

でも、城はかっちょよかったです。
c0107075_1521595.jpg

今、Wikiで調べてみたら、司馬遼太郎曰く「日本一美しい山城」だそうで。。。。納得!(他あんまし知らないけど)

c0107075_1521359.jpg

c0107075_1521773.jpg



さあ、お城を往復するのにまあまあ時間食っちゃったぞ。
MST48君、「お腹空いた〜」らしい。。。。

綺麗なガラス雑貨のお店があって、ちょっと覗いたついでにMST48君が「鶏ちゃん食べたいんですけど。。。」と店の人に聞いている。

鶏ちゃんとは、この地方の郷土料理。
鶏肉と野菜を味噌で炒めてある。
発音は「ひょうたん」と同様。(by Wikipedia)

これが鶏ちゃん焼きだ〜〜〜!!!!!
c0107075_15383466.jpg

美味しかっただすよ。。。。




郡上八幡って、ほんとしっとりしたいい町です。大好きだわ。
c0107075_1521116.jpg




さあ、長良川に沿って南下を始めますが、すぐに寄り道です。
寄り道先は「大滝鍾乳洞」
MST48君が事前に調べとりました。まあまあ鍾乳洞マニアらしい。。。。。
まあ、それだけだったら、スルーしてもいいんだけど、ここには僕のハートをもがっちりと捕らえた物があった!


まあ、取り敢えず、目的地に向かって走る。
今回は川に沿って下っていくだけだから、地図もうぉっちずをコピーして持って行きました。大滝鍾乳洞は国道から5キロ弱登ったところにありますが、ルートラボで調べてみると平均勾配は3.4%。なんぼ坂道嫌いなMST48君でも楽勝やん?
道端の電柱に「大滝鍾乳洞」への道案内も出ていて、僕はそれにそって進んでいきました。
しばらく走っていくと、「大滝鍾乳洞左折」と。。。。


をを!!!
目の前には、想像もしていなかった激坂が。。。。。
まあ、ちょっとで平坦になるだろう、平均勾配3.4%やねんから。。。。
しかし、走っても走っても、勾配は緩くならない。。。。絶対これ10%以上ある。。。。。
MST48君の頑張りもそうそう長くは続かない。。。。まあ、しょうがないよ。

押したり、休んだりしつつ進む!
c0107075_15211370.jpg

電柱には「大滝鍾乳洞」の看板が出ているので間違いはないようだ。。。。。
僕的には、「あ、これは曲がる道間違ったな。。。。」と思っていたけど、引き返して、あの車の多い国道走るのは嫌だし、こういう事件もツーリングにはよくある話で。。。
ということで、MST48君よ、頑張ってくれたまえ。
c0107075_15211563.jpg



途中1回偽のピークに騙されつつ、峠を越える。
「引き返すことはないよな?いややで!絶対に!」というような坂を下り、大滝鍾乳洞到着。


さあ、大滝鍾乳洞は東海地方最大級の鍾乳洞だそうで、なんや洞内に滝があるらしい。。。。。
でも、それだけじゃないんだな。。。。。
僕の心をとらえたのは、これだあ〜〜〜〜!!!!!



c0107075_1544534.jpg

トロッコのようなケーブルカー!!!!



鍾乳洞の入り口が山の中腹にあるようで、そこまではケーブルで上がるのだ。
乗りたいぞ〜〜〜〜っ!



で、乗りました。。。。
c0107075_15211798.jpg

(すれ違う一瞬だ!)


所要時間2分。。。。短かっ!



c0107075_15215784.jpg

大鍾乳洞の順路の延長距離どのくらいなんだろう?
まあ、アップダウンの激しいこと!
はしごのような階段を上り下りする。足下滑りそうで怖い。。。。フロントバックを首からぶら下げて、そろそろ進む。
c0107075_15221089.jpg

c0107075_15222038.jpg

c0107075_15392142.jpg

(天井から水が滝のように流れている。。。。妙に怖いぞ!)

