北山雪遊び2018 Part 2 ???

あ、実は、今日は、アイズバイシクルの朝サイでした。(笑)

今まで、ずっと、朝練って書いてましたが、正しくは朝サイ。練習したのは1回だけです。(笑)


先週も一日遊んでたので、本当は家に居てないとあかんかなあ?と思ってたんですが、2〜3日前に女房が言いました。
「14日、上の子、立命館大学で模試らしいねんけど、終わるのが20:30らしい。迎えに行ったって。」
え〜〜〜!!!!20:30?

ということは、1日京都に居ていいの?
ありがとう。

ま、その代わり、朝も送っていったるわ。

アイズバイシクルの朝練、基、朝サイ参加決定!


ということで、スケジュールを聞くと、
なに?丹波橋6:46の電車で友達らと行くとな?
う〜ん。。。。早い。早すぎる。。。。。。

でも、仕方ない!(笑)



結局、子供を丹波橋で降ろして、いつも駐める駐車場に着いたのは7:15。

早い!早すぎる!(笑)

c0107075_22480464.jpg

車で一時間ほど仮眠してから動き始めました。


ゆきすげえ〜〜!市内やけど、京都は、今出川を超えると別世界になることが多いです。
c0107075_22480537.jpg




いつもの御室駅。
c0107075_22480569.jpg
雪の白に、フレームが完全に保護色!



c0107075_22480573.jpg
今日は完全に一等賞でした。(スタッフを除く)



お茶を買いに、コンビニへ行くと、見慣れた自転車が。。。。。
c0107075_22494034.jpg
をを!!!久しぶりのアルプスパスハンター@UGの兄♭♭♭号



親方の挨拶がすんで、走り出します。行き先は舟山のはずでしたが、親方の一声で京見峠になりました。
途中所々で休んで、京見峠に入りました。
c0107075_22483335.jpg
(鷹峯の源光庵。京都って、やっぱり渋いねえ。)

c0107075_22483380.jpg
(光悦寺参道。紅葉の季節は、凄まじい人だかりの場所です。)



京見峠に入ると、道路にも結構雪が積もってきます。
車も結構通るのでまあまあ怖いです。
何せ、自転車で転けても、「いって〜〜〜!!!」で終わるけど、車に突っ込んでこられたら、しゃれになりませんので。



c0107075_22483382.jpg
(旧道に逃げよう!)




c0107075_22483386.jpg
(水墨画のようですけど、フェンス邪魔だわ!不法投棄するからこんな事になるんや!)



c0107075_22490369.jpg
(ええ感じです。(笑))



c0107075_22490308.jpg



すぐに新道に合流して、さらに上を目指します。
c0107075_22490327.jpg
きれい〜〜〜



c0107075_22490303.jpg
(親方そんなところで立ち漕ぎですか!!!)






そして程なく、峠の茶屋到着。
c0107075_22490344.jpg
c0107075_22490357.jpg
c0107075_22490275.jpg





今日は、これ以上進まずに、引き返すとのこと。
下り怖そうです!!!!


なので、写真あんまり撮らず!
c0107075_22494058.jpg



有名な25%勾配の下りは、アイスバーンになっていて、めっちゃくちゃに怖そうなので、旧道に逃げます。
こっちはダートで木陰になるので雪もあんまり積もってないし、絶対こっちの方が安全です。
c0107075_22494022.jpg




ちなみに、この辺から、寒さで冷えたのか、お腹痛くなってきました。(笑)
原谷のコンビニで爆撃してからお店に戻りました。
c0107075_22494071.jpg
時間は、11:45。。。。。。。。




ええと。。。。どうしよう。。。。。。(笑)



とりあえず、しばしウダウダして、UGの兄♭♭♭さんとお昼ご飯。
c0107075_22494098.jpg



さあ、どうする?(笑)


親方すんません、今日は閉店まで居座らせて貰います。(笑)

と、えべっぷりさん登場。
ウダウダしつつ、時を過ごすと、仕事帰りにchara先輩登場!
c0107075_22494074.jpg
c0107075_22494163.jpg
う〜ん。。。ときめくなあ。。。。。かなりときめくなあ。。。。。。
レッドゲットして、ブルーゲットしたから、グリーンも欲しいなあ。。。。。(謎)




結局、ほぼ閉店まで居座り、今日はアイズバイシクルの開店から閉店までしっかり居てました。
親方、大ちゃん、匠君、チョコ君、お邪魔さまでございました。
大変失礼をいたしました。



この後は、chara先輩とご飯食べに行って、お茶して時間を潰し、無事20:30に上の子供をピックアップして帰路につきましたとさ。
c0107075_22494097.jpg
chara先輩、ご飯と時間つぶしにお付き合いくださってどうも有り難うございました。




おわり







[PR]
by tamz_ortho | 2018-01-14 23:27 | BSネオコットMTB | Comments(3)

「今度の日曜日、探検に出るから、朝8:30に野迫川集合な!」



野迫川探検隊の隊長から、指令が来ました。




前の晩は、所用で遅くなり、帰宅したのは午前1:30。。。。。

ダッシュで風呂入って、何時に寝たのかは覚えてないけど、5時起床。。。。。



目ぇが開きませんねんけど。。。。。(笑)




なんとか、お風呂セットと、探検に持っていくものを準備して車に積み込む。

探検なので、走破性のよい軽い自転車を。。。。。



BSネオコットMTBよ、出番じゃ!!!



準備が終わる頃には、やっと目が開いてきて、爆撃も完了しました。(要らん情報?)



京奈和道が御所のところで繋がったので、えらい早いこといけるようになりました。

うちから2時間かからないのでは?


かなり早く着きそうな案配だったので、途中の景色をば。。。。。。


c0107075_14453666.jpg






めっちゃ天気よくて、最高じゃん!

c0107075_14441571.jpg







集合場所とうちゃこ。。。。

c0107075_14453657.jpg





気温は20℃。この直前まで19℃でした。。。。。ここまでエアコンオフ!!!!

c0107075_14453663.jpg






今回の探検は、最近つとに野迫川♡なUGの兄♭♭♭隊長のお誘いでした。

野迫川と言うところはそれはそれは魅力に溢れた村です。

何故かというと、、、、、


何しか遠いので、非日常感満点!

どこからアクセスしても外部の者を拒絶するかのように道が狭い!!

