昨日はええ日でした。
フレームは来るわ、さらには“cannondale”のネーム入りのニューアイテムをゲットしました。
これにはちょっと感動してしまいました。。。
c0107075_1002170.jpg

ただし、レフティー専用です。
レフティーはコラムの部分には何にも入っていなくて、単なるプラキャップが着いているだけです。
c0107075_12282546.jpg

このニューアイテムはキャップを外してこんな風にセットします。
c0107075_12291867.jpg

その実態は、もうお判りとは思いますが、携帯ツールです。
c0107075_1230575.jpg

振動で抜けないように、Oリングが着いていたり、すべり止めのゴムが着いていたりしますが、何とタイヤレバーもその一役を担っています。タイヤレバーの先にはチェン切り!考えとるなあ〜!
c0107075_12311892.jpg

驚くのはこれだけではありません。。。
↑にコラムに挿入しかけの写真でもちょっと写っているのですが、オレンジのケースが見えます。
c0107075_12313928.jpg

これをスライドさせると外れまして、中にはイージーパッチとヤスリまで!
実際のフィールドではおそらくチャッチャとチューブ交換でしょうが、緊急事のために嬉しい装備ですね。
c0107075_12315167.jpg

レフティーに装着したらこんな感じです。こっちの方がカッコええやん。。。
c0107075_1232919.jpg

が、良いことばかりじゃありません。。。さすがに工具ですから、重量が。。。。
c0107075_12322588.jpg

しっかり200g以上あります。(泣

蛇足になりますが、レフティーのコラムは空洞ですねん。下側は思いっきり開いていまして、泥撥ねまくりーの汚れまくりです。“工具がドロドロになって、掃除忘れたらさびるやないか”と思いきや、外したプラキャップをした側にはめるようになっとりました。

か〜っ!抜かりないねえ!
[PR]
c0107075_0392241.jpg

ああ、今夜は眠れない。。。
[PR]
ある日のこと、ふらっと入った大阪の某サイクルショップで、安いくせに妙に軽くてエンドバーも着けれるPAZZAZのバーを衝動買いしてしまいました。50g程軽くなって喜んでいたのですが、ふと“頑張ったら何処まで軽くなるんかいな?”とか思い始めてしまいました。その瞬間、僕は計量マニアへの道を歩み始めることになりました。まあ、毎日毎日トイレでMTBパーツカタログ見たおしました。とにかく重そうだったピラーとサドルをUSE AILIAN ALUMI、SanMarco Aspide Arrowheadに交換。これだけで200g以上の軽量化です。しか〜し!。。。
アスピデアローヘッドの重さ152gを信じて買ったら、実測200gでんが!
c0107075_13271367.jpg

(おお!この時は何を血迷ったか、エッグビーター着けてますな)

本当に走りを変えるならホイールですよね?ただ、如何せん、おいらのはレフティーなもんで選択肢が少ないのですよ。イヤ〜困った困った。そんな時です。
“そういや、例の訳ありXTRデュアルコントロール着いてたクライン何処いった?あれって、クロスマックス履いてなかったっけ?”
“倉庫やわ”
“倉庫でクライン腐らすのんかいな!クロスマックスのリア、XTスプロケとマルタSLのローター付でなんぼやったら売る?”
なんていう会話が店長となされた後、レフティー用を追加注文してしまいました。
入荷したクロスマックスのフロントホイールを持って“軽いじゃんよお”と感激しましたが、“ちょっと着けてみようぜ”とオリジナルのホイールを外してみると、“おお?こいつもなかなかええ線いってるんとちゃう?”という軽さ。試しに重量を量ってみると“!!!”。。。。何と1gたりとも違いはありませんでした(泣。
ま、リアはやっぱり軽いし、走行感やハンドリングは剛性がある分軽快(固いともいう)ですけどね。。。。シングルトラックで壊してもイヤなので、王滝決戦用です(もったいなあ)。
ここまでやって、11.5kgでした
こうして弄くりまくったしたスカルペルですので、もうグレードは1000から1850位にはなってるでしょうか。。。。
しかし、このScalpel 1850の写真がおません。クロスマックスは決戦ホイールなので、なかなか履きませんからね。8/31にウエストパレスさんと走りに行く前の日までは間違いなくこの11.5kg仕様だったのですけど、あの時は真面目に王滝に向けて練習&ポジション出ししようと、サドルとピラーを変えていたのですわ。。。。。
ウエストパレスさんちにちょっと載ってます。