ストロボ光らせてみたら、オーブがいっぱい写った!
c0107075_15225752.jpg




前でおばちゃん転けてました。。。。。かなり危なかったと思われ。。。。


c0107075_15231356.jpg


ふう。まあまあ楽しかった。
っていうか、鍾乳洞がマストアイテムにならないか心配だ。(笑)


c0107075_15232330.jpg

帰りは、上ってくるはずだった道で下っていきます。
とても気持ちいい林間の道。
つくづく、道間違えてすまぬ。。。。。


国道に出ますが、まあ、車多い。道は微妙に狭かったりするので、精神的に疲れます。
対岸の県道を行こうぜ!


対岸の県道はほとんど通る車もなく、快適です。
このまま可能な限り国道を通ることなく、南下していきます。多分国道を走った距離は200mに満たないはずだぞ!
c0107075_15234189.jpg

c0107075_15235094.jpg

c0107075_15263751.jpg

c0107075_15265385.jpg



ちょっとトイレ休憩に立ち寄った駅。
完全に時間が止まっていると思います。凄い!
c0107075_15275036.jpg

c0107075_1528610.jpg

ここへキハ20とかが走ってきたら嬉しいだろうなあ。。。。


c0107075_15282849.jpg

c0107075_15283981.jpg

(あじさいは全行程を通じて、滅茶苦茶綺麗に咲いてましたとさ)


途中で、凄い建物に遭遇しました。

「長良川水力発電所」
c0107075_1529439.jpg


今も現役なようです、すばらしい!


そして、自転車を立て掛けていた塀をみて、ドーパミン大量放出!
c0107075_15293755.jpg

なんとなんと、これフランス組みやん!
いやまあ、ここでレンガの積み方語ってもしょうがないのですけど、普通はイギリス組みとかオランダ組みといわれる積み方で、要は1段目は短い部分ばっかりで2段目は長い部分ばっかりでというやつ。強度に優れる積み方です。
一方フランス組みは、デザイン重視の華麗な積み方で、レンガの長い部分と短い部分が交互に並び、次の段も同じ。。。これやると、内部でどこか正方形に抜けるところが出来るので、強度的にはあまりよろしくないそうな。。。。明治の時代に多く作られたレンガ造りの建造物で、強度に優先して華麗さを押し出すことはあまりなく、僕も実際に見たことはなかったのです。
ああ、うれしい!   変態?





で、この発電所の直後にあった、セメント工場?
c0107075_1529492.jpg

今度はこのメカニカルな雰囲気がMST48君のハートを直撃。
「かっこええわ〜〜〜」と。。。。変態?






なんしか、長良川沿いの県道は最高でした。(笑)


美濃市に入って、うだつのある町を行く。
夕方になって観光客も居なくなって、何か貸し切りみたい。。。。
やらせ写真とかも撮る。。。
c0107075_15302910.jpg


c0107075_15304178.jpg




最後に、ちょっと気になっていた、「美濃和紙あかりアート館」へ行ってみる。。。。。

がびちょーん!既に閉館。。。。。16:30まで。
蒜山のソフトクリーム、小浜の蘇洞門巡りに続く、「遊びすぎて、最後閉まってた」あるある。
日が長いのですっかり油断していたが、もう17時だわ。。。。


c0107075_15305147.jpg






さあ、温泉でさっぱりしたら、帰ろうぜえ!



おわり
[PR]
先に言うときます。写真無い人居ますねん!
ごめんなさい


鈴鹿8H耐久ロードレース
今年でもう6年目5回目の出場になります。
元々は、「クラシックレーサーを思う存分走らせようぜぇ~!!!」というのが、コンセプトだったのですが、だんだんと「1日鈴鹿で遊ぼうぜ~~~!!!」になってきて、そのうち、成績なんかも気になり出したりしてくるので、人の性とはなかなか難解なものだなあと思う今日この頃です。
ここ数年、僕がマネージャー役をさせていただいていたのですが、今年は色々あってUGの兄♭♭♭様にお願いすることとなってしまいました。兄様、ありがとうございました。

5時のピットダッシュも決まり、かなり広いエリアを確保しました。
なんてったって、今年は3チーム18名のライダーの休息場所を確保しないといけなかったので、それはそれはプレッシャーでした。。。
c0107075_11132476.jpg