その各集落は広範囲に点在していて、車で30分走ってやっと次の集落につく感じ!!!

各集落には廃校が結構残ってたりする!!!!

さらには、山道を何キロも進んで到達する集落が行き止まりという、限界集落もある!!!!!



そんな野迫川村ですが、実際に何度か行くうちに、不思議なことに気付きました。



「野迫川の生活圏は2つ存在するんでないか?」



通常、山奥とかの一つの自治区なるもの、生活圏は一つになるはずです。だって、その為の自治区なのですから。しかしながら、野迫川村は一部は奈良県の生活圏。もう一つは和歌山県高野山にその生活圏をゆだねる集落があるみたい。。。。。

要は、奈良県からはかなり到達しにくく、逆に高野山からの方がはるかに到達しやすいエリアがあるのだ。。。。。



なかなかややこしいやんけ!!!



けど、別にそんなにおかしいことでもないか。。。。今は結構そういう村多いかも。。。。。

だけどもだ!そもそも自治区を一個作る段において、生活圏の異なるエリアを一緒くたにするのは絶対におかしいと思うのです。それやったら、自治区分けるのとちゃう?



で、ちょっと野迫川についてお勉強。


野迫川村は奈良県吉野郡です。



1889年に今井・平川・柞原・中・上・池津川・紫園・中津川・立里・北股・檜木股・北今西・弓手原・平の14の区域をもって発足したようです。(Wikiより)


ははあ~~~ん。。。なるほど。今は大塔村から入っていく道があるけど、昔はこっちはなかったんや。。。。。高野山方面から入ってくる道しか無かったのか。。。。。(じゃあ、なんで、奈良県吉野郡?)

後年、大塔村の阪本から入っていく道が出来てしまったので、生活圏がこちらに移動した集落がいくつか出来たわけですな。

上記の14の字のうち、今井・平川・柞原・中・上・の5つの字は中原川沿いの集落でこれらの地区は奈良県の生活圏と言ってもいいと思います。ア実際、郵便物の集配もこの5つの区域は、隣の大塔村の辻堂郵便局担当。(調べたった!!)

けど、スーパーとかはどうなんだろう?五条と橋本どっちが近いんだろう?

まあ、その辺は置いといて、それ以外の字も、ツーリーングで通ったことのあるのは池津川に北俣、平(集落自体には行ったことない)、北今西、桧股(檜木股)、弓手原、。残りの紫園と中津川と立里には行ったことが無い。。。。。紫園なんか、初めて見た字だったりする。。。。


地図を眺めてみると、ちょい不思議なことに気付きました。

その不思議な事とは、、、、、




なんで、こんな所に家がある?


中津川さんと、立里さん、あなたたちのことだよ!!!


あんたら、完全に行き止まりの集落やん?



気になりすぎますやん!



中津川の場合、県道から3キロほど進んだところにありますけど、その先は何もない。。。。。


わざわざ行く?いや、行かない。。。


立里の場合、県道から5キロほど上って、そこからさらに5キロほど下る。標高差は500mだぁ~~!!


わざわざ行く?いや、行かない。。。




調べてみた。。。。。いや基、ググってみた。。。。。。



以下のことがおぼろげながらわかってきた。。。。。


立里や中津川は鉱山のための集落。現在の車道は上垣内から立里荒神を経て昭和52年に開通した林道上垣内立里線。それまでは、北俣~立里~中津川~紫園~池津川~上垣内という経路の杣道のみ。人馬しか通行出来ないような道だったようです。余所の記事を転載するの拙いので出展だけを。。。。野迫川村史六十七頁。(笑)






ぐおおおおお~~~~~~!!!!!

書いてしもうた!!!


史上最強の,プロローグかもしれん!!!!!(爆)

長い!長すぎる!(爆)






まあ、そんな野迫川の立里集落や中津川集落。気になるので、何とか行けないかと地図を眺めていると、立里の奥は古道が通っているわけで、これを踏破したろうという魂胆です。

しかし、事前の調査で、立里から中津川への古道はすでに廃道みたいになっているようで、池津川を渡る吊り橋は朽ち果てているという。と、地図には別ルートでもって川原樋川林道に抜ける道があります。今回の探検の主目的は、立里の先のこの点線道を川原樋川に抜けようというものです。これが行けたら、まあまあ面白いコースも作れちゃうんじゃないの?

ほんでもって、川原樋川に抜けたあとは、池津川沿いにスタート地点まで戻る事になるわけですが、その途中から中津川の集落も行ってみようという。。。。

行程は25km程ですけど、その獲得標高たるや、1000mを越えるという。。。。






c0107075_14441644.jpg

まずは、立里荒神に向かいます。

目の前の激坂を登っていくのです。。。。。ちなみに、この写真を撮っている道は平坦ではありません。下り勾配の途中ですからね。。。。そっからみてのこの登りですから,笑ってしまいます。

ええと。。。。ルートラボで計ってみると。。。。。。初っ端は元池津川トンネルの切り通しをオーバークロスするために10%勾配で上って、切り通しを渡ったら容赦なく30%近い勾配で上って行きます。インナーロー22x32のMTBはフロント浮きまくりです。2300メートルで勾配は落ち着きますけど、それでも10%前後。。。。。荒神社まで上って行きます。


登り始めてすぐに林道の開通記念碑が有ります。

野迫川には林道がたくさんありますけど、開通記念碑が必ず建っている気がします。

他にも、タイノ原林道や平川釜落林道へ行った時もあった気がしますというかありました。

c0107075_14441648.jpg

しかし、開通は昭和52年とあるけど、それ以前は荒神さんへはどうやって行ってたのだ?




綺麗な苔を背景に。。。。。

c0107075_14441711.jpg




不用意なペダリングをすると、簡単にウイリーするような激坂をえっちらおっちら上って行きます。もう、全身汗だくですし!