こうして軽量化の道を進みましたが、やはりエイリアンの独特のサドル固定方法には参ったしました。。。。シングルトラックでいきなりサドルが上を向いたりします。サドルも長距離乗るとちょっとお尻が痛い。。。で、この軽量コンビはロードバイクに移植し、ロードバイクに着けていたセルコフ+BBBのスケベサドルをスカルペルに着けました。しかし、こっちも実は長距離に向くサドルではないので、王滝の時だけはノーマルのサドルで走りましてん。また200g程重くなりますが、王滝でお尻が痛くなると最悪ですから。。。
で、王滝決戦!
c0107075_13313444.jpg

(目標の7時間切りは達成できましたが、ショップのメンバーに負けてしまいました。稲っち、今年は負けへんでえ!土俵を120kmにして勝負じゃ!)

特に不満はなく、日々走り回っていましたが、王滝を走った際に二の腕の筋肉痛がひどかったのです。何でだろうと思っていたら、どうも僕は乗っている途中にハンドルバーを下向きにグ〜ッと押さえつけているようで、力を抜いてみようとかいろいろやってはみたものの、ちょっと気を抜くとまた押さえているようなのです。もう、思い切って荒技に出ました。ステムを20°ライズのやつをひっくり返してハンドルを下げましてん。痛みは無くなりとてもいい感じです。激登りも重心が変わったのでいけることが多くなりましたが、逆に激下りの恐怖感が倍増してます。あと少し、ハンドルを近くしたいなと思いますが、キャノンデールは専用ステムなので、なかなか簡単には出来ません。。。パーツ待ちだす。ステム交換ただで良かったと思う今日このごろです。
c0107075_1338996.jpg

2006年11月、噂のニューXTRがリリースされ、ショップにもニューXTRのデュアルコントロールレバーの実物が入荷されました。
c0107075_13321276.jpg

こいつを見た瞬間“ビビビッ”と(古〜)。2日間徹夜で悩んだあげくにいってしまいました。ディスクのピストンが今までの横型から縦型に変更され、本体をさらに内側に寄せれるようになっています。僕は指1本をレバーの先端ギリギリに掛けたい人なので、これはイイ!さらにクイックシフトといって、解除側のシフトがレバーを押し上げた時点でシフトされるようになっています。これでシフトのスピードは0.2秒は早くなっていると思われ、シングルトラックでの操作感は格段に向上しました。
新旧のXTRの違いはこんな感じです。旧型ではオイルラインが左右で干渉しちゃって、これ以上レバーを内に寄せられないです。
c0107075_1333689.jpg

ただ、ディスクオイルのリザーバーがこんな風に下にきますので、エア噛みしないか妙に不安です。
c0107075_13404824.jpg

つづく。
[PR]
僕のMTB用シューズが壊れてしまいました。
タイムのマイクロロック付のストラップもカーボンで出来ていたやつを履いていましたが、ストラップが反対側でちぎれてしまいました。1年半しか持ちませんでした。。。
店長が同じサイズのシューズを持っていまして、またサイズも同じでして、けど小指が痛いとかっていって履かなかったはずやと思って、店に貰いに行くと、捨てたそうです。。。(泣)   左だけ残してどないすんねん!右が欲しいんや!