今年のQCRの布陣は、
「強力」「京都」のチームK、日々真っ暗な京都の峠道で練習に励むBLKさんとcharaさんそしてA達さんを中心としたチーム。「気合い」のKかもしれない。。。
「エキスパート」「エンドレス」のチームE、鈴鹿の経験者ばかりのチーム。走れんようになるまで出場し続けるぞ!という気概の見え隠れする熱いチーム。
そして「ビギナー」「べっぴん」のチームB、突如ロードバイクに目覚められたofはやまさんの奥様とそのお友達のシオちゃん、中京地区からりみどさんと、6人中3名がレディースな楽園チーム。ofはやまさんは仕方ないとして、えべっぷりさんとtetsさんの代走のcancanさんが本気で羨ましい。。。

それにしても、UGの兄♭♭♭さん、ほんまにうまいことチーム名決めはります。僕やったら、もう間違いなくABCで終わりですわ。
こりゃ、来年もマネージャーお願いしないと。。。バキッ!!☆/(x_x)

僕はチームKに配備されました。    ひ~~~~!!!!

さあ、出走順を決めないといけません。
まあ、適当に。。。
1番僕
2番KMT48君
3番chara先輩
4番A達さん
5番ギンタロウさん(BLKさんの代走)
6番なべちゃん
え~~、去年もそうだったけど、6番目がピット閉鎖に当たる可能性が高いのですけどねえ。。。。なべちゃんでいいのかなあ?
まあ最悪代わるか。。。。そのために僕はTカー連れてきましたけど。。。。

さあ、出走です。20分ほど前に並びに行くと、目の前にtanda君が並んどりました。スタート前にええリラックス出来るわ。
c0107075_11222116.jpg

(撮影はcancanさん)


スタート。。。。

去年は、ローリングスタートだったので、えらいゆっくり目やったのに、今年は、いきなりのペースです。目の前だったtanda君があっという間に前に行きよります。というか、よう行くわ!怖ないの?今転けたら大怪我寸ねんで?
僕は怪我したら嫌なので、ボチボチと周りのスピードに合わせて走ります。隙があれば前に行きますけど、それ以上に隙を見せて前に行かれるのだこれが。。。。。みんな怖くないの?
後ろをチラ見すると、vivva2000さん、きっちり着いて来てはります。さすがだ!
S字からホームストレートに躍り出ると、僕の自転車は失速します。去年か一昨年かにぴったりだったギアリングも今年の足には重いのだよお~~~。
よろよろと上って行く途中で、vivva2000さんに抜かれてしまいました。。。。ああ。。。。ダメだあ、ついていけない。。。。

しか〜し、シケインの急坂を登ったあとは僕は結構得意です。ほぼ平坦なバックストレートを気持ちよ~く加速していって、スプーンの手前でがつんと上ります。ここの登りは短いので、ギアかけて一気に踏み抜ければ、そのままのスピードでヘアピンに向かえます。その反面ここは完全に失速してヨロヨロと斜行するやつの宝庫で、その右を抜いていく速い連中とはかなりのスピード差が生じます。混雑時は一番気をつけないとあかんところのような気がします。オープニングラップもいきなりの集団落車がありました。
スプーンカーブをクリアしてヘアピンへの下りです。クリアな時ならノーブレーキでも普通に曲がれるようなヘアピンですが、序盤の人多い時はもう恐いのなんの。。。。
とここでも集団落車。。。。。
ああ、もう、寄ってくるな!