5キロほど上って、立里荒神社に着きます。



日本三大荒神の一つ、立里荒神は野迫川村で最も人が集まるところだと言われているようですが、頷けます。(笑)

せっかくなので、お参りしましたが、たくさんの人がお参りされていました。

c0107075_14441815.jpg
c0107075_14441951.jpg
c0107075_14441909.jpg

c0107075_14442814.jpg

「ようおまいり」





ご神木が屋根を貫通するという。。。。。あと1メートル後に社殿を建てれなかったのでしょうか?

c0107075_14441903.jpg




しかし、良い眺めです。本当にここで雲海見れたら素敵だろうなあ。

大黒屋さんは、朝焼けにかすむ雲海を見たという!

c0107075_14441865.jpg



稜線上のめちゃくちゃに気持ちいい道を行きます。

c0107075_14442875.jpg
c0107075_14442884.jpg
ほんと気持ちいいです!
c0107075_14442815.jpg
真ん中の奥の方が大和高田市ですって。






荒神社から先は車もあまり通りません。

道は、意外にというとあれですけど綺麗です。と言うても、落石もあるし、苔むしてるところもあります。そうかあ。。。極端に通行量が少ないもんなあ。。。道は使ってなんぼと言うことが実感出来ます。


途中に、雲の上温泉の開雲荘がありましたが、今は廃墟になってしまってます。

ここでお風呂入りたかったなあ。。。。。。

c0107075_14442912.jpg

林間のきれいな道を下ります。まあまあ激坂ですけど、グングングングン下ります。

c0107075_14442924.jpg
c0107075_14442914.jpg
杉の子?なんか斜面に一杯生えてました。




c0107075_14443020.jpg

金剛峯寺の土地なんだ!

これもググってみると、吉野の金峯山寺と一悶着あったようで、そら、ここらあたりは高野山の生活圏ですけど、住所的には吉野郡だから。。。。。




途中、谷が開けて下界が見えました。川原樋川と池津川の出合いの赤い鉄橋も見えます。あそこにたどり着けるのだろうか。。。。。。

c0107075_14443095.jpg






c0107075_14443017.jpg
この写真の右へ未成林道が下って行っていますが、下からの林道と接合することなく、長年にわたり工事が中断したままです。下からの林道はあとで見に行く予定。

税金もっちゃいにゃいお!!!







c0107075_14443759.jpg

荒神社から500m近く標高を下げると、立里に着きます。

この日は陽光眩しく、素晴らしい集落に見えました、

c0107075_14443758.jpg

数軒の廃屋と、廃校になった小学校、それと、この集落の住民のおばあちゃんとそのご子息が住む家があるだけです。



c0107075_14443859.jpg

小学校には、興味深い物がありましたよ。



学校の歴史

c0107075_14443877.jpg


この學校の出来るまで


名高い荒神嶽の麓ここ立里の部落に始めて(初めて?)學校が建てられたのは明治十七年で本部落の五十九番地に設置し十八坪の校舎と四十坪の運動場それに七坪の職員住宅が附随されていた

顧みれば六十有餘年の古い歴史と傳統に輝き過去に於ける部落の文化はすべてこの校舎から生み出されていたのであった

想えば長い歴史であったが計らずも昭和二十八年七月十八日の風水害のために大きな被害をうけ毎日の授業にも支障をきたした

そこで当時の學校長上地義雄氏は児童に非教育的な悪影響を及ぼすことを歎かれ専心學区民の協力を得るとともに村当局の主裁のもとに本校建築に着手したのである

本校建築に際しての部落民の態度は誠に涙ぐましいものがあり一軒の家から出る奉仕は賃金無しで五十日以上の日数であった

ヘキ地の悲しさはどうすることも出来ず材木その他すべて材料の運搬は人夫の肩を使っての仕事であった

昭和二十八年八月に着手昭和二十九年三月設立 校舎四十四坪 住宅10.5坪 ここに五月十二日を以って無事落成式を擧げることの出来たのは左記に掲げる施行者並に學区民関係者各位の絶大なる御支援の賜であると深く感謝の意を表すと共に将来に傳わる歴史の一頁とならんことを願って記す

             記

文部大臣 大達茂雄

奈良県知事 奥田良二

奈良県教育長 足立 浩

内吉野地方事務局長 徳田 昶

野迫川村長 高田傳太郎

野迫川教育長 中西九仁男

立里区建築委員 福尾数馬

        平尾義正

        池田治良

        中岡卯三郎

        井口隆夫

        尾崎義文

建築委員長 立里区区長 福尾鷹一

立里育友会長 平尾幸三

立里學務委員 辻田義次

立里青年会長 堀玉三郎

現場係 挧山義次

大工棟梁 櫻井義秋

学校長 上地義雄

昭和二十九年五月十二日

立里小学校長 中澤 保 記






c0107075_14443878.jpg

ちょっと綺麗にしたら、そのまま使えそうなくらいです。

廊下に貼り出されたままの絵、タッチが似ているなあと思ったら、これらの絵は2人の子供が描いたものでした。そうか。。。生徒数は二人だったのか。しかも名字が同じで、おそらく兄弟。。。。。なんか悲しい。。。。








さて、ここからや!

ここからが、今日のメインイベントや!

ミッション1

「川原樋川へのルートを踏破せよ!」


ここまでもまあまあヒイヒイ言わされましたけど、川原樋川への道はどこやねん?

ofはやまさんの25千図にヒントがありました。僕の5万図だけ出たらわかんなかったかも!

なんとかかんとか道筋を発見しました。


ここで、ちょっと書いときますけど、実は、我らが北山のマドンナ大黒屋さんは、ついこないだ単身ここを訪れ、川原樋川への道を完全踏破したとのこと。


ありえへん!!!!


まずもって入り口よう見つけましたな!!!!!僕らでも変なところからアプローチしてやっと到達したのに!


まあいい。。。。







入り口にある索道の残骸。この索道、延々五條まで繋がっていたらしい。。。。。

c0107075_14443923.jpg




ここからは、シングルトラックが続きますけど、集落を外れて森の中に入っても、しばらくは石垣のある平場がたくさんあって、往時を偲ぶことが出来ます。

c0107075_14443922.jpg




立里には鉱山があって、その為に出来た集落だったようです。僕らが荒神社から下って来た道は一部元々存在しておらず、開通したのは前述の通り昭和52年。それまでは、池津川からの歩道がこの集落へのアクセス道だったようです。まさに今我々は進が行く道こそが生活道だったのです。



ほんまかいな!!!凄すぎる!!!!!




