人気ブログランキング |

信州ツーリング〜Part 2

続きだす。

この間のサーバーメンテナンス以降、写真のアップロードが速くなっているような気がします。。。





木立が切れると、絶景が広がりました。。。。
ここは栂池高原。そうか。。。そりゃあしんどいはずだわな。。。ここまで、ず〜っと登りやったような。。。。
c0107075_7454294.jpg

c0107075_7462640.jpg

c0107075_7463989.jpg

c0107075_747038.jpg

c0107075_7482787.jpg



栂池高原を行く道はこんな感じ。気持ちよすぎですから。
c0107075_7472546.jpg



栂池からは車道を下り、信濃森上へ。
途中で、こんなんもありました。自転車乗りの間では結構有名なオブジェですけど、
ステムとエンドバーの角度からして、モデルはキャノンデールFシリーズにちがいない!
c0107075_7492440.jpg



信濃森上の町中はこんなんです。アルプスに抱かれた静かな町でした。
c0107075_7494963.jpg




さてセカンドステージは“嶺方峠でラン補な写真を撮ろう”作戦。
嶺方峠は関西ランドナー乗りの聖地といっても過言ではありません。中坊の頃にランドナーに乗り始めて以来、憧れて憧れて、ちくまで長野まで輪行して戸隠〜鬼無里から越えようとか、いろんな計画をして実行寸前までいったこともありました。けど、僕が急に風邪を引いたり、天気が悪かったりでなかなか来れなかった峠です。本当は鬼無里から越えてくるのが王道なのでしょうが、今回はそうもいきませんで、白馬からのピストンにしました。

同じ道を帰ってきますので、写真ポイントがあっても帰りに寄ればいい!頂上まで一気に行くぞと決めました。頂上までは8km程。重いランドナーに重いフロントバック付けて、何分で上れるのか?。。。。登りの始まりです。
この峠道は、完全に僕向き!淡々と上っていくんじゃなくって、緩急織り交ぜて登りが続きます。急勾配はダンシングでハアハア、緩勾配はシッティングで足休め。途中の急勾配部分のヘアピンでちんたら上るローディー二人を一気抜き。上の方でMTBを1台抜き、もう少し上でMTBをもう1台抜きました。でも、ゴールが見えてきたあたりで、後ろからものすごいスピード差で別のロードに抜かれました。

憧れ続けた峠の頂上からの眺めには感慨深い物がありました。
c0107075_7502033.jpg



いろんな物思いにふけったろうと思っていたのですが、頂上の狭い駐車スペースはさながらプチ観光地みたいになってまして、自転車すら止める場所がない!やっとこさ、自転車を停めてトンネル内にダッシュ!

この写真を撮るために上ってきたんや!!!!
10倍ズームで良かったあ!
c0107075_750258.jpg



絶景のダウンヒル。そろそろいい時間なので、どこか眺めのいい場所で昼にしよう。と下っていきました。
がしか〜し!嶺方峠道にはそんなに気の利いた場所がなくって、結局下まで降りてしまいました。イジイジしながら走っていると、道を間違えてしまいました。幸い、数百メートルで気付き引き返しましたが、あのまま進んでいたら全然違うところに連れて行かれてるとこでしたわ。
引き返して、本来のルートを進むと、ちょうど白馬山系がよく見えるところに公園があったので、ここで昼にしました。
c0107075_7505231.jpg




バックに入れていた助六寿司を出すと、、、、“ああ!いなり寿司の煮汁漏れてるし!”
“あああ!ヘリハンに煮汁おもいっきりしゅんでるし!”

ヘリハンのおかげで、他には回ってませんでした。


つづく
by tamz_ortho | 2008-05-01 08:03 | ケルビム