ヘアピンの立ち上がりからデグナーまでは、多分僕が鈴鹿の中で最も好きなところと言っても過言ではない。。。。ここで後続に付いてこられたことはほとんど無いと思います。そないにダッシュしてる気も無いのですけど、不思議とバンバン抜けます。
気分よく、バッキュウ〜ンとデグナーを抜けると、逆バンクまで緩い上り。ここ、なかなかスピード乗せ続けるのがしんどいところですが、ここでしっかりスピードを乗せれば、かなり高速のまま1コーナーまでのダウンヒルに繋げられます。

ホームストレートに出れば、あとは力の限り頑張るのみ!!でもここで頑張りすぎると、シケインで失速しちゃって、バックストレートで余計な足使わないといけないんだよ~~~~



KMT48君~chara先輩~A達さん~ギンタロウさん~なべちゃんと続きます。
c0107075_11132516.jpg

c0107075_11133171.jpg

c0107075_11151989.jpg

c0107075_11143576.jpg

c0107075_11144381.jpg


2回走ったら、最大のイベントの12時前が迫ります。。。。。
混走している4時間耐久のゴールの混雑を避けるために、30分近くの時間ピットレーンが閉鎖されます。
大体12時前から閉鎖されて、12時20~25分くらいに入れるようになります。
と、ギンタロウさんが走ってはる時になべちゃんがこっそり僕の方に寄って来はりました。
告白でもされんのかなとドキドキしましたが、
「なあ、次私なんやけど、出たらもう入られへんっぽいねんけど。。。。順番代わって。」
告白じゃなかった。。。。_| ̄|○

「了解!では、僕はレギュレーション違反のTカーで。。。。」

せっせとスーパーキングに空気を入れ、チェンオイルをささっと吹き付けて。。。。

「なんやそれ!レギュレーション違反やないか!」
と皆から罵声を浴びせられようが、ボカあ、これで走る!
そもそも、ロッシンだって、ビンディングにしている時点でアウトだし!

ギンタロウさんが帰って来はって、ピットアウト~~~~!!!!

をお!!やっぱりスーパーキング進む~~~!

ちょっと軽い目のギアをクルクル回した方が速いのはわかってはいますが、踏んでみたい!
スプーン手前の坂は17Tで踏み切る!そのまま踏むのは止めずに、200Rからヘアピンへの下り!
まあまあ速いんちゃうん!
微妙にヘアピンでこけへんか心配になるくらいにスピードのってんちゃうん?
下バー持って、ダンシング~!!!デグナーのカットインが気持ちえ~~~!
逆バンクからの下りは、下バー持ってちょっと伏せてたら、グングンスピードが乗る!そうか!今追い風なのか。。。。ということは、ホームストレートは向かい風。。。。。

鬼かと思うような風の中、ホームストレートを必死に駆け上ります。そらもうみんな見てますから、必死です。。。。ものすごい声援(?)を聞きながら、必死にもがき続けます。。。。。シケインは何とか失速せずにクリアして、バックストレッチへ。。。。
え?マヂ?向かい風?しんどい~~~!!!しかも前誰もおらんし。。。。で、心折れる。。。
まあまあヨレヨレでスプーンクリア。。。。風!横風恐い!ディープリムに横風は恐いと聞いていたけど、これはほんまに危ないわ。

それでもヘアピンの立ち上がりからは楽しいです。下りは50x12じゃ完全に回りきるので、適当に。。。。ホームストレートに出たとたん容赦ない風!ヒイヒイ言いつつ、2回目のホームストレート!なんかさっき食べたおにぎりが上がってくる。。。。
おえっ!
完全にシケインで失速。。。。。でもバックストレートに向かって頑張る。。。。

ヘアピンから立ち上がってもがいている時、ふと思いました。。。。

「まてよ。。。。確か、ピットアウトする時はまだピット閉鎖してなかった。。。。」
「1周目は多分10分かかってないはずやから、12時5分に通過したとして、2周目は?ま、仮に10分で帰ってきてたとしよう。12時15分。3周目も仮に10分で帰ってきたら。。。。12時25分。。。。」
「やばい!あんまり速く走ったら、4周目入ってまうやん!」

デグナーから逆バンクへ向かう微妙な上り坂を走りながら、考える。。。。。
「仮に4周回走ったとして4周回目、どのくらい出回れるよ?スーパーキングをもってしても12分以上かかりそうな気がする。。。。タイムロスはどっちが大きいのだ?」
「取り敢えず、今何時よ?が~~~っ!!!時計はロッシンに付いたまんまやんか!」

精神的にかなりびびります。。。。。1コーナーを曲がりながら、コントロールタワーをみると、「あ~~!最悪!閉鎖中や!」
と、閉鎖表示が消えた!
ラッキ~~!!!!