この古道、池津川沿いに通る県道734号を横切るように中津川へ続いていたということでですが、現在は池津川を渡る吊り橋が朽ち果てていて、廃道一直線です。川原樋川への道は、途中から右に分岐していましたが、MTBでぶっ飛んでいった僕は分岐をあっさり見逃して、えらい下まで下ってしまいました。電柱が立っているので、間違いないと思ってましたが、UGの兄♭♭♭隊長とofはやま隊員が全然下りてこられないので不安になり、徒歩で戻ってみたところ、ミスコースに気付かされたのでした。

c0107075_14444059.jpg

すでに、かなり下っちゃってます(笑)。




無事、自転車も押し上げて、みんなと合流。

分岐でお昼ご飯にしました。




さあ、もう、間違うところはないじょ~~~!!!!



鼻の穴満開で下ります。道は、尾根伝いに、ダイナミックにつづら折れ!

左コーナーはジャックナイフターンで、右コーナーが苦手な僕は右コーナーは“おっとっとっと!!!”って感じでターンします。



c0107075_14444089.jpg

こんな空き缶でも、このシチュエーションで人工物を発見すると、なんかホッとします。






c0107075_14444010.jpg
c0107075_14444827.jpg


川の音が聞こえ出すと、川原樋川林道は近い!




c0107075_14444883.jpg

と、道がなくなった!!!!!すぐ下にはもう川原樋川林道が見えているけど、この場所は、林道の法面の上5m。

下りる場所はない。。。。。。。





途方に暮れます。。。。。。(嘘)





ここでのルートは事前に大黒屋さんに教えてもらってました。

「道がなくなったら、左方向を探索すべし!!」

と!!!!



半分朽ちた木梯子を見つけ、林道へのルートを確認。

自転車はピストンで下ろし、無事林道に降り立つ!

c0107075_14444954.jpg




改めまして、


大黒屋さん、あなた凄すぎます!!!!


立里荒神の宿坊に泊まるという荒技から、早朝の雲海を眺め、そこから500mも下った立里集落に自転車を置いて、徒歩でここまで来られたとは!!!

その後、また、来た道戻ったんですよね?



普通、嫌すぎますで!!!(笑)









少し走れば、さっき上から俯瞰していた赤い鉄橋です。

c0107075_14444937.jpg



第一のミッション、コンプリート!






次なるミッションへ向かう途中で、例の吊り橋があります。

c0107075_14445081.jpg
c0107075_14445037.jpg
をを!!!踏み板無くなってる~~~!!!絶対渡れへん!(笑)



言われてみたら、なるほど、“あるやん!”って感じですけど、なんべんもここ通ってるのに、気付かなかった!!!

っていうか、あのままミスコースに気付かずここまで来ていたら、完全に途方に暮れるところだった!!

この吊り橋を渡ってきた古道は県道を横切って、中津川に向かって山肌を這い上がって行ってるはずなんだけど、全くわからず。ありがちなテープも何も見当たりませんでした。





さて、第2のミッションは、

「未成道路の状況を確認せよ!」


荒神社から林道を走ってきて、立里に着くほんの数百メートル前、左に林道が分岐していました。下からの林道と繋がることなく放置されてますが、その下の林道というやつを行ったろうと。。。。

c0107075_14450112.jpg
入り口の看板!はっきり立里まで予定していたことが明記されてますが、途中で途切れてるようです。

c0107075_14445066.jpg
c0107075_14445107.jpg

立派です!たぶん今日走ってきた道の中で一番道幅が広い!(笑)

けど、ダート。(笑)


c0107075_14445182.jpg
西谷を渡る橋の上からは立派な滝が望めました。


本当は行き止まりまで行きたかったのですが、探検隊は3人とも、まあまあ疲れ気味。僕的には、荒神社での徒歩往復と、古道最終地点での探索がまあまあ足に来てました。普段使わない部分が異様にだるいぞ!!!!



隊員の意見は一致し、次なるミッションへ向かうことになりました。

残念ながら、第2のミッションはコンプリートせずです。




第3のミッションは、

「廃村中津川を捜索せよ!」



中津川への林道は金屋渕という地名が残る場所から分岐します。いきなりの激坂にヒイヒイいいますが、MTBよりハイギアードなパスハンの両隊員に弱音を吐くわけにはいきません。。。




フロントをポンポン浮かせながら進むこと1km。お地蔵様が祀られていました。

c0107075_14450144.jpg

誰も住んでないはずなのに、新しい樒の葉のお供え。ちゃんとわざわざお参りしてはるんやと、まあまあ感動しました。





左手に神社が見えたら中津川に到着です。


中津川に入って一番最初の建物が小学校跡です。

c0107075_14450153.jpg
c0107075_14450260.jpg
c0107075_14450369.jpg
廃校マニアなofはやまさん、気になってしょうがないようですな。(笑)



立里小学校に比べると、かなり荒れていました。

中津川小学校は明治20年開咬、昭和44年休校、平成9年閉校らしいことが、ネットを見ていてわかりました。。。。。

平成の時代でもまだ休校で、けっして閉校扱いでは無かった事実に愕然とします。

あたりには、廃屋以外無く、立里に比べて影の強い集落です。

c0107075_14450311.jpg
c0107075_14450478.jpg



地図では、奥には何も見当たらず、点線の道が続くだけです。(実は、この道が非常に気になる!!!あとで書きます)

限界集落って言いましたが、古来、行き止まりということはあまりなくて、ここ中津川も、実は途中の集落と言えないこともないのです。

古道は、朽ちた吊り橋の所から山肌を這い上がってきます。中津川の集落からは僕らが上ってきた道を下って、池津川の集落に向かっていたようで、途中に紫園という集落があったようです。




中津川捜索終了!

ミッションコンプリート!   ではない!(僕的に)



帰り際、目をこらして、山を這い上がってきたはずの古道の入り口を探しましたが、が全くわかりませんでした。

地図上にあるはずの道がありそうな場所は断崖絶壁。

わずかな踏みあとすら発見出来ず!県道からの入り口も全くわからなかったし、ここのエリアは完全に廃道になっていると思われます。

なんか悔しい。。。。。



さあ、一応、すべてのミッションが終了して、あとは、池津川集落を抜け、上垣内の車に戻るだけです。

この県道の登りが結構答えます。勾配もまあまあ急だし、疲れのたまってきた足に来ます。

イジイジ走っていると、、、、、


索道の跡?なんかの機械の保管小屋?

c0107075_14451167.jpg

覗いてみると、エロ本発見!(爆)

c0107075_14451079.jpg

保存状態きわめて良好!(爆)

なんか凄い昭和な感じです。(笑)






さらに進んでいくと、、、、、

c0107075_14451126.jpg

紫園発見!