半分衝動買いしてしまいました。
c0107075_0215476.jpg


これ、履き心地メチャええです。踵のホールドも最高です。
明日楽しみやわ〜
[PR]
さて今日はScalpel Part 2です。
ま、最初はこんな仕様で走っていましたが、普段走るエリアはぬかるみもある林道や、エッジを利かせたいシングルトラックでした。シングルトラックではやばいところは降りりゃあいいかと思っていましたが、いつも行く場所にハイスピードダウンヒルエリアがあるのですね。ウエストパレスさんは一緒に行ったことがありはるのでご存知でしょうが、それはそれはトリッキーで、フルブレーキング(ロックはさせてはいけませんよ)からフロントを食いつかせて曲げ込むようなところもあり、サイドグリップの弱いMAXXISのラーセンTTチューブレスは辛いなと思っていたのですが、とうとうやってしまいました。フロントが滑りリアも滑り、バイクを起こしてもグリップの戻ることはなく、そのまま結構なスピードで転んでしまいました。また、ダウンヒルのためには高度を稼がねばなりません、林道を登るのですが、途中ぐちょぐちょのぬかるみがあって、ここではラーセンTTはほとんどトラクションを発揮できませんでした。皆がIRCのMIBROを履きまくる中で、“人と同じのはイヤ”という天の邪鬼の僕は店長にわがままを言いました。
“フロントはサイドグリップの良い奴を!リアはきっちりトラクションがかかる奴を捜すべし!”
丁度、深谷の展示会があり、会場の店長から写メールが来ました。“ええの見っけた!カタログにまだ載ってないやつ!いっとく?”と。。。
“いっとくに決まってますがな!”
そのタイヤとはミシュランXCR!デュアルコンパウンド。フロントはA.T.、リアはextrameと前後異形のパターンです。こいつは正解でした。一気にシルクロードの2006年度お勧めタイヤになってしまいました。あまりにも大量に売れたもんで、走りに行った先でバイクのタイヤ見ただけで“シルクロードの方ですか?”と聞かれた人が居るとか居ないとか。。。
ちなみに僕はミシュランのまわしもんではありません。深谷には知ってる人居てはりますけど、何ももらってません。(笑

タイヤの写真を撮ろうとしたらリアユニットも写りますので、リアショックについてもちょこっとだけ。。。リアショックはFOXのRP3です。未だによく分からないのですが、プロペダルというシステムでして、速い入力に対しては動きますが、遅い入力に対しては動かないというやつです。(違ったっけ?)その効果をレバーで3段階に調整できるのですが、林道では真ん中。シングルトラックでは1番緩くしてます。
誰か、プロペダルについて教えてください。なんべんも説明されてるんですけど、未だにちゃんと理解できません。
c0107075_12291339.jpg


さあて、ここいらでいっちょレフティーについて語っておきましょうか。
c0107075_12301718.jpg

ご存知のとおり、レフティーフォークはキャノンデールがリリースしている方持ち式サスです。
この特殊なスタイルには賛否両論ありでしょうが、性能的には現在のサスペンションの中で最高の物の1つだと思います。通常のサスペンションとキャノンデールのサスペンションの決定的な違いは、チューブの形状にあります。おそらく特許を持っていると思いますが、キャノンデールのサスペンションはヘッドショックにしても、インナーチューブは角の取れた4角形をしています。で、アウターチューブの内面もこれに合う形になっていて、その間には22列のローラーベアリング(四角の平面に合計4枚入ります)が挟まれています。ベアリングですから玉当たり調整はしなければなりません。ベアリングとシェルの間にはシムが挟まれていまして、こいつの厚みを色々と変えて調整するようになっています。1/100ミリ単位でリペアパーツが揃ってるそうです。こんな構造ですので、ブレーキングやコーナーリングでGがかかった状態でのたわみの量はキャノンデールの方が少ないと思われます。たわみによるロスは当然の事ながらサスペンションの動きに影響してきますので、サスペンションの動きにもキャノンデールの方がロスが少ないということになりますでしょうか。次なる利点は、ねじれ剛性に勝ること。キャノンデールのヘッドチューブを見てもらえれば解るんですが、異様に太いです。またこれにプラスして、前述の四角いシェル形態とベアリングの組み合わせでねじれ変形はほとんどありません。レフティーの場合、さらにプラスして、フレームに固定される側の方がアウターシェルになっている倒立型になりますので剛性はさらに向上し、倒立サス特有のバネ下重量の軽減という効果もあります。これらの効果を通常の構造のサスペンションで出そうと思えば、シェル自体を太くし、ねじれに対してはハブ軸を太くするしか方法はありません。そうなるとダウンヒル用サスペンションのようなダブルクラウンで、ハブ軸も太くという形に収束していくと思います。もの凄い重量増です。
ハブ軸で思い出しましたが、レフティーにはハブ軸はありませんねん。極太のシャフトがフォークから突き出していて、ここにハブをネジ止めしてありますベアリングはシールドベアリングですから当たりの調整はありません。

ふう。。。語ってしまいました。 どうです?キャノンデールのサスペンションの利点がお解り頂けたでしょうか?
ちなみに僕はキャノンデールの回しもんではありません。
前から見るとこんな感じです。見れば見るほどレフティーって変ですね。
c0107075_12312843.jpg


つづく。
[PR]