去年より遙かに余裕を持ってピットロードに入れました。。。。

よかった~~~~!!!!!


ちょっと他のチームもレポートしましょうか。。。。


エキスパートのチームEですが、実は、エースチームのチームKは2回ほど前に出られているのです。。。。
1回目はオープニングラップ後のホームストレートで僕がvivva2000さんに先行を許してしまいました。しかも何とそのままコントロールラインを先に通過しはったので、ベストラップはvivva2000さんに持ってかれました。
ちなみに。。。。vivva2000さんは僕と大体同じタイミングで走っておられたので、走ってるところの写真はありません。。。。。ごめんなさい。。。

もう1回は、1回目のライダー交代直後でした。
1度はvivva2000さんの先行を許してしまった僕でしたが、2周目にまた前に出ていました。
その差はたったの6秒。僕は知りませんでしたが、ピットはさぞかし焦ったことでしょう。。。。
何しか、チームK第2ライダーKMT48君と、チームEの第2ライダーUGの兄♭♭♭さんとは6秒差。追いかけるUGの兄♭♭♭さんはKMT48君を完全にロックオン!
ピットアウト直後のシケインへの登りでその差はあっさり解消され、KMT48君はぶち抜かれることになったのだそうです。。。。KMT48君はちゃんと抜き返したそうですが。。。。
c0107075_111327100.jpg

(この人がいなかれば、この楽しいレースへの出場もなかったであろう。UGの兄♭♭♭様感謝しております。)


TATSUMI御大は、国体優勝経験者だすよ!
シルクロードの常連さんでもあるし、スターシップイリベ号も持ってはります。
c0107075_11133233.jpg

(余計な力の入っていない無駄のないフォーム! 見習わなければ!)



大黒屋さんもすっかりQCRのレギュラーメンバーです。今回はチームEに所属。エンドレスなので、もうやめれませんからね。(笑)
走ってはる時の写真が。。。。ない。。。。。ごめんなさい。。。。
c0107075_1115994.jpg



鈴鹿のあびさんは、元大門レーシングです。その足を見ると、走り屋であることは間違いありません。
c0107075_11142761.jpg



マーシーは大黒屋さんの御子息で、今年社会人デビューしたそうです。ええと、誰の代走だっけ???
マーシーの走ってるところの写真も無い。。。。。マーシーごめんなさい。
c0107075_11133922.jpg

(旗振ってる写真はあります)



そして、ビギナー&べっぴんな、チームBです。
チームBには何とロード乗るのはこの日が4回目という、超ウルトラースーパー初心者のSHIOちゃんがいますが、ホームストレートで見ていたら、「え?え?ちゃんと走ってるやん?普通に走っとるがな。。。。」
c0107075_11134182.jpg

(このひらひらの白いスカートが眩しすぎたのだ!ううう!!!)



んでもって、SHIOちゃんを引っ張り込んだのがこの人、ofはやま夫人でございます。
ついこないだまで、自転車には何の興味も無かったそうなのに、弱虫ペダルを読んで突如としてロードバイクに目覚めるという、突然変異を遂げられました。そんなことがあるのか〜〜〜〜!!!!!!
c0107075_11132941.jpg

(ぼかあ、奥様にお会いするのは2回目ですけど、かなりの美魔女です!)



そして、この2人のご婦人からの尊敬を一気に受けるのがofはやまさんです。
なんというか、もう、「狡い!」という言葉しか浮かびません。。。。
c0107075_111503.jpg

(にやけてないで、ちゃんと走ってください!)



そして、正式には我が関西クラシックレーサーズの広報部長のcancanさんですが、今年は何と、tetsさんの代走でライダーも兼任!
兼任はしんどい!   みるきーもNMBとAKBを兼任。。。。。なんのこっちゃ。。。。。。
兼任で忙しいのに、写真もちゃんと採ってくれてはりました。有り難うございます。
c0107075_11133660.jpg

(ここ数ヶ月、月間走行距離が1000キロをはるかにオーバーされているので、鈴鹿でも速い!)