これ、「しおん」って読みます。


なんちゅう格好良い地名ですこと!!!



この紫園、池津川の左岸にあって、今は完全に自然に還っている集落ですが、立里鉱山からのトロッコ軌道が対岸に来ていていたようです。

森林鉄道とまではいかないけど、一応レールが敷かれていたようで、鉄な僕はかなりドキドキします。


ググりました。。。。。。


なになに?立里の未成道路の終末部から金屋渕、紫園あたりの対岸にかけて軌道跡があるとな?なに?隧道もあるとな?しかも4つも?

地図で見ると、確かにそれらしき道があります。点線道で、標高差はあまりない平坦なルート。


めっちゃ気になります!!!


とはいえ、このエリア、軽く行けるところでもないので、もし探検するなら、またの機会だな。。。。。。。


地形図を読み解くと、ほうほう、紫園あたりでは池津川を暗礁化して、その上に平場を作って基地化していたのか?めっちゃ気になります~~~!!!


さらに地図を見ていると、気になる道が。。。。。。。

c0107075_23291879.jpg


中津川の先の点線道。。。。。

高低差がなく、とんでもない崖の斜面を穿って、大塔村清水までトラバースしていく狭路。。。。

絶対森林鉄道やわ!!!!!






これ書くために、地図貼り合わせて、イラレで道書いて、、、、、意味あったのかなあ???(笑)



最後は、池津川の集落を通り、小学校跡で休憩して、上垣内まで登りました!

c0107075_14451190.jpg
c0107075_14451227.jpg
c0107075_14451229.jpg
c0107075_14451299.jpg
(最後の急勾配でofはやま隊員がスペシャルローリングサンダー走法!!)


アフターランは、野迫川温泉に行きました。



野迫川温泉から帰るとなると、まあまあ経路に悩みます。五條まで来た道を戻っていくか、高野龍神スカイラインを行くか。。。。

後者選択!!


こっちが当たりでした!!帰りのスカイラインでは、素敵な夕日に出会えました。

c0107075_14451374.jpg

「君の名は」に出て来そう。。。。。







今回の探検ツーリング、走った距離は短かったですけど、かなり充実したというかかなり印象に残るツーリングでした。

今度は、やっぱり、トロッコ軌道は行ってみたい気がする。。。。。。

調べてみると、出口はインクライン?



まじかよ!!!!




長文、たいへん失礼しました!!!!




おわり






[PR]
by tamz_ortho | 2017-08-31 16:40 | BSネオコットMTB | Comments(15)

魚谷峠に行きました

桜が散って、思い浮かぶのは新緑!

行かねば!!
とにかく行かねば!!


朝から、部活に行く娘を乗せて、駅まで。。。。
「お父さん、今日は私一人やから、京都まで乗せてってや!」

別に全然いいよ〜〜〜!!!

ごっきげんで、BGMに「恋」by 星野源

横で、娘は踊り出す!(笑)

条件反射かい!


娘を学校に送り届けて、僕は、柊野に車を置かせてもらいます。一番迷惑にならない一番駐めにくいから、あんまり誰も駐めないところに。。。。
c0107075_17543400.jpg


天気がめちゃくちゃにいい!
気温はちょっと低い目だけど、インナーに夏用素材の長袖着て、ウインドブレーカー羽織ってちょうどくらい。
c0107075_17543318.jpg


準備していると、GJアテンザに映る景色が素敵だったので、パチリ!
c0107075_17543347.jpg
(このギラリとした金属感!マシーングレーの狙う感じやないのでしょうか)


まずは出合橋を目指します。
今日は、松尾谷〜魚谷峠の周回コースです。


途中、大岩を過ぎるときに時計を見ると、ちょうど8:40ジャスト!!!

反射的に懸かり始めます!  

ええ!頑張りましたとも!大岩アタック!

MTBですとも!26x2.1でさあ!!(笑)
さすがにフロントサスはロックしましたけどね!(笑)


途中、半べそかきながら頑張って、出合橋で時計見たら、8:51:37。。。。。

ふん!




松尾谷入り口。。。。すでにかなりしんどい。。。。(笑)
c0107075_17543402.jpg


魚谷までまあまあ急勾配がず〜〜〜〜っと続く感じでしょうか?

まあ、一人なので、ゆっくり行きます。


道端にはいろんな花が咲いてますから!
c0107075_17543473.jpg
c0107075_17543652.jpg




新緑めっちゃキレイし!
c0107075_17543537.jpg



昔は展望ポイントだったところは杉の植生が進んでしまって、全く展望きかなくなってます。
ちょっと手前で。。。。。
c0107075_17543566.jpg
(別に、自転車がずり落ちて行ってるわけではない。。。。)





グングン上って行きます。
はっきり言って、なんで僕はネオコットで出て来たんだろう。。。。。これ、一番登りしんどいやつだし!(笑)
c0107075_17543715.jpg





桜、まだ見れますで!
c0107075_17543688.jpg


なんとか、かんとか、魚谷峠着。。。。
c0107075_17551019.jpg




まあ、ここでご飯食べるとかもなく、ちょっと休憩して、下ります。




ほんとに、キレイな青空と新緑です。
途中何カ所か、写真撮りたいポイントあったんですけど、上手く写らない。。。。。
心の印画紙に焼き付けてしまいます。
c0107075_17551147.jpg


下りきると、灰屋谷への道の所に出ます。
ここ、いっつも川になってしまってて、真冬とか足濡れたら凍傷になるので、かなりびびるところです。
c0107075_17551182.jpg
・・・・・めっちゃ、平和。

道の下に土管が埋め込まれてて、うまいこと暗礁になってました。これが土砂で機能しなくなると、道上を川が流れるという。。。。。






c0107075_17551111.jpg
僕では、乗ったままで潜れない。。。。。(笑)



石仏峠出会いで、面白いもの発見!
c0107075_17551189.jpg
日本刀です!



