今日もローラー乗りました。
ローラー乗ると、アドレナリンが出て、気管が拡張する結果、咳が収まるのだ。
今日はしっかりソリアレベルで30分。
で、退屈なので何をしていたかというと、プリアモの予想完成車重量の計算。。。

フレーム+フォーク+ヘッドパーツが実測で1850gありましてん。
ホイール+タイヤ+アッセンブルが2000g程。
以下カタログデータです。
チェンリング+クランク+BB:728g
リアメカ:202g
フロントメカ:74g
チェン:255g
ブレーキキャリパー:279g
エルゴレバー:334g
ハンドルバー:220g
ステム:160g
サドル:200g
ピラー:200g
ペダル:250g

合計すると、6752g。。。。。バーテープやワイヤー類を入れても、ひょっとして7kg切れるのかあ???んなわけないと諦めてはいるものの、ドキドキします。。。
[PR]
3本ローラーは難しい!
ここのところ、店で3本ローラーに挑戦しています。固定ローラーに較べて実走に近い感覚で乗れると定評の3本ローラーですが、乗るのは非常に難しいです。ま、一応は漕げますが、油断すると落ちてしまいます。ジャイロ効果のみで直立するわけですから、“よろけたら漕げ!”だそうです。そやけど実走中は普通はよろけたら停まりますやろ!で、ブレーキ掛けると勢いでほりだされますねん!どこら辺が実走に近い感覚やねん!怖いちゅうねん。
昨日は、結構いけたんです。上半身の力を抜くまではいきませんでしたが、それでも3分くらいは乗れたでしょうか?“もう余裕やわ”とか思って、一旦降りました。で、忘れた頃にもう一回乗るとこれが乗れない!よろけますねんね。“よろけたら漕げ!”ということでぐわ〜っっと漕ぎました。アウタートップでブンブンブン!。。。“お!いけるか?”と思った瞬間、脱輪。。。。。。
こけましたよ。。。。しっかり。。。。
3本ローラーなんかヤメじゃ!!!危ないちゅうねん!!

帰宅して御飯を食べ終わる頃、喉に違和感が。。。ちょい荒れてるかな?という感じ。
けど、ローラー(固定式)は休めませんので、あんまりハアハアしないようにのりゃあいいかと。。。
いつも通り10分間のアップの後、5分おきに負荷を上げていきましたが、25分目で我慢できなくなって10分ペース走!心拍は165ほど。まだ口で息できるので、調子こいてメディオレベルに上げてしまいました。心拍は暫定AT値の171キープ。何分間いけるか気になるところでしたが、15分目からジワジワと心拍が上がり始めて最終的には179でハアハアしてしまいました。。。。。やってもうた。。。。。
脱衣場で汗だくのジャージを脱ぎ、腕立て10回。情け無いことに今は10回が精一杯。。。。しょぼいなあ。。。。上腕鍛えるより先に大胸筋が逝ってしまってます。。。。
風呂上がりに体脂肪率計ると、体重変わらず64.0kg、体脂肪率は久々の一桁9.7%!おっしゃーっ!と機嫌良く就寝。

今日は朝から喉が焼けるように熱いです。。。やっぱり僕はアホんだらでした。。。
[PR]
某店では、ここんところ連日誰かがローラーを踏んでます。
昨日、ローラー踏んでたのは。。。。
c0107075_12515655.jpg


ぎゃお〜!
やっぱり滅茶苦茶綺麗です。あの柔らかな足首を真似しようと、僕もダッシュで家に帰ってローラーしました。
柔らか足首は真似できなかったですが、“つま先の力を抜くべし!”の指令がちょっとわかったような気がします。さらに“ソール全部で踏み下ろす”も同時にわかった気がします。
けど、これは多分ですけどシューズ変えないと出来な〜い!

ちなみに、この方、ローラーのあとは筋トレしてはりました。。。さすがやわ。。。
僕も真似しごんぼで筋トレしました。。。

昔は平気で50回とかできたのになあ。。。
今は哀れにも10回でヒイヒイいうてしまいました。
[PR]
Scalpelもやっと最終回を迎えることになりました。長々と申し訳ございませんでした。
ブレーキパッドはシマノメタルパッドからBBBのレジンパッドにしています。メタルは絶対的な制動力には優れますが、温度が上がらないと安定しないような気がしますし鳴きも気になります。僕の今の使い方ならレジンで十分かなと。。。それでもめちゃめちゃ効きます。
ローターは元々着いていたMaguraLuise用のウェーブローター。ちなみに決戦用クロスマックスにはMarta用のウェーブローターが着いています。(妙に効かないんだなこれが。。。)
c0107075_959987.jpg


ペダルはデフォルトはクランクブラザースのエッグビーターが着いてきました。これも軽くて4面キャッチでいいんですが、僕はロードもそうですがTIME以外あり得ません。グレードは一番安いやつです。タイムは他社とは一線を画す利点がありまして、キャッチしたあとも足は左右に動きます。他社のも動きますが踵が左右に振るだけです。タイムは左右に平行に動かすことが出来ます。ペダルとシューズを機械的に固定するビンディングシステムにおいて、これはロスになると僕も始めは思っていました。がしかし、ダンシングする際とかに、ペダル上で足を捻る動きをしてるのを自覚します。また、Qファクターが少し大きめのMTBは試しに1番外に嵌めてペダリングしていても、いつの間にか1番内にきています。これは、やっぱり少し動いた方がペダリングする際により足に優しいということかななんて思ってしまいます。但し、物の本によると、ペダリングが安定していないうちはある程度固定してくれた方が安定するという話もあります。
さて、皆さんはどっちを選びますか?

さあ、最後はこのバイクの欠点です。バイクというよりレフティーの特異は構造に欠点があるというべきでしょうか?シングルトラックで立木の間を超超低速で抜けたりする際なんかでは、やはり左にいく傾向にある気がします。何となく右に曲げにくいのですね。ただ、これには、ハンドル周りのワイヤーの取り回しに至るまで影響しそうな気もしますので、一概にレフティーのせいだけではないかもしれません。
次に、レフティーは車載する際にフロントホイールが簡単には外れませんし、仮に外す際もホイールが真横に外れる関係上ディスクキャリパーも緩めなくてはなりません。片持ちですからフォークダウン式のキャリアにそのままでは着けられません。専用のアダプターが要りまして、こいつは8千円ほどします。そんなに大層な製品でもないのに高いっちゅうねん。
また、メーターのセンサーをつけようとすると、、、???倒立式サスのため簡単には着けられません。通常センサーを取り付ける部分が動いているからです。これにも専用のアダプターを介して着けるんですが、これも高い!3800円!さすがにこれは買いましたが、納得いかないものがありますな。
あとは、機能美としての極太アルミフレームはカッコええと思いますが、個人的好みとしては、なかなか馴染めません。。。僕は細身のが好きです。無茶したら折れそうな、弱々しいのをやさしくグググッと。。。なんのこっちゃ。。。

c0107075_1001021.jpg


おわり
[PR]
ピラーが来て以来、フレームに挿したくて挿したくて。。。
でも、あまりに子供なので、止めておこうと思っていたのですが、本日やってしまいました。。。
c0107075_21244759.jpg


さらに、店にあった、ZIPP303のスーパーライトウェイトホイールを履かせてしまいました。。。。
c0107075_21261234.jpg


はあ、自己満足。。。。
[PR]