すんません。。。。えべっぷりさん、りみどさん、僕のカメラの中に、写真がありません。。。。。




他の写真。。。。


c0107075_11132284.jpg

(ん?何か問題でも?)

c0107075_11131483.jpg

c0107075_1113387.jpg

(この自転車、まだ4回しか走ってないんだって。。。。。)



シルクロードのブースに遊びにいったりしてると、高校の同級生が遊びに来てくれたという情報が。。。。。
c0107075_13561212.jpg

TUG48君じゃないか!3年ほど前の京都マラソンの前夜祭で飲みに行ったっきりやし!


彼はレース終了後、結婚式の2次会に帰っていきましたとさ。

ありがとね~~~!!!



さあ、言うてるまに、ゴールです。
ゴール直前のピットインは出来ません。わがチームKの場合、どうもchara先輩でゴールかという感じだったんですが、微妙にこのピットイン禁止にかかっちゃって、最後3周走らんとあかんかもしれないという。。。。なので、、、、
chara先輩考えました。
「俺、1周で帰ってくるわ。ギンタロウさんまだ走りたらなさそうやから、最後2周走ってもらうっちゅうのは?」
「ええのとちゃいますか!」



さあ、8時間経過して、続々ゴールしてきます。
わがQCRは、まずチームBのりみどさんが帰って来はりました。
UGの兄♭♭♭さんが昭和の森で口説き落とされて、QCR初参戦でした。最終ラップは13分59秒~~この曲面で、このタイムは十分ですやん?
次に帰って来はったのはチームEのUGの兄♭♭♭さんです。ちょうど先頭手段と絡むように帰って来はりまして、僕は、どっち見たらええのかわからなかったです。最終ラップは11分36秒。はや~~~!僕最後11分47秒かかってました。。。。
最後に帰って来はったのはギンタロウさん。淡々と走ってはるようで実はしっかりタイムも出ているという、いぶし銀の走りでしたね。僕らは1周目ガッツ~ンと走ったは良いけど、2周目はへろへろでタイムを落としているというのに。。。。素晴らしい。ギンタロウさんのような走り方が耐久に向くのです。


はあ。。。終わっちゃった。。。。終わっちゃったよ。。。。
スタートするまでは、眠いし、しんどいし、ピット取れるか心配やし、ネガティブなことが多いのですけど、終わる頃の高揚感はかなりのものです。


QCR LOVE!


でも、今年は、もう一つ思うところがあります。。。。。
それは。。。自分の不甲斐なさ。。。。
いや、まあ、日々、思うままに楽しく自転車遊びをしていくという面では全くオッケーなのですが、日が経つにつれ、走れなかった感がふつふつと沸き上がってきて、後悔の念が。。。。
例年のパターンだと、冬場に自転車乗らずに、脂肪が増えちゃって、春になって、慌ててトレーニングモードに入ってましたが、今年の冬場は「みるきーとデート♡」とか何とか言いつつ走りはしてたので、足の脂肪もそんなに付いてないなあと思っておりました。実際走っててもしんどいけど、嫌やとか思わなかったし。。。これに甘えちゃったのか、GW終わりに腰やっちゃったあと、何もしなかったのです。。。。2回くらいは散歩程度に乗りましたけど、結局レースの週になってから慌てて朝練開始したに過ぎませんで、そんなんでちゃんと走れるわけがない。
c0107075_1113777.jpg

(撮影はcancanさん)
スーパーキングで走ってる写真見て、「上体がヘシャゲちゃってる!」これは偏に体幹の衰えそのものだ!ペダルを踏むという動作の反力をしっかり押さえる体幹がないと、踏んだパワーの半分しか進まない!
練習します!
というか、あのアホレナリン全開の気持ちよさをもう一度味わいたい!
来年は、ちゃんと走って、やり切った感を味わうぞ!!!



おわり



c0107075_1113872.jpg

(撮影cancanさん)
[PR]