世界一、よく切れると言われる、日本刀です。
まあ、これはよく見ると、よく床の間なんかに額縁に納まった飾られる模造品でしたけどね。(笑)


北山の山にはいろんなものが落ちていて、動物の白骨とか、僕はまだ見たことないですけど、鹿の角だとか。。。。
動物の白骨は可能性としては十分あるかもしれないし、鹿の角だって、実際あり得る落とし物ですけど、日本刀の落とし物はないやろ!

勝ったな。。。。誰にや?




しかし、なんです。。。。灰屋川に合流してからは、ず〜〜〜〜〜っと登ってます。
何回も来てますけど、かなりしんどいぞ。。。。。。こんなに登ってたっけ?
一人やからそう思うんでしょうか?
ぶつくさ言いながらも、走らんと始まらないわけで。。。。。。



c0107075_17551264.jpg
(天然の東屋。(^_^)V)


c0107075_17551255.jpg
(ほんまええ天気です。暑くもなく寒くもなく。。。。。最高!)




c0107075_17551390.jpg


ダブルトラックの林道を一気に下って、全身泥だらけになった頃、やっとアスファルト。(笑)
c0107075_17551300.jpg
(やっぱり、この自転車、ジオメトリーおかしい!サスペンションストローク大きすぎる!)




洛雲荘は、春爛漫です!
c0107075_17551375.jpg
c0107075_17552293.jpg
c0107075_17552234.jpg
(この桜、かなり光り輝いていたのですけど、写真に撮るとあんまり光ってませんね。)





c0107075_17552340.jpg
厳島神社で。。。。。




バッキュンバッキュン下っていくと、前から見慣れた自転車が。。。。。

「あ!BLKさん!!!!」
「はい!」       

って、ここですれ違うんなら、「を〜〜!!」とか、「え〜〜!!!」でしょう?
「はい!」って、素直すぎて、帰り道、笑いが止まりませんでした。


BLKさんに撮ってもらった写真。。。。
c0107075_20384444.jpg
そうか。。。。この出で立ちで下ってきたら、誰かわかんないか。。。。。


それと、BLKさんすいません。。。写真撮ってません。m(__)m






真っ直ぐ、車に戻らずに、対岸の公園から、回り込みました。
c0107075_20424011.jpg


柊野の堰堤も春爛漫です!!!




おわり






[PR]
by tamz_ortho | 2017-04-23 18:10 | BSネオコットMTB | Comments(0)

c0107075_2245673.jpg


朝からネオコット積んでMTB行きました。

直美ちゃんが来てからというもの、スカルペルは店にほったらかし。(いや、リンクの修理という理由はあったのだけど)。ネオコットも自転車部屋に寂しそうにぶら下がっておりました。
こないだスカルペルに乗って、26inchの楽しさが復活したので、今日はネオコットに乗ってやりました。
ハードテールはやっぱり、登りにくい。。。。。ネオコットはフォークのせいでヘッドが立ちすぎているので、基本上りは厳しい物があるけど、今日はっきりわかりました。

後ろがとても跳ねる!

わかっていてもリカバー出来ない。。。。ああ、我がスキルの無さよよよよよ。
c0107075_2245154.jpg




シングル走って、物足りず。。。。。
サイトー走って大満足。。。。。


山にはフジが咲き乱れておりました。かなりきれい。。。。

c0107075_22451389.jpg

c0107075_22451018.jpg



他の花も、綺麗でおましたよ。。。。。

アザミに、ミツバツツジ、もひとつは何だろう?
c0107075_22451724.jpg

c0107075_22451980.jpg

c0107075_2245919.jpg





帰ってきて、洗車をしていると、女房は昼過ぎまでジムに行くというではないか。。。。。
母の日なのに、どこも行かないつもりか。。。。。。
じゃあ、僕は前から気になっていたあるブツを引き取りに行くぜよ!
高速すっ飛ばして、奈良の某南の方にある村へ。。。。。。。



「すんませ〜ん。。。。遅くなりました。。。。」
「ほんならちょっと、その辺走りましょか?」

って、あなた、ちょっと走るのに、QCRのジャージを身に纏ってなさる。。。。。

「芋はイヤですよ。芋は!」

と、先に牽制しておかねば!

「じゃあ、途中まで。」
「了解っす!」


春爛漫の某村を抜けて、栢森まで石舞台の前抜けて、丘を一つ越え、ソフトクリームを食べたら、違う道で帰ってくる。。。。。
この間に、シフトに慣れたる!

そう、引き取りに行ったのは、この自転車ですわよ。
c0107075_22444980.jpg






レニアーノ カンビオコルサ仕様。。。。。。

ええ。こないだのコッバ・デ・カンビオ・バケラッタで、いや基、バケッタで、そのシフトの難しさに触れ、「我がも、普通にシフト出来るようになりたいぞよ!」と思ったのですけど、そんなもん、そこらにゴロゴロしてるわけがないでは無いですか!
「作るにしてもなんぼくらいすんねやろう?」
と、若狭ツーリングの時に話してたら、チャンピオンのvivva2000さんが
「僕の買いません?」(半分本気)
「え?まじで?なんぼですの?」
「あれ、〇〇万円で買いました」
「ほんならその半額くらいやなあ」by UGの兄♭♭♭さん。
「え?そんなん今すぐ買いますわ。」(半分本気)
「商談成立!一瞬やん!」by ofはやまさん

爆笑

で、その時は、僕は半分本気くらいやったので、そのままツーリングしたのですけど、解散直後にvivva2000さんが
「また、メッセージ入れますわ」
「(まじで?本気で売るき?)。。。。。了解です!!!」



その後色々とやりとりをした結果、本当に商談成立しちゃった。。。。。。


で、今日取りに行ったわけです。。。。。。



c0107075_22445371.jpg

もう、登りで加速していくのはやめて下さい。
こちとら、そんな簡単に加速出来ませんので。。。。。
もう、下りで暴走すんのやめて下さい。
こちトラ、そんな簡単にスピード上がるギア比やないですから。。。。




明日香村は、ほんまええとこですわ。
c0107075_22445157.jpg





帰ってきて、おしゃべりしてたら、つっちーさん登場。。。。。。(爆)
c0107075_22525089.jpg





ということで、コッパな皆皆様、「変速すんのに、ハブ軸緩めてペダル逆回転なんかやってられへん!ありえへん!」と豪語しておりましたが、晴れてカンビオコルサユーザーになってしまいました。

今後ともよろしくお願いします。



おわり
[PR]
by tamz_ortho | 2016-05-08 22:58 | BSネオコットMTB | Comments(9)

春や〜〜〜山、最高〜

今日は、U-Ritchey!さんと山遊び。。。。。

梅の花満開!
c0107075_13435851.jpg




えっちらおっちら。。。。
c0107075_1344042.jpg




BSネオコット、乗っててめっちゃ楽しいのだけど、とにかく登りがしんどい。。。。。。26HEは絶対キャスター立てる方向でセッティングしてはいけない!



でも、下りとかはコントロールするのとても楽しい。。。。。MTB乗ってる感がスカルペルより格段にあります。



c0107075_1344296.jpg




だんだんとアホレナリンが大量分泌する季節になってきました。。。。。
[PR]
by tamz_ortho | 2015-03-22 13:47 | BSネオコットMTB | Comments(0)

c0107075_237894.jpg





あっちから、MUR48ちゃんが自転車もってきた。。。。
こっち出張だそうだ。。。。

で、MTB。。。。。



日なたはとても暑いけど、木陰はひんやりしていて、涼しい。。。。
c0107075_2371087.jpg




オヤジジャージ! 久しぶりに見たよ!
c0107075_2371291.jpg




500mlのボトルじゃ、足りない!
c0107075_2371483.jpg





loweさん、馬の背でハンドル取られて激しくクラッシュ。
肋骨いっちゃったって。。。。。お大事に。。。。。

僕、ドロップオフで、Fサスフルボトムからの前転。。。。。
右肩強打。。。。。




久しぶりぶりのMTBで腕パンパンだすよ。。。。



c0107075_2371658.jpg





でもやっぱりトレールは楽しい。。。




おわり
[PR]
by tamz_ortho | 2014-06-01 23:09 | BSネオコットMTB | Comments(0)

春は他の花も咲くのだ!

春です。。。。。

桜が散ってしまって寂しいですが、春は他の花も咲くのです。

いつもいく山はヤマツツジがとても奇麗。
チームのみんなはロード練行っちゃったけど、僕は1人デジイチ背たろうて、MTBしました。。。。


スイセンの花も奇麗に咲いてます。
c0107075_13295827.jpg


アップにすると。。。。
c0107075_13300092.jpg
いまいち。。。。





c0107075_13300328.jpg
この新しいXTRのフィン付きローター、こいつがえらいのか何か知らないけど、ブレーキコントロールがとてもやりやすい。。。。





さあ、いよいよ紫の世界へ。。。。。
c0107075_13300534.jpg
c0107075_13300708.jpg
c0107075_13301038.jpg



また他の奇麗なもん見つけたらアップします〜〜〜〜




おわり






[PR]
by tamz_ortho | 2014-04-13 13:34 | BSネオコットMTB | Comments(3)

ホームグラウンドでは?

今日は、仕事が昼からだったので、朝雨降りだったけど、走りに行ってきました。。。

こないだ北山でデビューした、BSネオコット!
妙に漕ぎが軽いと感じたのが気のせいなのかどうか。。。。
あと、トレースでの操作性はどうか?いつものコースで無いとわかんないぜ。。。。

ここ、いきなりアスファルトを登っていくのだけど、やっぱり漕ぎは軽い。何度もフロントのギアを確認しちゃったくらい。。。
ところが、ダブトラの上りになると、急にしんどい。。。。締まった路面のうちはいいのだけど、ガレてくるとてきめんにしんどくなってくる。。。急勾配もダメ。。。。
ハアハアしながら原因を考えてみる。。。。
今までずっとフルサスに乗ってきたので、上りでのトラクションとかあまり考えてなかった。。。ネオコットはハードテールなので、それなりに重心を考えないと、スリップしちゃう。スリップって凄い足使いますでね。。。。
さらに、フォークのトラベル量が大きすぎるかも。。。。このフレームは80~100mmは適正トラベルとして設計されているのに、ここに120mmをぶち込んだ。。。。結果、キャスターが寝てしまって、シートの着座位置も後ろに下がってしまって、イメージとしては、推進力のベクトルは若干上むいちゃうんじゃね?

なんしか、上に着く頃にはこのギアでなんでこないにしんどいんよ!汗だくじゃん!

上でサドルの高さを1センチ上げて、ハンドルを1センチ下げました。
これで結構しっくり来るようになって、トレールに入る。。。。

結構雪が残ってて、たのし。。。。
ハンドリングは、キャスターが寝ているので、結構曲がらないイメージだったけど、慣れてくると狙ったラインをトレースするのもそんなに苦では無い。。。。
だんだん調子に乗って。。。。。

ドロップオフで、前転!

くそ!

奥の方でしっかり粘ってくれないと、沈み過ぎんじゃん!

ハイスピードセクションでは、まあ楽しい!
ハードテールなので、結構跳ねるんだけど、そこは膝で吸収出来る。
ウハウハで降りてきました。。。。。。


スカルペルとかと比べると、あまりにも性格の違うバイクなので、あれだけど、改めて、レフティーのすばらしさと、ソフトテールとはいえ、フルサスバイクのトラクションのかかりやすい事よ。。。。

なかなかジャジャ馬なバイクになってますけど、めちゃめちゃ楽しいぞ!
よく言われる、フルサス=オートマ、ハードテール=マニュアル はなかなか言い得て妙ですな。

次の休みが楽しみだわ。。。。。


c0107075_23345811.jpg




おわり
[PR]
by tamz_ortho | 2014-02-13 23:35 | BSネオコットMTB | Comments(0)

パトロール? 探検?

前から、パトロールするという話は聞いていました。

問題は何で行くか。。。。。
MTB?それともなんちゃってパスハン?
なんちゃってパスハンの方が雰囲気あるけど、こないだみたいに雪深かったら命がけだし。。。
だからといって、スカルペル重たいし。。。。。

とまあ、悩んでいると、なになに?組み上がりそう?まじで?

が、なんや、2〜3,パーツが届いていないらしい。。。
クランクが間違って170が来たそうで、その辺のやつつけとくそうな。。。。
ピラーがまだ来てなくって、その辺のやつ付けとくそうな。。。
全然いいよ。走れるんなら。。。。

と言うわけで、いきなりのデビュー戦となりました。。。。。大丈夫かいな。。。。

いつもの場所にいつものメンバーが集まって、いつものように出発です。。。
c0107075_23112747.jpg



いつもは、アップがてら舗装路を上っていくんですが、今日はパトロールです。。。
もういきなりの激上り。。。。

BLK隊長、まじしんどいっす。。。。
c0107075_23112950.jpg

(一個目のピーク。。。ここで終わりかと思いきや。。。。とんでもない。。。)


さらに道はシングルトラックに変貌を遂げ、ガレてるところや、木の根を上手く避けつつグングン上っていく!どこまで上らされるのだ?。。。。
BLK隊長、まじしんどいっす。。。。
c0107075_23113094.jpg




しかし、新車のBSネオコット。。。漕ぎが非常に軽いぞ!(多分)
そのかわり、フロントが軽いのか、スカルペルに比較してアップライトなポジションなのが原因か、フロントが浮きまくるぞ!!コントロールするのになかなかなれないぞ!
あと、今回はトレッキングシューズで来たかったので、デカペにしてました。
実は僕、デカペは初めてです。
中2の時にユーラシアに乗ってすぐにトゥークリップになって、MTB乗るようになってもしばらくはクリップ派。ある日突然ビンディングに目覚め、それ以降はガンガンは知るときはビンディングしか使ったことが無かったのです。
ただ、ビンディング使う場合はシューズがねえ。。。。歩きにくいし。。。。
今回は結構歩くのわかっていたので、カーボンソールのビンディングシューズはイヤだ!
こないだの雪遊びの時にMKSシルバンツーリング+トレッキングシューズという組み合わせが素晴らしかった。というか、トレッキングシューズは雪まみれになっても中まで濡れないし、暖かいし、歩くのはもちろんオッケー。自転車乗るにしても普通にペダリング出来たのです。
で、今回も、トレッキングシューズはもう決定事項でして、ネオコットが出来上がった際に、「ペダルどうする?」と聞かれて、「今回はトレッキングシューズで行くからデカペ!その辺に転がってるやつ貸してくれ!」と。。。

これが僕のペダリングには全く合わなかった。。。ソフトテールに慣れてしまっていたのもあるかもしれませんが、ギャップなんかで、リアが跳ねると、その瞬間にペダル上でシューズがずれる!
気になり出したら、めっちゃ気になるもんで、シフトアップとかでもずれる気がし出しました。。。。いや、実際ずれたんですけどね。。。。下っているときなんか、もう気になって気になって。。。。

まあ、そんなことを言っても仕方ない。。。。今日はこれで走破するしか無いのだから。。。。




雪もしっかり増えてきて。。。楽しいぞ!
c0107075_23113242.jpg

c0107075_2311344.jpg

c0107075_23113818.jpg




いやいや、KMT48君、そこまでガードせんでも。。。。。まあ寒いのはわかるが。。。
c0107075_2356457.jpg



c0107075_23114564.jpg





c0107075_23114886.jpg

(実はBLKさんも新車。erbaだよ〜〜〜)


いっぺん下に降りてから、さらに上り返し。。。。
c0107075_23115040.jpg



いい天気だけど、寒い寒い!
c0107075_23115227.jpg



c0107075_23115466.jpg

(輝く白いバーテープ!そうだ!漂白剤で洗ったらどうですか!)



雪が10センチくらい積もってるのですが、半分固まっているので、轍を外すとアウトです。
面倒くさいので、ちょっとしんどいですけど、轍以外の部分を走りました。こうすると、ハンドルを取られたりしません。



池の畔でランチ〜〜〜〜



池をバックにBSネオコット。。。。。
c0107075_23115848.jpg

c0107075_2312093.jpg

やっぱり、早くクランク変えたい!ピラーも変えたい!




池からちょっと下って、さらに上り返し!
と、ここで、ADC48さん、「おら、このまま下って帰る!」と。。。。
お疲れ様でした〜〜〜〜鈴鹿走りましょね〜〜〜〜


さあ、こっからの上りがしんどかったのです。ほぼ乗れず、ひたすらに押し上げです。
峠の頂上で交差する道なので、尾根道だと思うでしょう?尾根道やねんから、細かいアップダウンが続くと思うでしょう?
とんでもない。。。。。


ひたすらに押し上げ、もういややと何度思ったことか。。。。


ここが一番しんどかった。。。。。


まあ、その代わり下りは抜群に楽しめたんですが、BSネオコットに装備されたFOXはええ仕事します。鼻の穴満開で下っていたら、ちょっとしたドロップオフをいけると突っ込んだ瞬間に木の根にすくわれて、くぼみに突っ込んだ感じがしました。グググッと沈み込むフロントフォーク!リアが軽くなるのを感じて、反射的にブレーキ解除。間に合ったのか間に合わなかったのか、フォークの反発に吹っ飛ばされた感じで転けました。。。。まあまあスピード出てたので、結構下りだったので、数メートルは滑っていった気もしますが、トップチューブで膝の内側を強打しました。。。。
しばらく動けず。。。右足に力入らず。。。。。
ちょっとましになってきたので、また下っていきましたが、右足踏ん張れないので、結構怖かったです。。。


c0107075_2312249.jpg

c0107075_23124417.jpg




車道まで下ったら、ま〜た、地道に入ります。結構しっかり下っている。。。。
さっきの転倒も忘れ、下る下る。。。。
c0107075_23125558.jpg

c0107075_2313593.jpg




行きしなに通った道に合流して、苦労して登った部分を逆走します。当然下り。。。。

超満足印で帰ってきました。



今日は体調不良で来られなかったchara先輩も一緒に晩ご飯に行きましたとさ。
c0107075_23131678.jpg






ちなみに、いつも、お風呂入ってから晩ご飯行くんですが、ほんとスパイシーなご飯ばかりで、いつも汗だくになってしまいます。お風呂入ったのに。。。。
c0107075_23565223.jpg

だからといって、お風呂行かずに先に晩ご飯行くのもなあ。。。。。。
いつも悩んでしまいます。。。。。


BLK隊長、てっちゃんさん、ADC48さん、KMT48君、○○さん、いつも遊んでもらって有り難うございます。
今日は、史上最強に楽しみましたわ。。。。。



おわり
[PR]
by tamz_ortho | 2014-02-12 00:01 | BSネオコットMTB | Comments(13)